【体験談】Kddiの選考内容をまとめてみた

0 コメント
twitter
はてな
facebook

KDDIの選考、面接内容

今回の記事はKDDIから新卒で内定をもらった人のインタビューする機会をいただいたので、その選考、面接内容についての記事を書いていきたいと思います。

 

1次面接

WEBテストとESを通過すると、1次面接に呼ばれます。1次面接は学生2人と若手の面接官1人の面接になります。会場はKDDIの本社のある飯田橋の住友不動産のビルでした。

聞かれる内容は、非常にオーソドックスな内容になっており、学生時代に頑張ったこと、志望動機、入社してやりたいことを聞かれるそうです。

 

深堀りもあまりされないようなので、きちんと準備さえしておけば、問題ないそうです。

ただ、面接官はパソコンに聞いた内容を入力しながら、面接を進行させていくため、少しコミュニケーションが取りにくいという印象を受けるそうです。

 

2次面接

1次面接が通過すると、2次面接に呼ばれることになります。2次面接も会場は1次面接と同じであり、飯田橋にある住友不動産のビルだそうです。

2次面接は、学生1人対面接官2人の面接になります。

面接官の年次も少し上がり、深堀りもされるようになりため、きちんとした事前準備が必須という印象を受けるそうです。

ただ、穏やかな雰囲気であり、圧迫などもないため、きちんと準備して落ち着いて答えていけば、通過できると思います。

 

性格や価値観を問う質問が増える

面接で聞かれる内容は、これまでのオーソッドクスなものもありますが、その人の性格や価値観を聞いていくようなものが増えてきます。例えば、これまで苦労したことや、困難の乗り越え方などの質問がありました。(何を苦労だと感じるかという価値観を聞いている印象あり。)

2次面接が1番の山場であるため、ここを乗り越えられるかどうかが内定への鍵になってきます。

[ad#a]

 

3次面接

2次面接に通過すると、次は役員との最終面接に臨むことになります。最終面接でようやくKDDIの本社に呼ばれることになります。

最終面接では、学生1人に対して、役員4人との面接になります。これまでの穏やかな雰囲気とは大きく異なり、一転して緊迫した雰囲気の面接になります。

ただ聞かれる質問は、非常にオーソドックスな質問ばかりで、深堀もそれほどされないそうです。役員の方の緊迫した雰囲気に飲まれずに、落ち着いて回答していくことができれば、通過することができるという印象だそうです。

 

まとめ

今回の記事では、KDDIの選考内容について、インタビューした内容を書いてきました。

やはり肝になるのは、2次面接であるため、ここを乗り越えることができるかが、非常に大切であるそうです。

ただ、全体的にオーソドックスな質問が中心になってくるため、事前に準備をして、深堀されても大丈夫なようにしておけば、内定のチャンスは十分にあるという印象を受けました。

 

選考を受ける方は、事前準備を徹底して、内定を勝ち取っていただければと思います。ちなみに通過した際の連絡は、全て即日に来たそうです。

今回の記事は、新卒の選考内容についての記事でしたが、KDDIは中途での採用も行っているため、すでに社会人の方も、是非参考にしていただければ、幸いです。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

【憂鬱、後悔】就職活動で内定ブルーはなぜ起こるのか?原因と対策をまとめてみた。

【ミスマッチ防止】キャリコネを使って、入社前にリアルな企業の内部情報を知っておこう。

大手電力会社に勤めた僕が、年功序列型の会社には、もう入りたくないと思う理由

 

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 02:22 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop