薬剤師を辞めたい…病院、調剤薬局、ドラッグストア別のみんなの理由

0 コメント
twitter
はてな
facebook

薬剤師を夢見て大学で6年間も勉強した末にようやく手に入れた薬剤師免許。白衣を着て働くことに憧れを抱いて薬剤師になった方も多いと思います。

でも、薬剤師とは、いわばひとの生き死にに関わる仕事なだけにミスが許されない厳しい職業でもあります。

それだけに「こんなはずじゃなかった」、「もっと楽しく働けると思ってたのに」

何年か薬剤師をしてみて、こんな風に考え始めているあなた。

ここでは、病院、調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師が辞めたいと思う理由やそんなときにどうしたらよいのかについてあれこれ解説していきます。

最後に薬剤師免許を活かせる薬剤師以外の業種についても紹介いたします。

薬剤師の職種別、辞めたいと思う理由

薬剤師を辞めたいと思う理由は、職種によって少し異なるでしょう。

ここでは、まず薬剤師を辞めたいと思う理由としてよくあるケースを職種別に挙げてみました。

それではひとつひとつ見ていきましょう。

病院薬剤師の場合

病院薬剤師は、薬剤師の中でも医療現場や患者に近いところで働いています。それだけに他の薬剤師に比べてより厳しいところがあるかもしれません。

病院薬剤師が辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみました。

  • 給料が安い
  • 医療ミスをしてしまった
  • 病棟の服薬指導がつらい
  • 病院内での立場が微妙
  • 出世できない

病院薬剤師は、薬剤師の中でもあまり年収が高くない部類に入ります。

また病院薬剤師は、医療現場で働けること、服薬指導なども薬剤師としてかなりいい経験が積める職種である一方、ちょっとした油断やミスが医療事故につながりかねないといった、厳しい一面があります。

それだけに、病院薬剤師は、やりがいもあると同時に緊張感の高い仕事であるにも関わらず、給料がそれに見合わないと感じる方はかなり多いと思います。

病院に入院患者さんがいる場合は、病棟での服薬指導があります。

患者さんは病気なので、中には体調のつらさから不機嫌な方もいらっしゃいます。

ときには服薬指導をしていて患者さんから冷たい態度を取られることもあります。

また、病院での立場は、やはり医師が一番です。その次は手術などで医師と行動をともにする時間の多い看護師でしょう。

そんな中、薬剤師の病院内での立場を微妙に思って、肩身が狭いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

医療現場は専門家によるチームプレーで成り立っているため、本来は立場が上とか下とかは関係ないはずなのですが、病院内での発言力などはこうした立場に左右されるときがあります。

そうしたところに病院薬剤師でいることのやりづらさを感じることもあるでしょう。

病院薬剤師の出世は大きな病院であれば、管理薬剤師や部門ごとのリーダーなどがあるかもしれませんが、中小の病院の場合、薬剤部長や薬局長という立場しかなく、しかも一人しかなれません。

そのため、病院薬剤師の出世は狭き門といったイメージを持ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

調剤薬局の薬剤師の場合

調剤薬局は、薬剤師の中でも年収は高い方に入りますが、仕事は比較的ハードなところが多いでしょう。

調剤薬局の薬剤師が辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみました。

  • 仕事がハード
  • 立ち仕事がつらい
  • 仕事が単調でつまらない
  • 患者さんとの接点が少ない
  • 残業が多い

調剤薬局の薬剤師は、薬剤師の中でも仕事がハードな部類に入ります。

調剤は基本立ち仕事なため、それがつらいと思っている方も多いはず。

薬剤師一人が扱える処方箋枚数は一日で40枚と法律で定められているとはいえ、上限近い枚数を裁くとなるとかなりの重労働になります。

超繁忙度の高い調剤薬局ともなれば、毎日のお昼休みもほとんど落ち着いて取れないようなところもあります。

その上、調剤はもちろん専門知識を必要する仕事ですが、作業自体はかなり単調なものになりますので、つまらないと感じる方も多いでしょう。

また、調剤薬局でも服薬指導はありますが、お薬の受け渡しの短い時間にほとんど決まりきったやり取りをするだけですので、病院薬剤師やドラッグストアと比べても患者さんとの接点は少なくなります。

患者さんやお客さんともっとコミュニケーションがしたいと思っているひとにとって、調剤薬局の薬剤師は少し物足りないと感じるかもしれません。

調剤薬局は、薬局を閉めてからもレセプトなどの書類作業や薬の在庫チェックなどたくさんの業務が控えてます。

薬局に調剤事務職がいる場合でも、レセプトをまとめて提出しなければならない月末や月初めは薬剤師もかなり大忙しになります。

ドラッグストアの薬剤師の場合

ドラッグストアの薬剤師も比較的年収は高い部類に入ります。調剤室のあるドラッグストアでは調剤もあり、OTC医薬品といった市販薬からサプリメントまで幅広い知識が必要とされるのがドラッグストアの薬剤師です。

ドラッグストアの薬剤師が辞めたいと思う理由をいくつか挙げてみました。

  • 仕事がハード
  • 休日がまちまち
  • 求められる知識が広すぎる
  • ひとをまとめるのが難しい
  • お客さんの対応がたいへん

ドラッグストアの薬剤師も仕事はハードです。シフト制とはいえ、かなり夜遅くまで開店しているドラッグストアの勤務をつらいと感じている方も多いでしょう。

病院や調剤薬局であれば土曜は半日など少し短めで、日曜はほぼお休みですが、ドラッグストアは土日も当たり前のように勤務があります。

週休二日といってもドラッグストアでは、まとまって二日連続の休みをいただけるというわけでもありませんので、家族や友人との時間が合わないというのがドラッグストアの薬剤師のつらいところかと思います。

調剤室のあるドラッグストアであれば、当然ながら処方薬についての知識も求められますが、これからは調剤室がない店舗に勤めていても処方薬の知識は必要かもしれません。

なぜなら、かかりつけ薬剤師になると、ドラッグストアに勤務していて調剤経験のない薬剤師でもお店に来る患者さんが病院から処方されている薬について把握しておかなければならないからです。

もちろんドラッグストアの薬剤師は、OTC医薬品以外にもサプリメントや健康食品まで店舗で取り扱っている商品について勉強しなければなりません。

つまり、ドラッグストアの薬剤師は、薬のみならず患者さんの健康に関する総合的な知識が求められることになりますので、他の薬剤師と比べてもいろんなことに興味を持って勉強していかなければならない仕事だと言えます。

薬剤師が、薬だけを知っていれば務まるという時代ではなくなってきていることを一番身近に感じるているのはドラッグストアの薬剤師ではないでしょうか。

そういったところをプレッシャーに感じる方もいるでしょう。

また、ドラッグストアには薬剤師以外にも登録販売者やパートなど様々な人たちが働いています。

ここが病院や調剤薬局で働く薬剤師と大きく異なります。

つまり、薬剤師や医療関係者とは異なる立場の方たちと一緒に働いていかなければならないのがドラックストア薬剤師の特徴です。

さらに多くの場合、ドラッグストアの薬剤師は店舗のマネージャー的存在を果たさなければなりません。

そのため、ひとづきあいが苦手な方やひとをまとめるといった役割を負担に感じるひとにとって、ドラッグストアの薬剤師はつらいかもしれません。

その上、病院薬剤師が病棟で患者さんとコミュニケーションを取らなければならないのと同じように、ドラッグストアの薬剤師もまたお店にいらっしゃるお客さんの接客があります。

ドラッグストアですから、当然ながらいろんな方たちがお客さんとしていらっしゃいます。老若男女問わずの対応が求められるのもドラックストア薬剤師のたいへんなところです。

いったいどうすりゃいいの!?辞めたい理由から考える対処法

病院、調剤薬局、ドラッグストアの薬剤師がそれぞれ辞めたいと思うときの理由を見てきました。

それぞれ薬剤師が辞めたいと思うときの理由を大まかに分類すると次のようになるかと思います。

  1. 給与など待遇面に対する不満
  2. 仕事内容や量に対する不満
  3. 出世が望めない
  4. 家族や友人との時間が合わない
  5. マネージメントをやりたくない
  6. 患者やお客さんとのコミュニケーションがつらい
  7. 仕事そのものや求められるスキルから与えられるプレッシャー

1~4の理由であれば、職種を変えることで解決できる可能性があります。

5と6の理由も、職種を変えてしまうことで解決できる可能性はありますが、正社員薬剤師などのようにある程度の立場で働き続けるのであれば、あまり避けてばかりもいられないように思います。

7の理由についても、薬剤師として働いていく以上、専門家としてスキルアップしていくことはやはり求められてしまいます。

むしろキャリアアップして薬剤師としての幅を広げることが自分への自信にもつながりますので、積極的に取り組んでいく方がよいかと思います。

次にそれぞれの職種について辞めたいときの対処法について考えてみました。

病院薬剤師を辞めたいときはどうしたらいいの?

病院薬剤師の仕事がつらかったり、給与面などの待遇にどうしても納得が得られないときは、調剤薬局やドラッグストアに転職してみるのもよいかもしれません。

調剤薬局でもドラッグストアでも病院薬剤師としての経験は役に立つでしょう。しかもどちらを選んでも病院薬剤師に比べて収入アップにつながります。

ただし、病院薬剤師の就職は狭き門です。調剤薬局やドラッグストアほど求人は豊富ではありません。

したがって、他の薬剤師に転職してからやっぱり病院薬剤師の方がよかったと思っても戻れない可能性がありますので慎重に判断しましょう。

病院薬剤師は、他の薬剤師よりも、患者と深く関わることのできる職種です。

そのため、病院薬剤師という仕事内容にやりがいを感じているという方は、他の病院へ転職するという手もあります。

その場合、転職する病院が総合病院なのかそうでないのかによって、必要とされるスキルも学べることも変わってきますので十分に検討した方がよいでしょう。

調剤薬局の薬剤師を辞めたいときはどうしたらいいの?

調剤薬局の薬剤師が退屈だと感じる方は、病院薬剤師やドラッグストアの薬剤師の転職を考えてみるのもよいかもしれません。

病院薬剤師であれば、医療現場で貴重な経験が積めますし、ドラッグストアの薬剤師であれば、処方薬のみならずOTCからサプリメントや健康食品まで幅広い知識を得ることができます。

しかしながら、調剤薬局から病院薬剤師に転職すれば年収はダウンする可能性が高くなります。

調剤薬局からドラッグストアに転職した場合、年収の大幅なダウンは避けられるかもしれませんが、そこからさらに年収を上げるにはどんどん出世していかなければならないでしょう。

どちらの選択をしてもメリットとデメリットはあります。

ひとと接することが苦手で調剤をもくもくとするのがよいから調剤薬局を選んだという方も多いかもしれません。

調剤薬局でもOTCを販売しているような店舗もあります。もっとOTCを本格的に勉強したいと考えているけど、いきなり転職はちょっとと思っているひともいるでしょう。

可能であれば、夜や休日だけドラッグストアでダブルワークをしてみるというのも手かもしれません。

ドラッグストアの薬剤師を辞めたいときはどうしたらいいの?

ドラッグストアは勤続年数が増えていくにつれ、マネージメントや経営に関わる仕事を任されるようになっていきます。

もちろんマネージメントではなく、店舗などの現場に残るという選択ができるところもありますが、その場合、出世はあきらめなくてはならないでしょう。

ドラッグストアの薬剤師なら、処方薬や調剤についてもっと深く学びたいと考えているひとも多いかもしれません。

ドラッグストアでも調剤に力をいれているところもありますので、そうしたところへの転職も考えられます。

もちろん病院薬剤師や調剤薬局での勤務を経験することで処方薬や調剤について学ぶことができます。

ただし、調剤薬局であれば収入はほぼ維持できますが、病院薬剤師は収入がダウンするのでそれなりの覚悟が必要です。

可能であれば、病院薬剤師なら夜勤、調剤薬局であれば平日でドラッグストアがお休みのときにダブルワークで働いてみて、いろいろと模索してみるのもよいかもしれません。

すべてに共通してもっともありがちな理由:対人関係がつらい

ここまで薬剤師の職種別に辞めたい理由とそれらの対処方法について見てきました。

ここでひとつどの職場でも一番ありがちな辞めたいと思う理由について挙げたいと思います。

ずばりいずれの職種にも共通してもっともありがちなのは、対人関係がつらくなったという理由ではないでしょうか。

アドラー心理学でも、人間の悩みはすべて対人関係の悩みだと言われるように、薬剤師に限らず、どんな仕事でも対人関係に問題が生じた場合は、誰しもが辞めたいと考えるようになるもの。

対人関係がもつれてしまったり、複雑な人間関係の問題に巻き込まれた場合、それを解決しようと立ち向かう姿勢もよいかもしれませんが、あまり無理をしてはいけません。

それが職場での対人関係の問題であって、もうどうしようもできないと思うのであれば、職場を変えるという選択肢がもっとも早く効果的な解決策です。

幸い薬剤師は、免許さえあればどこででも働けるという安心があります。

対人関係のもつれでつらくてつらくてしょうがないという場合は思い切って職場を変えるという決断してみるのもありだと思います。

ただし、どういった職種で薬剤師をするにしても一長一短はあります。

年収や待遇面などの表向きな条件だけで安易に飛びつくのではなく、それぞれの薬剤師としての働き方をよく考えた上でよりよい選択をしましょう。

とくに女性であれば、出産を機に自分に合う働き方も大きく変わっていきます。

薬剤師は自由に働き方を変えられる職業でもありますので、人生の様々なステージで最適な選択をしてみるのもよいかもしれません。

いずれにせよ転職する理由が対人関係にあったとしても、自分が対人関係で失敗したからだなどと悲観的に考えるのではなく、転職は薬剤師としての新たな経験とスキルを得るチャンスだと捉えて前向きにチャレンジしていきましょう。

薬剤師免許が活かせられる他の業種

最後に病院薬剤師、調剤薬局、ドラッグストアのどれももう嫌だけど、薬剤師免許がせっかくあるからもったいない、何とかして使えないの?とお悩みの方のために、薬剤師免許を活かせられる他の業種について少し紹介いたします。

薬剤師免許が活かせられる薬剤師以外の業種は、次の2つが考えられます。

  • 企業の薬剤師
  • 行政機関の薬剤師

ここでは、薬剤師免許が使える他の業種として、企業と行政機関の薬剤師について、簡単に解説いたします。

企業の薬剤師

医薬品卸の会社には、医薬品の情報を管理する管理薬剤師が必要です。

また、製薬会社などの企業が当局へ許認可申請する場合も薬剤師が必要となります。

このように、薬剤師免許を使って民間企業で働くことができます。

いずれの職種も募集はかなり限定的であるため、見つけるのが難しいですが、いますぐではなく長期的に余裕をもって転職活動をしようと考えている方であれば、ひとつの候補として検討しみるのもよいでしょう。

どちらも医薬品に対する知識が必要なことに変わりありませんが、さらに薬機法などのような法規制にも精通している必要があります。

職場によっては、英語の科学論文などの文献検索をしたり、論文を理解する語学力や専門知識が必要な場合もあります。

ただし、あくまで薬剤師免許を持っていることがもっとも重要な条件になりますので、根気よく探せば、未経験者でも可という募集はあります。

これらの職種は、病院、調剤薬局やドラッグストアのような人前に出る現場ではなく、オフィスで働く仕事です。立ち仕事ではないため、身体的負担はかなり軽減されます。

また、これらの仕事を通じて得られた知識やスキルを活かしてキャリアアップしていく道はいろいろとありますので、興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

行政機関の薬剤師

保健所や麻薬取締局などの国公立の公的機関にも薬剤師が必要です。

これらの薬剤師は、公務員にあたるため、公務員薬剤師と呼ばれることもあります。

当然のことながら、公務員試験に合格する必要があり、採用条件として年齢制限もありますので注意が必要です。

いずれも公務員であるため福利厚生面がよいことは間違いなく、また勤続年数に応じて退職金も多くなっていきますので、生涯いただける収入は薬剤師の中でもかなり高い部類に入るとか。

保健所の薬剤師であれば、地方公務員であるため同一都道府県内での転勤しかありませんが、麻薬取締局は厚生労働省の職員であり、国家公務員になりますので、全国各地への転勤があります。

麻薬取締局は数年おきに転勤があるという話もあるくらいですので、日本各地いろんなところを回ってみたいという野心的なひとには向いているかもしれません。

他にもまだまだある!薬剤師が活躍できる職業

他に薬剤師免許は必ずしも必要としませんが、薬学部で得た知識を必要としている職業はあります。

参考までに薬学部出身者が薬剤師以外に就職している職業を以下に挙げてみました。

  • 製薬会社のMR
  • 製薬会社や食品会社などの研究員
  • 大学や国立研究機関などの研究員
  • CROやSMOなどの企業

これらの職業は、薬学の知識を活かすことができますが、いずれも薬以外の専門的な知識も必要としますので、転職を検討する際にはくれぐれも慎重に考えてから行動しましょう。

このように、薬剤師を辞めたいと思っても薬剤師の職種を変えることもできます。また企業で薬剤師免許を必要としている仕事もたくさんあります。

薬剤師にこだわりがないのであれば、薬学の知識を活かす仕事はたくさんありますので、どうか広い目で世の中を見渡して、自分が一番活躍できそうな場所を探してみようではありませんか。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月17日 10:02 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop