面接中に採用側が見せる、手応えアリ!のサイン8つ

0 コメント
twitter
はてな
facebook

就職活動や転職活動において、内定や採用を得るためには面接で手応えを感じていることが必要不可欠です。

全体の7割から8割程度が、面接における評価で決まるという側面もあるためにここで評価を得ることが、内定や採用に大きく近づきます。

今回は、面接全般にわたっての内容と手応えに関する以下の内容についてまとました。

面接で落ちる!不合格の場合によくある理由

初めに紹介する項目は、面接で不合格にされてしまう場合によくある理由です。これらを知ることによって、手応えがあるかどうかを感じ取る基本を学ぶことができます。採用担当者は以下のような事項があると、不合格にする傾向があります。

  • 企業が求めている能力と一致しない
  • 主張した内容に矛盾がある
  • 社会人としてのマナー不足
  • コミュニケーション能力の不足

では、各ポイントについてさらに詳しく見ていきましょう。

企業が求めている能力と一致しない

初めに紹介する理由は、企業が求めている能力と一致しない、という理由です。これは、特に転職の時に発生しがちな理由です。

企業が採用を決定する際に必要な情報は、応募者のやる気やポテンシャルの部分とどのような職務経歴を積みどのようなことが今現在でできるか、という部分に集約されます。

やる気やポテンシャルは主に新卒の応募者に強く要求されることが多く、職務経験や能力は転職の際の応募者に強く要求されることが多いです。

この際に、自分の備えている各種経験を志望動機や自己PRでアピールすることになりますが、これが企業が求めている能力と一致していなければ落とされることになります。

どれだけ優秀な能力を備えていたとしても、企業がその能力を持っている人材を要望していなければ採用されることはありません。この点に注意が必要です。

さまざまな経験を積んでいる人であればあるほど、自分が優秀であることをアピールするためにこうした内容を含めて主張するのですが、これらが本当に企業が求めているだろうかと一度考える視点を持つことが大切なのです。

主張した内容に矛盾がある

次に紹介する理由は、主張した内容に矛盾がある、という理由です。これは主に書類審査と面接で落とされる大きな理由になりますが、最も大きな影響を生み出すのは面接で主張する内容の矛盾です。

面接に進む事ができれば、新卒であれ転職であれ必ず志望動機と自己PRを尋ねられることになります。当然、その際に応募者は採用担当者に向かってアピールするのですが、この際に矛盾があると落とされる理由になります。

新卒の応募者が最初に受けることが多い面接は集団面接です。ですが、この時点では採用担当者から応募者1人1人に尋ねる時間はないために、明確にわかる最低限の矛盾がなければ通過することができます。

最も問題になり不合格になることが多いのは、個人面接における矛盾です。

個人面接では、応募者1人当たりにかける所要時間は最低でも30分、場合によって1時間以上に及ぶこともあります。このため、何らかの矛盾があった場合はその時点でほぼ確実に見破られてしまうことになります。

このために、個人面接以降はきちんと矛盾がなく深掘りされても耐えられるだけの志望動機と自己PRを述べることが求められます。

社会人としてのマナー不足

次に紹介する理由は、社会人としてのマナー不足、という理由です。これは、「社会人」とあるように主に転職者に当てはまると不合格にされる場合が多いです。

新卒の学生には、ビジネス上のマナーがそこまで強く求められることはありません。こうしたことは、入社した後の社員教育などでカバーしていくことが多いためです。

しかし、転職者の場合には即戦力として採用することが前提になっているために、能力以外にもビジネスマンとしてのマナーをきちんと備えているかどうかが、面接の場において確認されます。

企業にとっても、転職として応募してきた人を再教育するような時間もお金もないので、こうした最低限度の要件を満たしていない人は不合格される傾向が強いのです。

コミュニケーション能力の不足

次に紹介する理由は、コミュニケーション能力の不足、という理由です。これは企業に入社した時に、先輩の社員とうまく協調して仕事をしていけるかどうかという点で判断されることが多いです。

企業に入社すれば1人で仕事をこなしていくシーンは数多くあります。しかし、特に新人期間は先輩から教えを受けたり、上司からの監督のもとで仕事をして行くパターンが多々あります。

こういった時に採用担当者は、きちんとしたコミュニケーションをとって仕事をこなしていくことができるかどうかを面接の場で見定めようとしています。

また、当たり前のことではありますが面接は応募者と採用担当者とのコミュニケーションの場でもあります。試験という性格はあるものの、上手にコミュニケーションを取っていくほうが合格する可能性が高まることは言うまでもありません。

どんな職場においても、仲間と協力して仕事をして行かなければならないということは多くの場合共通します。それがきちんとできて、仕事のパフォーマンスを上げていくという内容を主張しないと、不合格にされる可能性があります。

採用側が見せる、面接の手応えがある時のサイン

それでは実際に面接で手応えがある時には、採用担当者からどのようなサインを出されることが多いのでしょうか。もちろん、転職などの場合には絶対に採用したい人物の場合には、即採用を出すこともあります。

しかし、大抵はその場の雰囲気から読み取ることが限界です。とはいっても、好意的な内容が多いために大抵の場合は内定や採用に繋がることが多くあります。以下のような例があります。

  • 質問が多く、正確に答えられる
  • 最短で入社できる日を尋ねられる
  • 具体的な質問、仕事内容、スケジュールなどの話がでる
  • 難しい質問や、圧迫的な態度
  • 他社の選考状況
  • 面接官からの評価が高い
  • 企業の魅力を面接官が語ってくれる
  • 次の選考のアドバイスがある

では、各ポイントについてさらに詳しく見ていきましょう。

質問が多く、正確に答えられる

初めに紹介する手応えのあるサインとは、質問が多く正確に答えられていると感じる時です。これは、採用担当者からのサインは、質問が多いということだけですがこれに応募者が正確に答えられていると感じた時には、この傾向が見られます。

通常質問が多い、ということは応募者に対してかなりの興味を持っていることになります。興味がない場合や、採用する気がはじめから全くない場合はそれほど多くの質問を問いかける必要がないためです。

採用担当者としても、この応募者を入れたいと思った時にはなるべく多く質問をして、できるだけ応募者の能力や人格を把握したいと考えます。

そのために、さまざまな面からの質問が飛んできているという状況は応募者にとっては、有利な局面であることが多いのです。少なくとも興味を持たれている、ということは確実なので内定や採用される可能性は高まっていると言えます。

最短で入社できる日を尋ねられる

次に紹介する手応えのあるサインとは、最短入社できる日を尋ねられるというサインです。これは、新卒の場合ではなく転職者の場合にのみ適用されるサインです。

なぜなら、新卒の場合はあくまで内定という形にとどまり正式な採用は、新しい年度の4月1日であることが原則だからです。

採用担当者からこのような質問をされた場合は、採用される可能性が相当高いと見ることができます。なぜなら、採用しない応募者にこの質問を尋ねることはあり得ないからです。

採用担当者がこのような質問をする理由は、少しでも早く入社してほしいと思っているからです。よその企業に取られたくない、と感じさせるほどの逸材であると評価されているとも言えます。

このために、もし聞かれた場合には前の職場に義理を通したらすぐ移る旨をきちんと伝えることが大切です。こうすることによって、ほぼ確実に採用を得ることができるからです。

具体的な質問、仕事内容、スケジュールなどの話がでる

次に紹介する手応えのあるサインとは、具体的な質問や仕事内容、スケジュールなどに関する話が出るというサインです。これもまた、採用担当者から出るサインとしては比較的採用される可能性が高い質問になります。

特に、具体的な仕事内容やスケジュールに関する質問は、採用担当者がこの応募者にいつから働いてもらうか、ということを真面目に考えているからこそ尋ねられる質問だと考えることもできます。

このように尋ねられた場合には、自分が可能な限り最短のスケジュールを述べてその上で誠実に対応する旨を伝えることです。明日から働きたいといっても、実際には書類上の処理や残務整理、引き継ぎなどがありすぐには移ることはできません。

また、前の会社に対する義理を果たすことによって今まさに転職しようとしている企業の採用担当者からも信頼を得ることができます。こうした仕事と人間関係をきちんと整理した上で仕事をこなす人は、高く評価され信頼されるからです。

難しい質問や、圧迫的な態度

次に紹介する手応えのあるサインとは、難しい質問を問われたり圧迫的な態度で面接に臨まれるというサインです。一見悪い評価に見えることが多いですが、実際の評価は逆であることが多いです。

なぜなら、現代の面接は、新卒であれ転職者の応募であれ圧迫面接は基本的に避けるべきであるという風潮があるためです。人権の意識やコンプライアンスに対する意識も高まっているので、企業のマイナスイメージにしかならないためです。

そればかりでなく、圧迫的な態度を取ることによってネットを通じて悪評が拡散し結果的に企業の売り上げに、目には見えないものの影響を与えるケースも多々あります。

しかし、それでも圧迫的な態度で面接をする場合もあります。これはなぜでしょうか。

それは、採用を見込んでいる応募者に対して、ストレス耐性度をテストし本当に企業でやっていけるかどうかを最終確認するためだからです。

そのため圧迫面接を迫られる応募者は全体の一部です。この応募者は、ストレスに対する耐性があれば採用する、というレベルの応募者にしか行われないのです。

そのため、採用担当者がこのような態度や質問をしてきた場合には焦らずに冷静に対処することが必要です。

圧迫面接それ自体には、賛否両論があり一概にどちらが正しいということはできませんが、圧迫面接を課してくる企業は、応募者のストレス耐性度を測っていると考えると良いでしょう。

業界や業種によっては、さまざまな立場からのクレームやそれに類することが避けられない場合が多くあります。この点を確かめるために、わざと圧迫的な態度を取っている物と考えるようにしましょう。

他社の選考状況

次に紹介する手応えのあるサインとは、他社の選考状況を尋ねられるというサインです。これは、状況次第で良くも悪くも変わってしまうためにそれほど確度は高くはありませんが、一定程度の信頼度があります。

採用担当者が、他社の選考状況を確認するパターンはおよそふたつに分けられます。1つ目は、単純に自分の企業に応募してきた応募者が他にどのような企業を受験しているのか参考にしたい場合です。

この場合は、単純にデータとして収集しているにすぎないために、たとえ尋ねられたとしてもそれほど意味はありません。

二つ目のパターンは、他社に取られたくないために他に優秀な企業を受験していないかどうかを確認する、という意味合いが含まれていることがあります。

特に転職の場合には、新卒の時と違って勤務する場所や条件面をある程度選択することができます。そして、採用担当者はある程度は同業他社の給料や福利厚生の状況を把握していることが多いです。

そのため優秀な応募者に対して他の企業に取られてしまうかもしれない、という意味を含めて尋ねられることがあります。この場合は、確度が一気に高まります。

もちろん、採用担当者に直接そのように尋ねることは実際にはできないので、あくまで雰囲気による推察でしかありませんが、可能性は十分にあるために油断しないことが肝要です。

面接官からの評価が高い

次に紹介する手応えのあるサインとは、面接官からの評価が高いというサインです。さまざまな面から読み取ることができますが代表的な例は、直接応募者に対して誉める言葉があること、メモをかなり熱心に取っていることなどがあります。

直接応募者に対して誉めるような言動を取る場合には、採用される可能性が高まります。通常面接では、評価を直接応募者に対して述べることはありません。にもかかわらず、そのような評価があれば当然採用される可能性が高まります。

しかも、そのような場合は大抵の場合が好意的な評価です。否定的な評価を述べる場合は、上記の圧迫的な態度である可能性もあります。どちらの場合にしても、チャンスととらえて冷静に答えるように心がけましょう。

メモを取っているかどうかもまた重要なポイントです。採用する可能性が高い応募者に対しては、採用担当者も色々と応募者に対する情報を収集する必要があるので、必然的にメモを多く取る必要があります。

全く逆のパターンとして、絶対に採用しないと考えている応募者に対してはメモを取る必要がないので、適当に相槌だけをしてメモを取らない場合があります。

しかし、この場合でも全く望みがないわけではないので最後まであきらめない心が必要です。単に必要な情報は全て尋ね終わったために、まったくメモを取らないだけかもしれないからです。

企業の魅力を面接官が語ってくれる

次に紹介する手応えのあるサインとは、その企業の魅力や良いポイントを面接官自身が語ってくれるというサインです。これは、企業側から公式な説明とは別に面接担当者自身が良いと考えるポイントを語るという意味です。

面接官は応募者の主張内容を精査して矛盾がないかどうかを確認し、企業にとって応募者が適切な人材であるかどうかを判断することが仕事です。そのため、それ以外の余計なことについてはあまり話をしない傾向があります。

しかし、このような事情があるにもかかわらず面接官が語り始めた場合には、企業をより深く理解してもらいたいという心情があるためです。つまり、内定や採用を出すのでより深く知ってほしいと考えているのです。

このようなパターンは比較的多くあります。採用担当者が応募者に対して自社の魅力を知ってほしいと考える時は採用を出して、共に働く予定の仲間としての立場を少しでも知ってほしいという事情があるためです。

次の選考のアドバイスがある

次に紹介する手応えのあるサインとは、次の選考のアドバイスがあるというサインです。

面接は新卒の応募者の場合で3回行われることが一般的です。その内容は、集団での面接になることが多い1次面接、個人面接である2次面接、役員などの採用に最終的な決定権を持っている人物が担当する最終面接で構成されることが多いです。

転職者の場合は、応募者の絶対数が少なく書類審査で大半を落としてからの面接になるために、集団面接がなく2次面接に該当する個人面接と最終面接の2回になることが多いです。

アドバイスがなされる段階は、2次面接の個人面接です。この時点で、有望な応募者には最終面接でどのようなことを判断基準にしているか、というような内部情報を採用担当者が漏らすことがあります。

もちろんアドバイスという形をとることもあります。いずれにしても評価が高く自社に欲しい応募者ではあるが、最終的な決定権は持っていない担当者レベルからなされることが多いです。

いずれにしても、どのような点が評価されるかといったその企業の採用のポイントを情報として教えてもらっているので、その点を特に重点的に対策をすることによってより内定や採用に近づくことが可能になります。

通常の応募者と比べて、格段に有利な状況になりますので機会を逃さずに活用しきることが一番大切です。

逆に採用側が手応えがない時に見せるサイン

では逆に、手応えがない時のサインとはどのようなものでしょうか。否定的な内容が多いですが、逆にそこからどのような反応をするかを試している場合もあるので、一概に手応えがないとは言えませんが以下のような例があります。

  • 面接の時間が短い
  • 沈黙の時間が長い
  • 面接官の回答が適当
  • アピール内容を否定される
  • 面接官の反応が鈍くなっている

では、各ポイントについてさらに詳しく見ていきましょう。

面接の時間が短い

最初に紹介する手応えがない時のサインは、面接の時間が短い、というサインです。良くも悪くも両面の意味がありますがやはり基本的にはあまりよくない印象である場合が多くあります。この傾向は特に個人面接において強く見られます。

面接で規定の時間が何分であるかは、厳密には応募者にはわかりません。しかしある程度の数の個人面接を受験すれば、おおよその時間感覚は分かってきます。大抵の場合は、30分から長い場合で1時間程度であることが多いです。

しかし、時には個人面接なのに始まって10分から15分程度で終わってしまう場合もあります。このようなときに、面接の時間が短いと強く感じる傾向にあります。

必要な情報の収集が効率よく終わって終わりにする場合もあります。特に効率を重要視する外資系企業やベンチャー系の企業の場合には、目的がはっきりしているために判断も早く、結果的に面接時間が短く終わることもあります。

しかし、多くの企業ではあまりに短い場合には応募者に対して興味がなく、そもそも最初から採用する気がないので適当にあしらった上で面接を終了するパターンがあります。この面が、時間の短さに反映されるとも言うことができます。

沈黙の時間が長い

次に紹介する手応えのない時のサインは、沈黙の時間が長い、というサインです。これは、応募者側と採用担当者側双方に見られるサインでもあります。

応募者側が沈黙する場合には、採用担当者から出された質問に対して的確に回答できない場合に発生します。基本的には準備不足ということになるので、評価が悪くなってしまうことは言うまでもありません。

採用担当者側が沈黙する場合には、やはり上記の応酬の続きである場合が多くあります。応募者に対して投げかけた質問に対して的確な答えが得られないために質問をすることもできず、結果的に無言になってしまうというパターンです。

人によって話が上手、あるいは下手という差は誰にでも有りますが会話を中断させてしまうことはよくありません。基本的にビジネスとして会話をしているので、質問に対する回答をきちんと用意しておくことによって続けることができます。

面接官の回答が適当

次に紹介する手応えのない時のサインは、面接官の回答が適当である、というサインです。これは、応募者が採用担当者に何らかの質問をした時の反応で判断するタイプのサインです。

面接という試験の場においても、応募者側から質問する場合は少なくありません。質問の内容として良く挙げられる「最後に何か質問ありますか」といった際の回答内容にも現れます。

採用担当者が採用したいと考えている応募者には、かなり丁寧にきめ細かく説明がなされることが多いです。悪いイメージで面接を終えてしまうと、合格を出してもよその企業に取られてしまう可能性があるためです。

一方で、逆に採用しないと明確に判断した応募者には回答内容が、ネット上に掲載されている情報をそのまま話したり、その場しのぎの適当な回答をする場合すらあります。

このように、面接担当者の回答内容によって自分がどの程度の立ち位置にいるかを自然と把握することができる場合があります。きちんと質問をして、それを把握することが今後の選考活動によい影響を与えます。

アピール内容を否定される

次に紹介する手応えのない時のサインは、アピール内容を否定される、というサインです。これは、志望動機や自己PRなどをした後に見られることがあります。

興味のない応募者に対しては、そっけない反応になることが普通です。そのため、応募者が主張した内容に関して採用担当者としてはどうでもいいので、わざとアピール内容を否定したりすることもあります。

ただし、このアピール内容を否定されるパターンは圧迫面接の一環である場合もあります。つまり、それらを否定することによってストレスをかけて試していることもあるので、一概に手応えがないとは言い切れません。

そのために、このような反応をされても諦めずに主張を続けて相手の言わんとしていることを理解する心構えが必要です。

面接官の反応が鈍くなっている

次に紹介する手応えのない時のサインは、面接官の反応が鈍くなっている、というサインです。これは、面接官の回答が適当な点と併せて面接官の態度で判断することができます。

通常採用する予定の応募者であれば、その応募者の言動や態度を注意深く観察します。そのために、面接官の反応は極めて鋭敏になることが多いです。

しかしその逆で、採用担当者にとってどうでもよい応募者の場合には徐々に反応が鈍くなっていくことがあります。しまいには、質問などにも満足な回答がもらえないこともあります。

この傾向がみられた場合には、その面接を突破することは通常かなり難しいです。不合格になることが多いですが、その際には自分の何がいけなかったのかを自分なりに分析して、次の機会に同様のミスをしないようにすることが大切です。

手応えの違いは合格に影響するのか?

それでは、ここで上記のような手応えの違いが直接的に合格することに影響するのかどうかについて考えてみましょう。

いくつかの質問には明確に好意的な判断が含まれています。熱心に質問をしたりメモを取ったりすることは、採用しない応募者ならばやる必要がないことなので信頼度が高くなるとも言えます。

反対に、これらの態度や質問をされてしまった場合に高い確率で不合格になるという物もあります。面接官の態度が主要な内容です。

しかし一方で判断が分かれるところも多くあります。圧迫面接などが良い例です。良い場合でも悪い場合でも用いられることがあるので、手応えの違いという意味では直接大きな影響を与えるともいえるでしょう。

しかし、この場合もそうした質問に応募者がどのような回答や態度を取ったかによって合格するかしないかが分かれます。つまり、厳密には手応えの違いは関係なく応募者の行動次第ということになります。

上記の質問も、あくまで多くの企業がそうである、という傾向をまとめたものであり絶対的な物ではありません。好意的な印象で熱心に採用担当者から質問をされたのに、結果的に落とされる場合もあります。

こういった場合には、どちらか一方を採用するという最後の最後のステージで落とされてしまったというパターンが考えられます。その理由は、あまりに多く全ての可能性に対して次回以降準備することは厳しいです。

自分の回答内容や態度に問題があった場合には改善の余地もありますが、最後は単純に見た目が気に入らない、役員の判断といった応募者個人ではどうしようもないことが原因であることも多いです。

そのため、好意的な評価があったにも関わらず落とされた場合は自分に足りない部分を考えつつも、気持ちを切り替えて次の企業の面接に臨むようにしましょう。

逆に否定的な態度で落とされた場合は、自分自身に改善の余地が多く残されている可能性があることを忘れないようにしましょう。

ただしこの場合も採用担当者が何らかの理由で不機嫌であり、それがそのまま面接に影響したという見も蓋もない理由である場合もあります。理不尽な話ではありますがこのような点が見受けられることも、就職活動の大きな特徴の1つです。

企業の採用面接は、新卒であれ転職であれ運にも大きく左右されます。その企業に縁がなかったら、次の企業を探していくという勢いの良さも最終的に内定や採用を獲得するために必要な能力の1つでもあります。

自分にとって後悔が残らないように、全力で取り組み内定や採用を勝ち取っていくようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月20日 14:22 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop