電話面接は事前の準備で成功する!マナー、流れ、質問例、体験談

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動を行った経験のある方で面接を受けずに入社した方はほとんどいないことでしょう。
それだけ採用試験における面接の重要度は高いのです。採用する側が今後自社で勤務してもらう上で最も重要視するのがその方の人間性だからです。

しかし、近年では面接自体はあるもののその手法は変化してきています。中には面接を電話で実施する会社も増えてきております。

企業側が電話面接を行う理由と受験する側の対策について説明します。

なぜ電話面接なの?企業側の意図

電話面接を行う企業が増えてきた背景には以下の理由が挙げられます。

  • 勤務している社員の紹介である為、事前情報があり対面での面接の必要がないと判断した。
  • 遠隔地からの受験の為、交通費の支給を抑えたい。
  • WEBシステムの向上により、音声だけでなく対面と同様のコミュニケーションを図ることができる。

勤務している社員からの紹介である場合の採用面接ではある程度従業員からの情報でその方のキャリアや人物像も把握しています。その場合企業として面接を行う場合はある程度の採用の意思をもって行います。

入社の意思確認の意味合いの強い面接をあえて対面式にしなくても良いと考え電話での面接を行うことも多いのです。

また遠隔地からの採用申し込みがあった場合、履歴書である程度の人選を行います。その後面接に進む場合に問題となるのが交通費です。電車で企業まで向かえる場合は双方にとって負担は小さいです。

しかし、飛行機や新幹線での移動を伴い面接に向かうとなると、交通費支給の場合、企業にとっての負担も大きくなります。このような場合に企業側から電話面接の提案を行うことが多いのです。

電話面接と言えども、近年ではWEBでの会議システムやSNSを使用したリアルタイムでの通信も発達しています。このようなシステムを用いることで、対面と同じ面接を行えるのであれば、その方が良いと考えると考える企業が増えたことも頷けます。

電話面接でのマナーと場所で注意するポイント

履歴書を送り筆記試験を受けた後に企業側から電話面接の申し入れを受けた場合、注意することがあります。まず面接を受ける場合には静かな場所で受けられるようにしましょう。

対面と異なり、周囲に雑音がある場合は相手の言葉が聞きづらいなどのリスクがあります。カフェなど公の場でも可能と考えがちですが、他の人の話し声が入ってしまう可能性があります。

最も適しているのは自室等の静かな環境です。自宅での受験が困難な場合はレンタル会議スペースを借りるなど、静かで面接に集中できる場所を確保しましょう。

静かな場所で面接を受けることは電話面接時の最低限のマナーなのです。

電話面接の連絡を受けたらすぐ事前準備を!よくある質問集

電話面接の連絡を受けたら場所の確保以外にも行うべきことはあります。対面よりも質問に対して迅速に答える必要があります。顔が見えない場合は特に相手からの質問が矢継ぎ早に行われる感覚があるのです。

よって、事前に質問を想定し、その答えを用意しておくことが電話面接の命運を分けます。想定される質問の事例を紹介します。

  • 弊社を志望した理由は?
  • これまで培ったキャリアを弊社でどのように活かせますか?
  • 入社後やってみたい業務は?
  • チームでの作業を行う場合、チームのマネージメントは可能でしょうか?
  • 前職で成功した体験と失敗した体験を述べてください。
  • なぜ現在の仕事を辞めたいと考えたのですか?
  • これだけは他の人に負けないと思える特技やスキルはありますか?

上記の様に電話面接で質問される内容をある程度想定し、その答えを紙に書いて準備しておきましょう。

対面で顔が見えない電話面接は一見デメリットばかりの様に考えられますが、手元に回答を準備しておくことができるというメリットもあるのです。

念には念を!電話面接時の服装

電話面接の場合、面接官とのやり取りは声だけだと安心している方も多いでしょう。しかし、近年はWEBシステムの技術向上により、電話面接ではなくWEB会議のシステムを利用する会社も増えています。

また、個人の回線を使用する場合もソーシャルネットワークの画像を用いた通信を利用する場合もあります。

よって、電話面接と言われても服装面では気を抜いてはならないのです。電話面接であってもスーツやビジネスカジュアルを心がけましょう。

また、相手に見られることはなくとも、自身もスーツなどフォーマルな装いで臨むことで気持ちも引き締まります。ビジネスマナーを理解する転職者であれば、最低限ビジネスの場で通用する格好で電話面接にのぞみましょう。

電話面接の流れとコツ

次に電話面接の流れとコツを説明します。

  1. 電話面接実施の連絡を受ける
  2. 日時の調整
  3. 場所の指定
  4. 電話面接場所の指定
  5. 面接当日の回線の確保
  6. 音声、動画の受信確認
  7. 面接開始後の挨拶
  8. 志望動機、抱負等を語る
  9. 企業側からの質疑応答
  10. 企業側からの連絡事項
  11. 電話面接実施の謝辞を述べる
  12. 終了後回線を切る

上記が簡単な電話面接の流れです。電話面接で通常の面接と異なる点は電話回線を正しくつなぐ事です。それ以外は通常の面接と流れは変わりません。

直前になって電話がつながらない、充電が切れているということが無い様、必要最小限のチェックは事前に行いましょう。

電話面接で英語力を試されたら?

外資系メーカーを受験する場合や海外の企業を受験する場合には電話面接が英語で実施されることもあります。

外資系メーカーの日本法人で一次面接を順調にクリアした後、2次面接や最終面接を本社の役員が行う場合もあります。

本社が海外にある場合など、本社役員との面接の為にわざわざ出向くのも非効率です。その場合、電話面接やWEB面接が用いられるのです。

面接に備えて質疑応答の準備をしておくのは英語でも日本語でも変わりません。大きく変わるのは電話の際の受け答えです。英語圏の方が話す際に表情豊かに口を大きく開けて話す印象を受けます。

日本人が日本語をしゃべる際にはどちらかというと単調なしゃべり方となってしまいます。英語を話す際には以下の事を意識しましょう。

  • 抑揚を大げさなくらいに付け、感情を表現する。
  • 口を大きく開けて話す。
  • LとRの発音など細部に気を付けて話す。
  • 電話で聞こえづらいことの無い様、大きな声で話す。

電話の場合どうしても対面で話すより細かいニュアンスが伝わりにくくなります。母国語ではない英語であればなおさらです。電話であっても自身の考えている事を伝え、新たな仕事に対するモチベーションが高まっている事を表現しましょう。

採用時に電話面接のみはあり得るの?

採用時に対面の面接がなく、電話面接のみで決まる事はあるのでしょうか?近年増えている社員からの紹介によるリファラル採用では電話面接のみで決定することもあり得ます。

既に人物像がはっきりしている場合は対面でなくとも判断できると、人事部門が決断した場合は対面での面接は省略されることもあるのです。

働き方改革等で残業時間が削られ、効率化を求められている昨今では採用時の書類選考も一部AIを使うなど人手をかけずに実施され始めています。

時間と予算を削減し、効率的に質の高い人材を確保する為にも電話面接は企業にとっても有効な手段なのです。

転職エージェントの利用で電話面接をする機会もある

転職エージェントを活用する場合で電話面接が実施されることも良くあります。特に遠方のエージェントを活用する場合、事務所まで出向くのは利用者の負荷にもなります。

転職エージェントに登録する際のジョブカウンセリングなどは電話面接のみで実際されることもあります。エージェントの電話面接に関しても、転職先の会社の面接と同様に真摯な姿勢で受けることが重要です。

転職を行う上で転職エージェントの担当者と信頼関係を築くことはその後の転職活動をも左右するからです。

顔が見えない場合は声のトーンや質問に対する受け答え、話すスピード、間(ま)ですら人物像を判断する材料となります。

聞き取りやすい声でハキハキと答え、今後の転職活動のパートナーとなり得るエージェントの担当者に対しても良い印象を持ってもらえるように心がけましょう。

転職時の電話面接の体験談

電話面接が増えてきているのは事実ですが、依然として対面の面接の方が多いのが実態です。

但し、本社が遠い企業や情報インフラ系、イベント系など新進気鋭の気質のある会社では積極的に活用されています。自身の目指す業界の特徴を見極め、電話面接の可能性を探っておきましょう。

備えあれば憂いなしです。事前に心づもりを行っていれば、突然の電話面接にも焦ることはありません。

電話でとっさに聞かれてこまるのは、「勤務開始時期についての質問だった」と、電話面接経験者は語っています。

電話面接で合否が決まるはずがないとのスタンスで臨んでいた金融機関に勤めるAさんは、面接官からの急な質問に焦る事となりました。「現在の仕事を辞めて、入社できる時期を教えて下さい。」

電話面接でそこまで話が進むことはないと考えていたAさんは、その時点で勤務先との退職の日程を調整していないばかりか、社内規定の退職ルールにも目を通していませんでした。

「上司に引き継ぎの期間を相談してみないことには分かりません。」との回答を行ったAさんは後日不合格の連絡をもらいました。Aさんは、人事部門から入社の強い意思が感じられない人材だと判断されてしまったのです。

電話面接と言え、面接中に思いがけず採用の方向に進むことがあります。その場合にも焦ることの無いように回答を準備しておきましょう

電話面接は顔が見えないからこそはっきり丁寧に

電話面接を受ける場合のコツや準備しておくこと、注意事項について説明してきました。対面の面接と大きく異なる点は顔が見えないといった事です。

ビジネスの場でも電話だけでやり取りしていた相手と顔を合わせたらその後のコミュニケーションが円滑になった事例も良くあります。相手を知る上で対面に勝るコミュニケーションはないと言っても過言ではありません。

よって、顔が見えない場合は、対面よりもより丁寧に相手に対して接することが必要です。回線状況は不安定な場合、声が聞こえづらくては、採用の土俵にすら上がれません。話すときはゆっくり大きな声ではっきりと話す事を心がけましょう。

顔が見えないからこそはっきり丁寧に相手と向き合う事こそ電話面接の攻略法と言えるのです。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月21日 16:24 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop