計画

35歳の転職を成功させるポイント【同業種・未経験・公務員】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、35歳からの転職を成功させるポイントについて、同業種、異業種、公務員を目指すそれぞれのパターン別に記載していきたいと思います。

35歳からの転職を考えている人は、是非参考にしていただければと思います。

 

35歳からの転職を成功させるポイント

成功

同業種の転職先を選択する

35歳からの転職を成功させるためには、これまで仕事を通して培ってきた知識や経験などを生かすことが大切です。求人を出している企業の多くが、即戦力になる人材を求めているため、様々な実績を重ねてきた場合には、転職を通してステップアップすることが可能でしょう。

同業種の中から、自分の能力を生かせる条件に合った転職先を選択することで、これまでの経験を生かしながら充実した毎日を過ごすことができます。

同業種の転職を成功させるには、ポジティブな転職理由をまとめておくことが大切です。同じ環境下で仕事を続けるよりも、新しい環境で自身の能力を試してみたいという希望や、より高い目標に挑戦したいという希望であれば好感度が高まります。

 

転職エージェントを活用する

数多くの転職サイトがありますが、中でもエージェントサービスのある転職サイトは、毎日が多忙で転職活動にまとまった時間をとることができない方におすすめです。

35歳という年齢は、責任のある仕事を任される時期でもあるため、忙しさから思うように転職にまつわるスケジュールを組むことができない場合があります。

しかし、エージェントサービスのある転職サイトを活用すれば、キャリアに合わせた最適な転職先を紹介してくれるだけではなく、履歴書の書き方や面接に関するアドバイスを受けることができます。

また、理想的な転職先が見つかった際に、担当のコンサルタントが面接の日時について交渉や調整をしてくれるため、安心して転職の準備を整えることができます。

[ad#a]

 

35歳から未経験の業界や職種に転職するポイント

高学歴

希望の職種にまつわる資格を取得しておく

35歳から未経験の業界や職種への転職を考える際、不安を抱える方が少なくありません。しかし、将来を視野に入れて転職を考えているのであれば、できるだけ早めに決断して具体的な行動をとることが大切です。

異業種への転職を成功させるためには、その職種にまつわる資格を取得しておくと良いでしょう。

面接の際に異業種への転職を真剣に考えていることが伝わりやすくなる上に、新たな仕事を手がけていく上で役立ちます。

仕事をしながら資格取得のための学習時間を確保するのが難しい場合には、通信教育を通して資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

学校に通うよりも効率良く学べる上に、資格取得のための費用を抑えることができます。

参考記事:本気で資格を目指すときは、独学ではなく通信講座を受講するべき4つの理由

 

希望する職種で未経験者歓迎の求人を選択する

異業種への転職を考える場合、希望する条件を備えており、尚且つ未経験者歓迎の求人を選択すると良いでしょう。未経験者歓迎の求人を行っている企業の場合、新たな人材を育てようとしていることが多いので、未経験者でも採用の可能性が高まります。

35歳という年齢は、仕事を通して様々な経験を積んでいることがアピールポイントとなります。未経験者で異業種に転職する場合には、前職の仕事の実績をそのまま生かせることは少ないかもしれませんが、自分ならではの強みを真剣に伝えることが大切です。

これまでに培ってきた仕事に対する姿勢や熱意などが伝わることで、必要な人材としての印象を高めることができるでしょう。

[ad#b]

 

35歳から公務員に転職するポイント

35歳以上で受験可能な一般枠を受験する 

公務員には、国家公務員と地方公務員の二種類があります。国家公務員になるためには国家公務員試験を、地方公務員になるためには地方公務員試験を受験します。35歳以上でも受験可能な場合があるのでインターネットなどで公務員試験に関する情報を検索してみると良いでしょう。

受験の方法には、一般枠と経験者採用枠がありますが、一般枠の募集の方が採用人数が多いと言われています。一般枠は新卒だけではなく、採用される年齢さえ合っていれば、35歳以上でも受験が可能となっています。

しかし、一般枠で受験をすると現役の大学生も同時に試験を受けることになるため、専門的な知識を必要とする試験に関して不利になってしまう可能性が高いかもしれません。

 

これまでの経験を生かせる職種を選択する

35歳くらいの年齢になると、ある程度社会経験を積んでいるため、公務員試験を受ける場合には民間経験者枠で受験すると良いでしょう。

この枠を利用して受験する場合、条件として民間企業での仕事の経験が5年以上必要となる場合があります。一般枠と比較すると専門試験を受ける必要がないことから、一次試験を突破しやすいかもしれません。

一次試験に合格した後は、小論文と面接をパスする必要があります。民間経験者枠は、一次試験をパスしやすい分競争率が高く、小論文と面接が結果を大きく左右します。これまでの経験をどう生かしていくのか、文章で伝える必要があるのである程度の文章スキルを見につけておく必要があるでしょう。

 

転職エージェントを活用して、効率良く転職活動を進めよう!

35歳は、現職で責任の重い仕事に関わっていることも多く、思ったように時間が取れず、なかなか転職活動を進めることができないと、悩んでいる人も多いようです。

30代の転職に強い、転職エージェントを利用することで、効率良く転職活動を進めることができるため、うまく活用していくことをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

30代での転職を成功させるポイント5選

30代で仕事ができない人の特徴と、できる人になるための対応策

30代無職が就職するためのポイントとおすすめの資格

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop