仕事

30代で仕事ができない人の特徴と、できる人になるための対応策

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、30代で仕事ができない人の特徴と、どうすれば今よりも仕事ができる人になるのかについて記載していきたいと思います。

仕事ができなくて悩んでいる30代の人は是非参考にしていただければと思います。

 

30代で仕事ができない人の特徴

自分独自のやり方にこだわり過ぎている 

ポイント

30代にもなれば、どんな人でも、自分独自の仕事のやり方というものが身についてきます。

自分独自のやり方を持つことは全く問題ありませんが、それがうまくいかない場合でも、その独自のやり方にこだわり続けるのは、問題と言えます。

自分独自のやり方で上手くいかないのなら、別の方向からアプローチする必要がありますが、仕事が出来ない人は、結果が出なくてもそのやり方を貫き通そうとします。

やり方を変えなければ結果も変わらない、それは当たり前の話ですが、仕事の出来ない人は、それを理解できずに何度も同じ過ちを犯し続けてしまう傾向があります。

 

人の話を聞かない上に、人から学ぼうとしない

分からないことは人に話を聞く、それが仕事をする上の基本です。これが出来ない人は、いつまでたってもうまく仕事が出来るようにならない可能性が高いと言えます。

まして、30代なのに人の話を聞かない人は、普通の30代に比べてまったく仕事が出来ない可能性が高いです。

人の話を聞く人は、相手の考えを理解し、そのやり方を取り入れて日々成長しています。それに比べて、人の話を聞かない人は、相手の話を聞かないがゆえに成長スピードが鈍いと言えます。

出来ないものは出来ないままですし、分からないものは分からないままになってしまいます。

[ad#a]

 

仕事ができる30代になるための対応策

自分のやり方に必要以上に固執しない

仕事をやる上で、自分なりのやり方を通そうとするのは、ある意味当然のことだと言えます。

ですが、それでうまくいかなかった場合、素早く方向転換することが必要です。

同じやり方を続けていても、同じ結果しか出ないのですから、結果の出ないやり方にいつまでもこだわる必要はないのです。

仕事ができる人は、常にPDCAサイクルを回し、仕事のやり方の改善を図っています。やってみてダメなら、どこかダメだったのかを考え、次のやり方を試していくというプロセスを繰り返していくのが良いと言えます。

また、今の仕事のやり方以外が分からない場合は、上司や同僚に話を聞くことをおすすめします。

いまさら人に仕事のやり方を聞くのは恥ずかしいと思われるかもしれませんが、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

 

謙虚な気持ちと素直な気持ちを忘れない

30代にもなると、プライドや地位など、色々な物が仕事の邪魔をしてきます。

この年で年下の人間に教えを請うのはいやだ、部下に頭を下げるのは嫌だ、30代なのにこんなこともわからないのかと周囲に馬鹿にされたくない、そういう思いから、せっかくの成長のチャンスを逃すことがあります。

確かに、その時分からないことを人に聞かなければ、何もしなければ、恥をかくことはないかもしれません。

しかし、分からないことを放置したまま続けていると、仕事が全く出来ないまま40代になってしまいます。

それなら、30代のうちに恥をかいて、色々なことを学んだ方が得策であると言えます。

どんな人でも、謙虚な気持ちで、人の話を素直に聞くことが出来れば、今とは比べ物にならないほど成長することが出来ます。

なので、仕事の出来る30代になりたいなら、謙虚な気持ち、素直な気持ちを忘れないようにしていくと良いと言えます。

[ad#b]

 

常に考えながら仕事をする

どんな仕事をする上でも、考えながら仕事をすることは大切です。

たとえ単純作業であっても、なぜこのようなことをするのか、いったいどうすればもっと作業効率を上げられるのか、ということを考えて仕事をする人と、何も考えず、ただ機械のように仕事をする人とでは、成長する速度が違います。

前者の人は、どんどん仕事の肝がわかるようになり、そのうちもっと上のポジションに声がかかりますが、後者の人は、いつまでたっても仕事の肝がわからないので、昇格できない傾向にあります。

考えながら仕事をするということは、単純に作業効率を上げるという意味だけでなく、社会人として成長する上で、とても大切なことです。

30代になっても仕事が出来ないということは、仕事をする時に何も考えず、ただ漫然と仕事をしてきた証拠であると考えることもできます。

それは仕事ではなく、ただの作業です。ただの作業をいくらやっても、人は成長することはありません。

 

モチベーションが上がらない場合、転職を考えてみる

モチベーションによって、仕事の出来具合は大きく変化します。今の仕事にやりがいを感じることができない、労働環境が悪くやる気がでないという人は、転職をして環境を変えてみるのも手であると言えます。

40代になると、急激に応募することができる求人が減ってしまいますので、30代のうちにやりがいを感じることができる仕事を見つけるのも、おすすめできます。

30代向けの求人を多く保有する転職エージェントをうまく活用することで、自分のキャリアの相談やおすすめの転職先のアドバイスを受けることができます。

こちらの記事も参考にどうぞ

35歳の転職を成功させるポイント【パターン別に解説】

30代での転職を成功させるポイント5選

30代無職が就職するためのポイントとおすすめの資格

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:42 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop