ビジネス

派遣を辞めたい理由と、契約期間中の辞め方

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、派遣を辞めたいと感じる理由と、契約期間中に辞めるためにはどうすれば良いのかについて、体験談に基づいて、詳しく記載していきたいと思います。

現在派遣社員で悩んでいる人は是非参考にしていただければと思います。

 

派遣を辞めたい理由

契約が打ち切られる可能性があり、直雇用への道が無ければ将来が厳しい

派遣での契約となると3ヵ月更新など、定期的に契約更新があります。

私の場合には派遣先企業の事業縮小と新規事業開拓に伴い、約半年前程に契約打ち切りを伝えられました。

新規事業には派遣社員を雇わないとの事でしたので、その他の部署への異動の話もあったのですが、当時勤務していた部署での仕事とは全く別の仕事内容となり、また賃金も下がってしまうとの内容でした。

その当時身に付けていたスキルを全て棒に振る事はしたくありませんでしたので、同じような仕事内容の別企業へ転職しようと決めました。

また、派遣先企業への直接雇用試験を別途受験する権利もあったのですが、私より長期で勤務している方々ばかりで、正直受かる気がしませんでした。(当時の派遣先企業の直接雇用が年功序列の様な様相であった為。)

 

蓄えを残す事が難しく、時給制の仕事の為、経済的に安定しにくい

お金

時給制の仕事で時給アップしたとしても何十円単位での話です。

また、派遣先の仕事量によって、毎月の給料も前後するものであり、一番高い時と低い時で数万円の差が出る事もありました。また、住民税など税金も給料からの天引きではなく、定期的に自分で支払いに行く為、お金の遣り繰りに思案することが多々ありました。 

給料の少ない月の為に、貯金をするのですが、長期的な蓄えを残す事が大変難しかったです。洋服も買わず、本当に日用品しか買わない日々が長くありました。

PCが壊れた時や携帯電話が壊れてしまった時などに、クレジットカードなど分割払いにするのですが、やはり給料の少ない月には最悪、短期のアルバイトなどをする事もありました。何かあった時の為の蓄えすら難しく、金銭面でのストレスはかなり大きなものでした。

 

福利厚生が正社員に比べると弱い部分がある

特別休暇や賞与といったものがありません。また、冠婚葬祭などであっても、派遣元会社で付与されている有休を利用するしか無かった為、長期の休みを頂く時にも有休をどれだけ残すべきか悩みどころでした。

その他の福利厚生も正社員とくらべると無いものも多く、同じ時間、同じ仕事をしていてもそういった余裕が出ない差がありました。

若いころにはそんな事を考える事が少なかったですが、20代後半になると、少しずつそういった待遇面での差が大きく感じられ、ステップアップ出来ないもどかしさで仕事への意欲が下がってきました。

 

スキルアップの機会が少ない

正社員であればもちろんスキルアップの為の研修や講座を受ける事ができるのですが、派遣社員の場合にはそういったスキルアップの機会はありません。

自分の中で「こんな資格の勉強がしたい」「この研修受けてみたい」などがあっても受けられず、派遣先企業内での資格を取る事もできません。

また、一般的な資格を取ろうにも空いた時間だけではなかなかしっかりとした資格を取得する事もできず、将来に活かす資格を取る事も難しかったです。

何よりも、直雇用などを考えるのであれば、派遣社員であっても同じ内容の研修を受ける事ができ、着実にスキルアップができるような会社でないと将来のステップアップは絶望的だと感じました。

[ad#a]

 

派遣を契約期間中に辞める方法

チェック

まずは派遣元会社の担当者へ相談します。今の会社での将来のビジョンが見えない事、今のスキルを活かして別会社へ派遣社員として勤務するか、もしくは自分自身で直雇用の募集面接を受けたい事を話しました。

その後、派遣先企業の上席へ退職希望の旨を申し出しました。私の場合は派遣先企業が契約打ち切りを示唆していた事もあり、契約期間中でも比較的スムーズに退職できたと感じます。結局は半年を待たずに別会社への紹介予定派遣が決まったので契約期間中で退職ができました。

もし、私のような事情が無くとも、最悪の場合には派遣会社を通してすぐにでも退職したい旨とその理由が明確なのであれば、契約途中でも退職できる場合も多くあると思います。(実際にそういった退職をされていた方も見てきました。)

[ad#b]

 

派遣の仕事をすぐ辞めたいと思ったときはどうすれば良いのか

まずは、その時の自分自身のスキルを客観的に見てどれくらいのモノかを確認してください。そのスキルに見合った賃金や待遇なのか?を含めて派遣元の担当者と共に状況確認をして下さい。

そして転職を考えるのであれば、転職する為に足りないスキルは何か、それは独学で身に付くものかを確認し、スキルを身に付けましょう。そうすれば、もしかすると、派遣先の企業から直雇用の話が来るかも知れませんし、無くても絶対に次の仕事に活かせるはずです。

人間関係や仕事量が一人ではどうしようもない。など自分自身では解決できない問題の場合には何も気にせず派遣元の担当者へすぐに打ち明けるのが良いと思います。

 

派遣から正社員を目指す人へ

派遣から正社員を目指すためには、これまでも正社員であった人以上に、面接などの選考対策をする必要があります。転職エージェントを利用することで、模擬面接などの面接対策をしてもらうことができるため、うまく活用することをおすすめします。

こちらの記事も参考にどうぞ

派遣社員の末路、将来とは?4パターンを紹介!

マックスキャリアの評判。サポートが手厚い派遣会社!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:28 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop