飛行機2

パイロットの平均年収が高い理由、今後の動向、ランキング【ANA・JAL・LCC】

今回の記事では、パイロットの平均年収や、パイロットの年収が高い理由、今後の展望、航空会社ごとのパイロットの年収ランキング(ANA、JAL、LCCなど)について記載していきたいと思います。

パイロットの平均年収

パイロットの平均年収は機長クラスで平均1800万円前後。30歳以降の副操縦士クラスで平均1250万円前後と言われています。

この年収は大手・中堅航空会社の平均であり、航空会社によってはさらに低い場合もあります。(国際線と国内線の差はありません)

また、パイロットには旅客業務以外にも貨物(荷物)専門の航空会社があり、それらのパイロットも大手の場合はほぼ同様の年収です。

パイロットには自衛隊機のパイロットもありますが、これらの操縦士の年収は平均で800~1000万円程でしょう。

遊覧船やヘリコプターなどのパイロットもいますが、これらのパイロットは600~800万円程度であり、やはり大手航空会社のパイロットとは待遇面では違いがでるでしょう。

[ad#a]

 

パイロットの年収が高い理由

危険が伴うことや人命を預かる

パイロットの年収が高いのはなんと言っても旅客機であれば多くの乗客の命を預かっていることが年収の高さに表れているでしょう。

乗客の命を預かる仕事は、バスや電車、船舶などさまざまですが、飛行機は空を飛ぶ物であり、万が一のトラブルは陸上を移動する物以上にあってはなりません。

その為、高度な訓練や運行前の体調管理など厳しいチェックをクリアして乗務できるそのハードルの高さも年収が高い理由のひとつでしょう。

 

業務が不規則であり、体力を使う

パイロットは普通のオフィスワークのように決められた時間の業務ではありません。

早朝、深夜など国際線であればさらに時差も発生し、不規則な業務スケジュールとなります。

しかも、それら不規則なスケジュールにも関わらず業務前は体調管理を怠ってはならないので、実質フライト前から仕事をしている状態と言っても良いでしょう。

また、飛行機は高度1万メートル以上を常に飛行し、紫外線や気圧、または放射線なども浴びていると言われ体力や健康を害している可能性もあります。

それらの事を考慮して年収の高さに反映していることもあるでしょう。

 

パイロットの年収の今後は?

パイロットは現在全世界で不足していると言われています。

その為、これからパイロットの年収は今よりも高くなっていくと想定されています。

ただし、パイロットの年収は高くしても、今の環境ままではパイロットの数は増えていくことにはならなりません。

今後はパイロットを自社養成以外からも受け口を広げ、パイロットの人数を増やしまた、パイロット自社養成費用が削減できた分をパイロット確保や増加した収入の費用に充てるなど変化して行くでしょう。

[ad#b]

 

航空会社ごとのパイロットの年収ランキング

1位:ANA(全日本空輸)

国内航空会社のパイロット年収の第1位はANAです。

50歳前後の機長クラスで平均1800万円前後でしょう。30歳代以降の副操縦士クラスで平均1300万円前後と言われています。

全日空は国内線・国際線共に国内航空会社首位であり、傘下にLCCであるピーチやバニラエアがあります。

【本社】東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター

 

2位:JAL(日本航空)

国内のパイロット年収第2位はJALです。

50歳前後の機長クラスで平均1600万円前後、30歳以降の副操縦士クラスで平均1200万円前後でしょう。

JALは国内線、国際線ともにシェア2位の航空会社です。公的資金投入とリストラで会社更生法は終結しました。現在豪カンタス航空と提携しています。

【本社】東京都品川区東品川2-4-11野村不動産天王洲ビル

 

3位:ソラシドエア(スカイネットアジア)

2015年まではスカイネットアジア航空株式会社という商号であり、現在はソラシドエアで親しまれている航空会社です。

40歳代の機長クラスで年収1300万円前後、副操縦士クラスで年収1000万円前後でしょう。

ソラシドエアは大手航空会社がと比較すると割安な運賃が特徴です。2004年に経営支援を受け、ANAが株主第2位となり再建を目指しました。

2015年には中部国際空港へも乗り入れ、現在は東京から九州各地。または那覇と各地を就航しています。

【本社】宮崎県宮崎市大字赤江宮崎空港内

 

4位:スターフライヤー

第4位のパイロット年収ランキングはスターフライヤーです。

40歳代の機長クラスで年収は1200万円前後、副操縦士クラスで年収は1000万円前後でしょう。

この辺りの航空会社になると他のLCCパイロットの年収はほぼ同レベルとなってきます。スターフライヤーは黒を基調とした飛行機が特徴的な航空会社です。

北九州空港を拠点とした新しいエアラインであり、ビジネス需要が主な利用客です。

座席や割安な料金でも高級感もあり独自な戦略が光ります。

【本社】福岡県北九州市小倉南区空港北町6北九州空港スターフライヤー本社ビル

 

5位:ピーチ・アビエーション

5位のパイロット年収はビーチ・アビエーションです。

40歳代の機長クラスで年収は1100~1200万円、副操縦士クラスで年収は950~1000万円でしょう。

ピンクを基調とした飛行機が有名であり、ANAが筆頭株主となっています。

関西国際空港が拠点であり、機内アナウンスに関西弁を使用したりユニークな取り組みも話題になりました。

就航路線は国内だけでなく、韓国・香港・台湾・中国・タイなど格安で海外旅行へ行く場合に利用される代表的な航空会社でもあります。

【本社】大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地