BATICでコントローラーを取得するために、僕が行ったこと。

0 コメント
twitter
はてな
facebook

BATIC

 

 

 

 

 

 今回の記事では、会計知識0、TOEIC550点の僕が、わずか半年間でBATICで973点を出すことができ、コントローラーレベルを取得できた時の話について、書いていきたいと思います。

 BATICって何?という方は、こちらの記事を参考にしてください。
BATICのスコア計算が複雑なので、分かりやすくまとめてみた。

 

 コントローラーを取得するために必要なこと

 

BATICは全て英語で問題が出題されるため、英文会計の知識に加えて、最低限の英語力が必要となってきます。最低限の英語力と書いたのは、基本的な文法さえ分かっていれば、後は会計特有の単語を覚えておけば良いため、それほど高い英語力は必要とされないと考えているからです。

 英語力以上に必要であるのは、英文会計の知識です。BATICは、はっきり言って簿記2級よりは、難しいです。簿記2級の範囲には含まれていない、リースや連結会計の問題も出題されます。また、日本の会計とは異なる会計の決まりがあるため、その点もきちんと押さえておく必要があります。

 BATICは、英語で全て出題されるため、一見すると英語力がカギになる試験と思われがちですが、この試験は英語力よりも、英文会計の知識、理解がカギとなってくる試験です。

 

効率よくコントローラーを取得するために。

 

 短期間で効率よくコントローラーを取得するためには、以下の3つのことが必要になってきます。

1. 予備校に通う。

通うと書きましたが、時間のない社会人の方は、通信教育でも結構ですので、必ず予備校のテキストを使用するようにしてください。

僕は、サブジェクト1については、公式テキストで学習していました。しかし、サブジェクト2に入り、内容がとても難しくなると、公式テキストでは全く理解できませんでした。(公式テキストは、非常に分かりにくいため。)BATICは、あまり知名度も高くない試験であるため、現段階では、分かりやすい教材が販売されていません。そのため、予備校の授業の受講がマストになってきます。

 

 2. 過去問をやりこむ。

 BATICは毎年似たような問題が出題され、出題傾向が変わっていません。そのため、一通り内容を学習し、理解した後は、徹底的に過去問を学習してください。またBATICは、時間に余裕がない試験であるため、過去問をやりこむことで、時間配分の感覚をつかむことができます。

 

 3. 山ははらない。全ての範囲をバランス良く学習する。

 「山をはれば必ず当たるが、必ず外れます。」これは、僕が通っていた予備校の先生の言葉です。BATICでは、全てのカテゴリから、少しずつ問題が出題されます。そのため、例えば、「リースが今年は出そうだから、リースだけ勉強しよう。」というように、リースに山をはると、必ずリース問題は出題されるので、その問題は解くことができますが、数問しか出ないため、その問題以外は解けないということになります。

 山をはっても、その範囲の問題、数問しか解けないということになるため、全く意味がありません。1つの単元をやりこむのではなく、全ての範囲をバランスよく勉強する必要があります。

 

終わりに

今回の記事では、BATICコントローラーを取得するために、僕が行ったことを書いてきました。BATICの転職市場での評価などは、また別の記事で書いていきたいと思います。

 

経理、財務に転職を希望する人へ。

まずは求人を確認することから始めよう。特に未経験者向けの求人は、とにかく貴重なので、常にチェックしてチャンスを逃さないようにする必要があります。

こちらの記事も参考にどうぞ

本気で資格を目指すときは、独学ではなく通信講座を受講するべき4つの理由
BATICでコントローラーを取得!しかし、転職では役に立たなかった話。
本当に社内や面接で評価してもらえるの!?人気資格TOEICの実情

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 08:51 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop