FPサテライト株式会社 町田萌代表に聞く、ファイナンシャルプランナーの魅力

0 コメント
twitter
はてな
facebook


町田代表プロフィールお写真1

この記事の専門家

町田 萌代表取締役

FPサテライト株式会社

ファイナンシャルプランナー(FP)は、家計や保険の見直し、資産運用などの相談にのって適切なプランの提案を行っていく「お金の専門家」です。

ライフスタイルの多様化に伴ってお金に不安を持つ人が増え、FPへ相談するニーズが高まっています。

同時に、FP資格のAFP・CFP(R)は”武器になる資格”として注目され、近年人気が急上昇しています。

関心を持ちつつも「自分でもFPになれるのか」「資格の取得は難しいのではないか」そういった疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

今回は、そのファイナンシャルプランナーの魅力と本質について「FPサテライト株式会社」町田萌代表取締役にお話をうかがいました。

FPサテライト株式会社 町田萌代表インタビュー

各個の金融リテラシー向上が求められる昨今、特に注目度が高い「ファイナンシャルプランナー」という職種。

専門的知識や実務経験のあることを証明する「認定経営革新等支援機関」にも認定されているFPサテライト株式会社の町田萌代表に、ファイナンシャルプランナーについてをインタビューいたしました。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

編集者顔画像

ファイナンシャルプランナーとしての業務内容とは、どのようなものでしょうか。

町田代表お顔お写真

ファイナンシャルプランナーと名乗って活動している方の中にはさまざまな業務内容や方向性がおり、すべてのファイナンシャルプランナーが同じように活動しているわけではありませんので、あくまで一例として考えていただければ幸いです。

私がファイナンシャルプランナーとして行っている業務内容は、

  • 個人のご相談業務・プランニング作成
  • セミナー、講演、研修などの講師業務
  • 記事の執筆・監修業務
  • 専門家としての取材対応業務
  • 事業者向け財務経理コンサルティング・支援

等です。

私が行う業務において特徴的な点は、金融商品の販売は行っていないこと、事業者向けにも対応しておりお金に関して幅広い業務を行っている点です。

ファイナンシャルプランナーの大変なところと魅力

編集者顔画像

ファイナンシャルプランナーとしての業務の中で、大変だと感じること、また魅力ややりがいを感じることをお聞かせください。

町田代表お顔お写真

ファイナンシャルプランナーは、まだ世間的に認知度が低く、どのような業務を行っているのか知られていないケースが少なくありません。

特に、私のように保険などの金融商品を販売していないファイナンシャルプランナーは少数派で、保険を販売している人であると誤認されがちです。

そのため、自身がどのような活動を行っているのか、認識を改めていただくよう説明する必要がある場面では大変に感じます。

また、業務内容や対応分野が多岐に渡るため、様々な知識やスキルを身に付ける必要があります。

認知度が低いだけに、お客様から受けるお仕事が初めての経験となることもよくあります。

町田代表インタビュー中お写真1

町田代表お顔お写真

しかし、これは裏を返せば様々なお仕事を経験することができるともいえます。

常に同じ仕事ではなく、様々な業務や分野のお仕事ができることはとても刺激的でやりがいを感じます。

業務や分野の選択肢が広いため、自分の得意な業務や好きな業務に取り組みやすい点も魅力といえるでしょう。

そして、FPとして活動していると、自身の人生経験がそのまま人様のお役に立てる場面も出てきます。これも生活に密着しているお金の専門家ならではの魅力といえます。

編集者顔画像

お金の専門家ならではの魅力、素晴らしいです。ファイナンシャルプランナーを目指されている方はさらに憧れが強まりまったのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーに求められる能力、向いている人とは

町田代表お顔お写真

業務内容が広いだけに、それぞれの業務内容について求められる能力やスキルは異なりますので、全体的に共通する部分を申し上げます。あくまで私の見解です。

結論から申し上げますと、向上心がある方、物事を柔軟に受け入れられる方、積極的に新しい業務に挑戦する姿勢のある方です。

ファイナンシャルプランナーは、常に最新の情報をチェックし、知識をアップデートしていく必要があります。そのため、日々勉強する向上心のある方や、新しい情報を受け入れられる柔軟性がある方が良いでしょう。

編集者顔画像

向上心、柔軟性、積極性、ですね。

町田代表お顔お写真

また、ファイナンシャルプランナーの認知度が低い昨今は様々なご依頼があるため、未経験でもまずは挑戦してみる心持ちがあると仕事のチャンスが巡ってきますよ。

ファイナンシャルプランナー資格取得は、大変でしたか

編集者顔画像

ファイナンシャルプランナーの資格は人気の高いものですが、一方でその専門性の高さから難易度について不安視するネット上の声は非常に多いです。町田代表のおすすめの勉強法はございますか。

町田代表お顔お写真

ファイナンシャルプランナーの資格は、おもに国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士(FP3~1級)と、民間資格のAFP、CFP®があります。

私は、社会人経験のない大学生の頃にFP3級、2級、AFPを取得しました。

3級はFPの入門編ですので全く難しくありません。2級は近年難化傾向にあり、ある程度の勉強が必要にはなりますが、特別に難しくはありません。

FPの資格勉強は、日常に活かすことのできる知識が学べますので、少なくとも3級は取っておくと役に立ちます。苦手意識を持たず、ぜひ取り組んでいただきたいです。

FP1級、CFP®は少し難しいですが、FPとして活動していきたい方にはぜひ挑戦していただきたいと思います。

私はCFP®認定者となってからFP1級の学科試験免除を受け、実技試験に合格しました。

ただひらすら問題を解くだけでなく、問題の内容をしっかり理解して他人に説明できるくらいまで落とし込むようにすると、応用問題にも対応できるようになります。

編集者顔画像

「自分のような者でも挑戦して大丈夫?」「難しいんじゃ…」と足踏みしている人には嬉しいご回答ですね。ありがとうございます。

ファイナンシャルプランナーの展望

町田代表お顔お写真

この業界はまだまだ未成熟であるのが現状です。世間的に認知度が低く、業界の中でも個々のFPにより活動内容が全く異なります。

また、社会人になってからFPを目指す方が多いのが現状ですが、もっと学生のうちからFPを目指す人が増え、業界全体の平均年齢が若年化していくことで、革新的な事業や活動を行うFPが増えてくると考えています。

「FPは保険の販売をしている人である」という誤った認知を正し、「FPはお金の専門家である」という認知に変え、FPに相談する人を増やし、FP業界全体のレベルが上がっていって欲しいと思います。

ファイナンシャルプランナーを目指す方へメッセージ

町田代表インタビュー中お写真2

町田代表お顔お写真

まだまだFPという業界は未成熟ですが、一人一人が自身の家計について考えることが益々重要になってくる中で、FPの必要性は確実に高まっていきます。

FPは多くの可能性を秘めた職業です。ぜひ、熱意をもって活動する意欲のある方にこの業界に踏み込んで欲しいと思います。

編集者顔画像

これからもニーズが増えることが予想されている、プラス、多くの可能性を秘めている職業…ファイナンシャルプランナーという職業の魅力がぐっと伝わってくるお話をありがとうございました!

FPサテライト株式会社のご紹介

インタビュー協力いただいた町田萌代表が運営する「FPサテライト株式会社」とそのサービス内容について紹介いたします。

FPサテライト株式会社は、金融商品を販売しない独立系のFP会社です。専門的知識や実務経験のあることを証明する「認定経営革新等支援機関」にも認定され、個人または法人向けにファイナンシャルプランニングサービスを提供しています。

お客様の問題解決や社会発展に貢献すると共に、FPの社会的認知度と地位向上に努め、さまざまなFP事業を展開しています。

また、幅広い分野のスタッフが所属するFPサテライト株式会社は「テレワーク」も導入しています。それぞれのスタッフがライフスタイルに合わせながら活躍しているところも大きな特徴です。

個人向けのサービス

FP相談サービスでは、個人の方からお金関するさまざまな相談を承っています。

ライフプランニング
家計の診断・設計、住宅ローンの相談などに対応し、家計シミュレーションによって現状を整理し、最善の改善策を提案していきます。
保険コンサルティング
加入している保険を見直し、本当に必要な保険は何か、中立の立場で提案していきます。
お金のよろず相談(資産運用コンサルティング)
資産運用、不動産投資、住宅ローンなどお金に関する相談を承っています。
地方移住サポート
地方移住したいお客様を対象とした、他社にない取り組みです。お客様に合わせたライフプランニングを提案し、準備の段階から移住後までのサポートを行っています。

相談から課題解決までは、以下の流れでサービスを提供しています。

  1. 初回面談
  2. ライフプランニング・保険コンサルティング
  3. お金のよろず相談(オプション)
  4. 月額会員

初回面談で問題が解決した場合はその時点で終了となり、さらに具体的なアドバイスを受けたい場合はプランニング各種を利用していく流れです。プランニング終了後は月額会員になることで、メール無料相談、専門家紹介、年1回のプランニング見直しを受けることができます。

法人向けのサービス

法人を対象としたコンサルティングでは事業の財務や経理に関する相談を行っています。

法人コンサルティング
経理業務支援、法人保険のアドバイス、セカンドオピニオンなどのサポートを行います。
経営革新等支援機関業務サービス
融資、経営力向上計画認定の準備、各種補助金採択などの支援を行います。
セミナー講師派遣・研修企画
事業の福利厚生、資格試験対策講座などのセミナー講師派遣、研修の企画を行っています。
業績
セミナーやライブ配信などのイベントを企画し、認定支援機関として、また中立的なFPとして、個人の資産運用や企業の経営管理に関するアドバイスをわかりやすく丁寧に伝えています。

2019年に千葉で開催された大規模なイベント「ママハピEXPO×WOMAMフェスタ@ペリエ千葉」では、女性FP陣が教育費積立のシミュレーションについてレッスンを行いました。

そのほか、保険、不動産、金融をテーマとしたコンテンツの記事執筆や記事監修を多数手がけており、専門的でわかりやすい情報が好評を得ています。

FPサテライトの強み

FPサテライトには、おすすめできる6つの強みがあります。

  • 中立な立場から最適な情報を提供
  • 相談から解決までワンストップの対応
  • 幅広い知識を持った経験豊かなFP陣が対応
  • 全国からの相談が可能
  • 経営革新等支援機関として中小企業を支援
  • 幅広い情報を4種の無料メールマガジンで発信

FPサテライトは、保険、証券、不動産などの金融商品をしていません。中立的な立場からお客様の生活設計をサポート、最善の解決策を提案していきます。

中小企業庁から「経営革新等支援機関」に認定されており、個人のお客様だけでなく法人のお客様に対応できるところが数少ないFP会社です。

お金に関する幅広い分野に精通したFP陣が所属しており、あらゆる分野の相談に対応することが可能です。

また、相談内容によっては保険会社、弁護士や税理士などの専門家へ相談したほうが良いケースもあるのですが、必要に応じて提携先の専門家を紹介するためワンストップで問題の解決に進むことができます。

相談方法は、対面のほかLINE、Skype、Zoomにも対応しているので、遠方にお住いの方も相談が可能です。

銀行や保険商品を取り扱う他のFP会社とは、スタンスが異なります。商品の販売が目的に営業を行っていないので、課題解決と引き換えにお客様が余分な商品を契約するようなデメリットは生じません。

町田萌代表のご活動について

町田代表は千葉県佐倉市のご出身、大学在学中からFPの勉強を初め、卒業後は税理士事務所勤務を経て、総合的なファイナンシャルプランニング・コンサルティングを目指し独立。2018年にFPサテライト株式会社設立に至ります。

所有資格

  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • CFP(R)認定者
  • 宅地建物取引士
  • 証券外務員一種
  • 日商簿記2級

お客様のコンサルティング事業に加え、FPとして記事執筆をしたり、セミナー講師として投資やFP活用などに関する講演を行ったりしています。知識を生かし、メディアやのインタビューにも多数出演され、幅広くご活躍中です。

また時には、ゲスト講師として小学校でFPの仕事を紹介するなど、子どもや学生の金融リテラシー教育にも貢献しています。

感謝されるファイナンシャルプランナーはやりがいの大きな仕事

”家計のホームドクター(R)”と呼ばれるファイナンシャルプランナーは、お客様の課題を解決して感謝される、やりがいの大きな仕事です。

またFPを名乗るために必要なFP資格は、金融、不動産・保険などの業界で信頼性が高く、就職や転職が大変有利になります。

もちろん社会のために役立つだけでなく、自身のライフプランニングにも生かせ、知識そのものが人生の財産につながっていきます。

各個の金融リテラシー向上が求められる今、あなたもFPとして羽ばたいてみてはいかがでしょうか。

この記事の専門家

町田 萌代表取締役

FPサテライト株式会社

大学卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生保出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、お金の専門家として幅広く活動を行なっている。また、中小企業向けの財務経理業務支援なども行っている。金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決がモットー。

(本記事の情報は2019年12月時点のものです)

0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop