消防士の平均年収と仕事内容。消防士の身を守る様々な手当がある

1 コメント
twitter
はてな
facebook

子どもの頃、消防士に憧れた人は多いのではありませんか。また、街で消防士を見かけたら手を振ったことのある人も多いのではないでしょうか?

消防士の仕事は危険な場面がたくさんありますが、人の命を救うことができる数少ない仕事の一つです。

そんな常に危険と隣り合わせの消防士の年収について興味はありませんか?ここでは消防士の年収や階級などについても紹介しています。興味のある方はぜひ読んでいってください。

消防士の年収はどれくらい?

まずは消防士の年収について紹介します。

消防士の平均年収は約700万円です。月額平均給与が約37万円で、賞与、諸手当を含めると700万になるそうです。

また、世代別に消防士の給与を見てみると

  • 20代:350万円
  • 30代:450万円
  • 40代:700万円
  • 50代:800万円

となっております。民間企業の平均よりも非常に高い給与水準となっています。また、民間企業の場合、50代以降は給与が減少する傾向があります。

しかし、消防士(消防士に限らず公務員)の場合は年齢を重ねるごとに給与が着実に上昇していく傾向があります。

消防士の年収は他の公務員と比較しても高い給与水準であり、一般のサラリーマンの平均給与と比較しても高い給与水準であることがわかります。

このように高い給与水準を消防士が持つ理由として、24時間常に危険と隣り合わせの仕事であることがあげられます。

常に危険と隣り合わせであるがゆえに、様々な手当があります。そこで、どのような手当があるか次に紹介させていただきます。

消防士の身を守る様々な手当

消防士の身を直接守ってはくれませんが、様々な手当が保障されています。そこで、ここではどのような手当があるのか以下に紹介します。

  • 危険作業手当
  • 重勤務手当
  • 非常災害業務手当
  • 消防業務手当
  • 不快作業手当
  • 消防業務手当

他の職業ではなかなかこのような手当はありません。この手当の多さからも分かるように消防士は危険と常に隣り合わせで仕事をしています。

公務員なのに消防士は給与が高過ぎるとは思わずに、危険と隣り合わせにも関わらず、日々頑張っている消防士を応援してあげてください。

消防士の仕事とは何?

みなさんは消防士の仕事を知っていますか?火事のときに消火活動をするだけが消防士の仕事ではありません。

では他にどんな仕事があるのでしょうか?消防士の仕事は主に以下の5つです。

  1. 消火
  2. 救助
  3. 救急
  4. 防災
  5. 予防

そこで、ここではこれらの仕事について簡単に紹介します。

1,消火活動について

まずは消防士の仕事としてみなさんが真っ先に思い浮かべる消火活動について説明します。

消防士は火災の通報を受けたら、一秒でも早く現場に向かいます。そして、火災現場の消火活動にあたります。また、同時に現場や近隣住民の身の安全を確保することも行います。

消火活動の際は、火を消すことも大事ですが人命救助が最も重要視されます。風向きや出荷状況をいち早く判断して消防士の方は活動します。

火災件数は多いものではありません。ですが、もしものときに備えて消防士は日々訓練に励んでいます。

2,救急活動について

次は救急活動についてです。119番の通報を受け、交通事故、一般事故(転落事故など交通事故以外)によってケガを負った人や急病人を医療機関に搬送する任務もあります。

基本的には、救急車には3人が乗車しています。また、一般的にはそのうち一人は救急救命士の資格を持っています

現場における応急手当は、高度な処置と的確な判断が必要な場合が多いです。そのため、資格をもつ救急救命士が同乗し処置にあたります。

3,救助活動について

続いては災害現場などでの人命救助活動についてです。主に火事、交通事故、山の崩落現場、河川が活動現場となります。

火災現場では、現場に取り残された人を救助します。交通事故の現場では、事故に遭った人を助け出します。

山の崩落現場では、崖崩れで生き埋めになった人、土砂の下敷きになった人を助け出します。

夏場に多い河川地域での水難事故では、川遊びをしていて溺れた子どもや、釣りをしていて中州に取り残された人を助け出します。

4,防災活動について

消防士は現場での活動だけでなく防災活動も行います。火災が発生しないように、予防活動を行います。

災害を予防するため、もし災害が発生しても最小限に被害をくい止めるためには防災活動は欠かせません

地域住民の防災に対する意識を高め、基本的な行動や避難経路を理解するために自治会と協力して行います。

また、実際に消火器などを活用して初期消火体験や身体防護、救出・救護等の訓練・指導も行います。

小学校や中学校など人が多く集まるところを中心に防災訓練を行うこともあります。さらに意識の高い地域では火災や地震のレベルを想定し、地域ごとにあった訓練を行っています

5,予防活動について

最後に予防活動について紹介します。予防活動では建物の防火上の安全性や消防用設備等の設置について、現場の実状を厳しく審査・検査します

そして、結果に基づき消防士が中心となって指導を行います。竣工後の用途変更に伴う際にも同様の審査・検査・指導を実施します。

工事中や竣工時には、実際に建築現場に出向き、施工状態の確認や防火に対する基準を満たしているかどうか第三者として厳しく審査・検査します。

消防士のなり方とは?

消防士の給料事情や仕事内容について知っていただくことができたでしょうか?

ここでは、そんな消防士のなり方について簡単に紹介します。消防士に興味のある方はもちろん、少し気になっている方もぜひ読んでいってください。

消防士のなり方は、各自治体が実施する「消防士採用試験」を受験し、合格することです。

採用は各自治体が別々に行います。そのため、地域によって採用試験の日程や試験内容は異なります。

ですので、自分が受験する地域の試験日程や内容は事前によく確認しておきましょう。

消防士のなり方についてもう少し詳しく知ろう!

各自治体によって異なりますが、東京消防庁を例に消防士のなり方について紹介します。

東京消防庁の採用試験は「Ⅰ類」「Ⅱ類」「Ⅲ類」「専門系」の4つの区分があります。

  • Ⅰ類は大学卒程度
  • Ⅱ類は短大卒程度
  • Ⅲ類は高校卒程度
  • 専門系は法律、建築、電気、電子、通信、化学、物理、土木、機械等の知識を有する人

※上記の区分はあくまで試験の難易度を示すものであり、受験資格を表しているわけではありません。

消防士として働く際にはこの受験区分が適用されます。ですので、自身のある方は学歴がなくてもⅠ類を受けてみましょう!

消防士の仕事は学歴によって仕事の出来、不出来に関係してくるわけではありません。ですが、区分によって初任給、昇進・昇給のスピードに違いがあります

ですので、自分が消防士としてどの区分で働きたいのか、よく考えて受験しましょう。

試験内容はそれぞれの区分によって異なります。東京都消防官の採用倍率は、例年すべての区分で10倍以上になります。

地域によって倍率は異なりますが、難関な地域も多いので、消防士を目指す方は勉強を怠らず頑張ってください。

消防士の階級について

最後に消防士の階級について紹介します。消防士の階級は消防士から消防総監までの10の地位に分かれています。

10の地位について以下に記載したので、参考にしてください。

  1. 消防士
  2. 消防副士長
  3. 消防士長
  4. 消防司令補
  5. 消防司令
  6. 消防司令長
  7. 消防監
  8. 消防正監
  9. 消防司監
  10. 消防総監

消防総監は消防吏員の階級としては最高位にあたります。これは東京消防庁の長であり、階級をあらわすだけでなく、職名としても使用されます。

この地位と職名は、東京消防庁のみのものです。ですので、東京以外の消防本部に対しては権限を有しません。

消防士の年収は高いと感じるけど、その分危険で使命を背負う仕事

消防士の年収は高い水準であり、羨ましく思った方も多いのではないでしょうか?

ですが、消防士の年収が良いのはそれだけ厳しく、危険な仕事であるからです。人の命を救いに行って命を落としてしまう団員がいるのも現実です。

消防士の方、消防士を目指している方にお金が目的の人はほとんどいないでしょう。消防士の方は多くの使命を背負って働いてくれています。

消防士の方と普段接する機会がある方はあまり多くはないと思いますが、心のどこかで消防士の方を応援してあげましょう!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 00:25 求人更新
1 コメント
twitter
はてな
facebook

みなさんのコメント

あなたもコメントどうぞ!

pagetop