消防士が仕事を辞めたい5つの理由。転職をするのもあり?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、消防士が仕事を辞めたいと感じる5つの理由を書いていきたいと思います。仕事を辞めたいと悩んでいる消防士の方は、是非参考にしていただければと思います。

消防士が仕事を辞めたい理由

体力的にキツい

消防士をやっていて一番辛いと思うのは、体力的にキツいというところです。消防士なんだから体力勝負なところもあるし、キツいのは当たり前だろうと思われると思いますが、やはり自分の体をいじめ抜くので、かなりの体力消耗があります。上司から怒声がとんで、半分いじめのような感覚に陥ることもあります。

特にキツいのは夏場の暑いときです。

暑いというだけで体がダルくなりやすくなるし、水分の摂取も追い付かないくらいの汗をかきますので、頭はもうろうとするし、神経がおかしくなりそうな時もたまにありました。

本当の仕事となれば日の近くに行くわけなので暑いことにも慣れないといけないという使命感がさらに夏の暑さでの苦しみを増やしてきます。

 

給料が良くない

命を張ってる仕事ではありますが、給料はたいして良くはありません。独り身でいれば生活できないことはないのですが、結婚して子供が生まれたら奥さんにも働いてもらわないと生活は厳しいです。

公務員なので安定はしています。しかし基準が低いので満足できるとは言い難く、その辺のサラリーマンの方がよっぽどもらっているという話も聞きます。

特に消防士は休みは多いので、変にお金を使ってしまうのです。休みがあっても周りの人と合わないので、結局一人で暇潰しのためにお金を使うのです。

昇給制度はあるらしいのですが、どうなったら昇給するのかといえば、役職につくことということです。しかし役職者の枠は埋まっているので、すなわち上の方が辞めなければ昇級は無いということになります。

 

古い風習がある

消防士というと縦社会です。上司や先輩の言うことは必ず聞かなければなりません。バブル時期を育ってきた上司達はだいたいこの系の風習を作ります。

仕事のことであればもちろん聞きますが、だいたい仕事とは関係のないことを言ってくる人たちも少なくありません。なんでそんなことに罵声を浴びなければいけないのと思ってしまいます。理解に苦しみます。

以前あったことは、休みの日に合コン組んでくれと言われて、正直気が進まないながらも友達の女の子に頼んでなんとか実行したのですが、終わってから後日職場で「コイツ、ろくな女連れてこないんだよ!」と怒鳴られるという。

あなたの方がろくでもないと言ってやりたかったです。

しかもそこで誰とも繋がることができなかったのは、主催した僕のせいにされてしまうのです。昔からそういうものだと一方的に言われてしまいました。

もう二度と合コンは組みたくないと思っていますが、女好きの人が多いので、結局よく頼まれてしまいます。そして結果は変わらずです。

[ad#a]

 

休みの日も落ち着いて休めない

消防士はシフトで休みを決めています。まあちょっとした火事ならその日の出勤している隊員だけでこなせるのですが、万一にかなり大規模な火事が起きたり、何件も同時に火事が起こったとなれば緊急収集をかけられます。

その時に何をしていようが行かなければならないのです。もちろんそんなことは滅多にはないのですが、やはり休みの日でもそれが頭の片隅にあるので、なんとなくゆっくりできないという辛さがあります。

サービス残業がないのはまだ救われていますが、無意味に残業させられたり、予定をたてることも難しくなってきます。

特に必要のないトレーニングをやらされたり、昼間はスマホばかりいじっていて、終了定時になってから作業をはじめて残業代を稼ぐという方もいます。ちなみにそれに付き合わなければなりません。

 

とにかくクセのある人が多い

消防士は男社会だからなのか、性格のひんまがったようなクセのある人が多いです。

なかなか人間関係を築いていくのが難しいときもあります。人の悪口や妬みは普段から普通にありますので、正直そんな話ばかり聞いていたくないし、いっそうのこと話すの止めようかなと思ってしまうほどです。

仕事と言ってムリヤリ休憩中でもトレーニングをやらせてきたり、普段よりキツいことを軽々しく言ってきます。そんな上司は不倫がバレて家族が崩壊のピンチとなっています。

その他にも鍛え抜いたムキムキの体をいちいち見せつけてきたり、お前はどうだと脱がされたり。そっちの気があるのではと疑いたくなる人もいます。

彼女にふられてイライラする人もいれば、パチンコで負けて八つ当たりをしてくる人も少なくありません。言ってしまえば、パワハラの塊のような環境です。

[ad#b]

 

消防士から民間企業に転職することで、幸せになることも

消防士は体力が非常に必要とされる職場であり、理不尽な縦社会の風土であり、苦労している人も多いようです。

民間企業でも理不尽なことはもちろんありますが、消防士よりも理不尽なことは起こりにくい傾向があります。

実際に民間企業に転職して、快適に楽しく働くことができている人もいますので、まずは転職のプロに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの相談や民間企業への転職のノウハウや実態を教えてもらうことができます。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

警察官を辞めたい!民間企業に転職した体験談

地方公務員を辞めたい4つの理由とは?

きつい仕事ランキングベスト10!独自観点で順位付け

会社を辞めたい人へ。まずは辞める準備をしよう。

 

 

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月17日 07:12 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop