メリット

未経験者がMRに転職をするためのポイント【30代、40代、志望動機】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、未経験者がMRに転職するポイントや、年齢制限はあるのかということについて記載していきたいと思います。

30代、40代の未経験者がMRを目指す場合や、具体的な志望動機の例文も記載していきますので、是非参考にしていただければと思います。

 

未経験者がMRに転職する場合の年齢制限

時間

MRとは、製薬会社の医療機関への営業職ですが、30代からの転職は果たして可能でしょうか?答えは、無理ではないが、簡単ではないと言えるでしょう。

MRやMSの経験者であれば可能性はありますが、それでも国内大手メーカーでは中途採用は珍しいです。残念ながら新卒、もしくは20代が基本と思ってください。病院や各種医療機関との関係が密なため、敷居の高い職業とも言えるのです。

では未経験からのMRへの転職の可能性はゼロでしょうか?いえ、後発薬品のジェネリックであれば、今後MRを必要とする可能性を含んでいます。医薬品業界では未改革ゾーンですので、今後中途採用の可能性があるかもしれません。

MRに転職を希望する場合は、「MR認定資格」を取りましょう。以前は製薬企業に所属していないと取れませんでしたが、何年か前に完全に個人管理の資格となり、受験可能ですのでHPなどで確認して下さい。

[ad#a]

 

30代の未経験者がMRに転職するためのポイント

スーツ

MRに生かせる経験知識がある

30代前半であれば、未経験からのMRへの転職はまだ十分な可能性があります。ただし、MR未経験と言っても今までMS、医療、介護、薬剤師など薬に関わる仕事3年以上従事してきたり、営業の仕事をずっとしてきて業績を積んでいる人でないと難しいでしょう。

医薬品や医療関係者の世界や風潮、または営業職のスキルが無ければ新卒やそれに近い年齢に募集が限られています。

 

転職エージェントを活用する

自分には医薬品や医療関係の経験や営業スキルがあると思う人は転職エージェントなどを上手く活用してMRへの道のりを確実なものにしてください。

今や転職を希望する人の40%が転職エージェントを利用しています。履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習などを行ってくれます。自分では気付かなかったPR部分をキャリアスタッフが発掘してくれ、転職に有利になります。

中には全国展開している転職エージェントも少なくありません。面談も地方都市で行うことも可能です。転職活動中はなにかとお金がかかります。

交通費だけでも辛いのにセミナー代などがかかってしまうともっと苦しいです。転職エージェントは無料のところがほとんどです。中にはMRの転職に強い転職サイトや、医療医薬品従事者向けのエージェントもありますからぜひ活用してください。

MR転職に強い転職エージェント

MR

リクルートエージェントは、国内最大手のエージェントであり、MRの転職実績も抜群になっています。国内製薬メーカーのMRや、外資系製薬会社への高年収での転職実績が非常に豊富です。

40代の未経験者がMRに転職するためのポイント

高い知識とスキルとコネが必要

40代でMRに転職するためには、経験者でないと限りなく難しいと言えます。MRという仕事は医療関係を回り、自社の製品をお勧めして行く仕事です。

大手国内、外資メーカーは古くから様々な医療施設と蜜に連携を取っており、関係が蜜になっているところがほとんどです。

そこに40代の未経験が入りこむ隙は無いと思われます。後発薬品のジェネリックでさえ、医療、医薬品の経験や知識や営業のスキルが無ければ難しいとされているのに、更に上の40代で未経験となると、よほどのコネやスキルが無ければ難しい世界です。

可能性があるとすれば、医薬品、医療関係の知識と経験、更に営業のスキルが高くて、更によほどのコネが舞い込んで来る場合でしょう。

 

コネは作れないことはない

「コネなんて作れるわけがない」と思う人も多いですが、全く無理な話ではありません。メーカーが積極的に欲しいと思う人間には、役職についている方が推薦状を書いてくれます。

これがあると内定確率がかなり高くなります。そのメーカーの所長以上のクラスの人に辿りつき、更に気に入られることが出来れば良いのです。どうしても40代からMRの夢を諦めきれないと言う人は、例外的な方法ですが努力してみる価値はあると思います。

[ad#b]

 

未経験者がMRに転職するときの志望動機の例文

ソリューション

医療、医薬品従事者からの転職

私は○○という病院(薬局・施設)で○○を5年担当して来ました。医師や患者様の気持ちや希望に沿うことは簡単なことではありませんでしたが、そこにやりがいを感じ充実して続けることが出来ました。

医師に感謝されたり、患者様が元気になり笑顔を見せてくれた時は、本当にこの仕事をして良かったと思いました。そこから医薬品を扱う仕事に興味を持ちました。

今まで培った医師や患者様とのコミュニケーションと、人に感謝され人を笑顔に出来る力を生かせると思いMRへの転職を考えました。

 

営業職からの転職

私は○○という企業で○○という製品の営業を長年行って来ました。仕事にはやりがいを感じ、社内で表彰されたりプロジェクトリーダーを任されたりしておりました。

そんな中祖母が体調を崩し入院することになり、何度もお見舞いに行き祖母の病気のことを調べているうちに、医療・医薬品に関心を持つようになりました。

祖母は晴れて元気になり退院しました。私は、医薬品は人を元気にし幸せにするということを知り、それに関わる仕事を今後一生の仕事にしたいと思いました。

そして自分の長年の営業スキルが生かせるものがMRでした。病気の人を元気にする医薬品を世の中に広める社会貢献がしたいと思っております。

 

こちらの記事も参考にどうぞ

MRを辞めたい5つの理由。MR歴22年が語る!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 08:56 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop