面接で名刺を受け取る時&受け取った後のマナー

面接で名刺を渡されることは度々あります。実は、面接の準備で見落としがちなのが、この名刺を渡された時の対応です。

面接で名刺を渡された場合、学生の皆さんならどう対応していいのか、行動に困りませんか?

社会人で転職する方も、面接で名刺を渡された時にこちらも前職の名刺を渡すべきか迷う人もいると思います。

原則として、面接時に名刺交換をする必要はありませんが、名刺を受け取ったら最低限のマナーは守るようにしましょう。

今回は、面接時に名刺を受け取る際と受け取った後の行動について、気をつけたいポイントをご紹介していきます。

面接時に、名刺を受け取る行動も評価の対象になっていることを念頭に入れておきましょう。

面接で名刺を受け取る場合のマナー

面接時には、名刺を受け取る場合があります。

名刺を受け取る言葉や行動をまとめてみましたのでご紹介します。

受け取る際の言葉

名刺を受け取る際は、一言で済ませます。

「ありがとうございます、頂戴します。」

と、言いながら一礼するのがビジネスの名刺の受け取り方の基本です。

それ以上は何も言わないのがベター。

最近では、「ありがとうございます」を言う代わりに「すみません」という人も多いようですが、お礼の言葉を間違えないようにしましょう。

何度も礼をするのも控えましょう。

名刺の受け取り方

名刺の受け取り方は以下のようなマナーとなります。

  • 机を挟まず、立って面接官と向き合って受け取る
  • 名刺は両手で受け取る
  • 名刺を受け取ったら、名刺に軽く目を通す
  • 名刺を受け取ったら面接官が座るのを待つ

名刺を受け取る場面が来たら、以上のマナーを守ることが大事です。

名刺は相手の顔となるものなので、ぞんざいに扱わず、大切に扱うことです。

また、面接の最後などに「名刺にあるメールアドレスに連絡ください」と指定される場合もあるので、大切に保管しておきましょう。

面接で名刺を受け取った後のマナー

名刺を受け取った際の行動にもマナーがあります。

名刺を受け取った後はどのようにすれば良いのか、ご紹介します。

名刺を受け取った後、名刺はどこへ置いておくのか

名刺を受け取り着席したら、机の左側に置いておくようにします。

これは面接が終わる最後まで置いておきます。

面接官が何人かいる場合で2枚以上受け取った際は、役職の一番高い人から順に縦に並べて置いておきます。

面接時に机がない場合は、「失礼します」と一言添えて丁寧に納めて大丈夫です。

名刺を受け取った際に、すぐに納めてしまったり、名刺を一度も見ないというのは、失礼に当たるので気をつけましょう。

受け取った後、相手の名刺について触れるべきか

名刺を受け取った後は、名刺に軽く目を通すだけにして名刺に記載されている役職や部署などについては自分から触れないことです。

この場所には面接に来社しているのであって、それ以外の質問は不要です。

相手にとっては、必要のない質問で迷惑に感じることもあるかもしれません。

前職の名刺を持っている場合でも、渡さなくていい

面接での名刺交換は基本必要ないとされています。

名刺交換は、ビジネスシーンですることが基本なので、面接の場ではビジネスではなく、「会社」と「一個人」のやり取りになるので名刺交換は不要です。

ただ、転職の場合、相手の方から名刺を求められるケースもあるので、前職の名刺を念のため持参しておくと良いでしょう。

名刺を渡す際には、マナーを守って机を挟まず両手で渡すようにします。

渡す際「前職では〇〇を担当していました」と名刺に記載されている肩書きを一言添えるのもポイントです。

名刺を持ち合わせていない場合は、素直に「面接時には一個人として参加しているため不要だと思いました」や、「ただいま名刺を切らしているところです」と伝えましょう。

面接で名刺を受け取る行動も評価の対象になる

面接で名刺を受け取る行動も、相手の面接官には見られています。

応募する企業が営業やクライアントと仕事をする機会が多い場合は、名刺を交換する場面が多いでしょう。

面接官はあえて名刺を渡し、応募者がしっかり名刺の受け渡しができるかどうかというのも見ることもあります。

名刺は、本番の面接の前に渡されるので、最初でつまずきたくないですよね。

転職活動や就職活動で名刺交換をすることはありませんが、名刺を渡されることはあり得ることなので、受け取るマナーをしっかり学んでおきましょう。

これからのビジネスシーンでも活用できるマナーとなるので、覚えておくと便利です。