ストレス

ミスばかりする人の特徴、落ち込んだり怖くなってしまったときの対処法、ミスを減らす方法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、仕事でミスばかりする、ミスが多い人の特徴や、ミスをして落ち込んでしまったとき、怖くなってしまったときの対処法、ミスを減らすための方法について記載していきたいと思います。

仕事でミスばかりする、ミスが多い人の特徴

頭で考えるより先に行動してしまう

こちらは積極的で行動できて、一見いいように見えますが、しかしやはり思考する前に、体を動かしてしまうと、ミスしてしまうことが多いようです。

また考えるよりも、先に動いてしまうと、ミスをしたときにどうようなリスクがあるのかを想定したり、リスクを減らすための施策を考えたりしないため、考えてミスした時よりも被害が大きくなる傾向があるようです。

そのため、「こういったタイプの人はなにかやろう」と思った時にワンクッション、一呼吸なり間を置いて1度考えてから行動するとよいでしょう。

 

人の話を聞いていない人や、集中力がない人

聞いているようで聞いていない人は、良くいるのでは無いでしょうか?やはり話を聞いていないとミスは圧倒的に多くなります。

「するな」と言ったことをしてしまうような人は、単純に話を聞いていないような人なのでは無いでしょうか?

話を聞いていない人は、集中力がない人も多いため、集中力の欠如により、ミスをしてしまう人も多いようです。

普段、集中力がある人も、寝不足や疲れによって、集中力が欠如してしまう場合もありますので、注意が必要です。

 

マルチタスクが苦手なのに同時にやろうとする人

人間は、基本マルチタスクは向いていないです。基本的に一つの動作に集中してしまうと、他に集中は行きません。2つとも集中するというのは、難しいことです。

仕事出来る人などはマルチタスクが出来ているように見えるかも知れませんが、集中しなくても出来るぐらい仕事慣れしているだけであることが多いです。

いくら仕事ができる人であっても、本当に重要な書類などを、同時進行で完成させたりはしない筈です。

[ad#a]

 

仕事でミスをして落ち込んだときや、ミスが怖くなってしまったときの対処法

ミスをできるだけ早く報告する

特に大きなミスをしてしまったときは、「クビになってしまうのではないか」、「上司に叱責されてしまうのではないか」と思ってしまい、ミスしたことを伝えるのが億劫になってしまいます。

しかし、ミスが発覚した場合は、できるだけ早く報告することで、ミスによる被害拡大を抑えることができるケースがあります。

上司によっては、ミスをすることよりも、ミスの報告が遅れたことに、苛立ちを感じる人もいるため、ミスをした場合はできるだけ早く報告するようにしましょう。

参考記事:会社をクビになりそう!前兆を感じたときの対応策は??

 

上司や取引先など迷惑をかけた相手にきちんと謝罪する

ミスをすることによって、自社や他社に損害を与えてしまい、迷惑をかけてしまうことがあります。

大切なのは、ミスをして落ち込むことよりも、誠心誠意、迷惑をかけた、上司や取引先などに謝罪し、関係の悪化を防ぐことです。

例えミスをしても、何度も同じミスをしている場合であったり、取返しがつかないくらい大きな損害を与えてしまったミスでない限りは、謝罪をきちんとすることで、関係を修復できるケースが多いです。

そのため、まずは自分のメンタル面のケアよりも、優先して、迷惑をかけた相手との関係修復をすることが大切です。

 

適度に反省をし、睡眠を取る

どんなに落ち込んでいても、どんなに悲しくても、1日寝ることで大分軽減されます。

1日目、2日目、時間が経つにつれて、どんどん軽減されていくのは皆さんも経験した事があるかと思います。

なのでミスをしたその日はしっかりと反省をし、引きずらないようにぐっすり睡眠を取るのが良いと思います。

 

自分流のストレス解消法を行う

やはり怒られるとストレスがたまります。怒られて気分のいい人はいません。そのため、そのストレスを解消できる独自の方法で解消することは大切だといえます。

ボクシングをやる、大声をだす、大好きな趣味に取り組むなど、なんでもいいです。思いっきりストレスを解消しましょう。

参考記事:職場ストレス原因ランキング

 

[ad#b]

 

仕事でミスを減らすための方法

どれだけ急いでいても焦らない

仕事をする上でどんな職種でもスピードが求められる場面は沢山あります。

「急いで急いで、そして失敗して余計二度手間で遅くなる」そんな経験は無いでしょうか?

こうなるぐらいなら一つ一つを確実に終わらせていったほうが賢明だと思われます。

そして、手を早く動かすのと、焦るのは違う意味です。作業を早くこなすことは大切ですが、気持ち的に焦ってしまい、いい加減に作業をすることがないようにしましょう。

 

確認は1度ではなく二度する

これに置いては確認不足、注意力に関わってきます。やはり1度だけ確認しても確認不足なんてことはよくあることです。

そのため、確認をする時は隅から隅まで一つずつ潰していくように、絶対に確認漏れがないように、最低でも2回は確認するとミスが少なくなるのかと思います。

 

自分に向いている仕事に転職する

人は誰しも向いている仕事と、向いていない仕事があります。

例えば、これまで経理職をしていてミスばかりしていた女性が、販売の仕事に転職したところ、売上1位の販売員になったという話があります。

自分にどうしても向いていない仕事をしていては、高い意識で仕事に取り組んでいたとしても、ミスが減らないことがあります。

そのため、今の仕事が自分に合っていないと感じている人は、転職を考えてみるのも1つの手であると言えます。

転職のプロである転職エージェントに相談することで、自分に合った企業や職業をカウンセリングをもとに紹介してもらうことができます。

まずは、自分にはどのような企業があっているのかということから、教えてもらうことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月20日 00:36 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop