面接に腕時計は必要!採用側に好印象を与えるビジネス腕時計の選び方

スーツや髪色、メイクなど、就職・転職活動での身だしなみにはさまざまなマナーがあります。

ビジネスの場にふさわしい物を身につけて面接へ臨むことは、採用をスムーズに勝ち取るための最低条件です。

実は「腕時計」も、スーツ全体の見栄えを整える大切な要素となります。

「そんなに細かいところまで!?」と驚かれるかもしれませんが、面接官は意外な部分をチェックしているものです。

面接時に好印象をもたれる腕時計や、避けるべき色など、就職・転職活動用の腕時計のあれこれについてご紹介します。

そもそも腕時計は必要?スマートフォンがNGの理由

近年、スマートフォンの普及によって腕時計を使う人が減っているようです。

「いま何時?」と聞かれたとき、スマートフォンを見て答えることも多いですよね。

たしかに、スマートフォンは簡単に時間を確認することができて、文字も大きく利便性も高いので、腕時計よりも使用率が上がるのは仕方のないことかもしれません。

面接にむかうときも、スマートフォンさえ持っていれば、腕時計は必要ないように思います。

しかし、就職・転職活動中は、ペーパーテストやグループディスカッションなど、時間との勝負になることも多いものです。

また、社会人になれば腕時計はビジネスマナーとして必需品です。

普段腕時計をつけない人はピンとこないかもしれませんが、ひと昔前までスーツに腕時計を合わせることは当たり前だと思われていました。

面接は社会人としての第一歩であり、ビジネスの場でもあります。

スーツに適した腕時計をつけていることで、面接官からの印象が上がるかどうかはわかりませんが、間違っても下がることはありません。

腕時計をつけ慣れていない人がつけると、腕に違和感があったり、肩がこってしまうこともあります。

そういう人は会社に入る直前につけて、面接が終わればはずしてしまってもかまわないので、とりあえず就職・転職活動中は腕時計をつけるように心がけましょう。

スマートフォンが悪い印象を与えるシチェーション

時間の確認ならスマートフォンで不自由がないと思われるかもしれませんが、面接の直後や待ち時間にスマートフォンをさわることは、会社側からすれば好ましい態度ではありません。

スマートフォンや携帯電話には、時間を確認する以外にも

  • 電話
  • メール
  • SNS
  • ゲーム

など、さまざまな機能があります。

あなたは時間を確認しているだけでも、「会社の内情について誰かに連絡しているのかもしれない」「面接の様子をSNSに書き込んでいるのかもしれない」と、あらぬ疑いをかけられてしまうかもしれないのです。

スマートフォンをさわることによって、印象がダウンしてしまうことはできるだけ避けたいものです。

他人から誤解されるような行動を慎むという意味でも、時間の確認はスマートフォンではなく腕時計で行いましょう。

例えば、グループディスカッションで「〇分までにみなさんの意見をまとめてください」という指示があったとき、あなただけ腕時計をつけておらず、となりの人に時間を聞くような事態になれば、やはり印象も悪くなります。

一人だけこそこそとかばんから携帯電話やスマートフォンを取り出してさわっていると、面接官だけでなくディスカッションをしているグループのメンバーにも失礼に当たる場合があります。

スマートフォンをさわっているというだけで「規則にルーズな人かもしれない」「社会人としてのマナーが身についていない」など、ネガティブな印象をもたれてしまうケースもあるので注意しましょう。

面接会場や試験会場には時計がないことも

さらに、面接会場や試験会場には時計がないこともあります。

ペーパーテストで「制限時間は30分です」と声かけをされても、時計がないと時間配分ができません。そもそもスマートフォンの使用を禁止している会場もあります。

また、若い人たちの間では当たり前のように使われているスマートフォンですが、年配の人たちから見れば奇妙なものかもしれません。

面接官には年配の方が多い傾向にあるので、よくわからない機械を操作しているといぶかしがられないよう、面接時はマナーモードにしてかばんの奥へしまっておきましょう。

腕時計は利便性でスマートフォンに劣っているかもしれませんが、書類やかばんで両手がふさがっているときに腕時計があればすぐ今が何時か確認することができるなどのメリットがあります。

もちろん、面接時に時計をつけていないので即不採用!というわけではありませんが、身だしなみのひとつとして、ないよりもあった方がいいものだと覚えておきましょう。

ビジネスシーンの基本を知ろう!就職・転職活動用の腕時計の選び方

プライベート用の腕時計を、就職・転職活動用の腕時計として使うことに問題はありません。

しかし服装にマナーがあるように、面接時の腕時計としてふさわしくないものも存在します。

これから就職・転職活動用の腕時計を購入する方は、ただ自分のすきなブランドやデザインで選ぶのではなく、ビジネスシーンにぴったりのものを選びましょう。

カジュアルすぎる腕時計はNG!ベルトの素材にも注意して

普段使っている腕時計は、水に濡れても大丈夫など、デザインや機能で選ぶことが多いと思います。幅広い年代に人気のあるG-SHOCKも、かっこいいですよね。

アウトドア用の腕時計やデザイン性が重視されている腕時計のなかには、ベルト部分が布やナイロン製でつくられているものもあります。

ベルト部分が布やナイロン製の腕時計はカジュアルすぎる印象をもたれることがあるので、就職・転職活動用の腕時計はベルト部分が革やステンレス製のものを選びましょう。

腕時計の種類ですが、デジタル時計とアナログ時計を比べたとき、デジタル時計にはどうしても子どもっぽいイメージを感じてしまいます。

面接官のなかには「公の場ではアナログ時計を身につけるべきだ」と考える人もいるかもしれません。

せっかく面接につけていくのですから、印象がマイナスになるようなものは避けたいですよね。

デジタル時計そのものがマナー違反というわけではありませんが、スーツにあわせるときはアナログ時計が無難です。

悪目立ちで印象ダウン?派手すぎる腕時計は避けよう

文字盤がラメできらきら光っていたり、おしゃれな装飾のある腕時計もかわいいですが、 就職・転職活動用の腕時計としてはNGです。

面接時に、シックなスーツから黄色や真っ赤な色の腕時計が見えていたら、そこだけが目立ってしまい、マナーをしらない人というレッテルをはられてしまうかもしれません。

ビジネスシーンで使用する腕時計は

など、シックな色のものを選びましょう。

女性であれば、文字盤が薄いピンク色の腕時計も、上品な印象を与えることができるかもしれません。

ビビットすぎる色や、文字の配列に特徴がある腕時計よりも、ベーシックなものが無難です。

新卒での就職活動の場合、ベルト部分がゴールドの腕時計をつけていると「派手」「学生らしくない」など、悪い印象を与えてしまうことがあります。

また、キャラクターデザインの腕時計も子どもっぽい印象を与えてしまうので、シンプルで清潔感があるかどうかを基準に選びましょう。

ハイブランドの腕時計が面接時にふさわしくない理由とは

就活専門サイトで、「面接時に高価な腕時計をつけることは避けましょう」という情報を目にしたことがある方も多いと思います。

新卒の就職活動で、海外ブランドなど高価な時計を身につけていると、面接官のなかには良い印象をもたない人も存在するということです。

もちろん、一生懸命お金を貯めて購入した勝負時計であったり、そのブランドやデザインを気に入っているという気持ちもわかります。

しかし、あえてマイナスの印象をもたれるかもしれないものを身につけていくことで、本当はスムーズに進むはずだったあなたの就職・転職活動が失敗に終わってしまうかもしれないのです。

今だけこだわりを捨てて、ビジネスシーンにあった腕時計を使用してください。

就職・転職活動中に身につけるべき腕時計のなかに、自分のほしいデザインがなかったときは、数千円の安価なものでもかまいません。

働きはじめたら、また自分の好みの腕時計を買おうと割り切って考えてみましょう。

余計な出費であるというよりは、「このアイテムひとつで自分の就職・転職活動がうまくいくかもしれない」というポジティブな気持ちをもつことが大切です。

面接官は意外と細かいところを見ている!?

腕時計は直接肌にふれるものなので、お手入れをサボっているといたんでしまうことがあります。

特にステンレス製の腕時計は、汗や皮脂、雨の水滴などをつけっぱなしで放置してしまうと、 さび付いたり、汚れがとれなくなってしまうことも。

使い終わったあとは必ず柔らかい布で拭いて、こまめにメンテナンスしてあげましょう。

革製のバンドも水分に弱いので、水に濡れたらすぐに拭き、定期的に専用のクリームをぬってお手入れしてください。

使い終わったらそこらへんに転がしておくのではなく、直射日光が当たらず、地場の影響を受けない安定した場所に保管することで、長く使用することができます。

「そんな細かいところまで・・・」と思う方もいるかもしれませんが、面接官は思いもよらないところをチェックしているものです。

特に、腕時計はその人の価値観やライフスタイルが大きく反映されるアイテムなので、好印象につなげることができるようビジネスのマナーを守って選びましょう。