面接で好印象なコートの選び方&脱ぎ方・たたみ方・置き方

寒い時期の就職活動に欠かせないのが防寒着です。大事な時期に体調を崩してはいけないので、コートを着て温かい格好で企業をまわりましょう。

どのようなコートを着てきたかによって、面接の結果が決まるわけではありません。

しかし、コートの選び方、扱い方かから、その人の一般常識が問われることがあるので、就職活動の時に着るコートの選び方、コートを着ていく時に注意したいことは、しっかりおさえておきましょう。

面接におすすめ!好印象を与えるコートのタイプ・色は

就職説明会や面接の時には、色・形とも華美ではないシンプルなコートを着ていくと差し支えがなく、人事担当者に見られても、好印象をもってもらえます。

コートはどれも似ているようで、実にさまざまな種類があります。うっかり面接にはふさわしくないコートを着ていかないよう、ビジネス用のコートを用意しておきましょう。

面接を受ける時におすすめのコートは次の3つです。

  • ステンカラーコート
  • トレンチコート
  • チェスターコート

面接の時におすすめのコート:ステンカラーコート

ステンカラーコートは、ビジネスシーンの定番アイテムといえるベーシックなコートです。もし就活用のコート選びで迷っているなら、ステンカラーコートを選んでおくとよいでしょう。

ステンカラーコートは、襟の後ろが高くなっていて前の襟が低めになっているコートを指します。スタンドフォールカラーコートとも呼ばれます。装飾が少なくシンプルなので、派手な印象を与えることもありません。

従来のものはラグラン袖でゆったり着られるものが多かったのですが、最近は肩がかっちりしたデザインになってスタイリッシュな印象を持つものも増えています。

面接の時におすすめのコート:トレンチコート

「トレンチコート」もベーシックなスタイルなので、面接におすすめできます。

トレンチコートは、前ボタンがシングルまたはダブルの前開きで、大きな襟があります。腰はベルトで締め、肩にボタンで留める帯のようなパーツがついているのが特徴です

肩についているこのパーツは、エポレット(ショルダーストラップ)といいます。トレンチコートはもともと軍用服で、エポレットはその名残で付けられている装飾です。

スタイリッシュで大人っぽい雰囲気があり、スーツとの相性も抜群。落ち着いた印象があり華美さはないので、男性も女性も就職活動で問題なく着ることができます。

トレンチコートは生地が薄めなので、脱いでたたんだ時にかさばりにくいのもメリットです。

面接の時におすすめのコート:チェスターコート

面接の時におすすめしたいのはステンカラーコートとトレンチコートの2つですが、そほか面接に着ていてさしつかえないものには「チェスターコート」があります。

チェスターコート(チェスターフィールドコート)は、背広の丈を長くしたようなデザインのコート。シンプルで上品な印象があり、スーツとも相性が良いコートです。

好印象を与える色柄・形は

コートは、装飾が少ないシンプルなものを選びます。

色柄は無地で華美ではないもの、男性は黒・紺・グレー、女性は黒・グレー・ベージュなら問題ありません。

コートの丈は、男性の場合はスーツが隠れるもの、女性の場合はスカートより少し短めのものが適切です。

マフラーや手袋の着用も可能

防寒具は、コートだけでなくマフラーや手袋を着用することも問題ありません。

小物までは厳しいルールはありませんが、無地やおとなしめの柄で、目立ちすぎないシンプルなものを選ぶのが無難といえます。

特にマフラーは目立ちやすいので、奇抜な色合い、もこもこして可愛い、妙にボリュームがある、といったような個性的なものは避けましょう。

プライベート用の華美なものしか持っていない人は、就職後のビジネスシーンで使うことも想定して、シンプルなデザインのマフラーや手袋を用意するのもよいと思います。

面接にはNG!あまりおすすめできないコートのタイプ・色は

当然ながら、面接を受けに行くのに、あきらかに派手、カジュアルすぎる上着は着てはいけません。

「これくらいなら、スーツの上に着てもありかな?」「面接に着ていくにはちょっと微妙かな?」と迷うタイプには、

  • ダウンコート
  • ダッフルコート
  • ピーコート

などがあります。これらのコートはビジネスシーンで着てはいけないというわけではありませんが、ややカジュアルなので面接では避けた方が無難です。

面接に着ていかない方がよいコート:ダウンコート

ダウンコート・ダウンジャケットは、キルティング加工をほどこしたナイロン生地の中に羽毛を詰めているので、保温性が高く、冷え込む時期の防寒着として重宝します。

もともとスーツの上に着るものではなく、脱いだ時にかさばるのも難点なので、面接会場には着ていかない方がよさそうです。

面接に着ていかない方がよいコート:ダッフルコート

ダッフルコートは、厚手の起毛生地で作られ、もとはベルギーの漁師が着ていたという伝統のあるコートです。

ボタンではなくトグル(木製の留め具)をループ(輪)で留めるところ、フードのついているところが特徴です。

「学生が着ているイメージが強い」と言われるように、デザインによっては子どもっぽく見えてしまう場合があります。

どうしてもカジュアルさが出てしまうので、あえて面接に着ていくなら、シルエットやデザインが大人っぽいものを選びたいです。

面接には着ていかない方がよいコート:ピーコート

ピーコート(Pコート)は、厚手のウール地に、ダブルの打ち合わせ、幅が広いリーファー・カラー、大きなポケットが特徴のスタイリッシュなコートです。

スーツに併用することもありますが、ビジネスカジュアル向きです。面接に着ていくにはおしゃれすぎるかもしれません。

面接にNGなコートの色柄・形は

面接では、清潔感があり身だしなみがきちんとしていることをアピールする必要があるので、おしゃれすぎるもの、遊び用に見えるようなものはNGです。

コートはシックな色合いものが多いのですが、中には赤、オレンジ、マスタードといったビビッドカラー、ピンクや水色など淡い色のコートもあります。

上品に見えるデザインでも、華美と受け止められる可能性があるので、面接ではこのような色は避けましょう。

次のようなデザインのコートも場にふさわしくありません。

  • 柄物
  • 装飾が多いもの
  • ファーがついているもの
  • キルティングコート、ニットコート、デニムジャンパーなどカジュアル色が強いもの
  • 裏地が派手なもの

このように派手なものやカジュアルすぎるものは、着ている時だけでなく脱いで手に持っている時にも目立ちやすいものです。

脱いだ時は裏地が人目につくので、事前に裏地の色柄もチェックしておいてください。

丈が長すぎ、短すぎるのも不適切なので、男性はスーツが隠れるくらい、女性はスーツが少し見えるくらいの丈を選びましょう。

面接時、コートを脱ぐタイミング・置き方・持ち方・たたみ方

説明会や面接の時には、必ずコートを脱ぎスーツ姿で人事担当者と対面します。気になるのはコートを脱ぐタイミング、脱いだコートをどうするかということですよね。

ビジネスシーンでの失礼にあたらないコートの作法やスマートな扱い方を覚えておきましょう。

コートを脱ぐタイミング

コートは会社や面接会場に入る手前で脱ぎます。コートを着たまま入ってしまわないよう、注意しましょう。

コートのたたみ方・持ち方

コートを脱いだら、その場で立ったままコートをたたみます。コートの正しいたたみ方を覚えておきましょう。

コートのたたみ方
  • コートの内側からそれぞれの肩の部分に手を差し入れます。
  • コートを裏返し、前身ごろと後ろ身ごろが重なる状態にします。
  • そのまま裏地が表側になっている状態で、上下二つ折りにし、腕にかけます。

脱いだコートは腕にかけたまま移動します。なるべく短時間でスマートにたためるよう、家で練習しておくと安心です。

面接中のコートの置き方

説明会や面接の会場で椅子に座る時、手に持っていたコートは、小さくたたみ、自分のバッグの上に置きます。

椅子の背もたれにかけたり、ひざの上に乗せるのはNGです。ハンガー掛けが用意してあり、コートを掛けることをすすめられた場合は、指示に従ってハンガーを利用してかまいません。

再びコートを着るタイミングは

説明会や面接が終わったら、再び腕に二つ折りしたコートをかけて移動し、会場の外に出てからコートを着るようにします。

用件が終わっても、決して会場内でコートを羽織ることのないよう、最後まで気を抜かないようにしてください。

入口でコートを脱いで裏返す理由は

入口でコートを脱ぎ裏返しておく理由は「コートについたほこりやゴミを、建物の中に持ち込まない」というマナーによるものとされます。

また、裏返しておくことにはコートの型崩れを防ぐ目的もあります。

小物はいつ外せばよいのか

マフラーや手袋などの小物もコートと同じタイミングで外し、カバンの中に入れておきます。マフラーはきれいにたたんでからしまいましょう。

コートの選び方や扱い方までしっかり気を配ろう

説明会に行く時や面接を受ける時には、コートを脱ぎスーツ姿で人事担当者に会うので、コートを着ている姿までじっくりチェックされることはありません。

ただし、あまりにも場違いなコートを着てきたり、脱いだスーツの扱い方が間違っていたりすると、人事担当者の目に留まり、良くない印象を持たれてしまう可能性があります。

「一般常識が足りない」と受け取られると、採用に響いてくるかもしれません。スーツだけでなくコートまで気を抜かず、就職活動にふさわしい身だしなみを心がけましょう。