医療事務の自己PRで伝えると強い5つのポイント!自己PRの例文も

0 コメント
twitter
はてな
facebook

この医療事務に求められるスキルは、毎日対応する患者様に対して笑顔で丁寧な接客技術と正確かつスピーディーに事務をこなせるかということです。

医療事務といえども、医療に関わっている職業なので、ミスは許されません。

なので、自己PRでも精神論ではなく、具体的に自分に何ができるかということをしっかり述べないといけないのです。

この具体的な自己PRをうまく伝えたり、文章にしなくてはならないのですが、実際にはどう書いたり伝えたら良いのかわからない人も多いと思います。

そこで今回は、医療事務の自己PRについて、必ず伝えたいポイント5選と自己PRの例文3選をご紹介します。

医療事務の面接や履歴書で必ず伝えたい自己PRのポイント

医療事務の自己PRのポイントは、仕事内容についてどれだけ具体的に取り組めるかということをしっかりアピールすることです。

では、どのようなことなのでしょうか。

丁寧さと正確さを持って取り組めるかということ

医療事務の仕事は、レセプトの入力や処方箋の記載などがあり、ミスが許されません。

もしも、点数を間違ったり患者様に違う処方箋をお渡しするなどのミスがあれば、取り返しのつかないことになり兼ねます。

現在はパソコンで簡単に入力できるからこそ、丁寧さと正確さが求められます。

仕事において何を大事にしているかを伝える

自分が仕事において何を大事にしているかを伝えます。

例えば、「常に笑顔で優しい雰囲気作り」であればなぜそう思っているのか、経験したことなどを踏まえながら具体的に伝えます。

あまり医療事務からかけ離れている内容ではいけないので、医療事務の仕事において、自分が大事にしていることは何なのか伝えることがポイントです。

具体的には、

  • 必ずミスがないか確認をすること
  • 患者様の目を見て、落ち着いたトーンで話すこと
  • 一つ一つの業務を丁寧にこなし、バタバタしない
  • 自分だけでなく身の回りも清潔にしておくこと

など、医療事務の仕事に関連した内容でアピールするのが重要です。

コミュニケーション能力がしっかりあること

医療事務は、最初にその病院の印象を決めてしまう重要な役割があります。
病院やクリニックの顔ともいうべき位置付けです。

来院された患者様は、病気や怪我で気持ちが沈んでいることがほとんどなので、最初の対応がとても肝心になってきます。

最初の対応一つで患者様の気持ちを和らげることができるかどうかというのも医療事務の仕事なので、対応が悪ければ病院の印象を悪くしてしまいます。

また、医療事務は効率よく順番を回したり、カルテの受け渡し業務など医師と看護士とうまく連携を取らなければなりません。薬剤の注意事項なども医師や看護師から伝えられることもあるので、コミュニケーション能力が高い人材が求められます。

このように患者様とのコミュニケーションはもとより、医師や看護師とのコミュニケーションも円滑にできるということをアピールすることが重要です。

転職の場合は、以前の職場でどのようにしてコミュニケーションを図っていたのかなど具体的なエピソードがあるといいですね。

報告・連絡・相談がしっかりできること

医療事務の仕事は個人プレイではありません。

医師や看護師、医療事務のメンバーで日々の業務に携わるチームプレイです。

医療に関しては、患者様の命を預かっているという重大な責任を背負っていることを忘れてはいけません。

ミスを起こさないためにも、少しでも迷ったり悩んだりした場合は、後に持ち越さずその場で報告や相談することが大事です。

この報告・連絡・相談はどの職種においても大事ですが、医療に携わる者としてしっかり取り組むことができることをアピールしましょう。

パソコンスキルがあることをアピール

医療事務の事務的な仕事内容は、ほぼパソコン業務です。

パソコンスキルがあるかどうかは必ず面接でも尋ねられるうちの一つなので、どのくらいのレベルまでできるのかを具体的に伝えましょう。

医療事務のパソコンスキルは入力業務がメインですが、病院によっては表を作成するところもあるので、表作成もスキルとして学んでおく必要があります。

応募時に要パソコンスキルと記載されているので、パソコン検定や前職でパソコンの業務に携わっていたことをアピールすると優遇される場合もあります。

医療事務の選考で勝ち抜くための自己PRの例文

では、実際に医療事務における自己PR文をどう書けばいいのかわからない人も多いと思うので例文を3つご紹介したいと思います。

例文1

私の強みは誰とでも仲良くできることです。

以前の職場では、営業でお客様と話す機会がたくさんあり、年齢層も幅広かったのでいろんな情報を事前に調べてお客様との会話に花を咲かせていました。

この何気ない会話が、お客様との絆を強くしてくれ「〇〇さんのためなら」とリピートしてくれる人が増えました。

この経験から、私は対人関係においてコミュニケーションを取ることが大事なんだと気づかされました。

この強みを活かし、当院でも患者様との絆を深め。良い人間関係を築いていきたいと思っています。

例文2

私は、仕事においても私生活においても丁寧にするということを心がけています。

幼い頃から華道を習っていて、何事も丁寧にすることが大事だということを学びました。

丁寧にすることによって、女性らしい所作や丁寧な言葉使いが養われました。

医療事務は病院の受付ということもあり、患者様には少しでも和やかな気持ちで過ごしてもらいたいと思います。

医師や看護師との話す内容も時には聞こえてくる現場なので、患者様を不安にさせないよう、丁寧な接客と業務に取り組む姿勢でございます。

例文3

私は責任感が強くチームをまとめることができます。

小学校から高校までバレーボールをしていて、小中高とキャプテンを務めていました。

チームが良い成績を残すために、新しい練習法を取り入れたり、下級生と上級生の垣根をなくすためにみんなで遊ぶ時間を作るなど努力してきました。

誰よりもチームのことを考え、困っている子がいたらみんなで解決していき、チームの良い雰囲気作りに尽力して参りました。

この責任感とチームをまとめる力を活かして、ぜひ当院では医療事務や医師、看護師の皆様と良いチーム作りをしていきたいと思っている所存です。

医療事務の自己PRは精神論ではなく、仕事に対して取り組む具体的な内容を伝えましょう

医療事務はパソコン入力になったとはいえ、専門知識が問われる職種であることを忘れてはなりません。

医療に携わるものとして、「頑張ります」「努力します」といった精神論では通用しないことをしっかり念頭に置いておくことが大事です。

自己アピールでは、自分がどのようにして戦力になれるのかを具体的にアピールすることが重要になってきます。

新卒であっても転職であっても、自分の経験してきたことを医療事務で活かせるように文章を繋げられるようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月15日 00:27 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop