事務職の自己PRの書き方のポイントと例文【新卒就活・未経験者・経験者】

事務職の職務経歴書の自己PRの書き方のポイントやスキルについてのPR方法、新卒の就活生や未経験者が一般事務に転職を希望する場合、経験者の転職の場合や営業・経理・総務・医療事務への転職での、事務職の職務経歴書の自己PRの例文をご紹介します。

事務職の職務経歴書の自己PRの書き方のポイント

コミュニケーション能力をアピールする

事務職は書類整理や来客対応が基本となる仕事です。デスクワークではあるものの、上司や先輩、同僚、そして社外の人と円滑なコミュニケーションを取ることが重要となります。

事務職の職務経歴書の自己PRでは、コミュニケーション能力があり人付き合いが苦ではないこと、空気を読んだ発言や行動ができる、わがままではないといった、明るい印象を与えられる書き方をしましょう。

 

気配りができることをアピールする

来客対応時もそうですが、スムーズに仕事を進めるためにも周りの社員への気配りが欠かせません。自分勝手な行動をする社員は他の社員の迷惑となりますから、事務職には向かないと思われてしまいます。

そこで自己PRには自分がいかに周りへ気を配れるか、視野を広くもちいつでも冷静に対処ができるかどうかがわかる内容を書くことも重要です。

 

集中力と計画性があることをアピールする

事務職は決して派手な仕事ではありません。毎日PCや書類に向き合い、地道にコツコツ仕事を片付けていくことが多いのです。それには集中力と、仕事への計画性が必要とされます。

行き当たりばったり、大ざっぱな人だと思われてしまうと事務職には向かないと判断されてしまいます。集中力があり、計画性をもって仕事に取り組めるという点をアピールしてください。

 

応募先の求める知識やスキルをアピールする

事務職といっても、一般事務に営業、経理に総務、そして医療事務と様々あります。応募先の業務内容によって求める人材や知識、スキルが違ってくることを理解しておきましょう。

例えば一般事務であればWordやExcelに関するスキルが求められることが多く、営業事務であれば営業経験がある人がより有利になるのです。経理なら数字に強いことや簿記のスキル、総務であればコミュニケーション能力、医療事務なら関連する知識が必要です。

応募先の求めている人物像を読み解き、知識やスキルをアピールできる自己PRを書くことで、応募先企業もあなたの採用を前向きに検討してくれるでしょう。

 

PCで職務経歴書を作成してスキルを見せる

最近では職務経歴書をPCで作成する就活者も多いでしょう。PC入力であれば、自分の書類作成スキルを面接官へわかりやすく伝えることができます。

その場合A4用紙1~2枚までに抑えておきましょう。PCで作りたいけれどテンプレートがわからない場合は、無料でDLできるものを利用してください。

ただし、地元に根付いた地域密着型の会社、または事務社員の年齢が高い会社の場合、PCで作成した職務経歴書には熱意が感じられないと悪印象をもつ人も多いのです。PC作成と手書き両方を用意しておき、臨機応変に対応しましょう。

 

1文が60文字まで、全体文字数は180~250文字内が適切

職務経歴書での自己PR文は、1文60文字まで、そして全体文字数が180~250文字であることが適切です。これは、一目見たときに読みやすい、頭に入りやすいことからです。あまり長々と自己PRするとくどくなるので、文字数は250文字までにしましょう。

[ad#a]

 

事務職の職務経歴書の自己PRの例文

新卒の就活の場合

新卒で事務職経験のない就活生が事務職の自己PR文を書くとすると、大学で学んだことやアルバイトで経験したことに事務職をしたい理由を絡めるといいでしょう。例えば以下のような自己PR文があります。

「在学中にアルバイトをしていたファミレスでは、より良い仕事ができるようにと同僚とコミュニケーションを取っていました。同じホールシフトに入った同僚が今何を求めているのかを常に考えて行動することで、スムーズに仕事ができることを学んだのです。

私はこのアルバイト経験を活かして協調性が身につきました。貴社でもこの協調性を活かし、小まめに周りの人とコミュニケーションを取り、成果に繋がるような仕事をしていきます。」

 

未経験者が一般事務に転職を希望する場合

事務職未経験者が一般事務に転職したい場合、自己PRでは前職に経験したことや事務職に関連するスキルを、どのように未経験の事務職に活かすつもりかを書きましょう。例えば以下のような自己PR文がおすすめです。

「前職は販売業務をしておりました、お客様との対話が重要な仕事だと感じ、言葉遣いと所作にはとくに気を遣っていました。前職で得た電話応対、直接のお客様応対スキルを貴社でも活かし、仕事に貢献します。

また、勤め先で取り扱っていた商品のデータ整理や会議資料の作成で、Word、Excelの使用経験があります。更に知識を積むため、マイクロソフトオフィススぺシャリストの資格を取得しようと勉強中です。」

 

経験者の転職の場合

事務職経験者は、ブランクがあっても即戦力として採用されやすいのです。自己PRでは事務職の経験があること、どんなスキルをもっているかについて、以下の例文を参考に書いてください。

「前職では一般事務として書類作成・整理、電話・来客応対などの仕事を担当しておりました。通常業務をこなすだけではなく、どうすれば効率的に仕事で成果を上げられるかと考え、知識を深めるためMOSの資格を取得しました。

資格について勉強している内に集中力が鍛えられ、コツコツと努力を重ねることが大きな成果に繋がるのだと感じました。貴社では前職で経験した書類作成や電話・来客応対、そして集中力を活かし、コツコツ努力を重ね成果に繋がる仕事をします。」

 

営業事務に転職を希望する場合

営業事務は商品の受発注やその在庫管理、請求書や会議資料作成などを行います。他には顧客からの電話応対もあることから、営業職の補佐と考えていいでしょう。そんな営業事務に転職するなら、コミュニケーション能力や管理スキルのアピールが要です。

「前職は販売業務をしておりました。お客様とは直接、またはお電話で応対することもあり、いかに気持ちよくお買い物をして頂けるかを常に考えて行動していました。商品の発注や在庫管理経験もあり、在庫を切らしてお客様にご迷惑をおかけしないためにも先を読んだ行動を意識しておりました。

営業事務の仕事に就くにあたり、コミュニケーションを取りながら、先を読む行動が成果に繋がるように仕事に取り組んで参ります。」

 

経理事務に転職を希望する場合

経理事務はお金の管理を主な仕事とします。出ていくお金、入ってくるお金(出納)の管理、そして伝票整理です。PC作業が多く、とくにExcelの知識を必要とされますので、自己PRでは資格やスキルをアピールしましょう。

「前職は営業事務をしておりましたので、請求書や資料作成といった業務の経験があります。直接経理業務に携わったことはないものの、出納管理や伝票整理については理解をしている部分があります。

また、経理部門への配属へ向けて独学で簿記2級の勉強をしており、○月○日には試験を受験する予定です。今後も更に努力と知識を重ね、貴社発展の一助になることができるように精進して参ります。」

[ad#b]

 

総務事務に転職を希望する場合

総務事務は社員の給与計算や社内文書の作成、オフィス管理などに携わる、縁の下の力もち、何でも屋な仕事です。総務事務に転職を希望するならば、自己PRでは何でも覚えるやる気と、コミュニケーション能力をアピールしてください。

「前職は販売業務をしており、5年勤めました。店長補佐として店舗運営に携わり、商品の在庫管理や発注業務、店舗従業員のシフト管理や人材管理として新人教育もしておりました。

総務職は未経験ですが、これまでの店長補佐として得た知識や経験を貴社で活かし、貴社発展の一助になることができるように精進して参ります。」

 

医療事務に転職を希望する場合

医療事務は診療所、または病院の受付カウンターにて、患者さんの受付、会計対応をする仕事です。カルテの管理からレセプト業務などの事務作業を行いますが、異業種間からの医療事務未経験での転職には、資格がないと難しいところがあります。

国家資格ではないので絶対必要ではありませんが、資格があるならば前職のスキルも併せた自己PRを、無いならば資格の勉強中だと伝えて、採用されたらそのまま資格を取得しましょう。

「前職は営業職をしており、お客様にいかに自社製品を気に入って頂けるかを常に考えて行動していました。電話・来客応対経験もあり、この経験を貴院での業務に役立てたいと考えております。

医療事務職は未経験ですが、知識をつけるため医療事務講座を受講し、資格の勉強をしております。資格を取得し、貴社発展の一助になることができるように精進して参ります。」

参考記事:医療事務の自己PRの例文とポイント【職務経歴書、面接】

 

まとめ

今回の記事では、事務職の自己PRの書き方のポイントや、パターン別の例文について記載してきました。

職務経歴書で魅力的な自己PRをしていくことは書類を通過させるうえで非常に大切になってきます。転職のプロである転職エージェントを活用することで、無料で書類の添削や、面接での自己PRの話し方のポイントのアドバイスをしてもらうことができます。

うまく活用して、内定を勝ち取ることをおすすめします。

参考記事:事務職の志望動機の書き方のポイントと例文