音楽関係の仕事一覧。自分の好きなことを仕事にするための準備とは

0 コメント
twitter
はてな
facebook

音楽の仕事と言えば、歌手などのアーティストが一番に思い浮かぶかもしれませんが、それだけではないんですよ。

音楽に関わる仕事というのは、意外にも私たちの生活の中にあるのをご存知でしょうか。

音楽が好きな人ならぜひともその「好きなこと」を仕事にしていきたいですよね。

音楽の仕事にはどのようなものがあって、自分が音楽の仕事に向いているのかどうかのチェック項目も紹介していきます。

音楽の仕事というのは、本当に幅広くたくさんの人が活躍している

音楽の仕事現場ではたくさんの人が働いています。さらに現場以外でもたくさんの音楽に関わる仕事があるんですよ。

  • 歌を歌うアーティスト
  • アーティストのマネージャー
  • 舞台の照明エンジニア
  • 曲の作詞・作曲・編曲をする
  • 舞台の特殊効果や美術を手掛ける
  • レコーディングをする
  • 楽器の演奏をする
  • 音楽スタジオのスタッフ
  • イベントの制作スタッフ
  • プログラマー
  • 音楽関係のライター
  • 楽器店のスタッフ
  • インストラクター
  • ボイストレーナー
  • 楽器演奏の講師
  • ドラマのBGMなどの楽曲の制作

それではここから、上記に挙げた音楽関連の仕事をいくつか詳しく紹介していきます。

歌手を育てるボイストレーナー

ボイストレーナーとは、簡単に言えば現在よりも発声において上達したい人に対して細く指導をする仕事です。

  • 音楽家や歌手
  • アナウンサー
  • 俳優やタレント
  • 声優になりたい人
  • カラオケが上手くなりたい人

腹式呼吸を使ってただ単に「声を出す」だけではなく、トレーナー独自の発声法をあみだしたり、上達するためのアドバイスも行っています。

声を出す機関である喉を科学的に研究していたりしているトレーナーもいるんだとか。音楽スクールなどの中で教えるタイプと、完全に個人経営でレッスンする人と解れます。

マネージャーやバンドスタッフ

音楽バンドやミュージシャンなどのマネージャーやスタッフの仕事です。

  • 仕事の日程を調整する
  • ギャラの交渉をする
  • メンバーからお願いされたものを買ってくる
  • メンバーの体調管理
  • SNSなどにバンドの情報を上げて宣伝する
  • メンバーを現地まで車で送り届ける(車の運転をすることも)

マネージャーというのは、けっこう細々した仕事をやっているんですね。バンドメンバーのお世話係りといったところでしょうか。

やはり必要になるのはコミュニケーション能力と臨機応変に対応力できる力でしょう。

マネージャーになれば、バンドバンバーと一緒に色んな場所に行ける、というメリットもあるようです。

コンサートなどの音響スタッフ

音響スタッフ(PAとも呼ばれます)は音響機器を使って音を届ける技術者です。仕事をするのはコンサートだけではなく、他にもさまざまな場所で活躍しているんですよ。

  • 式典や結婚式などの会場
  • 地域や企業ごとのイベントの時
  • 展示会場など
  • お祭りの時

このように、その日によって入る現場は違ってきますが音をセッティングしたり機材を搬入したりします。

依頼を受けたイベントが開催される時間に合わせて仕事をすることになるので、時間が不規則だというのがデメリットかもしれませんね。

そして、他のイベントスタッフの人と協力して作り上げていくのでコミュニケーション能力は必須でもあり、完成させていく過程を楽しめるスキルも必要になるでしょう。

テレビ番組などのBGMを制作する

映画やドラマの中で流れてくるBGMを制作するお仕事です。

実際に私の知り合いの方も、元々はアーティストとして歌手の仕事をされていたんですが、そのノウハウや経験を生かして、現在は映画やドラマのBGM制作の仕事をされているんですね。

やはり音楽の現場に関わってきた人じゃないと分からない、独特の空気間や世界観があるのでしょう。映画やドラマにおいて特にBGMは欠かせない存在であり、とても重要なポジションにあるんですよ。

普段はそこまで気にしていなくても、そのメロディがあるかないかで感動の度合いも全く違ってくるものです。

それにふと日々の生活の中で、気づいたらそのメロディを口ずさんでいた…なんていうのもよくある話ですね。

音楽の仕事に自分が向いている人とは

それでは、どんな人が音楽関連の仕事に向いているのでしょうか。

これから音楽関係の仕事に転職したいと考えている場合には、自分に向いているかをチェックしてみましょう。

とにかく楽器を演奏したくてたまらない~音楽が好きでたまらない

やはり、音楽自体が好きであることは大前提ですよね。むしろ仕事となると毎日毎日音楽に関わることになるので、好きでないと仕事自体が苦痛になってしまうかもしれません。

楽器を演奏したり歌ったり、作曲をしたりすることが大好きであれば、音楽に関連した仕事をすることで自分の毎日を輝かせてくれることでしょう。

ゆるぎない自信を持っている人

音楽関連の仕事をしている人は、基本的に前向きな人が多いです。「身体からみなぎる自信」があり、具体的にどうなのかは分からないけど、とにかく自信があるんですね。

しかしその圧倒的な自信がプラスの物事や経験を呼び寄せるのです。その自信によって音楽の経験値がどこまでも増えていく…という流れが起きやすくなるんですね。

自分のコンプレックスを理解している人

自分のコンプレックスをきちんと分かっているということは、「自分と正直に向き合うことができている」ということでもありますよね。

たとえば、今では誰もが美しいと唱えるオードリーヘップバーンですが、実はコンプレックスを抱えていたのです。

彼女の時代にはオードリーのような小柄で茶色の髪の毛、華奢な体型は受け入れられていなかったのですが、それをあえて全面に押し出すことで大成功することができました。

このように自分のコンプレックスから逃げずに立ち向かうことで、それが思いもよらない武器になることもあるのです。

音楽の仕事に将来就くためにやっておくべきこと

将来音楽に関連した仕事に就きたいと考えているならば、今のうちにやっておくことがあるんです。

たくさん読書をして心を育てる

言葉の表現方法というのは、まさに無限大です。同じことを意味する言葉でも、微妙にニュアンスが違ったりすることも多いですよね。

日頃からたくさんの本を読んでおくことで、さまざまな考え方を知れるのです。自分のセンスを表現する能力を上げていくことが大事なんですね。

曲を作って自分の作品を動画サイトなどで投稿する

自分のセンスを磨くために、たくさんの作曲をすることも大事です。作曲をするためにはパソコン操作が必須になるので、その作業に慣れておく必要があるでしょう。

そして、曲が作れたら拡散することも大事なことです。今は動画サイト等から発掘される作曲家もかなり多いんですよね。

自分の作品を拡散していくことで、いつか音楽業界の人の目にとまることがあるかもしれません。そのきっかけは自分で切り開くこともできるのです。

楽器の演奏にも挑戦してみる

もし将来ミュージシャンや作曲ではなく、マネージャーなどのサポートをする仕事をしたいと思っていても、楽器を演奏しておくことは経験として役立ちます。

プレイヤーとしての目線を知っておくことでお互いの仕事を共有しやすくなるからです。

曲を演奏していく上で、何が大切なことなのか…ということは実際にやってみないと分からないことでもあるからです。

ライブなどにボランティアスタッフとして参加してみる

夏休みやゴールデンウィークなど、大型の休暇になるとライブのボランティアスタッフが募集されることがあります。

普段仕事をしているとなかなかできませんが、休みの日ならば経験や研修をかねて参加してみるのはいかがでしょうか。

やはり音楽の現場を体験してみると、その一体感ややりがいの大きさに驚かれるかもしれませんし、音楽の仕事へのやる気もさらに上がりやすくなるでしょう。

音楽の仕事なら自分の好きなことをずっと続けていける~才能を輝かせよう

音楽に関わる仕事には、たくさんの種類があります。この先音楽業界に転職したいと考えているなら、自分が本当に音楽の仕事に向いているのかを再確認してみましょう。

さらに、音楽の仕事を始めるために今からできることはたくさんあります。自分の気持ちを盛り上げて、音楽のスキルも増やしていけるようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 23:34 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop