クリエイティブな仕事7選。独自の感性を活かし養える環境へ

クリエイティブな仕事というと何を想像しますか?ある人は、とても優れた独自の感性で新しいものを生み出す仕事というかも知れないし、別の人は特定の職業を上げる人もいるでしょう。

そんな中、現職の中でクリエイティブな側面で仕事をしている人もいるでしょう。

クリエイティブな感性は元々誰もが持っています。自分の創造性を活かした仕事に転職したい時、今ある中で発揮したい時、感性を活かすきっかけを与えてくれるでしょう。

感性を活かすクリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事は

  • 芸術家
  • 彫刻家
  • 建築家
  • 画家
  • 料理研究家
  • 作家
  • WEBクリエイター
  • 写真家
  • Youtuber
  • 企画

など沢山あります。クリエイティブな職種は、素材によって名称も異なります。

言い換えると扱うモノの数だけ職種も豊富ということです。今まだない職種であってもこれから新しい名称で出てくる可能性があります。

クリエイティブな仕事がしたい男性におすすめの職業:ゲームクリエイター

今やゲームの時代。スマホや家庭用ゲームで、子どもから大人まで誰もが気軽にゲームを楽しんでいます。しかし、ヒットするのは一握りのゲームだけです。

そんなゲームを作る仕事がゲームクリエイターです。自分の作ったゲームがヒットし、世の人がそれを楽しんでプレイするという素敵な現象を起こすことができます。

プログラミングやITの基礎を専門学校などで学び、ゲーム制作会社に入ると良いでしょう。

クリエイティブな仕事がしたい男性におすすめの職業:テレビディレクター

アシスタントテレビディレクターからコツコツと下積みをします。テレビ局や番組制作会社に所属し、番組制作に関わる取材をしたり撮影の交渉をしたりします。他にも演出の準備や補佐など仕事は多岐にわたります。

晴れてテレビディレクターになれば、企画、会議、ロケ、編集などの番組制作に関わります。そしてその全てを統括します。自分のアイデアが番組になったら嬉しいこと間違いないでしょう。

クリエイティブな仕事がしたい男性におすすめの職業:金属、機械工

金属プレス工や金型工、機会の組み立て工など、金属加工製品を作る仕事です。世の中で活躍する機械やロボットを設計し組み立てたり、金属製品のデザインや型を作り製品をゼロから作るといった仕事です。

企業の製品を生産する工業機械や、その製品の元を生み出すクリエイティブな仕事です。

小さな町工場で世界で活躍する鍋を作ったりと、一見地味な仕事ですが、突き詰めることでグローバルにも活躍出来る仕事です。

クリエイティブな仕事がしたい男性におすすめの職業:ディスプレイデザイナー

展示物や空間表現を行います。店舗やテーマパーク、催しなどの展示場、テレビや映画などの空間デザインをする仕事です。

もちろんクライアントがいるので、予算配分、販売目標、消費者などのニーズにも合わせデザインを考えます。撮影が長引けば不眠不休になることもあるので、気力体力の要る仕事です。

芸術大学などでデザインや制作の基礎を学び、テレビ局や映画制作会社などで修行を積むと良いでしょう。自分の考えた空間でたくさんの人が楽しんだり感動したり、時には涙してくれることもあれば、一際嬉しいことでしょう。

クリエイティブな仕事がしたい女性におすすめの職業:メイクアップアーティスト

メークやヘアデザインを手がける仕事です。ブライダルの世界や、ショーの世界、ファッション誌、芸能界で活躍出来ます。

決められた時間内に何人ものメークやヘアデザインをしたりと、体力的にも精神的にも大変な仕事だと思いますが、自分の手がけたモデルが雑誌やショーで活躍するなど、好きな人にはやりがいのある仕事になるでしょう。

美容系の学校を卒業して修行を積むのが近道です。

クリエイティブな仕事がしたい女性におすすめの職業:フラワーデザイナー

パーティー会場、イベント、レストラン、ホテル、ショーウインドウ、テレビスタジオなどの様々な場所にお花を飾るお仕事です。その空間をいかに華やかに演出できるかの能力が求められます。

また、花束やブライダルブーケ、コサージュ、籠花の制作もします。

フラワーデザイナーは女性に人気の高い職業です。花を扱うのは重労働でもあり大変ですが、自分のフラワーデザインでその空間にいる人達が笑顔になれば嬉しいことでしょう。

資格としては日本フラワーデザイン協会の検定試験などがあります。

クリエイティブな仕事がしたい女性におすすめの職業:ファッションデザイナー

時代の流行、変化を先読みする感性が必要です。世の中の要望に応えられるような衣服をデザインします。

洋服のデザインから縫製まで全てを手がけ、更に製造から小売店までもコーディネイトする仕事です。発注を受けると素材、色、デザインを総合的に考え、デッサンや試作を何度も重ね製品化につなげます。

セレブ対象には一着や数着のためだけにデザインを考えることもあります。既製品の場合は、数十万着もの服を作る元となるデザインを考えます。

ファッションデザイナーになるには、服飾系の学校を出てアシスタントなどで修行をします。資格としては、洋裁技術検定などがあります。

独自の感性を活かす方法

クリエイティブな感性を活かした方法をご紹介します。

クリエイティブな仕事に就職・転職する

クリエイティブな仕事に就く場合、自分の感性を使って自己アピールが必要になります。また、国内外問わず広い視野を持って得意分野から活動開始しましょう。例えばWEBに長けてる人であればWEB業界は強みになります。

自分の感性が認められる世界なので、実力主義の会社で感性を発揮するでしょう。また、新人であっても可能性を認められて仕事に就くことが出来ます。そこで培う技術を含めて独立することも可能になります。

求人が出ていなくてもアピールしてみましょう。自分の感性で会社を立ち上げる人もいます。フリースタイルのプロジェクト式で契約する営業力も必要になりますが、仲間がいれば解決します。

自己の作品を発信する

一つ目は、自分の感性で創った作品コンテストに参加することです。審査をしてくれる人がいるので自分の感性を高めてくれる評価ポイントを参考にすることが出来ます。

二つ目は、SNSである自分のブログ・facebook・インスタグラム・Youtubeを利用して作品をアップしましょう。色んな人の目に触れる機会が多いですが、自分の作品が他人に利用されることがないように著作権にはご注意下さい。

日常生活で暮らす中に使用する

クリエイティブな仕事で働いていなくても、日常生活の中でちょっとしたことを工夫することが出来ます。部屋の中の配置やモノを変えたりするだけで、ガラリと暮らしやすくなります。これも創造性を活かすことです。

人生もクリエイティブにする

自分で描く夢が叶うこともクリエイティブ性が発揮される部分です。小さな目標でも人それぞれにイメージする力があります。叶っていく過程は人生そのものです。そう考えてみると発想の転換で何か閃きが湧いてきませんか?

現職の中でクリエイティブ性を発揮する

クリエイティブな仕事をする時に改革も含まれます。それは、既存の価値観を変えることです。小さな発想が街全体の仕組みや構想を大きく変え、更に年月が経過すると改革後の価値観が当たり前とされるようになります。

日々の仕事を当たり前と思わずに、これがあったら良いと思えるものは意見として発言してみましょう。小さなアイデアがその会社にとって必要不可欠になる可能性を秘めているのです。

見つけてみよう、クリエイティブ性

クリエイティブな感性とは、創造性を指します。日頃から使っているかそうでないかで感性が磨かれる度合いが変わっていきます。こどもの質問には、よく「どうして?」という言葉が飛び出します。当たり前がそうでないことに気づかせてくれるものです。

それと同じく、物事や世の中の当たり前に疑問を持つ時、日頃から目にしている物すべてに様々な形があります。一見、見慣れていますが誰かがデザインしたものです。

仕組みもそうで基を辿れば、体制を創りあげた人が必ずいます。アイデアが形になるのは、物だけに限りません。今、あなたの周りに見えている物を一つあげてよく観察してみましょう。

世界を変えるような画期的なアイデアを含めて、日常の中でクリエイティブな仕事は沢山あります。自分の感性を活かす時、表情も生き生きしてきます。活かし方は人それぞれ、自分に合った活かす方法を考えましょう。

日常の中のありふれたものや出来事から想像すると、自分のアイデアも具現化する方法が分かってきます。クリエイティブな仕事に新しい一歩を踏み出したいなら、既に持っているものを活かして得意分野でぜひチャレンジしましょう。