サントリーの採用試験対策。歴史や企業理念を知り、求められる人材に

0 コメント
twitter
はてな
facebook

サントリーというとウィスキーやビールなどの飲料商品が有名ですよね。

さらにコーヒーのボスのパッケージがぽんと思い浮かぶのではないでしょうか。

サントリーという名前は誰もが知っている日本にも馴染みのある会社です。飲み物や酒類だけでなく、商品関係にも力を入れてきているマルチな会社だとも言えるでしょう。

サントリーに転職をしたいと考えているなら、サントリーの歴史や業務内容、そして採用までの道のりも知っておく必要があります。

エントリーシートやWebテスト、さらに4段階の面接対策についてもバッチリにしておきましょう。

サントリーといえば思い付くものは?

まず、サントリーといえば真っ先に頭に思い浮かぶものは何でしょうか。ランキング形式で見ていきましょう。

  • 1.モルツ
  • 2.BOSS
  • 3.角瓶
  • 4.C.C.lemon
  • 5.山崎

栄えある1位はモルツでした。サントリーのモルツといえば、2003年に販売が開始されたビールですよね。

それまでプレミアムなビールといえばヱビスだったんですが、2008年にそれを抜いてモルツがプレミアムビールの代表となったわけです。

副原料を一切含まず、厳選された素材だけを使ったこだわりのモルツはまさに逸品と言えるでしょう。

2位にはBOSSがランクインしていますが、ここで微糖ではなく「ブラウン」という新しい味が出てきたことが話題になりましたよね。

ブラックでもない、ラテでもない、ブラウンですが、その味とは「甘いのが苦手な人に最適なかろやかな甘さ」ということです。

角瓶と山崎は味はもちろんのこと、お洒落でシンプルなパッケージも人気があります。ウィスキー好きにはたまらないですよね。

サントリーはウィスキーに強いこだわりがあって、味を追及した結果、ウィスキーの本場でもあるスコットランドにおいても高い評価を受けています。

C.C.Lemonも誰もが知る夏の定番になっています。このように、新しいコクと味わいをたくさん作り出してきたサントリーはやはりすごいですね。

サントリーの歴史

サントリーに採用されたいと考えているなら、まずはこれまでのおおまかな歴史を知っておくべきでしょう。サントリーの創業者は、鳥井信治郎氏です。

  • 1899年…大阪市で後のサントリー「鳥井商店」創業・ぶどう酒の製造開始
  • 1923年…国産(ジャパニーズウィスキー)のウィスキー作りを開始(日本初)
  • 1963年…「サントリー株式会社」へと社名変更・サントリービールの販売開始
  • 1969年…サントリー音楽財団が設立される
  • 1972年…本格的に食品事業を開始
  • 1973年…愛鳥活動が開始
  • 1978年…アメリカにて「MIDORI」(メロンリキュール)発売・サントリーにバレーボール部ができる
  • 1979年…サントリー文化財団が設立される
  • 1980年…サントリーラグビー部が設立される
  • 1983年…シャトーラグランジュの経営が開始される
  • 1984年…中国内のビール市場に参入する
  • 1986年…サントリーホール会館が作られる
  • 1993年…健康食品の事業を開始
  • 2003年…サントリー「天然水の森」の活動が開始される
  • 2004年…世界初となる「青いバラ」を開発する・次世代への環境教育である「水育」を開始
  • 2009年…オランジーナ買収
  • 2011年…東日本復興支援「サントリー東北サンさんプロジェクト」を立ち上げ、現在も活動中
  • 2013年…インターナショナル(株)に上場する
  • 2014年…ビームサントリーが設立される・サントリー環境ビジョン2050が始まる

人々の暮らしを自然の恵みを使ってより豊かで実りがあるものにするために、サントリーはぶどう酒の製造にまず取りかかります。

そしてそれだけでなく、クラシック業界や環境活動にもたくさん参入しています。

さらに、1972年からサントリーが始めた食品事業においては特に商品の独創性を重視していたんですね。

2004年から始まった水育では、水の大切さについて教えています。現在では1700以上の小学校において、自然の大切さを学べる水育の出張授業が行われているというのもすごいですよね。

他にもたくさんのマルチな活躍をしているサントリーは、これからも地球のためのさまざまな取り組みを期待することができるでしょう。

サントリーの業務内容

それでは、ここからサントリーでは実際にどのような業務内容があるのかもご紹介していきますね。

  • 商品開発…サントリーの飲料の開発。地道な研究によって商品の味を完成させていく
  • 情報システムスタッフ…サントリーのグループ会社にITのノウハウを提供して知識を導入する
  • 酒類の営業…相手に求められる以上のことを真摯に発案していく
  • 酒類のマーケティング…マーケティング・開発など様々な部門と協力してアイディアを作り出していく
  • エンジニア(生産研究)…商品の管理・安全性・環境対策などの製造現場の総プロデュースをする
  • グループ会社(国内・海外)…物流を改善したり、商品の企画や開発に関するコンサルティングとサポートをする
  • 宣伝…誰もが思いつかないようなプランや心理構造を取り入れた宣伝を行う
  • ロジスティクスのスタッフ…洋酒を輸入するための発注・通関・需要予測などををして製品が安定して需給できるようにする

このようにさまざまなブースに分かれてサントリーは成り立っています。自然の力を人々の生活や健康のために役立てるために、海外にも展開しているサントリー。

商品開発だけでなく音楽芸術などにも力を入れているサントリーは、幅広い年齢層の指示を得ているのもうなづけますね。

サントリーの「やってみなはれ」の精神とは

「やってみなはれ やらなわからしまへんで」創業者である鳥井信治郎氏は、これまでにない新しい分野に挑戦するたびに周囲からの反対を受け、その度にこう言っていました。

この言葉はいくつもの時代を越えて、現代においても「新しい一歩を踏み出すための礎」となっているのです。

この言葉には、創業者が定めた事柄においてその方向性に従いつつ、社員たちがまさに「戦術レベル」で挑戦していくという意味があります。

誰もやっていない新しいことに挑戦していくのはいつの時代においても困難なことです。

日本で初めてウィスキーの販売に踏み切ったのもサントリーが日本では初めての事でした。

しかし挑戦の姿勢をいつまでも忘れず努力していくことで、サントリーは真のグローバルカンパニーとしてこれからも羽ばたいていくことができるでしょう。

サントリーの労働環境

サントリーの平均勤続年数は14年程度ということで、かなり安定していて長く働いているというイメージがありますよね。

現在の飲食業界においては、1位がコカ・コーラで2位がサントリー。そして3位はアサヒ飲料となっているんですね。

サントリーの平均年収としては、年代によっても差は出てきますが、30代後半でしたら1000万円近い額になると言われています。

サントリーは、2016年の「勤めたい企業」第一位になっているんですね。さらに2005年から飲料業界は右肩上がりになっていて、これからもサントリーは今以上に大きな企業に成長していくと考えられるでしょう。

サントリーの過去の採用試験。どんな出題がされる?

それでは、ここからサントリーの過去の採用試験についてご紹介していきます。

採用試験で行われるテストの種類や面接の段階などを知っておいて、サントリーでの試験の大まかな流れをつかんでおくことはとても大事ですね。

エントリーシート

サントリーでのエントリーシートは基本的に内容がそこまで変わらないものになっているので対策がしやすいと言えるでしょう。

サントリーのエントリーシートは、自分でダウンロードしてプリントアウトして使います(手書きと印刷どちらでも可能)。

エントリーシートに書き込む内容である、

  • 「サントリーで具体的にやってみたい仕事とその理由を書いてください。」(450文字)
  • 「今までの人生における挑戦または創造の経験について」(A4用紙1枚の自由記述)

の2点は、ベースとして毎年聞かれている内容だと言えます。

ここで必ず、サントリーへの志望を決めた動機についてと自分をアピールするための自己PR文章をしっかりと組み込むようにしてください。

エントリーシートの特徴とも言える絵も最大限に利用することで、ビジュアルを表現できたらなお良いですね。

必ず絵を使うべきだという訳ではありませんが、ここで大事なのは「相手が見やすくきれいにまとめられた文章を意識して書く」ことです。

内容に矛盾している点がないかなど、しっかりと読み返してチェックしておきましょう。

Webテスト

エントリーシートに通過することができたら、次はWebテストを受けることになります。

その他に二次面接を受けるときに計算テスト(5分間)を受けたり、小論文を書く(30分)こともあります。

実際にサントリーのWebテストを受ける時には、予約をするときに同時に性格テストを受けることになります。

それならテスト会場にて英語・言語・計数(全部で45分間)を受験することになります。計数では図表の読み取り、言語では長文をもちいて論理的な正否をしていきます(英語の場合言語の英語版の質問になる)。

電卓が使えない場合や文章問題が長い場合もあるので、余裕をもってテストにのぞむようにしましょう。

サントリーの面接について

サントリーの面接は、一次面接・二次面接・三次面接・最終面接と4段階の面接をこなしていく必要があります。

サントリーでの面接は一次から最終面接まで一貫して和やかな雰囲気があるので、そこはとてもありがたいところですね。

それぞれの面接での質問内容などをあらかじめ把握しておくと、緊張をせず余裕を持って面接に挑めそうですね。

一次面接

まず一次面接は、30代の人事担当の人が1人付いてくれます。

一次面接は10分程度の短い時間で終わるので、その時間内で自分自身をどのようにアピールすることができるか?という面が大事になってくるでしょう。

そして、一次面接で質問される内容はこちらです。

  • サントリーでやっていきたいこと
  • これまでに頑張ってきたこと・工夫したことや学べたことについて
  • 興味がある職種について・その職種でやりたいと考えていること

基本的にエントリーシートに記入したことについて掘り下げて聞かれることになるので、自分の中で意見をまとめておきましょう。

二次面接

続いて二次面接についてです。ここでは中堅クラスの社員が1人対応してくれることになります。

面接にかかる時間は一次面接に比べて少し長めになり、人物についてさらにしっかり把握するための面接になるでしょう。

質問内容は一次面接とそれほど変わりませんが、実はこの二次面接で採用人数がかなり絞られてくるんですね。

そのため、ここでの面接のポイントは、楽しくて明るい明快な自分をしっかりとPRすることになってくるでしょう。

  • 自己PRと、これまでにどんなことを頑張ってきたのか
  • サントリーに入社してからやりたいと考えていること
  • 他社の選考状況はどうなっているか

二次面接での質問内容は上記になるので、こちらもしっかりと事前に準備しておくようにしましょう。

三次面接

それでは続いて三次面接についてですね。ここでは人事課長が1人で対応してくれることになります。

三次面接の質問内容は二次面接とやはり似ているものになるのですが、ここではさらに具体的な話を聞かれることになります。

まさにここで頑張っておくかどうかで、採用にダイレクトに響いてくると言えるでしょう。

  • これまでで一番力をいれてやってきたこと・頑張ったこと・自己PR
  • サントリーで歩んでいきたいキャリアについて
  • ウィスキーを販売するためにできること

三次面接での質問内容はこのようになっています。

すべての面接を通してシンプルな質問内容になっているため、なるべく目立つために人とはちょっと違ったエピソードを語ったり、これからサントリーで働きたいという熱意がしっかり伝わるような話し方をする必要があるでしょう。

最終面接

そしていよいよ最終面接がやってきました。ここでは幹部クラスと人事部長が4人で対応してくれることになります。

最終面接ということでこれまでよりも緊張してしまいがちですが、ここでは特にサントリーに入りたいという自分の熱意をちゃんと伝えられるか?ということがポイントになるでしょう。

  • サントリーの志望動機について
  • これまで頑張ってきたこと・大学で行ってきた研究内容について
  • これまで本気で取り組んできたこと(勉強以外)
  • サントリーで歩んでいきたいキャリアとは

最終面接での質問内容は上記になります。

これらの質問でサントリーに合った人材かどうかを見極めることになるので、やはり自分のPRやサントリーへの熱意が伝わるように意識して最終面接に挑むことが大切だと言えますね。

サントリーが求める人材を把握しておこう

サントリーに採用されるために、サントリーが求めている人材がどのようなものかを知っておくことはとても大事なことでしょう。

まず、人材採用において何よりも大切だとされているのは「誠実さがあるかどうか」です。

サントリーで社員の人々と協力して仕事を行っていく上でも誠実さは欠かすことができませんからね。

すべての活動において誠実さはベースになるので、まず面接ではそこが焦点となることを覚えておきましょう。

さらに、仕事をしていく上でただ誰かからの指示を待っているのではなく「課題を自分から探求していける」かどうかも大事なポイントになります。

好奇心を持って仕事を行うことが、新しい視点や興味深くて面白い提案などが発信できることに繋がっていくのです。

サントリーに採用されるためにできること

サントリーでは筆記試験よりも面接の方が重視される傾向にあります。そしてサントリーで求められている人材は、誠実さがあり課題を自分から探求していける人でしたね。

面接で自分の意見をしっかり伝えることができるように、「自分をPRする力」を日頃から養うように努力しましょう。

自分の気持ちやこれまでの体験を筋道立てて説明することができるようになれば、サントリーへの転職の成功率も上がっていきますね。

サントリーは飲料業界において2位の実力を誇る、誰もが知っている企業です。

サントリーが求める人材に少しでも近づけられるように日頃から努力しておくことで、それが面接の時にも自然に出るようになるでしょう。

さらに面接の前段階のエントリーシートやWebテストもしっかり把握しておくことで対策できるようにしておくと安心ですね。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:21 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop