人と関わらない仕事。人間関係が苦手な人にオススメな職種8つ

0 コメント
twitter
はてな
facebook

自分の性格や好みに合った仕事を選ぶことは、とても大切です。

最初はやる気がすごくあってその職仕事をしていても、その職場での人間関係に悩んでいる人もとても多いのです。

「仕事をしたくないわけじゃないけど、人間関係が嫌だから会社に行きたくなくなってしまった…」これもよくあるケースです。

つまり本人にはやる気があるのに、対人ストレスが原因で仕事ができなくなっているんですね。こんな場合には、今の職場から次の仕事に転職したい、と考えるかもしれません。

でもせっかく転職するのなら、自分の性格にしっかりと合った仕事を選びたいものですよね。

誰もが人間関係をうまく築けるわけではない

人には色んな性格があるので、仕事で人と関わるのが苦手な人もいます。

  • 人と話すのが苦手
  • 人と仲良くなることが上手くできない
  • 他の人に気を使いたくない
  • 1人で作業をするのが好き
  • 口下手な性格
  • SNSなどが苦手

このように、もともと人と付き合うのがあまり得意ではなかったり、人とコミュニケーションを取ったりするのが苦手な人なら営業などの仕事は苦痛になってしまうかもしれません。

やはりそういったタイプの人は、対人ストレスが発生しにくい職場で働くことを検討したほうがいいでしょう。

仕事は毎日長時間するものですから、できるだけ自分の性格に適合したものを選びたいものです。

人と関わらない仕事が現在増えてきている理由とは

今は、昔に比べて人とあまり関わらなくてもできる仕事が増えてきたと思いませんか。これはどうしてなんでしょうか。

それはやはり、日本が近年ネット社会に傾いてきたことが挙げられるでしょう。

これによって今までは職場に出向くことが難しかった子育て中の主婦なども仕事をすることができるようになったことも大きいですね。

対人関係は苦手だけど、それがメインじゃない仕事なら、自分の特技を目立たせることができるかもしれない。

自分の可能性が広がっていくのはとても嬉しいことです。

人と関わらない仕事が増えた理由としてさらに考えられるのは、やはり色んな職種が増えてきたことでしょう。

  • 並び屋
  • 殴られ屋
  • レンタル彼氏・彼女
  • 庭師
  • 僧侶
  • ロボットに話しかける
  • 電話で愚痴を聞く

かなり変わった仕事があるようで、とても興味深いですよね。

これらの仕事を実際に選ぶかどうかは別として、新しい仕事がたくさん出現してきたことで確実に選択肢が増えてきたと言えるでしょう。

対人ストレスが生まれにくい、夢のような仕事はたくさんあります

人と関わるのが苦手な人は、対人なるべくストレスが生まれにくい仕事を選ぶようにしましょう。

人とあまり関わらなくても良くて、自分だけでコツコツとできる仕事というのは意外と色々あるんですよ。

トラックを運転する仕事

トラックの運転手の場合、場所にもよりますが長距離を運転することになります。運転をしている間の時間は、完全に自分だけの時間…ということになるでしょう。

もちろん荷物を運んだ相手先の方との交流は少なからずありますが、それはかなり短く限定された人のみになります。

車を長時間運転することが好きな人なら、この仕事は向いているでしょう。さらに色んな県に行けるというメリットもありますよ。

トラックの運転手は雇われて仕事をするタイプと、個人でトラックを所有して仕事をもらってくるタイプに分かれます。

人と関わりたくない場合には、やはり営業をしなくていい雇われ型になるでしょう。

工場での単調なライン作業

工場などでベルトコンベアの上に荷物が流れてきて、そこで作業をする仕事です。

自分がやるべき作業内容があらかじめ設定されているので、作業に慣れてくれば単純に作業をしていくことができるでしょう。

決められた作業をずっと続けていくことになるので人と関わることはほとんどありません。強いていうならば、隣で作業している人や上司とのコミュニケーションくらいになるでしょう。

仕事内容に慣れてきたからといって手を抜くのではなく、ちゃんと自分の仕事に責任を持つことが大前提です。

飽きっぽい人にはあまり向かないかもしれませんが、単独で同じ作業をするのが好きな人には最高の仕事だと言えますね。

ビルなどの清掃をする仕事

ビルやオフィスなどの清掃の仕事も、人と関わる機会が少ない仕事だと言えるでしょう。

この仕事は掃除をしに行く場所によって拘束される時間も変わりますし、内容によっては1人ではなく何人かのチームで掃除をすることもあります。

  • 車の外や中
  • 個人の家
  • 商業施設
  • 病院
  • ホテルの室内

清掃をする場所によって報酬にも違いはあります。

どこの清掃でも同じように言えるのは、仕事を始める前にきちんと清掃の手順を学んでシュミレーションをしてから行うということでしょう。

基本的にその場所がお客さんによって使われていない時間を使って清掃をするため、決められた時間内に終わらせないといけないことがほとんどです。

さらに掃除道具をかなりの距離運んだりするので、体力が必要になる仕事だと言えますね。

街中でたまに見かける、交通調査

街中を運転していると、交通調査をしている人をたまに見かけることがありますよね。

パイプ椅子などに座って何かを書いたり、カチカチストップウォッチのようなものを押していたりします。

あれはただ単に道を通った車の数を数えているだけではないんですよ。その時にどのくらい渋滞しているか?とか、どんな車が通っている?とか色々です。

ショッピングセンターが新しく建設される場合などに、立地条件を知るために依頼したりするんだとか。

交通調査の人はずっと座っていて楽に見えますが、やはり外での仕事なので寒さや暑さの問題はあるでしょう。

さらに、1人でする日もあれば2人や3人で行うこともあります。ずっと座って決められた作業を行うのが好きな人にはピッタリですね。

薬などの治験の仕事

治験とは、製薬会社で新しく薬が開発されていて、その薬を最終的な段階で国に承認してもらうためにモニターとして協力することです。

国から定められた病院で、安全対策がしっかりされた上で薬を試すので、心配なことはありません。

製薬会社から、試してもらいたい人の条件があらかじめ提示されていて、その条件にかなえば治験に参加することができます。

治験のお仕事は報酬の条件もいいですし、サポートも充実しています。

何より新薬を試すのですから製薬会社の人としか話をしないので、基本的に人間関係に悩まされることはないでしょう。

決まった家に新聞などの配達をする

今は何でもネットで情報を得られる時代になってきましたが、それでも「やっぱり新聞は毎日読みたい。これがないと始まらない」という人がまだまだあるんです。

だから、新聞配達の仕事は需要が多いんですよ。新聞配達の仕事と言えば、ただ玄関のポストに新聞を届けるだけというイメージがあるかもしれません。

しかし全ての家が新聞を契約しているわけではないので、実際に新聞を配る前にコースをしっかりと覚えることが重要になります。

契約しているのに配られていなかったり、その逆になることがないようにしないといけませんが、1度コースを覚えてしまえばあとは繰り返し作業になるでしょう。

朝刊と夕刊は配る時間帯が決まっているので、その時間に間に合うようにスピーディーな作業が求められるんですよ。もちろん朝早くから配達が始まるので、早起きができなければいけません。

さらに新聞を配る前には事前に折り込みチラシを織り込まないといけなかったり、緊急で号外の新聞を配らなければいけないこともあるでしょう。

配達をしている間は人とはほとんど会わないので(早朝の場合は特に)、自分1人での作業は気が楽だと言えますね。

水道の検針の仕事

水道の検針の仕事は、マイペースにできることもあって結構人気があるんですよ。

自分の担当の地域が決められていて、毎月決まった日までに検針をするという仕事内容です。

人の家の庭にある、水道メーターを見ることになるので声かけくらいは毎度することになりますが、基本的に単独作業になるでしょう。

夏の暑い日などは特に大変だとも言いますが、仕事に慣れてきて自分のペースがつかめればやりやすいでしょう。

天気にも左右されてしまうのでそのあたりは大変ですが、体力は付きますし健康面でもメリットは大きそうですね。

自宅でできる仕事もある

自分の家の中で誰にも邪魔をされることなく、好きなペースでできる仕事もたくさんあります。

  • 内職
  • アフィリエイト
  • 株や投資・FX
  • ネットでの販売(せどり)・オークション
  • 漫画家やライター
  • ユーチューバー

内職などは主婦に人気がありますが、それだけ収入面であまり期待できないというデメリットもあったりします。

基本的に内職の場合は、内職業者に持ってきてもらうよりも自分で企業からもらってきたほうが効率的で報酬も高いことが多いです。

自分から会社に連絡して、「持ち帰りができる内職がありますか」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

その他にも、ある程度の技術を必要とする仕事もありますよね。自分に興味があることがこの中にあれば、検討してみるのはいかがでしょうか。

まずは、しっかりと現場を体験してみることが大事です

上記に挙げた職場の全てにおいて言えることですが(在宅ワーク以外です)、職場によって人々の環境も全然違うことがあります。

特にその特徴が出やすい職種でいうと、やはり工場でのライン作業が挙げられるでしょう。

私自身ライン作業をいくつか経験したことがありますが、本当に自由な雰囲気の職場もあれば、強いパートさんが牛耳っていて派閥があるような…そんな職場もありました。

やっぱりそういった職場では、働いている人みんなピリピリしている感じがしました。

このように職場によって、そこで働いている人ももちろん違うので「この職種はこう!」だと決めてしまうことはできないんですね。

やはり、職場を決める前に見学をさせてもらったり、1度体験させてもらったりすることがオススメです。

実際に見てみることで、その職場の雰囲気を知るのはとても大事だといえるでしょう。

自分の性格やスキルに合わせて、無理のない仕事探しをしよう

自分の性格やスキルにあった仕事探しをするのはとても大切です。

せっかく決まったから…と、無理をして仕事を続けていても、心や身体にとって良いことなど1つもないですよね。

やはり人間関係がどうしても苦手な人はいますからね。私自身、あまり得意な方ではないのでその気持ちも理解できるんです。

自分の得意なジャンルで仕事を見つけて、そこから自分の好きなようにスキルアップしていけばいいんですよ。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 11:40 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop