ストレスのない仕事5つ。業務内容、人間関係はどんな感じ?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

ストレスのない仕事はあるのでしょうか。そもそも、仕事とは人と人とのかかわりの中で物事の需要と供給の流れが生まれます。

人はみんな異なった価値観を持っており、価値観の異なった人たちの集合体が会社という組織です。価値観は異なってたら、働く目的も異なってきます。

それでも、会社としての目的は同じです。そんな上で仕事をするのでストレスは必ずと言っていいほど発生します。ストレスの全く無い仕事はほぼ無いに等しいのです。

転職をする人の中で、その理由の大きな一つとして、今の職場のストレスと答える人は少なくありません。

では、転職をすることがそのストレスを減らして満足いく自分の生活になるのでしょうか?そして、今のストレスを軽減できる転職先はどんなところなのでしょう?

もしも、ストレスを原因として転職を考える方がいらっしゃったら、一旦ストレスの無い仕事の転職についてご参考ください。

ストレスのない仕事ランキング

ストレスのない、少ない仕事を5つ、ランキング形式で紹介します。

まったくストレスがない仕事、というのはもちろん珍しいかもしれませんが、自身が実際に働くことになったら…とイメージしながら、仕事を選ぶ基準の一つにしてくださいね。

工場ライン工

ライン工は車や家電製品など様々な製品の製造に携わる仕事です。ライン工の資格は作業に応じて溶接などの工程があれば、それらに関する資格が必要となりますが、基本的には特別な資格は特にありません。

勤務スタイルも工場によっては夜勤や早朝の勤務もありますが、決められた時間での作業なので残業などはほぼありません。

作業を慣れるまでは大変ですが、一度作業を覚えてしまえば後は同じ事の繰り返しの為、単調な作業での辛さは感じるかも知れませんが、業務ストレスは少ないです。

またライン工での仕事はその限定的な作業により、仕事中他人と接する事も少ないので対人ストレスも他の仕事と比較するとありません。

特に大手の会社によるライン工の場合は、福利厚生なども充実しているケースも多く業務・待遇面双方良い面を持っている仕事であるでしょう。

 

サーフィンインストラクター

サーフィンインストラクターは、主に海の近くでサーフショップやスクールなどで仕事をしています。

自分自身が、サーフィンが好きであり、その延長でインストラクターをはじめた方も多く、インストラクターの仕事が無い場合でも日々サーフィンの鍛錬を行ないます。 

自身が出場した大会での成績なども、その後の教室の生徒数にも影響するので、国内外の大会には率先して参加したり、目標も高く持ち続けて行くことが大切です。

インストラクターでもあるので生徒は初心者からプロレベルまで様々ですが、共通してスクールは海でおこなうものなので安全管理や救命知識は大事です。

しかし、自分自身もサーフィンが好きであり、そのサーフィンを通じて生徒との交流がありストレス面では非常に少ない仕事でしょう。

海という環境もストレス軽減の理由のひとつであることは間違いありません。

 

ピアノ調律師 

ピアノ調律師はコンサート会場やスタジオなどに置かれているピアノの調律をする仕事であり、ピアノ管理のスペシャリストでもあります。

ピアノ調律師には著名なピアニストの専属となっている人から、楽器メーカー勤務の調律師、または個人事業として一般家庭や音楽教室の調律を担当しているなど幅広く活躍できる仕事です。

調律師になるためには音楽大学や専門学校に通い調律を学んだり、または調律師の元で修行をしたりしながらその仕事に就きます。腕が良ければ世界中どこでも出来る仕事でもあります。

調整時は基本的に自分自身だけが集中して作業を行なう時や、ピアニストと確認しながら作業を進め対人関係が限定していること、また一般家庭のピアノの場合は、特に持ち主から厳しい要望なども少ないので、ストレスが他の業種と比較すると少ない仕事であるでしょう。

 

警備員

警備員は施設の安全を守ったり、警備を担当する事が代表的な仕事です。仕事は幅が広いため、警備員の分野によっては現金・貴金属輸送など警備する分野によっては危険が伴う事もあります。 

警備員になるためには警備会社や管理会社などに就職をして、警備員として各施設や場所に配属されます。

立ち仕事のケースや管理室などで、モニター管理など警備スタイルは様々であるため、配属部署によっての疲労感も異なります。

また警備員は勤務スタイルも夜間勤務や早朝勤務がある場合も、生活スタイルが不規則な事も多いため、体力面が重要な仕事であるでしょう。

しかし、基本的には少人数制での警備であり対人関係も限定されるかまたは無いに等しいので、ストレス面では他の職業と比べると少ないでしょう。

特に施設などの夜間警備は暇な時間もあるなどの声も耳にします。

 

農家

農家は作物の生産や出荷をする仕事です。専業で農業をしている人から、他の職業をしながら農業をする兼業農家もあり農家のスタイルも幅が広いです。 

農家になるためには特別な資格はありませんが、作物を生産することに関する専門的な知識が必要なため、基本的には経験が重要になってくる仕事です。

また、古くからその土地で農家をしている人であれば、地域での交流や組合の会合などに参加して積極的に情報交換をします。

もちろん外で行なう仕事でもあり、環境に左右されやすい仕事のため、場合によってはその年の収入に大きく影響するので安定させた収益を得るには工夫が必要でしょう。

しかし、農家の場合は家業で行なっている事も多く対人関係が限定的であるため、対人ストレスは非常に少ない仕事であるでしょう。

さらに幅広い年齢が従事できると言う面もこの仕事の魅力の部分です。

仕事で感じるストレスにはどんな原因があるのか

仕事のストレスとは何が考えられるのでしょうか。

  • 業務量のストレス
  • 仕事が連日連夜長時間にわたるストレス
  • 営業の場合、なかなか成果が上がらないストレス
  • プロジェクトが進まないストレス
  • 上司との関係性のストレス
  • 部下との関わり方のストレス
  • その他人間関係のストレス

挙げだすときりがありません。ただ、よくよく考えてみると、結構どんな業務も意外と人間関係が根本の原因だったりするのです。

仕事は人と人との関わりなので、そのストレスの大半は結構人と人との思いのぶつけ合いだったりするのです。

それでは、いろいろな人間関係にまつわる、あるあるのストレスとその視点や回避策、又は転職を考える時の次の仕事の選び方など解説していきます。

業務量が多すぎる!これって上の仕事の回し方が下手?

仕事が絶えず回ってくることは実はとてもありがたいことなのです。仕事に行っても何もやることがないよりまし、忙しいことは会社が儲かっている証拠!

なんて言われることもありますが、でも実態は・・・「この業務必要なの?やるいみあるの?」みたいなことも有ったり。

「この仕事って自分がやること?あの人手空いてるよね?」とか、「この順番で業務って進める必要あるの?もっと効率的なやり方あるよね?」なんて思いを抱いたことありませんか?

何度もお伝えしていますが、仕事は一人でやることはほとんどありません。誰かしらが必ず関わっていて、その中には中心核となるリーダーがいるはずです。

そんなストレスを感じた時、ぜひリーダーを見ましょう。仕事の回し方、振り方、上司への繋げ方が苦手な人がリーダーをしていませんか?又は、自分勝手で組織のことは考えず自分がよければ良いタイプもいます。

そんな人がリーダーでは、回る仕事も回りません。周囲は振り回されて、非合理的な業務方法になって、本当は1日で終わることが2日3日、1週間と経ったり、ダラダラしてしまう傾向があります。

リーダーに物を申す、ということが出来たら苦労しないですよね。

そんな時は、一度自身の仕事の状態を見てみましょう。抱え込んでしまってませんか?そんな時こそ、周囲を巻き込みましょう。

今持っている業務は誰がやることがベストでしょうか?自分がやらなくてもいい業務を持っていませんか?

思い切ってあなた自身が周囲に仕事を分担してみましょう。分担する仕事こそが組織の仕事です。できる人、やりたい人に分担することでモチベーションも上がります。

全てをリーダーに任せるのではなく、あなた自身ができる範囲で、出来る人に分担をするのです。

そんな仕事のやり方に慣れていると、実は転職先でも生かされます。転職のほとんどは経験者優遇ですよね!きっとそういう仕事のやり方が面接でもアピールポイントになりますし実際に役立ちます。

今どき業務効率を謳う企業が多いです。そんな企業にはうってつけの人材ですよね!業務量が多い、終わらない、と嘆く前にぜひ今すぐに自身から業務効率の仕方を意識してみましょう!

営業成績が上がらないストレス

営業を経験した人は誰しも経験がありますね。営業職は直接会社の生産性に関わるところで花形でもあります。

ただし、花形はどうしても辛い場所でもある紙一重の場所です。成果はイコールで会社の挙績と結びつきます。一度だけ出したからと言って褒められるわけでもなく、成果は出し続けないと意味がありません。

会社の生命線でもあるわけですから、毎月成果を出すことが仕事です。でも、人間のやることですから、もちろん気持ちの浮き沈みもありますし、お客様にだっていろいろな事情はあります。

成果を出し続ける方法がわかれば苦労しませんね。そんな、営業のストレスの根本はここです。

  • 成果が思うように出ないため、目標に達成せず組織に面目ない
  • 成果が出ないことが直接上司の成果にも繋がるため怒られる
  • 成果が上がらないと手ごたえや達成感を感じないことからモチベーションが下がる
  • 成果を出し続ける方法が分からない、会社の教育体制が整っていない

こういったことが挙げられます。成果が出ないことが続けば続く程焦って、その焦りはあまりいい行動に結びつかず悪循環が始まるのです。

会社も一人一人の社員を大切にしたいところですが、どうしても挙績の高い人をたたえたいのも一つの心理です。

この悪循環をまず止めて自身のモチベーションを上げましょう!転職を考える人も、こんな嫌な気持ちのまま辞めることは有りません。

そこで得られるノウハウは盗んでなんぼです!転職をするにしてもしないにしても、まずは今いる場所の知識やノウハウを吸収しましょう。

そこで面白い!と感じたら続けるべきですし、ここじゃない!と思ったらまた次なるステップアップをすればいいのです。

どんなことをするのが良いのか・・・とっても簡単なことです!できる人にノウハウを聞く、観察する、マネすることです。これが部下や同僚であっても、やるべきです!

  • できる人は朝何時に出社してますか?
  • できる人は朝出社したら何をしていますか?
  • できる人はお客様に会う前どんな準備をしていますか?
  • できる人はどんなスパンで商談を入れていますか?
  • できる人はどんな電話の仕方をして、どんなタイミングで電話していますか?
  • できる人の鞄の中身と自身の鞄の中身の違いは何ですか?
  • できる人は一日の終わりに何をしていますか?

何か一つでも分析してみてはいかがでしょうか?そして、一つでも自身がやっていなかったできる人の習慣をマネしてみてはどうでしょうか?

聞くことが少しプライド的にも難しかったら、観察するのです。観察はタダですしバレにくいです!笑

でも、意外と、自分の実践ことを聞かれることって嬉しいことなのです。だからできる人と仲良くなっていろいろなノウハウを聞き出すことは決してダメなことではありません。

そんな観察、分析する、人に聞く、マネする、をしているうちに、見ている人は見ています。成果が出なくてもそんなあなたを応援する人は出てくるはずです。

そして、それを繰り返しているうちに成功体験も増えて少しずつ自身が付いてきます。それがノウハウになります!

転職した時にも、そのノウハウがあなた自身の武器になるはずです。ぜひ観察することや分析すること、人に聞くこと、そしてマネをすることを怠らずトライ&エラーで挑戦してみましょう!

上司と合わない、部下がすぐハラスメントと言う・・・人間関係のストレス

このストレスは多くの人が抱えているはずです。上司がなかなか自身や組織の気持ちを汲んでくれずチームワークが成されなかったり・・・

最近の若者は・・・と後輩や部下に少しものを言うと、仕事を休まれたり、訴えられたり・・・その恐怖からなかなか仕事が振れない、等。

何かとコミュニケーションが取れなくて前に進まずもどかしい仕事の進み具合になることありますよね。

組織の中でも、あの人とあの人は仲良くて繋がってる・・・なんてことがあるともう面倒です!組織を変えてもっと自由に仕事がしたい!!と思って転職を決意するなんて人も多いはずです。

でも、実際は、どこの組織に行ってもこういったストレスはあります。会社につきものなのです。次の組織に行ったらきっと、前の方がまだマシ、と思うケースも少なくありません。

だからといって転職は無意味、と言いたいわけではありません。

ここでお伝えしたいことは、人間関係だけで転職を決める前に、先ずはどんな人間関係でも回避策は自信で考えられる蘇生術を身に付けることが先かもしれません。

人間関係はデリケートです。言い放った言葉は消すことはできません。失った信頼を取り戻すことは結構難しいです。

でも、挽回のチャンスは沢山あります!それが会社です!どんなに人間関係が劣悪でも、その組織で一緒に仕事をしないといけないことには変わりありません。

そんな、毎日嫌でも一緒に居るのが会社でもあるので、日々挽回のチャンス、コミュニケーションを取るチャンスがあるのです。

誰しも自身の心を開くのは緊張しますよね。一旦閉ざされた心を開こうとするのはもっと緊張してしまいます。

でも、一度組織を見渡してみましょう。誰か、どんな立場の人でもいいです、自分と話が合いそうな人、自分の想いが伝わりそうな人はいませんか?

それが上司でも、同僚でも、後輩でも、臨時職員やスタッフの方、事務員の方、誰でも構いません。

その一人の人と何か思いを伝えあってみませんか?人はどこかしらと繋がってます。その人をきっかけに少しずつコミュニケーションの輪が広がっていきます。

そこから信頼や絆を作っていってください。その絆が、何の変哲もない仕事が少し楽しくなります。意思が通じ合う人との仕事は同じ仕事でも楽しく感じます。

そんなプラスの行動は、自然にプラスの循環が始まります。これは、今の仕事でも大切ですが転職をする人にとっても大切なのです。

なぜなら、そのコミュニケーションの輪がある方が転職活動がし易いのです。そして、そんな仕事をできた自分にきっと自信がつくはずです。それも一つの転職活動への武器となります。

これも同じく、企業側はこんなプラスの行動がとれる人を採用したがります。どんな資格よりも大切なスキルです。

人間関係をストレスに感じている人は、先ず、自分と意思疎通できそうな人を見つめてみてください。

余談ですが、私は以前、上司の運転手さんと仲良くなったことで、上司の情報を沢山収取できたり、そこを通じたお客様を紹介いただいたり、楽しい飲み友達にもなりました。

どこにどんな出会いがあるか分からないのも会社の面白いところですね。

自分のストレスの原因を考え、職業を選ぼう

今回の記事では、ストレスのない仕事ランキングについて記載してきました。ストレスがどの程度かかるかどうかは、その仕事が合うか合わないかという面も大きいです。

そのため、一般的にストレスがないと言われている仕事を探すのも大切ですが、それ以上に自分に合った仕事を探すことも大切ですね。

自分が今抱えている仕事に関するストレスを見つめ直し、本当に自分にあった仕事のスタイルを探してみましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
8月18日 02:18 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop