公務員試験の正しい服装とNGな服装。試験の内容によって選ぶべし

0 コメント
twitter
はてな
facebook

憧れの公務員になるためには、高い採用倍率で待ちかまえている一次試験、二次試験を突破していかなければなりません。

ここで気になるのが、試験当日に着て行く服装の問題です。応募要項で指定されている場合、または指定がない場合、公務員試験の会場へはどのような服を着て行けばよいのでしょうか。

公務員試験の一次試験、二次試験、説明会や公務員セミナーにふさわしい服装について説明していきます。疑問をスッキリ解消し、安心して試験の本番にいどみましょう。

公務員試験の一次試験にふさわしい服装

公務員試験の場合、一次試験の内容は、教養試験、適正試験、作文試験、専門試験などがあります。公務員の種類によって試験の組み合わせは異なりますが、一次試験は筆記試験の形式で出されるのが一般的です。

筆記試験なので身だしなみは特に重視されない

国家公務員、地方公務員共に、一次試験は私服で受けて問題ありません。

国家公務員の人事を管理している人事院「国家公務員採用情報NAVI」によると

「国家公務員試験・第一次試験当日の服装は、試験の時期を考慮した普段着(軽装も可)でかまいません。試験会場や座席の位置によって気温差が生じる場合があるので、寒暖差が調節できる服装をおすすめします。」

との案内が記載されています。地方公務員も同じく普段着で一次試験を受けることが可能です。

公務員の堅実なイメージから、本当に軽装で良いのか不安を感じる人がいるかもしれませんが、行政機関がそのように案内していますので、安心して案内に従いましょう。

実際に、公務員試験の一次試験を受ける人の大半が、スーツではなく私服で来ています。

企業の就職活動は「ビジネスパーソンのふさわしい身だしなみ」としてリクルート用のスーツ姿で行うことが一般常識になっています。そして、スーツがきちんと着こなせているかどうかは、採用の判断基準に含まれます。

ただし、公務員試験の筆記試験は、あくまでも受験者の学力や知識を調べるのが目的で、試験を受ける時の服装は特に重視されていません。

試験官も採用担当者が行うとは限らないので「基本的に服装はチェックされない」と受け止めてOKです。

当たり前だが時期に合った服装を着て行けばよい

一次試験には、その時期に普段着ているような服装を着て行きます。夏は涼しく冬は暖かい服装を着て行くという、いつも通りのコーディネイトを心がければ良いのです。

一次試験の時期は、4月から翌年の3月まで試験によってさまざまなのですが、6~9月に実施されることがほとんどなので、軽装で試験を受けることが多いかと思います。

6~9月に一次試験を受ける場合は、通気性が良く汗をかいても爽やかに過ごせるような素材のリラックスできる服装を選びましょう。

夏は受験会場で思いのほか冷房がきいていて、体が冷えすぎたり、外気温との差が大きくて体の調子が悪くなってしまったりすることがあります。

そのため、「国家公務員採用情報NAVI」の案内にもあるように温度調節をするため、試験当日はジャケットやカーディガンなどの羽織りものを持参することをおすすめします。

リラックスして試験にいどめる服装を選ぼう

一次試験を受ける時の服装は、私服でもスーツでもかまいません。ジーンズなどのカジュアルな服装で受験する人も普通にいます。

肝心なのは、リラックスした状態で試験にいどみ実力を出し切ることです。かっちりしたスーツよりも体になじんだ普段着を選んだ方が、疲れにくいかもしれませんね。

大切な試験だからと、スーツや着慣れないフォーマルな服装を選ぶと、着心地が悪くて試験に集中できず、思うように問題が解けなくなる場合があります。

勉強してきたのに実力発揮できず、一次試験で散ってしまうのは残念です。ぜひ「自分なりにリラックスできる服装」を選びましょう。

もちろん、スーツに着慣れている人、スーツが着たい人は、私服でなくて問題ありません。

結局「硬すぎずラフすぎず」が無難?

公務員試験の一次試験に服装のルールは決まっておらず、服装は試験の合否に影響しないので、原則としてはどのような服装でもOKです。

極端な例を挙げると、真夏なのでTシャツに短パン、サンダルといったラフすぎる軽装をしていったとしても、試験で落とされることはない、ということになります。

ただ、採用試験を受ける立場ということを考えると、普段着OKとはいえラフすぎる服装は避けたほうがよいでしょう。

服装の個性は試験の合否に影響しないことが多いですが、一人だけ周囲から服装が浮いてしまうと、自分がかなり気まずい思いをして試験に集中できなくなる可能性があります。

人目を気にせず安心して試験を受けるためには浮かない服装、たとえば「将来の公務員にふさわしい清潔感や堅実な印象のある服装」を選ぶのが無難でしょう。

おすすめしたいのは、男性ならワイシャツにスラックスかチノパンツ、女性はブラウスにスカートやパンツ、といった清潔感のあるビジネスカジュアル(オフィスカジュアル)です。

ラフすぎず硬すぎない、きちんとした感じのあるファッションを心がけるのがよいでしょう。

試験の種類によってはスーツを着る

一次試験でリクルートスーツを着ると、ほかの人が私服だっために一人だけ堅苦しく見えて浮いてしまうこともあります。

ただ、公務員の種類や試験の種類によっては、スーツを着るのが一般的な場合があることにも注意しましょう。

事務職、警察、自衛官、消防などは、スーツで一次試験を受ける人が多くなります。また、一次試験の後にほかの試験がある場合も、私服だと浮いてしまう場合があります。

スーツと私服のどちらが良いかよくわからない場合は、同じ応募先の試験を受けた先輩など、職員から情報を得て確認しておくと安心です。

公務員試験の二次試験にふさわしい服装は

公務員試験の一次試験を通過した人は、後日に二次試験を受けます。二次試験の内容は、公務員の種類にとって異なりますが、面接試験、専門試験、教養試験などが行われます。

二次試験ではリクルート向けのスーツを着る

どの公務員試験でも、二次試験では面接試験が行われるので、二次試験では一般企業の面接と同じようにリクルート向けのスーツを着て行く必要があります。

「普段着OK」と言われると、何を着て行けばよいのか悩んでしまうことが多いものですが、あらかじめスーツだと決まっていると、かえって気は楽かもしれません。

面接を受ける時のスーツは、シンプルなデザインで落ち着いた色のフォーマルなスーツを選びます。

新卒、20代の第二新卒の人は、リクルートスーツを着て行けば問題ありません。スーツ専門店に行くと、リクルーツスーツの特設コーナーで容易に見つかるので、服装選びに悩むことはないでしょう。

転職する人は面接を経験済みなので、事情はよくご存じかと思います。ちなみに30代以上で転職を希望する人は、リクルートスーツは着ません。ビジネス向けの一般的なスーツを着るのが一般的です。

スーツの色を選ぶ時も、黒はリクルーツスーツの象徴なので、黒は避け、男性はこげ茶、ダークグレー、女性は紺やダークグレー、サックスブルーなどの落ち着いたものを選ぶとよいでしょう。

とにかく、清潔感、堅実な印象を心がけることが大切です。

面接を受ける際の服装については就活スーツの選び方&マナーに沿ってビシッと決める着こなし方で詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。

夏の二次試験でクールビズを着て行くのはOK?

夏にスーツを着て試験を受けに行く時には「クールビズを着てもよいか」「クールビズを着るべきか」と悩むことがあります。

クールビズは、平成17年から推進されている地球温暖化対策の一環で「室温28℃で快適に過ごせる環境や服装」を工夫する活動のこと。オフィスでのクールビズファッションは、涼しい素材にノージャケット、ノーネクタが基本です。

応募先によっては夏の二次試験で「クールビズ可」と案内される場合があるのです。本当にノージャケット、ノーネクタイで面接に来て失礼に当たらないか、一瞬戸惑ってしまいますよね。

しかし、応募要項に「クールビズ可」と記載されてある場合は、案内に従ってクールビズを着て全く問題ありません。

むしろ、クールビズは環境省が推進していることからも、公務員試験を受ける場合はクールビズに賛同していることがアピールできるので、ノージャケット、ノーネクタイはぜひおすすめです。

「クールビズ可」との案内がない場合は、普通のスーツでもかまいませんが、クールビズで会場へ向かい、念のためにジャケットとネクタイを持参しておくのが無難です。

ほかの応募者がクールビズなら自分もクールビズに、クールビズを着ている人がいなければジャケットとネクタイを着用する、といった柔軟な対応をおすすめします。

ちなみに、県庁や役所の職員が来ているようなポロシャツやアロハシャツのようなカジュアルすぎるクールビズは避けましょう。まだ採用されていないので、リクルート向けのスーツと同じフォーマルな身だしなみを基本とします。

説明会・公務員セミナーにふさわしい服装は

公務員を目指す人が就職活動をする際には、説明会や公務員セミナーに参加する機会もあるでしょう。

説明会は、各機関が採用志望者を対象に業務内容や仕事のやりがいなどを説明するイベントです。

公務員セミナーは、説明会と同じようなイベントで、各機関のほか就職サイトや転職エージェント、大学、専門学校などで行われています。試験対策など、説明会よりも一歩踏み込んだ内容が盛り込まれているところが特徴です。

一般企業の企業訪問や説明会、就職(転職)セミナーに参加する時は、企業の社員に直接会うので、ビジネスシーンにふさわしくリクルート向けのスーツを着るのがマナーとなっています。

公務員を目指す人が説明会、公務員セミナーに参加する場合も同様にスーツを着るのが無難です。

また、採用試験とは関係ないので、必ずしもスーツでなければならないわけではなく、きちんとした印象のカジュアルな私服でも問題ないとされています。ラフすぎる服装は先方へ失礼にあたるので避けましょう。

公務員試験を受ける時に避けたい服装は

公務員試験を受ける時に避けたいのは、ビジネスシーンにふさわしくない服装、たとえばカジュアルすぎ、または華美すぎて、遊びに来たように見えてしまう服装です。

面接を含む試験では、スーツ以外の着用はNGです。一次試験でも私服の着用が認められていますが、以下のような身だしなみは社会人としての一般常識を疑われてしまうので、避けるようにしてください。

  • 派手な色柄の服装
  • キャミソール、ミニスカート、タンクトップなど肌の露出が多い服装
  • だらしない服装(部屋着のようなジャージ、おしゃれステテコなど)
  • 大きくて目立つアクセサリー、ジャラジャラと音がうるさい装飾品
  • 清潔感に欠けるヘアスタイル(ボサボサ、ベタベタ、ふけがある)
  • 威圧感のある外見(リーゼント、サングラス、革ジャンなど)
  • 香りの強い香水・整髪剤の使用

いくら一次試験で服装はチェックされてないとはいっても、あまり服装が奇抜過ぎると「非常識な服装の受験者がいた」と人事担当者の記憶に残ってしまい、二次試験以降で不利になる可能性があるので、くれぐれも注意してください。

公務員試験は常識的な服装で受けるのが無難

結局、公務員試験を受ける時は、神経質にこだわる必要もありませんが、一次試験、二次試験とも清潔感があって社会人として一般常識の感じられる服装をしておくのが確実ということになります。

公務員試験を受ける時の服装にキラッと光るようなセンスは求められていないので、個性はおさえてシンプルで無難な服装を心がけるとよいでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 23:15 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop