時間

定時退社できる仕事、メリット、理由の話し方

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、定時退社日とはどのような日なのかを記載した後に、定時退社したいときの理由の話し方、メリット、定時退社しやすい仕事なのかを記載していきたいと思います。

定時退社日とは?

定時退社日とはその言葉通り定時に退社ができる日の事です。会社によって指定する日は様々ですが1週間の週の真ん中や金曜日など会社にとっても定時退社をしても問題ない、影響の少ない日などを決めその日を定時退社日と決めているケースが多く見られます。

現在、日本において労働(働きかた)とくに残業や定時退社に関しては関心が高く、企業も率先してこの定時退職日(ノー残業デー)を採用しています。

背景には生産性の向上や電気などのコスト削減などを社員のモチベーションのアップを目的としています。

しかし本当に定時退社日には定時に業務を終わらせ終了させることができるのでしょうか。会社が本腰をあげて定時退社日を定めているところは、定時になった時に室内の電気を消灯したり、システムを動かなくするなど半ば強制的に業務を終了させる会社もあります。

しかし会社によっては、定時退社日を設けたことにより、退社日に完了しなかった業務を別の日に行ったり、他の部署への強制的に手伝わせたりと、労働環境に影響が出ているという話も聞かれます。

その為、定時退社日を導入しても生産性の向上やモチベーションの向上などと言ったプラスに働くはずであった効果も成果が見られないという声を上げる企業も多くあるのが現状です。

[ad#a]

 

定時退社の理由の話し方

話し方

用事がある

本来であれば会社が定める規則に反していなければ定時で帰宅しても何の問題もありません。しかし会社の業務内容や人間関係によっては、定時退社ができない、またはでき難い、という状態があるのも現状です。

では定時退社をしたい時の理由はどのようにすれば良いのでしょうか。

定時退社をしたい場合の理由のひとつとしては「用事がある」と素直に話すのが、一番定時退社の理由として問題の無い答えです。

趣味でも急な用事でも詳細に話す必要は、本来はありません。内容を言うように求められても答える義務は無いはずです。

会社や社会に貢献する理由を話す

どうしても定時退社がしにくい社風であれば、業務に関係するまたは貢献できる資格の取得の勉強等の為に退社をするという理由もありです。

「何の資格か?」など言われる場合もあるかもしれませんが、そもそも会社の命令で資格の取得を命じられ、かつ会社の経費などで資格取得に関する費用の全てを賄っているのであれば、仕方ありませんが、実費であるならそこまで言われる筋合いはありません。

また、会社ではなく社会に貢献すること、例えばボランティア活動などの社会活動をすることも良いでしょう。ボランティア活動はやる事に意味があります。理由はなんであれ市民の社会貢献活動を企業側が止める権利はありません。

 

 

定時退社のメリット、悪ではない

会社によっては、定時退社=悪であるという社風があるところもありますが、決してそのようなことはありません。定時退社には多くのメリットがあります。

時間を有効に活用できる

定時退社のメリットは時間を有効に活用できること。自分の趣味や勉強など時間を必要とする様々なことに退社後の時間を使う事により、仕事への意欲向上も期待できます。定時退社のメリットの一番の理由とも言えるでしょう。

 

環境への配慮

夏場・冬場のエアコン。オフィスの照明などの消費エネルギー削減が可能となります。それにより廃棄物の現象や自然環境への配慮もメリットと言えるでしょう。

[ad#b]

 

定時で帰れる仕事

仕事

日中のみ活動できる仕事

暗くなると危険を伴う作業や、住宅や商業地への騒音配慮などにより原則日中のみ作業ができない仕事は、定時退社できる仕事のひとつになります。

作業内容にとっても交代制を導入している会社、例えば大規模の工場や鉱山や警備会社なども基本的には決められた時間しか働かないので、定時退社がしやすい仕事と言えるでしょう。

 

電車運転士

電車運転士は業務スケジュールがしっかりと管理されている職種です。特に本人の疲労等体調に関する問題は安全な運行に直結することなので、

よほどのトラブルが無ければ運行終了後退社となります。

 

一般事務職

職種によっても違いはありますが、一般的には事務職は残業が少ないと言われています。経理や総務特にお客様からの電話の対応などの窓口は、受付時間も一般的な退社時間前に終了することが多いので、その分定時退社がしやすいとも言われています。

 

工場生産ライン

主に製造業などの生産ラインにて業務をしている人も定時退社できます。この仕事も1日のスケジュールや生産量や作業量が個人やグループごとにしっかりと管理されているので残業なども少ないです。

 

市役所

担当する部署によっても差がありますが、市役所などの窓口担当など時間によって終了する業務などは定時退社が基本のようです。

一般的な認識では公務員は定時退社が多いと言われていますが、都道府県庁や霞ヶ関の官公庁は定時退社は難しいとも言われています。

 

ホテル

ホテルは業務中は忙しく体力も必要な仕事ですが、定時退社ができる仕事でもあります。特に閑散期などは定時前に退社する場合もあります。

しかし繁忙期などシーズンによっては定時退社が難しくなる場合もあったり、夜勤もあるので業務は決して楽ではありません。

 

残業が多くて悩んでいる人は、定時退社できる会社に転職することを考えるべき

残業が多すぎると、仕事の生産性やモチベーションが下がったり、体調に支障が出たりと、様々なデメリットがあります。

近年は働き方も見直されてきたため、定時退社できる会社も増えてきました。定時退社できる会社に転職することで、労働への満足度を大きく向上させている人もいるため、残業で悩んでいる人は、転職も検討してみることをおすすめします。

また、転職エージェントを利用することで、残業が少ないなど、自分の要望に合った会社を紹介してもらうことができるため、是非うまく活用していくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:50 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop