地方から東京への転職を成功させるために知っておきたいポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

何でも物事を即断即決で判断出来ていれば、この記事に辿りつくことはないでしょう。新しいことや出来事は、未知の世界で不安な要素を感じます。不安を飛ばして前に進むには、気持ちを前向きにする必要があります。

そうはいっても一人では難しいと思っているからきっかけを掴みましょう。地方から東京に転職する際の気になるポイントをお伝えします。

地元を出ることへの不安で気分が落ちている時、上京する気持ちはあるけど勇気が出ない時、この記事を読むと後押ししてくれます。

地方から東京に転職するメリット・デメリット

メリット・デメリット、気になるものはいくつありますか?

転職する際のメリット

  • 地元にない職種が豊富
  • 企業数が圧倒的に多い
  • 多様な人間関係
  • 年収が上がる
  • 色んな世界の人と知り合う機会が多い
  • 都会的な生活スタイル
  • 独身でも生きやすい場がある
  • 実力次第で独立バックアップ

転職のメリットでは、チャレンジ精神と柔軟性があると良いです。また、慣れるまでは大変かもしれませんが、多様性のある人間関係の中で、自分の枠を超えられる体験ができるでしょう。地方と東京では、時間の流れが全く異なります。

転職する際のデメリットとは

  • 慣れた場所を離れるリスク
  • 衣食住環境が合わない
  • 電車通勤ラッシュはストレスフル
  • 仲間作りの必要性
  • 多様な人間関係に困惑する
  • 面倒な引越し手続き

転職するデメリットでは、職場や生活環境が大きいでしょう。時間のサイクルも異なるため、転職する職種によってはストレスを抱え込むことになりやすいのでその点は気を付けましょう。

幅広い職種の探し方コツ

具体的な職種の探し方をご説明します。

転職を斡旋するサイトで登録・応募する

いくつかの転職サイトで登録をして応募する方法があります。また、希望職種でのスカウトメールに登録しておくと、相手先からのオファーを待つことも出来ます。気になる求人情報を沢山閲覧できます。

現職の関係者からの紹介

現職の関係者から、関連企業や子会社へ紹介された時には、紹介という形で転職先が決まる場合があります。いわゆるコネを含みますが、自分の強みを事前に話してもらえる為採用になることがほとんどです。

兼ねてから憧れの会社に直接問い合わせ応募

どうしても憧れの業界へ異業種転職したいなら、直接会社のホームページサイトより求人情報がないか確認したり、求人が出る予定はないか問い合わせして応募してみましょう。空きが出た場合に連絡が来ることがあります。

現地に滞在しながらハローワークや人材紹介で職場を探す

時間や経済的にゆとりがあれば、現地に滞在しながら求人を探したり紹介してもらって転職する方法もあります。正社員や契約であれば、どの企業も面接から採用まで2週間程かかります。時間に余裕がある場合は的を絞って思う存分活動してみましょう。

面接のスタイル

地方から応募したのであれば面接はSkype面接になる場合もあります。実際には、東京での就職説明会やフェアで直接面接を受ける方法の方がより効果的です。遠方の場合は、往復交通費は出ないので移動・滞在費がかかります。

また、面接が一次・二次、最終面接と時間がかかる企業もあります。よく調べた上で応募しましょう。面接が受かるかに関係なく、説明会後の面接で合格になり、住居が決まっていないのに勤務が始まる企業も中にはあります。

生活スタイルでのポイント

心機一転、今までの生活スタイルをガラリと変えるチャンスでもあります。理想のインテリアコーディネートは、店舗や商品数を含めて溢れているので、好きなものを選んで楽しみながらコーディネートすることが可能です。

都内はアクセスもよく、電車で一駅行くだけで環境も人も変わります。本屋で参考にして直接店に足を運ぶことが出来るのは東京に住んでいる特権です。

入居先を決める方法、住環境について

引っ越し手続きや引越しするまでは手間がかかります。

入居先の選び方

社宅がある場合は別ですが、住居は個人で探す場合は、土地勘のある知り合いや友達がいれば相談して一緒に内覧に付き合ってもらうことをオススメします。

一人暮らしをしたことがない方は、不動産手続きの選び方や、実際にどのような場所が自分に合っているのか分からないことが多いものです。転職の手続きや住居の手続きを全て一度に行うのは、思うより大きな負担となることがあります。

住居の最低条件を決める

地方滞在で時間が空いた時に、各サイトを見て物件探しをすると、自分の好みがどのようなものか分かります。最新情報が変わることや賃金契約の交渉を含め、現地に行って必ず確認することが大切です。

不動産は、知らないと損することもあります。家族同伴で行く場合には、一緒に選ぶことが出来るのでその分、心強くなります。

住居地域の選び方

勤務先が決まっている場合は、そこからアクセスが良い場所を選びましょう。地方の移動手段は車ですが、都内であれば車は基本不要です。勤務先までの交通時間は、自宅を出てから30分圏内は近く、ほとんどが1時間圏内からやってきます。

田舎の風景を好む人は、東京でも都内ではなく外れを選んだり、隣接する県境から来ています。都内に住むリスクは、家賃が高いことです。少し離れれば、物価も下がるので検討してみましょう。

しかし、都内で住環境がしっかりしていれば、一歩外に出るとどこもかしこも観光地です。下町に住むことも出来ますが、短距離であっても、面白い店が揃うので歩くだけでも楽しく、好通アクセスは空港に近く海外にも弾丸で行くことができます。

気になる引越時期

年度の変わり目は、学生も新社会人にとっても一気に動く時期となります。その時期は、不動産にとって繁忙期になるため、家賃も高く設定されることがあります。時期を外して、梅雨時期や秋頃には家賃が下がる場合もあります。

転職する時期によりますが、同じ物件でも時期によっては差の開きが出てくるのでお得情報をつかんでおくと良い物件を安くで借りることができます。

転職の手続き

  • 今の職場に退職届を提出
  • 仕事の引継、保険証返却
  • 雇用保険関係・源泉徴収書類受取
  • 現住所の市役所で転出届
  • 転出先の市役所で転入届
  • 住民票を取る
  • 転職先へ必要書類提出

市役所で取得する証明書については、マイナンバーを使ってどこでも証明を出すことが可能になっているので、代理人が必要なくスムーズに対応できます。

メリットが豊富!地方から東京へ転職まとめ

気になる項目はいくつあったでしょうか。東京へいくリスクを含めても、実際に行って働いてみることは多くの価値観を受け入れることや自己成長に繋がります。職場の空間が変わるだけで、自分の新たな能力を発揮できることを信じましょう。

未知のものは、新社会人と同じような感覚を東京へ転職することで味わうことができます。一つの転職をきっかけに道が開いていく可能性を秘めています。先は分からないけれど、きっかけは沢山転がっているので勇気を出して初めの一歩です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 13:25 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop