ビジネス

【辞職と退職】意味・使い方の違い、アルバイト・公務員のケース、辞職届の書き方

今回の記事では、辞職と退職の意味や使い方の違い、アルバイトや公務員が仕事を辞めるときに使うのは辞職と退職のどちらか。辞職金と退職金の違いは何かについて解説しています。また、退職届の書き方のポイントについても説明しています。

辞職と退職の意味や使い方の違い

辞職は自らの意志で辞めるときに使う、退職は自己都合、会社都合どちらも含む

辞職とは、”自らの意思で”職を辞めることです。会社を辞めるにあたって、明確な目的や目標のある場合に、「辞職」が用いられます。転職、起業や何かしらの理由に基づき、自分の意思で辞めるときに辞職を使います。

辞職に対して、「退職」とは、自らに辞める意思があるない関わらず使われます。例えば、リストラなど会社の意向で辞めされられるときには、辞職ではなく、退職を使います。

つまり、辞職は自己都合です。退職は自己都合と他己都合両方を含むということです。したがって、退職の熟語を用いる際には、注意を要します。

 

辞職と退職の使い方の違いの具体的な事例

辞職と退職にはこうした意味上の違いがあるので、使い方にも違いがあります。最も分かりやすい例は、定年退職でしょう。定年退職は、率先して辞めるものではないので、退職が適しています。

また、役職に就いている人がトラブルを起こしてしまい、その”責任をとって”会社を辞める場合には、辞職です。責任を取って辞めることを引責辞任ともいいますよね?

辞職の辞には、挨拶を述べて去る(漢和辞典)という意味があるので「辞」の文字が適しています。しかし、本人に辞める意思はないものの、会社側の意向で辞めされられる場合には、退職です。

それから、いくぶん使い分けが曖昧になってきますが、結婚や出産を機に職を離れる場合は、退職のほうが相応しいです。ほかにも、医師が辞職する場合には、退職が広く使われています。医師の世界では、退職を使うのが一般的です。

[ad#a]

 

アルバイトが仕事を辞めるときは、辞職と退職どちらを使う?

基本的に、アルバイトをしている人が離職する際には、退職が使用されます。学業が忙しいことを理由にアルバイトを辞める人もいるでしょう。

しかし、辞職かといえば、ニュアンスが違いますよね。「アルバイトを辞めてビジネスを始めたいんだ」、「就活をするから辞めたい」といっても、定職とアルバイトとでは、そもそもの拘束力に違いがあります。この雇用形態の違いのため、アルバイトでは退職を使うのがふつうとなっています。

それから、退職の対義語は、就職です。アルバイトは就職かといえば、違いますよね。辞職では意味合いが異なります。アルバイトの場合には、ほかに適当な熟語がないので、退職で構いません。

 

公務員が仕事を辞めるときは、辞職と退職どちらを使う?

公務員の世界では、退職が使用されています。民間企業でいう辞職は、自己都合退職に相当しますが、辞職を使うことはまずありません。ただし、役職に就いている人が辞任する場合には、辞職となります。

 

辞職金と退職金の違いとは?

これまでの説明からも分かる通り、退職をする場合には、退職者自身には非のない場合が多いです。会社都合や定年退職などであれば、問題なく退職金は支払われるのがふつうです。

これに対して、辞職では自分の都合で辞めるわけですから、退職金と辞職金とでは、金額に差が現われます。辞職では、最悪、辞職金が給付されないこともあります。

辞職金を給付されても減ることが多く、会社を辞めてキャリアを積みたい、ビジネスを興したい、就活をしたいといった場合には、会社を辞める前に給付される額を計算しておくのが肝要です。

[ad#b]

 

辞職届の書き方のポイント

書き方のルール、言葉遣いを守って書く

まずは準備するものと、辞職届のおおまかな書き方を解説します。わざわざ辞職届のための書類やフォーマットを準備している会社はそれほど多くありません。

自分で封筒や便箋を用意する必要があります。最初に、白無地の封筒と、A4サイズの便箋を揃えて、黒色の万年筆やボールペンで書きます。一般的には、縦書きです。冒頭の中ほどに「辞職届」と少し大きな字で書き、その左側の下に「私事」、または「私儀」と書きます。

辞職理由は、詳細に説明する必要はありません。「一身上の都合により」とし、辞職したい旨を文章に認めます。辞職届を提出する日を平成○年○月○日と和暦で記載、その隣りに所属部署と自分の氏名を書き、氏名のすぐ側に捺印します。そして最後に、会社の正式名称と、宛名として社長の氏名をフルネームで書きます。敬称は「殿」です。

封筒の表面には、「辞職届」。裏面には、自分の所属部署と自分の氏名を記載します。

 

事前に上司に報告し、誤字脱字がないかを入念に確認する

続いて、辞職届を作成する際の注意点について説明します。辞職届を作成する前には、事前に上司に辞職する旨を伝えておき、了承を得ておきましょう。

辞職の期日が決まったら、その期日を文面に書きます。また、今後のキャリアや、就活などのために辞職するわけですから、期日が確定したからといっても、「辞職します」ではなく、「お願い申し上げます」と締めくくるとよいです。

印鑑は何でも構いませんが、シャチハタは避けましょう。最後に、辞職届を提出する前には、再度誤字脱字がないかの確認は必須です。