ビジネス

【履歴書】メールアドレスの書き方|記入欄がない時、ふりがなの振り方

今回の記事では、履歴書のメールアドレスの書き方のポイント、履歴書にメールアドレスの記入欄がない場合の対処法、ふりがな欄がある場合の振り方、キャリアメールではなく、フリーメール(gmailやyahooメール)などが良い理由、メールアドレス欄の空欄はNGかどうかなど記載します。

履歴書のメールアドレスの書き方のポイント、注意点

携帯キャリアのメールはNG

原則として、携帯キャリアのメールアドレスを履歴書に記入するのはNGです。代表的な携帯のアドレスは、softbank、ezwebとdocomoでしょう。その理由は、まず携帯電話(スマートフォン)では開けないファイルがあるからです。例えば、PDFやExcelのファイルなどです。

また、迷惑メール対策として、パソコンからのメールを受信できない設定になっている場合もあります。こうした理由から、採用担当者の印象も悪く、おすすめできません。もちろん、携帯キャリアのメールはNGであるものの、各種アプリを利用して、PCメールを携帯電話でも通知を受け取れるように設定しておくことは、問題がありません。

 

プライベートで使用していない、専用のメールアドレスを用意しておく

就活や転職のために「専用のメールアドレス」を取得しましょう。新卒の学生にありがちなのが、プライベートで利用しているメールアドレスの併用です。

例えば、好きなアニメのキャラクターの名前や、彼氏や彼女の名前などです。こうしたメールアドレスを記入してしまうと、仕事に対するスタンスを疑われてしまいます。新卒だからといっても、採用担当者はあなたを即戦力であったり、一大人としてみています。したがって、自分の名前を使った無難な文字列が好適です。

自分の名前ではすでに取得済みの文字列であり、取得できないケースもあるでしょう。そうした場合には、名前の後ろに生年月日などを付加しておくのがおすすめです。要するに、ふざけていると思われないメールアドレスであるかが、肝心です。

 

フリーメールは使用しても良い

一昔前までは、フリーメールを避けるべきとする風潮がありました。フリーメールでは、やる気や真剣さに欠けると看做される危険性がありました。しかし、昨今では、フリーメールが一般化したことを背景に、就活や転職活動でも広く利用されています。

例えば、Gmail、yahooメールやicloudなどです。Gmail、yahooメール、icloudいずれを使うにしても、重要なことは添付ファイルが開けるかです。携帯メールでは、文字数制限のため、途中で本文が切れてしまうリスクもあります。こうしたことを加味して、就活専用メールを準備しましょう。

[ad#a]

 

転職や就活の履歴書のメールアドレス記入欄がないとき、メールアドレスの書き方

履歴書へのメールアドレスの記入は必須です。電話番号のみだと、企業があなたとやり取りするのに効率が悪いからです。メアドならば、必要なときに必要な内容を送信するだけなので、企業側の負担は小さくなります。

ところが、大半の履歴書には、このメールアドレスの記入欄がありません。ではどうすればよいかというと、現住所の記入欄の下にある「連絡先」の欄を活用します。そこへ、「Eメールアドレス:○○@○○.com」などと書きます。

 

履歴書のメールアドレス欄にふりがな欄があるときの書き方

パソコン経由でエントリーシートを送付したり、必要ファイルを添付したりすることもあるでしょう。しかし、紙の履歴書の提出を求められることもあります。すると、案外困るのが、メールアドレスの文字です。

「1(イチ)」と「l(エル)」、「0(ゼロ)」と「O(オー)」、「_(アンダーバー)」と「-(ハイフン)」などです。こうした紛らわしく、分かりづらい文字列を含んでいるのなら、必要に応じてふりがな欄に記載しておくのがベストです。

メールアドレスを受け取れなかったばかりに、内定が得られない。次の選考に進めないのでは、就活や転職で不利すぎます。メールの行き違いが原因で、採用されるはずが不採用になってしまったという新卒は、毎年少なからずいるので、注意したい点です。

また、ふりがな欄がない場合であっても、必要に応じてメールアドレスの真上に、読み間違えの起こらないように、ルビを振っておくのがおすすめです。

[ad#b]

 

履歴書のメールアドレス欄が空欄になっているのはNG?

メールアドレスは絶対に記入したほうがよいか、といえば企業によります。とはいえ、無いよりはあった方がいいのが、メールアドレスでもあります。つまり、空欄よりは書いておいた方がよいという意味です。

電話ではスレ違いが起きますし、必要なタイミングであなたと連絡がとれない可能性があります。その点、メールであれば、一方的に用件を伝えられるというメリットがあります。相手の都合を考えて、自分との連絡手段を電話とメール、2つ用意しておくのは社会人としてのマナーともいえます。