ホテル

社会人2年目の転職に失敗する人の特徴と転職活動を成功させるポイント

今回の記事では社会人2年目の転職活動に失敗する人の特徴や、転職活動を成功させるためのポイントについて記載していきます。社会人2年目で、公務員に転職を成功させるポイントにも、着目して書いてありますので、是非参考にしていただければと思います。

 

社会人2年目の転職活動に失敗する人の特徴

転職後のことを考えていない

社会人2年目で転職するということは、第二新卒枠で転職することになります。

第二新卒の転職では、この理由で失敗する人が多いです。これは、今の会社を辞めることばかり優先してしまい、転職した後のことが疎かになっているというものです。

転職で大切なのは、転職先での自分の姿を思い描けるかどうかです。それがはっきりしていれば、自分をどうアピールすればよいのかも、自然と見えてきます。

しかし、辞めることばかり考えていると、そうした将来の自分をもてなくなってしまうのです。転職先で働く自分のイメージが不十分なため、面接での答えも、曖昧なものが多くなります。

そのため、今の会社への不満があったとしても、それから逃れることを目的にするのではなく、「新しい会社に就職する」という目的に変えていかなければならないのです。

 

転職理由が曖昧である

第二新卒の転職は、理由をはっきりさせることが重要です。前職を退職した理由や、その会社を選んだ理由など、しっかりした理由がなければ、転職先から信用してもらえません。自分の考えがない人は、すぐに辞めると思われてしまうのです。

そのように、理由が曖昧なために失敗するという人は、決して少なくありません。特に、前職とは異なる職種に転職する場合は、失敗してしまう可能性は高くなります。この場合、別の職種を選んだ理由に、説得力を持たせることができない人が多いのです。

転職の理由には、この説得力も大切です。その理由で相手が納得できなければ、採用は難しいでしょう。そのため、理由を考える時は、相手が納得できるような根拠がなければならないのです。

[ad#a]

 

社会人2年目の転職活動を成功させるためのポイント

自己分析を徹底して行う

自己分析は、多くの人が新卒の就職活動で経験しているものですが、転職活動においても、この自己分析は重要です。もし自己分析ができていなければ、自分が重視している軸がはっきりしないので、転職先の会社を探しづらくなるのです。

そのため、前職を辞めた理由を見つめ直し、自分が仕事に何を求めているのか、明確にしておく必要があります。これは、退職理由を聞かれた時にも役立ちます。

退職した理由と向き合い、しっかり分析できていれば、説得力のある答えを返すことができるのです。転職では、前職の退職理由は必ず聞かれる質問なので、自己分析を徹底し、万全の準備をしておきましょう。

 

転職説明会に行ったり、転職エージェントを利用するなど、サポートを受ける

第二新卒の転職活動は、すべて自力で行うのは難しいこともあります。なぜなら、転職活動と、新卒の就職活動は、別物だからです。第二新卒の転職には、それに適した方法があるので、就職活動の経験だけでは通用しない部分もあります。

しかし、就職活動と同じ感覚で転職活動をしてしまい、その結果、失敗してしまう人は多いです。そこでおすすめなのが、転職説明会です。これは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接のコツなど、正しい転職の方法を学ぶことができます。

ここで適切な方法を身につけることができれば、失敗も少なくなります。また、自分に合った求人の紹介もしてくれます。自己流の転職活動に不安を感じているなら、ぜひ転職説明会に参加してみましょう。

また、転職エージェントを利用することで、専属のキャリアコンサルタントからのサポートを受けることができます。

自分にどの転職エージェントが合っているのかは、転職エージェントおすすめランキング【評判の良い7社を比較】を参考にして、探してみることをおすすめします。

[ad#b]

 

社会人2年目で公務員への転職を成功させるためのポイント

職種は慎重に選ぶ

一口に公務員といっても、警察官、教師、消防士など、その職種はさまざまであり、漠然と「公務員になりたい」という考えでは、転職を成功させるのは難しいでしょう。そこで、職種について十分に検討することが必要になります。

例えば、教師の仕事は、基本的な業務の他に、部活やテストの採点などもあり、かなり仕事量が多いです。そうすると、定時の帰宅に魅力を感じて公務員を選ぶ人には、教師という職種は合わないことになります。

このように、自分の希望と合わない職種を選んでしまうと、高い確率で再び転職することになります。そのため、どの職種を選ぶかは、慎重に考えなければなりません。自己分析をしっかり行い、自分の軸が明確になっていれば、職種選びでも間違いはなくなるでしょう。

 

志望動機を明確にする

志望動機は、どんな転職でも重要なことですが、第二新卒で公務員に転職する時も同様です。そして、公務員への転職では、「なぜ公務員なのか」という点を明確にする必要があります。

面接でこの質問をされた時は、公務員という仕事への理解度をチェックされているので、決して「安定している職業だから」という答えをを返してはいけません。そのような回答では、面接官の印象を悪くしてしまいます。

正しい回答をするには、まずは民間企業と公務員の違いを正確に理解することが大切です。その上で、なぜ公務員を選んだのか、その根拠となるものを織り交ぜながら、相手を納得させるように話しましょう。公務員への理解と志望動機がしっかりしていれば、採用される可能性は高いでしょう。

参考記事:第二新卒で公務員は不利?面接や志望動機のポイントを解説