アイデムスマートエージェントの評判。面談の対応は丁寧か事務的か

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動において、志望動機や自己PRを磨くことも必要ですが最も大切なことは転職エージェントとの相性がよいかどうかです。

非公開求人が主な応募先になる転職活動にとっては、転職エージェントの実力がそのまま転職希望者の成功に繋がるためです。

そのために、利用する転職エージェントはある程度慎重に選択する必要があります。そのためにも、転職エージェントに関するオンライン上の評判を吟味する必要があります。

オンライン上の情報は半信半疑だとよく言われますが、ある程度の期間が経過すると間違った情報は自然と淘汰されていく傾向にあるためです。

今回は、株式会社アイデムスマートエージェントに焦点を当てて、よい評判と悪い評判双方をまとめました。

株式会社アイデムスマートエージェントとは

では、初めに株式会社アイデムエージェントとはどのような企業なのかを確認していきましょう。

株式会社アイデムエージェントとは、1971年に創設された日本企業であり職業紹介事業を専門に取り組む企業です。

しごと情報アイデムなどを皮切りに、アイデムコーポレーション設立しさまざまな関連事業を行い、営業成績を上げているようです。

アイデムスマートエージェント自体は2011年8月に開始され、新しく転職エージェントという業態に乗り出してきたと見ることができるでしょう。

サイトにおいては、効率的な転職活動と中途採用を叶える人材紹介、就職支援サービスを提供すると謳われています。登録者の80%が20代と30代で有ることから、若年者向けのサービスであるともいわれています。

それでは、このような株式会社アイデムスマートエージェントの評判について分析していきましょう。

株式会社アイデムスマートのよい評判とは

それでは、株式会社アイデムスマートに関するよい評判を見ていきましょう。

アイデムスマートはもともとアルバイトなどの人材募集と紹介を長年手がけてきたという実績があります。その部分に基づいた点が基本的によい評価を受けているようです。

以下のようなよい評判があります。

  • すぐに転職したい人にオススメできる
  • 既卒者でもサポートしてくれる
  • 面談などの対応を丁寧にしてくれる

では、各コメントについて詳しく見ていきましょう。

すぐに転職したい人にオススメできる

初めに紹介するコメントは、未経験からでも応募できる求人が多いというものです。これは、特に20代の転職希望者にとっては有利に働くポイントでもあります。

転職市場は、基本的にどのような仕事を何年経験したかという点が主に重要視されます。そのために、新卒の就職活動時と異なり志望動機や自己PRよりも職務経歴書が重視される傾向にあります。

しかし20代のうちは、既卒や第2新卒扱いの応募者はこの経験を備えていないために選考のステップにあがることすら難しい場合が多くあります。

しかしアイデムスマートエージェントでは、こうした主に20代の応募者のために未経験でも応募できる求人を持っています。このため、他の転職エージェントよりも未経験の転職を目指す場合には有利に働く可能性が高くなります。

このため新卒として入社した企業がブラック企業などで、今すぐにでも転職をしたいという場合にも結果的にお勧めできる転職エージェントとなっています。

その分、年収案件は200万から300万といった平均よりも若干低めの案件が多いですが、この点も応募者の努力でカバーすることができるので、あまり問題はないようです。

既卒者でもサポートしてくれる

次に紹介するコメントは、既卒者でもサポートしてくれるという点です。これは、アイデムスマートエージェントのような大手ではない転職エージェントによく見られるよい点でもあります。

大手の転職エージェントでは、求人案件も多く転職エージェントも多くいます。しかし、その分応募してくる人も多くいます。

転職エージェントは多数いるとはいえ、物理的に応募してくる全ての人と面談することはできません。そのために、必然的に転職する可能性が高い人から面談していくことになります。

通常このような大手の転職エージェントにおいては、既卒や第2新卒といった転職市場では価値を見出すことが難しい立場の応募者は相手にしません。前述の通り、ただでさえ経験が無く問題を抱えている場合が少なくないためです。

しかし、アイデムスマートエージェントでは中小の転職エージェントである強みを活用して、親身な対応を心がけているようです。その一つが、立場的に不利な応募者であってもきちんと対応してくれるという点です。

言い換えれば、応募者の経歴に縛られずきちんと対応してくれるということでもあります。求人案件に合致する応募者であれば、より深みのある対応と情報をもらうことができるようになります。

面談などの対応を丁寧にしてくれる

次に紹介するコメントは、面談などの対応を丁寧にしてくれるという点です。これもまた、面談を含めたさまざまな対応のレベルが高いことを意味します。

特に面談の対応力によって、応募者の体感とその後が左右されます。このため、多くの応募者が面談の対応力の高さを求めています。

この点で、アイデムスマートエージェントは優れているようです。面談の過程で、応募先の社風に関する情報を知ることができ、自分にとって有利な情報を応募者はもらうことができているようです。

株式会社アイデムスマートエージェントの悪い評判とは

続いてアイデムスマートエージェントの悪い評判について見ていきましょう。

残念ながら、よい評判よりも悪い評判が多くなっています。このことには諸説ありますが、最大の原因は参入してからまだ5,6年と経験年数が浅いことが原因となっていることが多いようです。

以下のようなコメントがあります。

  • 求人案件と非公開案件が少ない
  • 職務経歴書などのアドバイスが微妙
  • 転職する業界への知識不足
  • 登録を断られる場合がある
  • 紹介求人の内容が飲食や工場が多い
  • エージェントのスキルが低い
  • 面談の対応が事務的である

それでは、各コメントについて見ていきましょう。

求人案件と非公開案件が少ない

最初に紹介するコメントは、求人案件と非公開案件が少ないというコメントです。これは応募者から見てもかなり深刻な問題になっているようです。

転職エージェントの価値は、上述のような面談や職務経歴書などに対するアドバイスのサービスと、そもそもの求人件数の多さで決まります。

この点で、求人案件が他の転職エージェントに比べて少なすぎる点が問題になっているようです。

一説にはアイデムスマートエージェントが約1000件の案件を所有していることと比較して、大手の転職エージェントでは10万件以上の案件を所有している、という差があるようです。

応募者の体感としても、大手の転職エージェントでは毎日チェックしきれないほどの案件が自分のメールアドレスに舞い込む事に対して、アイデムスマートエージェントの場合は日に数件か全く来ない日もあるとのことです。

サービス面は充実している場合もあるようですが、所有している求人数の絶対的な不足は否めないようです。これには、先述のとおりサービスを提供してから年数がまだあまり経過していないことが挙げられます。

アイデムスマートエージェントは2011年8月に営業を開始しています。そのため、現時点でもまだ7年ほどしか経験しておらず、絶対的に求人数が不足していると見ることができます。

そのため、この点に対して大いに不満を持っている応募者も多いようです。

職務経歴書などのアドバイスが微妙

次に紹介するコメントは、職務経歴書などのアドバイスが微妙であるという点です。これもまた、経験の浅さを露呈してしまっている結果となっています。

最も悪い場合では、転職エージェントの知識が応募者に追い付いておらず応募者のほうが業界に詳しいパターンや、応募者が転職しようとしている業界についての情報を全く把握していないなどが挙げられます。

転職エージェントそのもの質は、大手の転職エージェントであっても人によって差があることは周知の事実です。得意分野も異なる以上ある程度は当然に発生することです。

ですが、どのエージェントも最低限の情報は企業として共有している面があります。そのために、まったく的外れのアドバイスにならないアドバイスをされることは通常あまりありません。

しかし、アイデムスマートエージェントでは担当する転職エージェントの最低限の情報共有がおろそかになっている点が見受けられます。この点が、応募者からの不評を買っているようです。

そして、職務経歴書は転職を決める上で最も大切な書類の1つです。場合によっては志望動機や自己PRよりも大切である場合が多々あります。

なぜなら、多くの採用担当者は応募者がどのような職歴を持っているかである程度できることを推測することができるためです。

このため、多くの転職希望者は職務経歴書に対して専門家としての転職エージェントからアドバイスが入ることを望んでいます。この点が不十分であることもまた、悪い評判に繋がっているようです。

転職する業界への知識不足

次に紹介するコメントは、転職する業界への知識不足という点です。これは、具体的な面談中において問題となることを表しています。

転職エージェントとしての経験が少ないために発生している問題の1つではありますが、面談をしている中で応募者が転職を希望している業界に対する知識が不足しており、これに起因する問題が発生しているようです。

具体的には、応募者の希望する業界に職務内容が類似している可能性のある業界や業種についての説明がなかったりすることがあるようです。

これらを総じて専門性が低い、という形の評判で現われています。ただでさえ応募する際の候補に挙がる企業の数が少ないことに加えて、第2第3の提案力にも欠けているという状況が見て取れます。

転職希望者は自分の人生を転職エージェントに賭けることになる一面があります。この程度の対応力しか備えていないのであれば、信用を失っていくこともやむを得ない面があります。

登録を断られる場合がある

次に紹介するコメントは、登録を断られる場合があるというものです。これもまた、転職エージェントとしての限界を如実に物語っていると見られます。

転職エージェントは、転職希望者と企業の採用との橋渡しをすることによって収益を上げている営業形態になります。そのため、まず募集を出している企業案件を扱い応募者が応募することによって初めて成立する業態です。

しかし、コメントにおいてはこの応募者を場合によっては登録自体を断る場合があると述べられています。

この面は、まだ日が浅いためか対応する力に限界があるためと予想されます。あまりに条件が悪すぎる場合には、望みなしと判断して断っている可能性があります。

大手の転職エージェントにおいても同様の手段はよく用いられていますが、こちらは物理的に数が多すぎるためにやむを得ずやっていることに対して、アイデムスマートエージェントではエージェントの能力が不十分なために発生しています。

この点を明確に意識させるような対応が全体的に見受けられるからこそ、このような不評コメントが発生してしまうものと思われます。

紹介求人の内容が飲食や工場が多い

次に紹介するコメントは、紹介求人の内容として飲食や工場の募集案件が多いという点です。これは、より詳しく述べれば扱っている範囲が狭いとも言えます。

基本的に飲食業や工場の勤務は、大量の人員が必要ですがスキルはそれほど求められないという特徴があります。また激務であることが多く、人手の入れ替わりが極めて激しいことも大きな特徴の1つです。

このため、常時募集を出し続けている企業が多数あることが少なくありません。そして、アイデムスマートエージェントではそのような募集案件が多いことが述べられています。

言い換えれば、その程度のレベルの募集案件しか保有していないと見ることもできます。人によってさまざまな解釈ができるために一概には述べられませんが、多くの人によってよい転職条件とは言えないことは確かでしょう。

アイデムスマートエージェントは、まだ営業活動を初めて日が浅いためかまず求人案件の数自体を増やそうとしているとも読み取ることができます。結果として上記のようなブラックに近い案件しか所有していない、と視ることもできます。

エージェントのスキルが低い

次に紹介するコメントは、エージェントのスキルが低いというコメントです。これは、エージェントによって大きな差があることが多いですが、明確によくないとされている点も存在します。

まず、コメント内で述べられていることは転職エージェント自体の年齢です。20代が多く30代以上がほとんどいない、ということが謳われています。

これが事実ならば、場合によっては転職希望者のほうが年齢が高く社会経験も豊富である可能性が存在します。

こうなってしまうと転職エージェントの存在価値が無くなってしまいます。また、仮に猛勉強して業界に誰よりも詳しくなっていたとしても、どうしても応募者から見れば年齢の壁が存在します。

そして、的外れな職務経歴書の指導や専門性の浅い提案などがこれに加わります。こうなると、もはやアイデムスマートエージェントのエージェントの信用性が無くなります。

これらを総じて、エージェント自体のスキルが低いと言う印象を抱かせるものになっているのです。

面談の対応が事務的である

次に紹介するコメントは、面談の対応が事務的であるという点です。

この点はよい評判と正反対の評価になっているために一概には言えませんが、単純に書類だけ確認されて適当な対応をされた、という旨のコメントも掲載されています。

転職エージェント自体のスキルが疑われている可能性が高いので、その面でもこのコメントは一定程度の信用性があると思われます。

最終的に決断するのは自分です

株式会社アイデムスマートエージェントの各種評判についてまとめましたが、全般的に悪い評判が多くなっています。

そしてよい評判の内容が薄いこともあり、現段階では残念ながら悪評のほうが多いと判断する必要があります。

また専門性の浅さが特に目立っているために、一部の応募者を除いて利用するメリットがほとんどないことも問題点としてあがります。

しかし、最終的にどこの転職エージェントを用いて転職を成功させるのかは自分の責任と決断になります。

そのため、自分自身の状況や適性と照らし合わせて自分にとって最も利益のある転職エージェントを利用することが大切です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 06:24 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop