エリートネットワークの評判。マッチングに慎重&本音で対応してくれる

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動をして行く中で、最も大切な部分は情報を収集し判断することです。志望動機や自己PRはあくまで、集めた情報の中で応募する企業を選んだ後に必要になってくることだからです。

このため、応募先企業を選ぶことが一番最初に課される難題になるのですが、全ての企業を念入りに調査できるわけではありません。そこで用いることができる情報の1つとして評判が挙げられます。

多くの人が利用している転職エージェントならば、よい悪いの評価は人によって違います。この違いの部分を参考にすることが、自分にとって適切な転職エージェントを見つける上でおおいに役立ちます。

今回は、株式会社エリートネットワークに焦点を当てて、よい評判と悪い評判の双方から関連する事項をまとめました。

株式会社エリートネットワークとは

株式会社エリートネットワークは、多方面の人材紹介案件を持つ転職エージェントの1つです。

大きな特徴として、正社員の案件を専門に扱うことに特化した転職エージェントであることが挙げられます。

転職エージェントの中には、派遣業や短期間のアルバイトの延長線にあるような職業を紹介しているものもあります。こうした点で、正社員に特化しているという特徴は利用者にとって大きな魅力になります。

初めての利用者のためにも、わかりやすい解説ページを設けておりどのようなコンセプトのもと活動しているのかを確認することもできます。

では、株式会社エリートネットワークのよい評判と悪い評判の双方を確認していきましょう。

株式会社エリートネットワークのよい評判とは

それでは、株式会社エリートネットワークのよい評判について見ていきましょう。

基本的に中小企業の転職エージェントとしては優れている部分が多く、その点で利用者からの評価も高い傾向にあります。

以下のようなコメントがあります。

  • 個性的な案件が多い
  • マッチングにかなり力を入れている
  • 担当者の対応は非常に丁寧
  • 求人数は多い
  • 求人や企業に対しての理解は深い
  • きめ細かい対応ができる
  • ズバズバと本音を述べてくれる

それでは、各コメントについて確認していきましょう。

個性的な案件が多い

初めに紹介するコメントは、個性的な案件が多いというものです。これは、大手を含めて他の転職サイトにはなかなか存在しない点であると言えます。

海外事業の内容であったりそもそもの募集条件が極めて高いことなどが、大きな特徴として挙げられます。

株式会社エリートネットワークでは、基本的に求人広告のほとんどが年収1000万以上の案件で構成されています。仕事自体も、ベンチャー企業の役員であったり現地支社の代表であったりします。

このように職責も重いことから、年収自体は極めて高くなる傾向にあるようです。

マッチングにかなり力を入れている

次に紹介するコメントは、マッチングにかなり力を入れているという点です。これは、特に他の転職エージェントと比べても際立って目立つ特徴でもあります。

通常の転職エージェントであれば、よほど職務経歴書をはじめとする条件が劣悪でない限り登録自体を断ることはありません。面談までたどり着く人は大手の場合は少ないですが、登録それ自体はできるのです。

しかし、エリートネットワークではこの登録さえも断られる場合があります。

特に転職希望者が20代の場合には断られることが多くなる傾向にあるようです。キャリアの長さが十分でなく、適切な職業を紹介できないためです。

一見悪い条件に見えますが、裏を返せば条件的なマッチング自体にかなり力を入れていることがわかります。マッチング出来ない場合には、応募さえできないことがこの裏付けとなっています。

そのため、ある程度経験を積んでよりよい職業に転職をしたいと考える人たち向けであり、力試しをしたいと考えているアグレッシブな人たちに最も向いていると言えます。

担当者の対応は非常に丁寧

次に紹介するコメントは、担当者の対応は非常に丁寧であるという点です。これは、大手の転職エージェントにはない中小ならではの特徴であるとも言えます。

これは、エリートネットワークに応募してくる応募者の層自体が優秀な人材が多いことにも由来します。ハイキャリアな人が多いために、対応を丁寧にしないと相手にしてもらえない可能性が高いためです。

そのため、人によってはいきなり数時間単位の面談を組んでもらったり年収が2倍に跳ね上がるような求人を紹介されることもあるようです。

ただし、エリートネットワークに応募するような人の場合には大手の転職エージェントでも優良枠で相手をしてもらえる可能性が高いので、担当者の対応が丁寧であることはそこまで魅力を感じない可能性もあります。

求人数は多い

次に紹介するコメントは、求人数は多いというコメントです。これは、大手の転職エージェントと比べても、中小企業の転職エージェントの範囲内で比べても、という双方の意味があります。

転職エージェントの基本的な価値は、どれだけ多数の求人案件を所有しているかどうかという点に集約されます。より具体的に述べれば、非公開求人をどの程度保有しているかに左右されます。

非公開求人は、条件がマッチした限られた人にしか紹介されない案件であるために、転職エージェント自体に信用がなければ、案件それ自体が付与されないためです。

この点で、エリートネットワークは極めて優れています。年収1000万以上の案件を筆頭に中小企業の転職エージェントでは、その案件数は群を抜いています。一説には大手並みの数を所有しているともいわれています。

そして、それらの多くが高額年収の案件になります。こうした多くの高額年収の案件を扱うためには、それなりの実績と信用が必要とされます。

こうした点で、優良な案件を多数所持しているという事実からエリートネットワークは優れていると判断することができます。

求人や企業に対しての理解は深い

次に紹介するコメントは、求人や企業に対しての理解は深いという点です。これは、業界や職種に対する理解が、応募者の要求基準を備えていると考えることもできます。

大手の転職エージェントでは、ある一定程度のレベルは企業自体にノウハウがあるためほぼすべての転職エージェントが知識を有しています。

専門的であるかどうかは、エージェント個々人の状況により大きく変わりますが全く知らないということはありません。

逆に中小企業の転職エージェントの場合には、専門性に特化している場合にはその専門には優れているものの、わずかでも方向性がずれると一切知識を有していない場合も多くあります。

規模が小さい分、専門性で勝負をする転職エージェントは多いですが一般性には欠ける場合が多いのです。

この点で、エリートネットワークはその中では例外にあたり、基本的に多くの業界の特徴や情報を深く有していおり、優秀な応募者の要求基準を満たしていることが多いようです。

これには、利用してもらう層を極めてハイレベルに限定していることからそうした筋からも、業界独自の情報を仕入れてもらうなどの対策を行っているからだと推測されます。

きめ細かい対応ができる

次に紹介するコメントは、きめ細かい対応ができるという点です。これも、コメント内では大手の転職エージェントでは、まずないレベルのきめ細かい対応をしてもらえることが期待できるとのことです。

対応してもらえる内容とレベルは、各転職エージェントによってまちまちです。求人情報しか紹介してくれないところもあれば、志望動機や自己PRの添削及び指導まで担当してくれるなど幅が広いことがあげられます。

エリートネットワークでは、求人案件の紹介やそれに関連する案件の紹介という点で優れていると述べられています。

転職エージェントの本来の役割は、優良な求人情報を求職者に紹介するという点ですから、その意味で優秀だということは、多くの人を惹きつける十分な理由になります。

ズバズバと本音を述べてくれる

次に紹介するコメントは、ズバズバと本音を述べてくれるということです。これは、転職エージェントに関連する全てのことで当てはまるようです。

転職エージェントも大人で、応募者もいい年をした大人になります。そのため、特に転職エージェント側からアドバイスや助言、進言をする場合には物の言い方などに配慮する必要があります。

しかし、時としてこうした配慮は問題の本質を遠ざけてしまう場合があります。把握しなければいけない問題や、改善しなければいけない問題を直接的に把握することが難しくなってしまう場合があるのです。

特に大手の転職エージェントになればなるほど、転職エージェント自身の発言1つで企業の評価が大きく左右されることになります。そのため、当たり障りのない内容で落ちつけてしまい応募者にとっては役にたたない内容であることもあります。

この点でエリートネットワークは異なるようです。ズバズバと本音を述べてくれる傾向にあり、応募者によっては横柄で失礼だと感じることもあるほど堂々と述べるようです。

しかし、言い換えれば転職エージェント自身が感じた応募者に対する改善点を、明確に把握することができるとも言えます。応募者にとってはその場では苦言であったとしても、改善する点を教えてもらえることは大きなメリットになります。

特に、エリートネットワークに応募してくる転職希望者は、基本的には優秀な人が多く年代も30代以上であることが少なくありません。そのため、他の転職エージェントではアドバイスをすることができない場合もあるのです。

このような意味で、正確に物事を把握して述べてくれるエージェントこそが信頼を勝ち取ることができる、とエリートネットワークは考えているようです。

株式会社エリートネットワークの悪い評判とは

それでは、次に株式会社エリートネットワークの悪い評判について確認していきましょう。

ほとんどのポイントは、よい評判の裏を返した内容になっています。そのために、人によっては悪い評判ではないこともあります。

以下のようなコメントがあります。

  • ハイキャリア案件しかない
  • 都内で募集される案件しかない
  • 応募者の選定がかなり厳しい
  • 値踏みされていると感じる時があった
  • 職務経歴書や面接のアドバイスは微妙
  • カウンセリング出来る場所が銀座オフィスのみ
  • 上から目線の対応が目立つ

それでは、各コメントについて確認していきましょう。

ハイキャリア案件しかない

最初に紹介するコメントは、ハイキャリア案件しかないという点です。これは、専門性とコンセプトに特化したために発生した評判であると思われます。

エリートネットワークでは、前述の通りベンチャー企業役員や海外法人の日本法人支社長、或いは海外の支社の取締役といった、一般的に見ても重い職責を担うものがほとんどです。

当然ですが、その分年収は高く結果として1000万円以上の案件が多数を占める結果になっています。

このため、年収が低い案件はともかく500万から600万程度といった中堅に該当する求人案件を抱えていないことが、悪い点でもあり大きな特徴でもあります。

そのため、エリートネットワークを活用できる転職希望者は全体でみればごく一部の優秀な人材に限られると見ることができます。この点を把握して、自分に活用できるかどうかをきちんと把握することが求められます。

都内で募集される案件しかない

次に紹介するコメントは、都内で募集される案件しかないという点です。これも、募集内容にこだわり特化した結果として、都内でしか募集案件がなくなったと見ることが妥当な判断になります。

コメント内では、関西をはじめとする都内以外の求人案件がほとんどないと言われています。その数は、全体の約7割から8割の求人は都内に存在する企業における勤務となっているようです。

確かにこれでは、都内に通勤できる人に応募できる人が限られてくることは疑いようがありません。これは、エリートネットワークの選択と集中の結果であるとも考えることができます。

やみくもに全国に営業所をおいて活動するよりは、30名程度の社員で精鋭化した上で業務を回していくほうがはるかに効率的です。そのために、わざと東京以外の地方の求人はあまり掲載しないようにしていると思われます。

応募者の選定がかなり厳しい

次に紹介するコメントは、応募者の選定がかなり厳しいという点です。これは、エリートネットワーク独自の大きな特徴であり、利用できる人数が限られる原因でもあります。

通常大手をはじめとする転職エージェントにおいては、登録すること自体は「来るもの拒まず、さるもの追わず」の精神で営業していることがほとんどです。

面談となると転職エージェントの時間と労力がある程度必要とされるために、数を制限したり一定の基準を設けている場合が多々見受けられますが、登録それ自体に制限を課すことはありません。

しかし、エリートネットワークではまずこの登録の段階で、多くの応募者を足切りにかけていると言えます。そのために、他の転職エージェントに比べて基準が極めて厳しいと言えます。

一説には、20代ではよほど優秀な一部企業に勤めている場合でなければ利用できず、概ね30代後半から40台前後になって、はじめてまともに利用できる機会があるかないか、程度のレベルだと言われています。

そのため、多くの人はその存在すら知らない場合が多くなります。その代償として、選考をくぐり抜けた人には極めて優良で年収の高い案件が紹介される、という仕組みであると言えます。

値踏みされていると感じる時があった

次に紹介するコメントは、値踏みされていると感じる時があったというものです。これは、幸運にも登録を断られず、面談までたどり着いた応募者からのコメントだと思われます。

このコメント以外にも多くありますが、エリートネットワークの転職エージェントは総じて横柄な印象を与える場合が少なくないようです。そのために、値踏みされているというようなイメージを与えてしまうことが多いようです。

これは、応募者がほぼ全員所属企業でエリートであることが多いために、その中からさらにエリートを選抜して、本当に優れている人をさらなる高みに導いていくという営業スタイルが原則になっていることが主な原因です。

優秀な人の中から、さらに選抜することになるので値踏みをするような形の面談になってしまうことは、ある程度仕方のないことなのかもしれませんが、応募者からすれば気分のよいものでないことは間違いありません。

このような点もあり、面談することはできて求人案件の情報や各種アドバイスをもらうことができたにも関わらず、最終的には他社の転職エージェントを用いて転職をしていったという応募者も多数いるようです。

職務経歴書や面接のアドバイスは微妙

次に紹介するコメントは、職務経歴書や面接のアドバイスは微妙であるという点です。これもまた、エリートを専門に扱う転職エージェントならではの特徴であるとも言えます。

エリートネットワークの審査を突破するような人たちは、基本的には自己PRや志望動機の添削などはほぼ必要ないぐらい完成されている人が多いです。そのために、基本的にそのようなアドバイス系の情報は必要ないと考えられます。

むしろ求人案件それ自体は、エリートネットワークでなければ手に入らないものが多いためこの点を重要視している人が多いと思われます。

職務経歴書や面接は、転職する上で非常に大切なところではありますが、エリートネットワークに応募するレベルの人の場合には、応募先の企業情報や傾向を教えてもらうだけで問題のない書類を作成することができる場合がほとんどです。

そのために、書類面でのアドバイスなどを求めるニーズが極端に低いものと思われます。こうしたことが重なった結果として、これらの項目のアドバイスは多少手抜きになっている可能性が高いと思われます。

カウンセリング出来る場所が銀座オフィスのみ

次に紹介するコメントは、カウンセリング出来る場所が銀座オフィスのみであるということです。これは、物理的な立地条件とオンラインなどではできない、という二つの意味が込められています。

まず物理的な立地条件として、本社を銀座に構えています。そしてスタンスとして、本社以外の場所でカウンセリングを行う気が無いという意思表示の表れとも言えます。

そして、扱っている求人案件の7割から8割が都会に本社を持っている企業であるという点から見ても、このスタンスを裏付けていると思われます。地方で働いている人を主なターゲットとしていないことが分かります。

転職エージェントの中には、一部ですがスカイプなどを使用したオンラインによる転職面談もあります。こうしたところでは、利用者の利便性を考えて行っていることが多いのですが、エリートネットワークにはこのような配慮はありません。

よって面談ができる場所が銀座オフィスだけである、という事実からはターゲットとしていない人をわざわざ招くことはしないし、ターゲットを広げるつもりもないということを意味していると思われます。

上から目線の対応が目立つ

次に紹介するコメントは、上から目線の対応が目立つという点です。これは、エリートネットワークにのみ際立って目立つ特徴と悪い点でもあります。

具体的には、求人案件の紹介や応募者に対するアドバイス時に命令口調だったり、断定的な言い方を好んだりという形で極めて横柄に見えることが多くあります。

中には、エリートネットワークのある意味基準を満たしていない人には「説教」が入ることも多く、人によっては「説教」だけ受けて肝心の求人案件はひとつも紹介してもらえなかったということもあるようです。

本気で転職希望者に、成功する転職活動をしてほしいと考えているが故にこのような対応になることも考えられますが、不快感を示す人がかなり多いことも確かです。

そのために、利用する場合にはこのあたりの点を容認できるかどうかをきちんと把握してからチャレンジすることが望ましいです。

アグレッシブな人向きのエージェントです

株式会社エリートネットワークに関するさまざまな評判をまとめましたが、基本的にはごく一部の人にしか適性を見いだせない転職エージェントであると言えます。

応募者自体の線引きが極めて厳しいために、面談を受けることができる時点でそれなりに優秀な人がほとんどです。そのため、アドバイスや提案内容もそれに沿った厳しめの内容になっているようです。

しかし一方で裏を返せば、アグレッシブに次の職業と年収を求める人には非常に適性のある転職エージェントになります。

保持している求人案件それ自体は極めて優秀な案件が多いために、こうした企業にチャレンジし飽きることなく挑戦していくというスタンスを、強く保持できる転職希望者には向いていると言えます。

今回まとめた評判の全てが正しいことを述べているわけではありませんが、多くのコメントでこの横柄かつ辛辣な態度が目立つということは述べられています。そのため、この点は信頼度が高いと考えることができます。

年収が高い案件ということはそれだけ責任感や能力、ストレス耐性などが強く要求され、部下をまとめるリーダーシップも要求されることになります。

そのために、応募先に実際に転職を成功させた場合上述のようなストレスや環境に対応できるかどうかを、転職エージェント側で判断しているという面もあります。

このような点からも、アグレッシブに挑戦していく精神を持ち続けられる人が結果的に転職に成功し、相互に利益のある関係を作っていけるのです。

そのため、こうした点を踏まえて転職を成功させたいと考えている人に最もオススメできる転職エージェントになるでしょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月17日 08:59 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop