ウズキャリの評判。面接や書類対策は手厚いが、態度が悪いとの噂も?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職エージェントは世の中に数多く存在します。大手から中小、総合型から特化型まで幅広く転職希望者のニーズに合わせた形で存在しています。そのため、さまざまな種類や特徴を備えている転職エージェントが多くあるのです。

しかしこの点で、転職希望者から見ると大変な面もあります。どの転職エージェントの世話になって自分は転職活動に取り組めばよいのだろうか、という点です。

この点を解決するためには情報を収集して判断する必要があります。その情報がいわゆる評判になります。

転職エージェントの評判はネットに数多く掲載されています。そのため、収集すること自体は比較的容易ですが、ネット上である以上その信憑性を常に疑う必要がある点が難点です。

とは言え、数多く述べられていれば内容的には被っている物も多数あります。そうした性質を持つ評判は、通常の評判よりも信憑性が高いと判断することができます。

今回は、転職エージェントの1つであるウズキャリに焦点をあてて、よい評判と悪い評判からどのような転職エージェントなのかをまとめました。

ウズキャリとは

はじめにウズキャリとはどのような転職エージェントなのかを紹介していきましょう。

ウズキャリは株式会社UZUZが提供している転職エージェントサービスで、若手の人材向けの求人案件を扱うことに特化した特化型の転職エージェントになります。

従業員も全体で20名前後しかおらず、規模もそれほど大きくはないために中小企業の転職エージェントに分類されます。そのため、きめ細かいサービスを武器にした運営方針が大きな特徴のようです。

それでは、ウズキャリの良い評判と悪い評判からどのような評判を世間から受けているのかを確認していきましょう。

ウズキャリのよい評判とは

初めにウズキャリのよい評判について確認していきましょう。

中小の転職エージェントであり、特化型でもある点が主によい評判の源泉になっているようです。

次のようなコメントがあります。

  • 模擬面接の訓練が充実している
  • 求人内容が第二新卒や既卒向けになっている
  • 電話やスカイプでも利用することができる
  • ブラック企業の求人をなるべく排除している
  • 書類対策にも力を入れている

では、各コメントについて確認していきましょう。

模擬面接の訓練が充実している

初めに紹介するコメントは、模擬面接の訓練が充実しているという内容です。これは、転職エージェントのサービスの半分程度を占める、応募者支援のサービスが充実していることを表しています。

転職希望者がとある転職エージェントを利用する時に求める内容はさまざまです。よりよい条件の非公開求人をできるだけ多く欲しい、という人もいれば自分に自信がないので客観的な意見が欲しいという人もいます。

ウズキャリは後者の部分が比較的充実していると見ることが出来そうです。特にコメント内では、各種面接対策が極めて充実していることが語られています。

通常の転職エージェントで費やしてもらえる対策のための時間を基準として、およそ20倍程度の時間をかけてもらうことができた、とコメント内では述べられています。

これは1人あたりの対策をそれだけ本気で行っていることの証でもあり、実際に何度も何度も練習をして感覚を掴んでいくところまでサービスの内容として提供していることがわかります。

通常の転職エージェントですと、要点や改善すべき点は教えてくれるもののそれらを結局どのように直して実際の面接に活用するか、という点は本人の努力とやり方に委ねられている場合がほとんどです。

扱っている求人数と転職希望者がウズキャリに比べて多いことがほとんどなので、1人あたりに費やすことのできる時間が圧倒的に短いのです。この点をウズキャリは問題点として改善した結果が、上述の内容になると考えられます。

また、面接の対策を1社ごとに行ってくれることも大きな特徴の1つです。

選考を受ける企業ごとによって、採用担当者が重要視している部分は大きく違います。同じ業界であっても、他社であれば着眼点や評価点が全く異なることはよくあることです。

そのためどの面接でも使うことのできる共通した部分を教えることが、一般的な転職エージェントの仕事になります。しかし、これではあくまで共通している部分を教えているだけにすぎないので、深みのある回答をすることができないのです。

ウズキャリではこの点も同時に把握しているために、1社毎に面接対策をきちんと行い転職希望者が自信を持って企業の選考に臨めるように配慮されています。

これらの点が重なって、面接対策が充実しているという評判になっていると思われます。

求人内容が第二新卒や既卒向けになっている

次に紹介するコメントは求人内容が第二新卒や既卒、及びフリーター向けになっているというものです。これはウズキャリ独特の方針と運営の方向性から生まれたものでもあります。

そもそもウズキャリは公式サイトにおいて、若い人向けの求人案件に特化した特化型の企業であることが述べられています。つまり利用者を第二新卒や既卒、フリーターに絞って求人案件を収集作成しているのです。

昨今の情勢では、新卒として入社した人が1カ月や半年といった極めて短期間で辞めていくことが増えてきています。そのため、過去に比べればより多くの第二新卒や既卒の立場の人が増えてきているのです。

そのため当然ですがその分の需要も増えます。第二新卒や既卒の応募者には、通常の転職希望者と大きく異なる点が多いために、この点を配慮した求人案件を扱わないと転職することができないためです。

主に見られる特徴として、経験が少ないか或いは全くなく、評価することができる点は熱意とやる気である、という点です。これらの点に合致する求人案件を多く扱っていることがウズキャリの特徴です。

そのため、他の転職エージェントでは相手にもされなかった人でも、ウズキャリであれば転職することができたという人も多いのです。こうした点が高く評価されている原点であるとも言えます。

電話やスカイプでも利用することができる

次に紹介するコメントは、電話やスカイプでも利用することができるという点です。これは、面接や書類作成のアドバイスを上記のような通信手段でもサービスを提供してもらえるということになります。

通常転職エージェントからのサービスを受けるためには、企業の所在地やオフィスなどに赴いて、そこで面と向かってエージェントと話をすることが必要です。言い方を変えると直接面談することを求められる場合が非常に多いのです。

エージェントも電話でしか話を聞いたことがない人に対して優良な求人案件を紹介することにはリスクがあるためです。どのような人なのかわからない人を選考に進めてしまうと、後から文句を言われる可能性があるためです。

こうした点で多くの転職エージェントでは、電話やスカイプなどを利用した面談サービスは提供していない場合がほとんどです。しかしウズキャリでは、むしろ積極的に取り組んでいる様子もあるようです。

なぜならば、エージェントにとっては上記のようなリスクがあることは否定できませんが、一方で転職希望者自身から見た場合には利便性が極めて高く、それがウズキャリの利用者数を増やすことに繋がるためです。

転職エージェントとしてはまだまだ中小の域を出ないために、より多くの利用者が欲しいという面があります。一方で、転職希望者から見れば受けたいサービスをできるだけ便利に活用したいと言う面があります。

このように両者の希望が一致しているために、たとえ若干質が落ちることは予想できてもこうしたサービスを継続して提供しているようです。

ブラック企業の求人をなるべく排除している

次に紹介するコメントは、ブラック企業の求人をなるべく排除しているというものです。この点もまた、第二新卒や既卒の応募者を主なターゲットにしているウズキャリならではの配慮点でもあります。

新卒で入社した企業で特にまともな理由もなく短期間で辞めた人がいる一方で、明確にブラック企業で勤務条件が厳しすぎて続けることができなかった、という人もいます。

こうした人は、新卒の時に失敗してブラック企業に入社してしまったことが一番のトラウマになっていることも多々あります。そのため、その時の経験が生きる形で企業選びには慎重になっていることも多いです。

しかし、どれだけ慎重に行動してもブラック企業の求人を完全に避けることは難しくなります。なぜなら転職エージェント側も広告費用を出してもらっている、などの関係で本位でなくても掲載しなくてはならない場合もあるためです。

特に大手の転職エージェントではこの傾向が顕著に見られます。莫大な利用料をもらっている手前、悪いことは書けませんし騙されるほうが悪いと言うスタンスで接していくしかないという現実もあります。

この点では、ウズキャリは大手ではなくあくまで若手向けの求人に特化した特化型の転職エージェントであるために、こうしたブラック企業の求人案件は意図的に排除するように運営方針として掲げているようです。

もちろんそれでも完全に排除することはできませんが、一般の転職エージェントに比べればはるかにブラック企業の求人広告数は減っているようです。この点もまた、よく配慮された結果であると考えられます。

書類対策にも力を入れている

次に紹介するコメントは、書類対策にも力を入れているというものです。これは第二新卒や既卒の応募者が受ける試験の選考スタイルによるものであることが分かっています。

通常の転職希望者が転職エージェントを通じて転職をする場合、大まかにいって職務経歴書から欲しい人材であるかどうかを判断され、そこから面接を通して具体的な条件をつめていくことが通常です。

即戦力となる人材を欲している面があるために、求人案件でも比較的高額な年収を保証しているケースもあります。そのために、慎重に選択する傾向が採用担当者側にあるためです。

この点で第二新卒や既卒の応募者は大きく異なります。端的に述べれば、職務経歴書が経験不足のためほとんどの場合作成することができないためです。

第二新卒の一般的な定義は、3年以内に新卒で入社した企業から離職した人を表します。そのため、2年ほど勤務していれば職務経歴書を作成することが可能ではあります。

しかし実際に来る応募者は、半年や数カ月といった極めて短い期間で現職から離職した人がほとんどです。そのため、こうした人たちが企業の選考ルートに乗り内定を勝ち取らせる必要があるのです。

この点でウズキャリは指導するべき点を心得ているようです。面接指導が充実していることは上述の通りですが、書類対策にも力を入れているようです。

特に第二新卒や既卒の応募者は、実社会に出て勤務をしたという経験がありません。そのため、各企業の採用担当者が評価する部分を考えると、これからの成長に期待するしかありません。

そのため評価基準が、新卒の学生とほぼ同じ熱意とやる気をどの程度備えているかという点になります。この評価基準をクリアするために、徹底した書類対策を行うことがコメント内で述べられています。

ウズキャリの悪い評判とは

それではよい評判を確認した上で、ウズキャリの悪い評判も同時に確認していきましょう。

サポート体制が充実しているがゆえに発生する悪い評判と、よい評判で述べられていることを否定する内容が一部に混ざっていることが特徴です。

次のようなコメントがあります。

  • 求人案件がITに偏っている
  • 求人数が少ない
  • 拘束時間が長い
  • カウンセラーの態度が悪い
  • カウンセラーの年齢が若い
  • 通常の転職希望者にはメリットがない
  • 年収アップをさせることは基本的にできない

では、各コメントについて確認していきましょう。

求人案件がITに偏っている

初めに紹介するコメントは、求人案件がIT分野に偏っているというものです。これは、特化型の転職エージェントである以上仕方のない部分もありますが、利用者からは不満の声が流れているようです。

ウズキャリは先述のとおり、中小企業かつ特化型の転職エージェントになります。そして主な転職希望者のターゲットとして、第二新卒や既卒の応募者を想定しています。

こうした人たちの転職が可能な範囲の職種として、比較的分野によっては未経験でもよくなおかつ給料がそれなりによいIT分野の求人に特化しているのです。

業界や業種によっては、そもそも未経験お断りの業種も数多く存在します。そのような場所の求人案件を集めても、転職希望者を選考の段階まで持っていくことが難しいためです。

こうした点から、転職市場においては条件の悪い第二新卒や既卒の応募者でも転職が可能な案件を集めてはいますが、どうしても求人内容の幅が狭まってしまうためにこのようなコメントが有ることも確かです。

求人数が少ない

次に紹介するコメントは、求人数が少ないというものです。これも、ウズキャリが中小企業系の転職エージェントであることに由来します。

求人数をそろえるためにはある程度の資本力とブランド力、そして実績が求められます。実績とはその転職エージェントを用いて転職に成功した人がどの程度いるのかという点になります。

ウズキャリの場合には、資本力の面でも大手の転職エージェントには大きく劣りますし、実績も主な顧客層を限定しているためにどうしても世間で評価される基準で図ると、いまひとつ上がらないことも事実です。

また、第二新卒や既卒向けの求人しか扱っていないことも求人数が少ないことに拍車を欠けています。これらの要因が揃っているために、求人数が少ないものと思われます。

拘束時間が長い

次に紹介するコメントは、拘束時間が長いというものです。これは、よい面とも悪い面とも捉えることができますが、今回は悪い面のコメントとして取り上げています。

よい点の紹介にもある通り、ウズキャリは緻密な面接対策や書類指導を行ってくれることが最大の特徴でもあります。しかしそのために、どうしても1人あたりの応募者にかけられる時間は長くなります。

結果として転職希望者の目線で見た場合には、拘束される時間が長くなることは確かです。効率よく取り組んでくれることがこのコメントを記述した人の要望でも有ることは確かです。

しかし充実したサポートをする場合には、それなりの時間が必要なこともまた同時に確かなことですので、この点は少し着眼点が異なるかもしれません。

カウンセラーの態度が悪い

次に紹介するコメントは、カウンセラーの態度が悪いというものです。これは、充実した対応を売りにしているウズキャリでは少し疑わしいポイントでもありますが、コメントをみるとこのような面もあるようです。

コメント内では、面接中に基本的には説教ばかりで通信販売の手法と同じような感覚だった、という批判的な内容で展開されています。

これは担当するエージェントの物の言い方が悪かったものと思われます。アドバイスを充実させるあまり、改善点を列挙して応募者に教えてあげた結果説教に近い内容になってしまったものと思われます。

この点は、恐らくそこまで深刻な内容ではないものと思われるので、それほど問題視する必要はないものと思われます。

カウンセラーの年齢が若い

次に紹介するコメントは、カウンセラーの年齢が若いというものです。これもまた、エージェント側の資質や条件に問題があることを述べているコメントになります。

最大の問題点として、エージェントの年齢が若いことが挙げられています。コメント内では、自分とほぼ同じ見た目の年齢の人にエージェントとしてやってもらっていた、という内容があります。

この点を経験が浅い人が担当者になってしまい微妙である、という旨のコメントが残されています。

確かに通常の転職エージェントで比較すると、概ね若くても30代程度がほとんどであり、ハイキャリアを専門に扱っている転職エージェントでは40代から50代であることも珍しくありません。

どれほど優秀であってもある程度年齢を積み重ねていないと、応募者からの信頼を勝ち取ることができないという面もあるためです。

しかしウズキャリでは、応募者が第二新卒や既卒の人がほとんどということもありあえて若い年齢のエージェントを配置して、親和性が高まることを狙っている面もあるようです。

通常の転職希望者にはメリットがない

次に紹介するコメントは、通常の転職希望者にはメリットがないという点です。これはあくまで、ウズキャリは第二新卒や既卒の応募者向けの内容で求人案件を紹介している、という理由があるためです。

基本的にはこうした立場の応募者の場合は、年収アップやよい職場条件といったことを狙って転職するのではなく、とにかく正社員として収入のある仕事に就きたいということを前提とした活動を展開することが多いです。

そのため、上記のような条件の良さよりも少しでも内定を得られる確率が高い企業に応募できるように、ウズキャリでは求人案件を揃えているのです。

このため、通常のキャリアを積んだ転職希望者からの視点で判断すると、ウズキャリを利用するメリットがほとんどないことになります。

あくまで第二新卒や既卒の応募者向けであることを把握した上で利用することが肝心の部分のようです。

年収アップをさせることは基本的にできない

次に紹介するコメントは、年収をアップさせることは基本的にはできないということです。これは、上述とも若干被りますが条件面を交渉できるほどの価値を見出されているわけではない、という厳しい現実があるためです。

よくても2年程度の社会経験しか積んでいない人がほとんどであるために、条件を提示できるほど甘くないのが現状です。あくまで職業を見つけるために必死に努力する応募者を応援する、というスタンスがウズキャリの基本方針であるためです。

このため、一般的な転職エージェントではある程度重要な要素となる年収アップやより高いポジションでの仕事の希望、といった部分においては基本的にリクエストできる立場にないことを把握しておく必要があります。

第二新卒や既卒の応募者にのみ効果的です

ウズキャリのよい評判と悪い評判から、どのような転職エージェントなのかをまとめましたが、基本的には第二新卒や既卒の応募者のみに利用適性がある転職エージェントです。

一般的な転職希望者はそもそも対象にしていないため、登録することは可能であっても満足な結果を得ることは極めて難しいでしょう。

あくまで現時点でキャリアが全くないために、通常の転職エージェントでは逆に求人案件を紹介してもらうことが出来ない人向けの転職エージェントになります。

この点をきちんと把握した上で臨めば、職業を得る大きなチャンスを与えてくれる転職エージェントとして利用することができます。チャンスを無駄にしないためにも全力で努力して職業を勝ち取るようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 08:35 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop