アデコの評判。きめ細かいサポートと求人情報の深さが良い!

0 コメント
twitter
はてな
facebook

転職活動に取り組む上で欠かせない内容に、転職エージェントの選定があります。転職エージェントの質次第で、自分に紹介される職業が決まってくるためです。

このため、よい転職エージェントを利用することが転職を成功するためには欠かせません。そのためには、さまざまな情報を収集しながら利用する転職エージェントを選定する必要があります。

ここでは、株式会社アデコに焦点を当てその転職サービスの提供内容などについてどのような評判が流れているのかについてまとめました。

株式会社アデコとは

起源は日本ではなく、本部をスイスにおいていた総合人材サービスを提供する企業として存在していました。

前身であるアディアジャパン株式会社が1985年に日本法人を設立したことを皮切りに、2004年に現在のサービスに移行しています。

人材派遣会社として、さまざまな場所と企業に人材を派遣して利益を得ている会社になります。

特徴として、ハケン2.5というシステムを採用しています。これはアデコ独自のシステムである無期雇用の新基準であると述べられています。

これは、2013年4月に施工された「改正労働契約法」により、2018年の4月から無期雇用派遣への転換が始まったことを鑑みて設立されたものです。

契約であり派遣という立場で働いているこのような社員は、その身分の不安定さが常に問題になってきました。これらを少しでも改善するために設けられたシステムでもあります。

では、このようなシステムなどを設けている株式会社アデコがどのような評判を受けているのかを確認していきましょう。

よい評判から見る株式会社アデコの内容とは

でははじめに、転職サイトとして利用する際の株式会社アデコの評判をみていきましょう。

アデコはもともとの起源が外資系であり、日本企業ではないことは上述の通りです。そのため、それに起因した強みも多くあります。

以下がその内容になります

  • 外資系や海外勤務の求人に強い
  • 全国10か所で対面のサービスが可能
  • 求人情報それ自体が深く正確
  • グローバルな内容が多い
  • エージェントが好印象
  • 転職期限の設定がなくじっくり取り組める
  • ブラック企業を紹介されにくい

では、各コメントについて確認していきましょう。

外資系や海外勤務の求人に強い

初めに紹介するコメントは、外資系や海外勤務の求人に強いという点です。これは、アデコ自体が外資系企業の日本法人であることに由来するものです。

リクナビやマイナビなどの大手になればなるほど、多くの企業から自分の企業の情報も載せてほしいという要望が後を絶ちません。求人を乗せることは、宣伝や広告の意味合いも兼ねていることが多いためです。

このため、コンセプトがわからず総合的に扱うという無難なところに落ち着いてしまう転職サイトが少なくありません。アデコは、この点で強いコンセプトを持っていると言えます。

それが、外資系企業の求人に強いという点です。

外資系企業は、日本と雇用環境や慣行が異なることもあり扱いに慣れているところでなければ、求人募集を上手に扱うことができません。

そのために、外資系企業を専門に転職したいと考えている転職希望者にとって極めて使いやすい転職サービスであると考えることができます。

全国10か所で対面のサービスが可能

次に紹介するコメントは、全国10か所で対面のサービスが可能であるという点です。これは、大手の転職サービスになればなるほど逆に見られない傾向になります。

そもそもの話として、大手の転職サービスでは転職エージェントと直接面談するだけでも大変な労力がいります。なぜならば、転職エージェントが直接面談して紹介する案件は、それなりに条件のよい人に限られるからです。

実際には、転職希望者で輝かしい経歴を持っている人など一部しかいません。そして、大手には転職を希望する多くの人が登録します。そのため、登録者の絶対数が多いため基本的には面談することは不可能なことがほとんどなのです。

そのため、直接面談の前段階にあたる電話面談を1回やっただけで、あとは放置されてしまうということも少なくありません。この点が、多くの転職希望者からの不評の原因となっています。

しかし、この点でアデコは大きく異なります。

アデコは基本的に面談要請があれば面談を断らない、ということを転職エージェント活動の基本方針においており、このためにどれだけ条件がひどい応募者であってもほぼ必ず面談までたどり着けるのです。

これには、アデコに登録している絶対数が大手に比べれば圧倒的に少ないことも助けになっています。その分、ひとりひとりにきめ細かいサービスが提供できるのです。

面談によって、志望動機や自己PR、職務経歴書の指導といった実際的な面もさることながら、転職者が抱えている精神的なプレッシャーにまで配慮した面談を行っているとのことです。

多くの転職希望者が面談にたどり着くことすら難しいこの中で、ほぼ全ての人に要請があれば面談を行うという企業姿勢が、高く評価されているのです。

求人情報それ自体が深く正確

次に紹介するコメントは、求人嬢それ自体が深い内容かつ正確であるという点です。これはどのような意味でしょうか。

大手の転職エージェントやハローワークなどでもよくありがちな点ではありますが、募集案件に記載されている情報と実際の勤務条件が異なることがあります。

新卒の学生がよく用いるリクナビやマイナビといったサイトでも、月給額などを本来ならばあり得ないような組み合わせで、できるだけ高く見せるような工夫がなされている場合があります。

募集案件にはきちんと書かれていても、実際にはサービス残業がかなり多くあったり残業代がでなかったり、といった例が数多くあります。

転職を希望する人には、こうした点で煮え湯を飲まされた過去を持っている人が少なくありません。ブラック企業から転職を志す場合には特にこの傾向が強く見られます。

そのために、情報の精度がどの程度なのかを図ることが良くありますが、この点でアデコは求人情報や待遇に関する情報が深く、正確な内容が多くあるようです。

コメント内においては、労働条件や福利厚生などの点から職務内容まで多くの点で、誤差はあるものの想定の範囲内という程度で済んでいるようです。

外資系の企業のため、担当する仕事と責任の重さで給料が決まるという海外諸国の常識が根付いているために、こうした点で実際と異なる情報を出すと訴えられる可能性がある、という点も正確な情報を得られることの遠因になっています。

グローバルな内容が多い

次に紹介する内容は、グローバルな内容が多いという点です。これは、外資系企業の募集のみならず日本企業の募集であっても、その職務内容がグローバルな観点を要求される点が多いということです。

日本企業においても、特に大企業は海外諸国で働いてほしい人材を欲しています。しかし、自社で一から養成する時間と手間はかけられないことから、アデコのようなグローバルな求人に強いところに募集を出すのです。

複数の国をまたにかけて仕事ができる人材は、日本であれ海外であれ重宝されます。この点をアデコは理解しているので、海外と接触することが求められる仕事の募集に特化しているとも言えます。

エージェントが好印象

次に紹介するコメントは、エージェントが好印象であるという点です。これは、面談希望者には原則として断らない、という方針を定めているアデコならではのよい点であると言えます。

転職エージェントにたどり着くまでが既に難関である場合には、転職エージェントが実際に出会う人材は極めて優秀な人材が多いために、転職エージェント自体の労力がそれほどかからない場合が多くあります。

優秀な人であれば、エージェントとしてもどのような企業を紹介しても一定程度の確率でうまくいき、紹介数を稼ぐことができるためです。

このため、エージェント自身がスキルアップなどに励む動機が薄れていくことになります。実際に面談している応募者が優秀であるために、そこまで力を入れなくても紹介することができるからです。

しかし、これが原則全ての人と面談することを基本方針と定めているアデコの場合は違います。

人によって備えている能力やレベルは完全に異なり、エージェント自身が得意としている分野もまたさまざまです。そのため、多くの転職者から好意的な印象をもらうことは容易なことではありません。

しかし、それでも好印象を与えることに成功しているようです。その内容は、きめ細やかサービスにあります。

登録をすれば、自分から何もしなくても電話が入り面談の予定が組まれることもあるほどです。主体的に動かなければ基本的には動かない転職エージェントとしては、異例の素早さと内容で転職者のために提案します。

この点が、多くの応募者から高く評価され結果としてそれが好印象として強く残るようです。

転職期限の設定がなく、じっくり取り組める

次に紹介するコメントは、転職期限の設定がなくじっくり取り組めるという点です。これもまた、大手のみならず他の転職エージェントと比べて大きく異なる特徴です。

通常の転職エージェントであれば、まずいつまでに転職を完了させるという意味で転職期限の設定が求められます。ある程度随意に入力できますが、言い換えればサポートする期限はその設定された日まで、と考えることもできます。

基本的に、登録しただけの人を相手にするほど転職エージェントもヒマではないので、やる気があり優秀な経歴を持っている人から順々に次の職業を紹介していくことになります。

そのため、どうしてもまず転職エージェントにやる気を見せる必要があります。一般に転職活動は半年で全てを終了させる必要があるので、この期限内が目安になります。

一方でこの短い期間内で、転職先の選定から志望動機をはじめとする書類の内容を考えて、選考に臨むことになります。短期決戦になるために、一番大切などの企業に転職するかを考える時間がほとんどないのです。

そのため、どうしても新しい職場におけるミスマッチがその分発生しやすくなります。この点で、大手の転職エージェントには大きな問題があります。

この点、アデコでは通常の転職サイトならば確実に求められる転職期限の設定を求められません。その分、時間をかけて転職エージェントから紹介されるさまざまな案件を注意深く観察することができます。

その分、自分が納得した上で選考や内定を得る確率が高くなるためにミスマッチが発生しにくく、結果として応募者にとってよい結果をもたらすことになります。

ブラック企業を紹介されにくい

次に紹介するコメントは、ブラック企業を紹介されにくいという点です。これは、アデコが外資系であることに大きく起因します。

国内の大手の転職エージェントではエージェント自身のノルマ達成の側面からも、とにかく転職希望者をできるだけ素早く次の職場に就職させることが市場目標です。

そのため、常にハローワークに掲載されているような見るからに怪しい求人を紹介されることも少なくありません。

転職エージェント自身の評価のために、応募者をたらいまわしにするようなことを平気でやっているところも少なくありません。こうなると、応募者にとってよい転職となることはまずありません。

この点、元が外資系企業であるアデコではそもそもの考え方が違うために、上述のようなブラック企業を紹介されることがあまりありません。

専門性が高いことや求める人材のレベル自体が平均して高いこともありますが、何よりアデコの転職エージェント自体が努めてレベルの高い案件を扱うことを心がけていることも、転職希望者にとってよい結果が出ている要因でもあります。

悪い評判から見る株式会社アデコの内容とは

多くの良い評価を受けているアデコですが、一方で悪い評判も見受けられます。

これもまた外資系企業であることが原因になっている物も複数あり、日本人とは職務に対する考え方が根本的に異なることが原因になっていることもあります。

以下のようなコメントがあります。

  • 専門外の対応力は弱い
  • 専属担当者がいないので自ら主体的に動く必要がある
  • 受け身で動く人には厳しい
  • 職務経歴書のサポート力が弱い
  • ベンチャー系の求人は少ない
  • 面接対策の指導が少ない
  • 担当者で対応が全く異なる

それでは、各コメントについてみていきましょう。

専門外の対応力は弱い

初めに紹介するコメントは、専門外の対応力は弱いという点です。この点は、大手転職エージェントに一歩譲る形になっているのが現状です。

どうしても専門分野に傾注した求人情報と、きめ細かいサービスを売りにしている転職エージェントがアデコです。そのため、専門外の範囲ではこうした点を期待することができないことも確かです。

全般的に転職に取り組みたいと考える人にとっては、アデコはお勧めできる転職エージェントではないと思われます。

専属担当者がいないので、自ら主体的に動く必要がある

次に紹介するコメントは、専属担当者がいないので自ら主体的に動く必要があるという点です。これはどのような意味でしょうか。

通常の転職エージェントでは、1人の転職希望者ごとにその応募者を専門に担当する転職エージェントが就きます。このために、転職エージェントの実力次第で転職希望者が応募して転職できる企業の範囲が大きく異なってきます。

この点、アデコではそれぞれの応募者に対する専属の転職エージェントを設置していません。

外資系専門といっても、細かく分ければそれぞれのエージェントごとに得意不得意の差が現れます。このために、これを補うためにあえて専属の制度をとっていないものと思われます。

受け身で動く人には厳しい

次に紹介するコメントは、受け身で働く人には厳しいという点です。これもまた、外資系企業ならではのポイントになります。

自らどんどん質問して果敢に挑戦していく人には、アデコはできるだけ力を貸します。応募先も紹介してくれますし、自分の弱点を補強するためにアドバイスをもらうこともできます。

しかし逆に、自分から主体的に動かない人には見事に何もしてくれません。最初の登録時の電話や面談はするものの、そこから先は意思のある人だけにターゲットを絞っているようです。

転職エージェント自体の数も多いわけではないので、その点はある程度仕方のないことだとも言えます。そのため、主体的に自分から進んで活動をすることがアデコを利用する際には特に大切なようです。

職務経歴書のサポート力が弱い

次に紹介するコメントは、職務経歴書のサポート力が弱いという部分です。これは、書類作成に対するアドバイスが弱いことを表しています。

職務経歴書は転職をする上で最も大切な部分の1つです。場合によっては、志望動機や自己PRよりも大切な場合も多々あります。

なぜならば、どのような職歴があるかによって応募先の企業での評価が大きく変わるために、採用に直結するためです。

この点で、アデコはサポート力の弱さを露呈しているようです。コメントによれば、メールで資料を送るだけだった、という人もいるようです。

人によって対応に差があることは確かですが、そうした面を考慮してもこのようなコメントが出ることを考えると、書類の作成やアドバイスには他の転職エージェントを併用することも考慮に入れたほうがよさそうです。

ベンチャー系の求人は少ない

次に紹介するコメントは、ベンチャー系の求人は少ないという点です。これは、ある程度年季の入った企業しか紹介されていないことを意味します。

ベンチャー企業は一般に3年以内に90%が倒産すると言われています。そのために、定期的に人材を採用するだけの体力を備えていないケースが少なくありません。

この点を鑑みて、ある程度の年数継続して経営しており経営的に体力があることが確認された企業のみをアデコは対象にしているようです。

面接対策の指導が少ない

次に紹介するコメントは、面接対策の指導が少ないという点です。これもまた、書類作成の指導と並んでアデコが苦手としている部分の1つである可能性があります。

転職先の相談自体には親身になってしてくれるアデコの転職エージェントですが、転職先を受験するに当たっての面接対策は、それほど充実しているわけではないようです。

これには理由が推測できます。転職先を見つけること自体には転職エージェントの優れたリサーチ能力などが必要ですが、そこに合格するためのテクニック自体は巷に多くあります。

そのために、それらの指導はほかのサービス提供機関が提供しているので、アデコとしては負担になるためにサービスを行っていない、という面が挙げられます。

担当者で対応が全く異なる

次に紹介するコメントは、担当者で対応が全く異なるという点です。これはアデコのみならず、多くの転職エージェントで見られる点でもあります。

転職エージェントは、個人ごとに自分が持っている転職要件が異なります。その企業の転職エージェント全員が持っている案件もあれば、腕を認められた転職エージェントが特定の企業からの優良オファーを有している場合もあります。

前者は、いわゆるブラック企業をはじめとする常に募集をかけているような企業の求人である可能性が高く、後者は職務内容や待遇、福利厚生などの点で本当に優れた求人である可能性が高くなります。

そして、転職エージェントの交渉能力やアドバイスをする能力なども大きく個人差があります。企業では共通する研修などを受けさせることはあるものの、最終的には個人の営業に近い存在になります。

そのため、転職エージェントによっては対応の仕方や持っている求人案件が全く異なり、レベルの違うサービスになってしまうことが少なくありません。

この点はある程度運任せな要素もありますが、自分が転職希望者として応募した際にあまりよくない転職エージェントに当たったと感じたら、遠慮せずに違う人に変えてほしい旨をきちんと伝えることが大切です。

アデコの場合は基本的には優れた転職エージェントが多い傾向にありますが、先述のとおり転職回数を稼ぐことしか考えていないエージェントも存在しますので、こうした点は自らの経験と目で判断することが大切です。

最後に決定するのは自分です

転職希望者が利用する際のアデコのさまざまな評判をまとめましたが、これらのコメントは体感したひとが記載した内容であることを把握しておく必要があります。全てが正しいとは限らないという点に注意を払う必要があります。

しかし、多くの人が述べている良い点や悪い点は一定程度信頼できる情報であることも確かです。この点は、間違った情報は自然と淘汰される傾向にあるインターネットの情報であるがゆえの確度が存在します。

そのため、実際にアデコから紹介を受けてどこの企業を最終的に受け転職していくのかを決めるのは、自分であるということを最後まで意識することが大切です。

転職は自分の人生に大きな影響をあたえる一大事でもあります。主体的に動いて、自分がどのような仕事に取り組みどのような人生を送りたいのか、という点が大きく反映されるのでこの点を忘れないようにすることが求められるのです。

幸いアデコでは、積極的に動いて次の転職先を決めようとしているやる気のある人には手厚いサポートをしてくれることが分かっています。この点を活用して、やる気を見せ具体的に行動して積極性をアピールすることが大切です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 23:19 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop