歯科衛生士の志望動機の書き方。専門性が高いからこそのアピール術

0 コメント
twitter
はてな
facebook

一般のオフィスに通うだけが職業ではありません。女性ならではの適性を生かした転職に向く職業もありますね。特に過去に経験や実績がある女性なら、歯科衛生士を志す人も多いと思います。

一般的なオフィスでの仕事にくらべ、歯周病予防や虫歯治療など、ダイレクトに「世のため人のため」を体感することができるという意味で、やりがいには事欠かない職業ですね。

とすると、歯科衛生士に転職したいと考える志望動機も比較的イメージしやすいはずですが、さて・・・

歯科衛生士に転職したい!そのとき、志望動機をどうする?

歯科衛生士というと、高校生でもアルバイトとして働くことができる簡単な仕事・・・そんなふうに思う人もいるかもしれませんね。しかし残念ながらそれは大きな誤解です。

高校生がアルバイトで担当するのは「歯科助手」であって、「歯科衛生士」ではありません。まずはこの点には十分注意しなければなりませんね。歯科衛生士に転職するためには、国家資格が必要になります。

とすると、志望動機としては「歯科衛生士の国家資格があるから」なんていう言い方もひとつに考えられますね。特に、以前歯科衛生士として働き、いったん退いてブランクがある女性はそういう動機もアリでしょう。

しかし実際問題、歯科医院側で知りたい志望動機はそこではないですよね?「資格があるから」と答えたとすると、「それならなぜ歯科衛生士の資格を取ったの?」というほうがむしろ志望動機の本質であるはず。

歯科衛生士に転職したいと考える人は、まずは志望動機から固めていく必要がありそうです。

歯科衛生士は専門職!転職希望者の履歴書では専門性高い志望動機を書くべき!

歯科衛生士への転職を志す人には、一度は一般のオフィスでOLさんとしてのキャリアを積んだり、あるいは主婦として日々を忙しく送ったりといった貴重な「経験」がありますね。

広義で主婦まで含めると、上記のようなふつうの人のふつうの職業を「一般職」などと呼ぶことがあります。特別な資格が必要なわけではなく、多くの人が就く職業の総称ですね。

これに対し、資格が必要になる職業や専門的な業務に携わる人がこなす職業を「専門職」と呼びます。どちらが優れているというわけではありません。資格が必要な歯科衛生士は専門職に属します。

一般職でも専門職でも仕事は仕事、どちらも誇りとやる気を持ってみなさんがそれぞれ臨む職場ですね。しかし志望動機の部分では少々異なると解釈すべきです。

転職でも新卒でもそうですが、やはり専門職を志す以上、志望動機には専門性が必要になると考えます。歯科衛生士への転職を志す人も当然専門的な動機があったはず。

  • 歯科医院のコンセプトに共感を持った
  • 通勤しやすい立地である/給料が魅力だった
  • 過去の経験と資格を生かしたい
  • 資格を生かして新しい分野にチャレンジしたい

などという「一般論」を歯科衛生士の志望動機に盛り込むのは原則NGであると考えましょう。なぜその歯科医院を転職先として選択したのか・・・そのことを考えるとき、志望動機に専門性が加わるはずですね。

たとえば、転職先として選択した歯科医院のコンセプトに共感したというのは当たり前といえば当たり前のこと。そこをさらに深く掘り下げて志望動機に結び付ける必要があります。

歯科医院のコンセプト別に分けて考えましょう。

歯科衛生士として転職する際に参考にすべき歯科医院のタイプ

  1. 口腔外科など専門性・汎用性が高い診療内容がメイン
  2. 予防歯科に力を注いでいる
  3. 患者さん個々に寄り添い妥協がない完ぺきな治療を目指す
  4. 健康保険の適用範囲内で対応する一般外来がメインである
  5. 訪問歯科診療(往診)に力を注ぎ老齢歯科医療を重んじる
  6. 審美歯科に力を注いでいる
  7. 矯正歯科に力を注いでいる
  8. 小児歯科に力を注いでいる
  9. インプラントなど保険適用外の分野に強い
  10. 勉強会・セミナー参加に積極的である

まずは上記の「歯科医院のタイプ」に分類したとき、ご自身が転職先として選択した歯科医院がどのタイプに属するかを考慮します。そのタイプごとに、志望動機を考察するのです。

タイプ別に志望動機を考えることで動機に専門性を植え付けることができるようになります。とはいえ、特にブランクがある女性にとっては少し難しいかもしれませんね。例文も参考にしていただきたいと思います。

例文を紹介!歯科衛生士への転職ではこんな志望動機が有効!

志望動機は本来「このように書くべき」なんていうおかしなアドバイスはあり得ませんね。これからいくつか例文を紹介しますが、「そのように書かなければならない」という意図はありません。

動機(きっかけ)はやはりご自身の気持ちに正直であるべきです。ただし、転職先として目指すのが専門職である以上、専門性を加味した志望動機であることは必要条件になります。歯科衛生士も同様です。

では、前節でタイプ分けした「歯科医院のタイプ」ごとの志望動機を「例文」の形でまとめましょう。

歯科医院のタイプ 志望動機の例文(一部)
口腔外科など専門性・汎用性が高い診療内容がメイン 貴院の診療内容に共感を得て志望しました。特に○○の分野は以前の歯科医院でも経験しており、当時の経験が生かせるよい機会であると考えました。

また、××や△△など、私が経験したことがない分野にも力を入れておられるということで、キャリアアップできるかもしれないという魅力がとても大きく感じられました。

予防歯科に力を注いでいる 予防歯科に力を注ぐ貴院のコンセプトに共感しました。歯科衛生士としてのスキルを最も生かせる分野こそ予防歯科であると考えます。

予防歯科をベースとした診療全体に積極的にかかわりたいと考えたのが志望理由です。

患者さん個々に寄り添い妥協がない完ぺきな治療を目指す 以前私も貴院で検診していただききました。その当時、患者個々に寄り添い、検査や治療に妥協がない診療方針であるように感じ、ぜひ私もその一員として患者さんのためになりたいと考え、志望しました。
健康保険の適用範囲内で対応する一般外来がメインである 歯科衛生士として、以前○○の分野にほぼ専属の形で働きましたが、貴院ではいろいろな悩みを持つ患者さんを幅広く受け入れており、新たな分野でも歯科衛生士としての専門性を高めることができるのではないかと感じております。
訪問歯科診療(往診)に力を注ぎ老齢歯科医療を重んじる お年寄りが増え、老人医療の必要性、重要性を日々痛感しています。私は歯科衛生士として老齢歯科医療に携わり、これまで培った経験を少しでも社会に還元したいと考え、往診にも力を注ぐ貴院を志望します。
審美歯科に力を注いでいる 歯科治療を終えてホッとされる患者さんの顔を見ていて、歯科衛生士の強いやりがいを感じることができました。審美歯科は、施術によってもっと表情が豊かに、美しくなるのではないかと想像します。

歯科治療とはまた違った充実の表情を見ることができるなら、歯科衛生士としての新たなよろこびを知る機会になるのではないかと考え、貴院を志望しました。

矯正歯科に力を注いでいる 従来予防歯科の分野で歯科衛生士としてのスキルを生かしてきました。矯正歯科には審美歯科の側面と予防歯科の側面とがあり、これまでの経験を生かしながら新しい分野にチャレンジできるのではないかと考えました。
小児歯科に力を注いでいる 小児は例外なく「歯医者さんの治療」が嫌いです。小児歯科に携わる歯科医師がどれだけ大変であるか、経験上よく知っています。

少しでも貴院の先生方を助ける力添えができるならと思い、小児歯科に力を注ぐ貴院を志望しました。

小児の予防歯科の推進という意味でも、歯科衛生士としてのスキルを生かせるかと自負しています。

インプラントなど保険適用外の分野に強い インプラントは虫歯の不安がない反面、メインテナンスをしっかりしないと大変なことになってしまうという経験を、かつての職場で学びました。

歯科衛生士のスキルをインプラント治療で生かせると考え、貴院を志望しました。

勉強会・セミナー参加に積極的である 歯科衛生士としてのキャリアはそれなりに積んできたという自負がある反面、「まだまだ!」という気持ちも正直強いです。

貴院では、歯科衛生士を含むスタッフの勉強会やセミナー参加を推奨し、スタッフの教育体制が整っていると感じており、その方針に大きな魅力を感じております。

繰り返しになりますが、上記はあくまでも「例文」の域を出ません。専門的な知識や考え方なら、歯科衛生士の資格を保有するご自身のほうが詳しいと思います。

上記を参考にするまでもなく、専門性を加味した志望動機を書けるよという方は、ぜひご自身の正直な志望動機を履歴書に記入していただき、面接でも明言していただきたいと思います。

専門性を盛り込んだ志望動機の書き方がわからない人は、ぜひ上記を参考にしていただき、履歴書作成や面接に生かしていただきたいただけるならうれしいです。

歯科衛生士への転職希望者が履歴書に書く「志望動機」で注意すべき点は?

今さらではありますが、転職とは、「職業が変わること」です。つまり、資格を生かすにせよ他の理由にせよ、転職により歯科衛生士として再出発するということは、前職が別の職業だったことを意味します。

前の職場も歯科医院で、やはり歯科衛生士をしていました・・・というケースは「転職」には相当しないんですね。中には、複数の一般職を経て、何十年ぶりで歯科衛生士への転職を果たしたというベテラン女性もいます。

ということは、人によっては、専門職への転職を意識した履歴書をずいぶん長い間書いてこなかったことにもなりえますよね?これまで「専門性を意識した志望動機」を推奨してきたのはその対策の意味もあります。

もちろん志望動機に専門性を盛り込むことによって、大きな減点材料は取り去ることができたと考えても大丈夫ではあります。ただ、細かいところまでケアしないと、「あれ?」というようなミスも起こりがちです。

長い間専門職へのアプローチを行わなかった反面、何度か、それでも何年もの期間にわたり、一般職へのアプローチは行ってきたことになりますね。とすると、履歴書作成も一般職向けの内容を意識してきたはずです。何年もの間。

そこで急に歯科衛生士への転職を意識して履歴書を作成すると、思わぬ盲点に意識をからめとられてしまう危険もあります。特に「志望動機」の欄を埋めるとき、「それ」は起こります。

一般職の履歴書の場合、一般企業への就職や転職であったわけですから、「御社」や「貴社」という表記で志望動機に記入していったことでしょう。しかし歯科衛生士への転職の場合、転職先は「歯科医院」です。

歯科医院や歯科クリニックの場合、「御社」や「貴社」という言い方はしません。歯科衛生士として歯科医院への転職を目指す場合、志望動機の欄には「御院(おんいん)」や「貴院(きいん)」と表記するのがふつうです。

大きな減点はないとは思います。しかし患者さんの「歯」という、絶対にミスが許されない職場で活躍するのが歯科衛生士。それを考えると、履歴書の段階でもうっかりミスは犯したくないところではありますね。

十分注意していただきたいと思います。

家庭ある女性が歯科衛生士への転職を成功させるために

転職者の履歴書に書かれた志望動機に「個人的な事由」が含まれることを、たいていの企業は嫌います。それゆえ、志望動機として典型的なNGとなる

  • 給料が多い
  • 完全週休2日
  • 家から近い
  • 残業が少ない

などの福利厚生にかかわることがらを志望動機に記入することは、多くの転職希望者が意識的に避けようとします。歯科衛生士として歯科医院への転職を目指す場合でも、基本は同じです。

ただし、家庭がある女性で家庭と仕事を両立しなければならない女性の場合、ここははっきりと「家庭と仕事の両立」を意図して志望動機に盛り込むべきです。仕事は大事ですが、家庭はもっと大事です。

それは歯科医院の側もちゃんと理解しているので、「両立したい」ことを明らかにしても大丈夫ですよ。というか、したほうがよいのです。したがって、

貴院のシフトを拝見して、家庭と仕事を両立させることが可能であると判断し、貴院スタッフとして力になりたいと考えました。

などという文言を志望動機のところに盛り込むこと自体、まったく問題ありません。ただ、やはりどうしても志望動機に「個人の事由」を書くのは気が引ける場合、ほかにも書ける欄はあります。

たとえば「その他」とか「特記事項」、「要望すること」などの欄がありますので、そちらに記入することも可能です。しかし一般には「志望動機」のほうに書きます。「動機」とはそういうことですから。

そして具体的な時間や曜日などのシフトに関する要望については、「要望すること」などの欄に記入するようにするのがふつうです。このあたりの書き分けは、ご自身で裁量してください。

ただし要望を書く際にも注意が必要です。「絶対にこの曜日はダメです」とか「残業は一切できません」といった上から目線の要望はNGです。

一般企業への転職であっても歯科衛生士への転職であっても、基本は「転職させていただく」という意識で臨まなければなりません。一般職、専門職という以前の、社会人としてのルールやマナーは守りましょう。

志望動機をしっかりと固めて歯科衛生士としての転職を成功に導こう!

国家資格が必要な歯科衛生士への転職について、今回はお話してきました。一般企業への転職でもそうですが、やはり歯科衛生士としての転職であっても「志望動機」は重視されます。

特に専門職の場合、歯科衛生士に限らず志望動機にはある程度の専門性を持たせることが重要であることを確認していただきたいと思います。それと、一般企業と大きく異なる点があります。

一般企業への転職というと、履歴書の評価や面接が「優秀な人材を選抜する」という目的で行われるのに対し、歯科衛生士の場合、「この人が優秀な人材であるかどうかを見極める」という目的があります。

国家資格が必要な仕事ですから、一般企業への転職のように、競争率が高くなる危険はそれほど高くありません。しかし人の健康を扱う仕事である以上、無条件で優秀な人材でなければ歯科衛生士は務まりません。

そこを見極めるための履歴書であり、面接でもあります。だからこそ、小さなミスもできるだけしないように、慎重に履歴書作成や面接をクリアしていただきたいと思います。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 18:50 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop