派遣社員のメリット。正社員との福利厚生などの条件の比較

0 コメント
twitter
はてな
facebook

就職や転職活動をしているときに、必ず見てしまうのが雇用形態。

正社員、準社員、契約社員、派遣社員など沢山ありますよね。

この中で唯一、雇用元が違うのが派遣社員です。派遣社員とは具体的にどのような雇用形態なのかご存知ですか?知っているようで実はあまり知らないという方が多いかと思います。

今回は意外と知られていない派遣社員のあれこれをお伝えします。

派遣社員とは

派遣社員は派遣先企業(実際に業務をする会社)ではなく、人材派遣会社と雇用関係があります。

人材派遣会社の所属する、派遣社員として派遣先企業で働いています。

派遣先企業は、派遣社員に業務の指揮・命令をするのみで、派遣社員の給与・福利厚生・勤怠管理などは、人材派遣会社が担当します。

派遣社員として働く大前提として、派遣会社に登録することが必要です。

登録時に今までの経歴や、スキル、就業の条件などをヒアリングされます。そこからスキルや条件にあった仕事を紹介してもらうことができます。

派遣社員の直接雇用との違い

前項でお伝えしたように派遣社員は、人材派遣会社と雇用があります。

業務の指揮命令以外は、全て人材派遣会社が担当しますがそれ以外にどのような違いがあるのでしょうか。

契約期間の有無

正社員は契約期間のない無期雇用であるのに対して、派遣社員は一般的に契約期間が3~6ヶ月の更新制です。

正社員として雇用契約を結んだ場合、会社は就業規則で定めた定年まで雇用し続ける義務が発生します。

ですので、正社員として雇用契約を結んだ場合は、不祥事や自己退職をしない限りは、会社が存続する限り定年まで働くことが出来ます。

派遣社員は、派遣先企業(実際に業務をする会社)ではなく人材派遣会社と契約を結んでいます。そのため、所属自体は人材派遣会社になります。

派遣会社と派遣先企業同士で契約を結び、派遣社員が派遣されます。なので、契約期間や、どういった条件で働くかなどの権限は人材派遣会社の方にあるという違いがあります。

給料、ボーナス、昇給

正社員として勤務する場合は入社時に提示された固定の給料がもらえます。大きく契約が変わらない限り給料の額は変わることはありません。

多くの会社では、定期的に契約条件の見直しを行い、そこで昇給などの調製を行います。ボーナスや退職金なども出るので、一般的に安定していると雇用形態といえます。

派遣社員の場合は、時給換算で給料が形成されることが多いのが特徴です。

固定給じゃないことで安定していないのではないかと思われがちです。

正社員の場合、みなし残業としてもともとの給料に含まれているため○時間以上残業しないと残業代が支給されないということもあります。派遣社員は時給で働いているため、残業した分だけ支給されます。

意外かもしれませんが実は派遣社員が受け取る給料の方が多い場合もあります。また評価されれば、時給が上がることもありますし、ボーナスが出る派遣会社もあります。

業務内容

業務内容は会社によって違うので一概には言えません。

会社と直接契約している正社員は面接時に決められた業務以外の仕事を任されることが多くなります。やりがいがあると感じる反面、本来の決められた業務の割合が少なくなり不満を感じてしまうということもあります。

しかし、派遣社員の場合は派遣会社との派遣先企業が契約を結ぶ段階で、どのような業務に携わるか決められています。

そのため、契約以外の業務はしてはいけないということになっています。

派遣社員という雇用形態だと、あらかじめするべきことや役割分担が明確になっています。

極端な例えになりますが、契約前の段階で派遣社員側からこの業務はしませんという提示など派遣会社を通して伝えることも可能です。

有給、福利厚生

正社員の有給は、入社をしてから6ヶ月間規定の労働日数の8割を満たしていれば、入社7ヶ月目から支給の対象となります。

支給日数は、勤務期間によってそれぞれ規定が設けられています。

初めての有給は7ヶ月目に10日支給されることが多いです。まだ在籍期間によって支給される日数が異なり、在籍期間が長くなればなるほど支給される日数が増えていきます。

福利厚生に関しては、普段の業務に関わる(パソコンやデスクなど)身近なものから、通勤手当、家族手当、ホテルや映画館などの施設の優待割引など金銭的ものまで幅広くあります。

派遣社員には、有給や福利厚生がないイメージをもたれている方も多いですが、実は有給も福利厚生もあります。

有給は、雇用形態など関係なく正社員と同じ時間働いている場合、同じように有給休暇を取得する権利を持っているのです。

しかし、派遣社員は人材派遣会社と雇用契約を結んでいるので、派遣先企業ではなく人材派遣会社からから有給が支給されます。

福利厚生は、一部の企業では派遣社員の人も同じように福利厚生を使用できる場合もありますが基本的に雇用契約を結んでいる人材派遣会社の福利厚生を利用することが出来ます。

最近では、スキルアップ制度や、旅行やレジャーなど派遣会社も福利厚生を充実させてきています。派遣会社により福利厚生の内容は大きく違うので派遣会社を選ぶ際にチェックしてみることをおすすめします。

退職金

民間企業は退職金を支払うことが義務付けられていないため、退職金の有無はそれぞれの企業の裁量に委ねられています。

そのため、 正社員でも退職金のない会社はありますが、派遣社員だとどうなるのでしょうか。

結論から言うと、基本的に派遣社員には退職金が支払われないことが多いです。

しかし派遣社員でも退職金を支払われる場合があります。

実は派遣には【一般派遣】と【特定派遣】の二種類があります。

【一般派遣】

派遣会社に登録後、「派遣社員」として雇用され、派遣先企業に派遣される

【特定派遣】

派遣会社に「正社員」として雇用され、派遣先企業に派遣される

みなさんがイメージしている派遣社員は【一般派遣】ではないでしょうか。

契約期間を設定して契約を結ぶ【一般派遣】に対し、【特定派遣】は派遣先との契約期間満了で業務が終了しても、派遣元である派遣会社との雇用契約はなくなりません。

派遣会社の「正社員」である限り、給与が発生するという特徴があります。

よって【特定派遣】は人材派遣会社の<正社員>であるので退職金や賞与が支給される場合もあります。

派遣社員として働くことのメリット

実際に派遣社員として働くことを選択している人はどのようなメリットを感じているのでしょうか。

派遣社員として働いている人が感じているメリットをまとめたので参考にしてみてください。

残業なしで定時退社ができる

派遣社員は月給ではなく時間給での契約なので基本的に残業がないところが多いです。シフトや休みの融通が利くのでプライベートの時間を確保しやすくなります。

なので、決められた時間の中で働くことが出来るので家庭やプライベートとの両立をしたい方にはピッタリです。

スキルや経験を活かすことができる

派遣社員はあらかじめ決められた内容の業務のみをするので、今まで培ったスキルや経験をピンポイントで活かすことが出来ます。

また、決められた範囲で仕事が出来るため派遣社員の得意な部分を発揮して業務に生かすことも可能です。

何かあれば派遣会社の担当に相談できる

人間関係や、業務内容について悩みがあったときに派遣会社の担当者に相談や、その問題について対処してもらえます。

派遣会社は少しでも働きやすい環境になるようかけあってくれるので、精神的負担が少ない状態で仕事が出来ます。

新しいことにチャレンジできる

先ほどはスキルや経験を活かせるとお伝えしましたが、逆に新しいことにチャレンジしたい場合に派遣社員として働くのもメリットになります。正社員などの直接雇用だと、やはり経験者を求めることも多いです。

しかし、派遣社員であれば未経験でもOK!という文言の求人もみかけます。

自分に合っているか分からないし・・・という方も派遣社員でまずはチャレンジして経験をつんでみるのはいかがでしょうか。

大手で働くチャンスがある

正社員として大手企業で働くには、書類選考や面接など数々の苦難を乗り越えなければなりません。

しかし、派遣社員であれば大手企業で働く枠は派遣会社が確保しているので、確立がぐんとあがります。

給料日が月2回以上ある派遣会社もある

こちらは派遣会社によって対応していないこともあるのですが、給料日が月に2回、週払いなど選択できる場合もあります。

転職や引越しなどをしたばかりのタイミングは嬉しいですよね。月2回払いにして、前半は生活費、後半は全て貯金しているという強者もいます。

紹介予定派遣なら直接雇用に切り替えることができる

今は派遣社員でもいいけどいずれは正社員を目指したい!という方には紹介予定派遣がオススメです。

まずは派遣社員として最大6ヶ月勤務して、双方の合意のもとで派遣先企業に直接雇用に切り替わります。

直接雇用される前に、職場の雰囲気や業務内容を把握できるので正社員になってからの業務内容のミスマッチが減るため長く働ける職場に出会える可能性が高いです。

派遣社員はライフスタイルに合わせて働くことができる

今回は派遣社員のメリットについて、正社員だった場合と比較してお伝えしました。

派遣社員は不安定だと感じる方も多いですが実際は正社員に比べて大きく不安定というわけではありません。

  • 家庭と仕事を両立したい
  • 趣味と両立したい
  • 残業をせず決められた時間だけ働きたい
  • 決められたルーチン業務のみをこなしたい
  • 直接雇用ではなかなか入社できない大きな会社で働いてみたい
  • まずは派遣でチャレンジしてみて向いているようなら正社員でステップアップしたい

という人にはピッタリなのではないでしょうか。

派遣社員の場合、派遣会社の担当者が逐一フォローしてくれるので安心感もあります。

ライフワークバランスを大切にしたい人には派遣社員という働き方はメリットがたくさんあるかと思います。

是非、ライフスタイルと照らし合わせて働き方について考えてみてください。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 00:12 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop