スーツ

派遣社員のメリット、デメリットとは?【求職者・企業側】

今回は、派遣社員として働くメリット、デメリットをそれぞれ記載していきます。働く側だけではなく、企業側が派遣社員を雇うメリット、デメリットや、特に主婦が派遣社員として働くメリットも紹介していきます。

派遣社員として働くメリットとは?

登録すればOKなので簡単に派遣社員登録できる

派遣社員とし働く場合、まず行わなければいけないことが派遣社員の登録です。

一般的に正社員として就職活動を行う場合、面接を何社も受けて合格して初めて採用といった形になります。

ですが派遣社員の場合、登録作業を行うだけで派遣社員の一員になることができます。簡単な面接や手続きなどはありますが、登録を行うだけでOKなので簡単です。

 

正社員と比べて、仕事が決まりやすい

別の企業から転職を行う場合、次の仕事先がなかなか見つからないという方も多いのではないでしょうか。

その点派遣社員に登録することで、派遣側のコーディネーターの方が仕事を紹介してくれるのでどちらかと言えば仕事が決まりやすいのが特徴です。

コーディネーターの方が「この仕事はいかがですか?」といったような形で、親切に仕事を紹介してくれます。分からないことなども聞きやすいのも特徴です。

 

特に主婦にとっての派遣社員のメリットは?

主婦にとって派遣社員のメリットとしては、ある程度自分の希望する時間帯や職種などを 前もって伝えておくことで、なるべく希望にそった仕事を紹介してくれるということです。

登録を行う際に、自分自身がどういった働き方をしたいか伝えることができるので、コーディネーターの方もそれにそった仕事を紹介してくれるのでわざわざ自分自身で探す手間がなくなります。

[ad#a]

 

企業側から見た派遣社員のメリットとは?

希望する人材を探すことができる

企業側が派遣社員を採用する際、どういった人材を希望しているやどういった人材を探しているなどある程度希望する人材がいます。派遣会社を通すことで、希望の人材をすぐに見つけ出すことができます。

 

希望する経験やスキルがある人材を確保することができる

企業側が派遣社員を採用する際、職種によって希望する経験やスキルがあります。派遣社員の中には、こういった経験やスキルの高い派遣社員もいるので、希望する経験やスキルを持った人材をしっかり確保することができます。

 

 

派遣社員として働くデメリットとは?

時給に交通費が含まれている場合が多い

派遣社員として働くデメリットについてですが、時給の中に交通費が含まれていることが多いのが特徴です。

どうしても遠方で交通費が多くかかってしまうといった方の場合、一日一生懸命稼いでも同じ派遣社員の方と比べて交通費がかかってしまうので実際のお給料が寂しくなってしまうという場合も多いのが現状です。

 

長期的に働きたくても契約で切られてしまう場合がある

派遣社員として派遣先で働いていて、「働きやすいから長期的に働きたい!」という方も多いと思います。

派遣の契約はどうしても何ヶ月かもしくは一年などの更新となるので、企業側が更新しなければ長期的に働くことができません。契約が毎回しっかり更新されて始めてその後も働くことができます。

[ad#b]

 

企業側から見た派遣社員を雇うデメリットとは?

どのような人材がくるかわからない

企業側が派遣社員を雇うデメリットについてですが、実際にどのような人材がくるのか分からないということです。

事前に面接した際には笑顔で受け答えもよかった派遣社員が、いざ働くとなると時間にルーズだったり受け答えができていなかったりといったことも多く見受けられます。

企業側も人材を見つける手軽さがある反面、どういった人材がくるのかわからないといった面もあります。

 

事前に聞いていた経験やスキルが期待通りではない

企業側が派遣社員を雇う際、経験やスキルを重視して雇う場合があります。

実際に働いてみると、事前に聞いていた経験やスキルが全く期待通りではなく、期待外れだったといった場合もあります。その経験やスキルを頼りに採用したのに、といったことも多いようです。

派遣社員として働くことのメリット、デメリットについてご紹介しました。派遣社員として働く場合、必ずメリットデメリットはあります。それを踏まえた上で、納得のいく仕事を行ってみてはいかがでしょうか。