公共職業訓練とは。仕事を探しながら資格がとれちゃう賢い利用方法

0 コメント
twitter
はてな
facebook

公共職業訓練とは、失業保険受給資格者が就職や職務上で役に立つスキルや、必要な資格を取得するサポートする制度です。

幅広い業種の訓練があり、未経験でこれから新たにチャレンジしたい人から今もっているスキルをワンランク上にしたいという人まで無料で勉強できます。

また知識や技術を取得するための講義だけでなく、定期的に就職活動の相談にのってもらうこともできる大変心強い支援制度です。

今回はそんな求職期間中の強い味方の公共職業訓練についてお伝えします。

公共職業訓練とは

公共職業訓練とは具体的にどのような制度なのでしょうか。まずは3つのポイントをお伝えします。

テキスト代以外は費用なし、無料で受けられる制度

退職を機に新たなスキルや資格を取得して新しい職種にチャレンジしたいという人も多いかと思います。しかし、スキルや資格を取得するにも独学ではなかなか厳しいものがあります。

資格取得のためにスクールに通うとしても金銭的に負担が多いですよね。公共職業訓練だとテキスト代のみ自己負担で基本的に受講料は無料です。勉強しながら失業給付も受けることができます。

ひとり親家庭や障がい者に向けた支援制度

ひとり親家庭(父子家庭、母子家庭)や障がいをもった方に向けての職業訓練の支援制度もあります。託児所付きの職業訓練もあります。資格によって利用できる制度や支援される給付割合が変わっています。

また、制度が利用できない資格もあるので、資格の取得を目指す前にハローワークに相談してみてください。

公共職業訓練と求職者支援訓練の違い

職業訓練には、公共職業訓練と求職者支援訓練があります。どちらも訓練の目的は再就職に向けて必要なスキルや資格取得を目指す部分では変わりありません。

大きな違いは失業保険の給付の有無です。

公共職業訓練・・・雇用保険に加入していた失業給付金受給者

求職者支援訓練・・雇用保険受給資格のない人

費用に関してはどちらも受講料無料でテキスト代などは実費になります。

公共職業訓練を受けるには

失業保険の受給資格があるからといって誰でも受講できるわけではありません。公共職業訓練を受けるためのステップについてお伝えします。

ハローワークで詳細確認、相談

ハローワークにはたくさんの公共職業訓練のパンフレットがあります。どのような講座があるかは地域ごとに異なります。年1回しか募集を行わないような公共職業訓練の講座もあるので開講時期などもチェックしておくとよいでしょう。

ハローワークの窓口で自分の希望を伝えれば、あなたの希望に添った公共職業訓練を紹介してくれます。インターネットなどでも検索ができるのである程度希望をかためた状態で相談してみましょう。

また、在職中でも公共職業訓練について調べたり申し込むことは可能です。

申し込み

申込みは職業訓練校ではなく、ハローワークにて行います。ハローワークの職業相談/紹介窓口に職業訓練の申し込みに来た旨を伝え対応してもらいます。

ハローワークに提出する書類

  • 受講申込書(ハローワークでもらえるパンフレットについています。)
  • 証明写真(縦3cm×横2.5cm)
  • 失業保険受給者資格証

失業保険受給者資格証は手元にある場合のみ必要です。退職前に申し込みをする場合や、まだ失業保険受給資格証が手元に届いていない場合はその旨を担当者に伝えましょう。

選考試験(筆記)

公共職業訓練を受講するには試験を受けることが必要です。試験内容は主に国語や数学の問題が一般的です。どのような問題が出題されているかは気になる方は以下の地域で過去問題を掲載しているので参考にしてみてください。

【過去問題掲載地域】
宮城・東京・埼玉・千葉大阪・岡山・広島・長崎・沖縄

筆記試験は一般常識内なので難易度は高くありませんが、少しでも対策を練っておきましょう。

選考試験(面接)

また、受講するコースによっては試験だけでなく面接も実施されます。面接官は、再就職に対して意欲的であるか、またきちんと再就職できそうな人を基準に選んでいます。

面接の際は、志望動機や自分が今置かれている状況、修了後の人生設計などアピールする必要があります。

▼質問されることが多い項目

志望動機 何故このコースを受験したか、入所したら何を学んでどのように就職で活かせるかを具体的に答えることができるようにしておきましょう。
希望するコースの知識がどの程度あるか 希望したコースのことを何も知らずに受験するのはマイナスポイントです。中には、まったく知らないジャンルだがこれからチャレンジしたいという方もいるかと思います。 その場合は、知識も経験もないが自分でこんなことを調べて興味がわいて志望した旨を伝えましょう。
現在はどのような求職活動を行っているか 先ほどもお伝えしましたが、面接官が見ているのは再就職に対して意欲的であるか、またきちんと再就職できそうかというところです。なので、求職活動をどのような姿勢で行っているかを見られます。 ハローワークで検索した程度だと意欲的に受け取られにくいです。ハローワークで求人申込した人はそれと併行して、求職サイトを利用して大体どれくらい応募したか選考状況などを伝えます。 まだハローワークで求人申込をしていない人は、求職サイトなどを利用している機関や、どの程度応募したかなどを伝えましょう。 どちらも、職業訓練校で十分知識と経験を身につけて長く働くことができる職場を見つけたいという旨を伝えましょう。
どのような仕事に就きたいか、就職するまでの期間 現在自分が思い描いている転職先について明確に伝えることが大切です。希望する職種・業種は、選んだコース関連したものをつたえましょう。規模について聞かれることもありますが中小企業という答え方で問題ありません。 就職するまでの期間については講習修了後すぐ就職できるよう併行して求職活動を行う旨を伝えるといいでしょう。
自己PR これもよくある内容ですが、志望するコースをどれだけ受けたいか、講座修了後にどのような状態でありたいかなどをポイントにしてPRしてみましょう。 また長所と短所を織り交ぜてくださいといわれることもあるので、何を答えるかある程度準備しておくといいです。
質問事項 最後に、コースや講座の内容について質問や気になることはありませんか?と聞かれることもあります。 できるだけ「特にないです。」という回答はせず「講座修了後の就職率」など具体的な質問を考えておきましょう。

入所手続き

合否結果がでて、めでたく合格した場合は入所の手続きがあります。これから公共職業訓練を受けるにあたっての注意事項や規則の説明、書類手続きなどがあります。

お住まいの管轄により手続き内容も変わるので案内にしたがって入所手続きをおこなってください。

どのような公共失業訓練があるのか。コース一例紹介

公共職業訓練について概要をお伝えしましたが、では一体どのような講座があるのでしょうか?

パソコン操作

今までパソコンを使う仕事ではなかったので、勉強するタイミングを逃してしまった・・・という方にオススメなのがパソコン操作やエクセル・ワードを学ぶ講座です。公共職業訓練の中では一番多く開講されている講座です。

1人1台ずつパソコンを使える環境で講座を受講できます。パソコンの電源のオンオフから始まり、キーボード・マウス操作、文字入力、インターネット操作、メールの使い方、Word、Excel、PowerPoint等の操作方法を学べます。

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィススペシャリスト、略称 MOS)などの資格取得も目指せます。コースによって難易度も変わってきますが比較的、どの講座も初心者でも遅れを取らず学ぶことができるのが特徴です。

簿記、経理

経理の仕事は専門職でもあるため経理・会計の知識があれば、年齢関係なく退職まで勤めることができます。産休、育休後も復帰しやすい職種です。しかし、専門職といわれるくらいなので必要な知識は膨大な量になります。

そのため、経理職を目指しているのであれば一日も早く経験を積んだほうが有利になります。

履歴書などに書いて、企業側が魅力的に感じるのは日商簿記2級からです。3級だとそこまでのインパクトがないのです。なので、公共職業訓練でしっかりと学び、日照簿記2級取得を目指して求職活動をおこなうと有利になります。

簿記の公共職業訓練では、日商簿記2級が取れるコースと日商簿記3級までのコースが存在します。受講概要を確認した上で申し込みを行いましょう。

また、経理職を目指していなくても一般事務職をやるのであれば簿記の知識は重宝されるので求職活動の際に大きな武器になります。

医療事務

医療事務は女性にとても人気の職業です。求人数も多く、正社員だけでなくパートなどで働くことも可能です。どの求人も即戦力を求めていることが多いため専門的な知識が必要になります。

しかし、経験がなくても資格があればOKというところだけでなく、未経験者でも歓迎という求人も増えてきています。公共職業訓練校で専門的な知識を学び、資格を取得すれば医療事務として就職するにあたって有利になります。

プログラミング

JAVAプログラミング言語などを学ぶことができる講座です。

現在、主流となっているのがJAVAやC・C#・C++などの言語です。
公共職業訓練ではJAVAを学びます。JAVAを習得することで、他の言語も短期間で習得できるようになります。

これからプログラミングを学んでみたいというゼロからスタートの初心者を対象にコンピュータの基礎から訓練をおこないます。

最終的にはAndroidアプリケーションを開発できるスキルの取得を目指します。
Android端末(スマホやブレット)向けにアプリケーションやゲームを作成できるようになります。

介護

介護職員の求人需要が多いため、ほぼ毎月、介護関連のコースが開講されています。介護の公共職業訓は座学以外に生徒同士での実習もあります。

また、実際の施設への実習(1週間程)があるので公共職業訓練を通して、どのような仕事なのが実際に体験することができます。

介護系の職業訓練には大きく分けて2つに別れます。

介護職員初任者研修(期間:3ヶ月)
介護職員実務者研修(期間:6ヶ月)

この2つは訓練期間以外に取得できる資格も違います。介護職員として働きたいのであれば、期間は長くなりますが介護職員実務者研修の取得をオススメします。

不動産ビジネス

不動産関連の仕事に就きたいと考えている方にオススメの公共職業訓練です。宅地建物取引士の資格取得を目指して学ぶことができます。とても人気のある宅地建物取引士ですが、合格率は15%程度の非常に難しい資格になります。

独学や通信教育で勉強する方も多いですが、費用がかかる上、難易度の高い試験なので合格するのはほんのわずかの人だけです。公共職業訓練であれば短期集中的に勉強して試験対策などもあるので合格率は高くなります。

WEBクリエイター・WEBデザイナー

WEBサイトなどを作成するためのスキルを学ぶことができます。イラストレーターやフォトショップの使用方法を学びイラストや写真加工の技術も習得できます。

修了後、WEB制作に直接携わる仕事に就かなくても、会社のホームページ管理やチラシなどを作成したりして事務職などほかの職種でも役立つことも多いと思います。

またある程度経験を積んだら独立したりフリーランスとして活躍する人も多いです。

変り種のコースもたくさんある

色々な公共職業訓練のコースを説明しましたが、こんなのもあるの!?と思ってしまう変わり種のコースもあります。

  • アロマセラピー
  • エステ
  • ネイリスト養成
  • ジュエリーデザイン
  • オイルトリートメントセラピスト
  • ゲームクリエーター養成
  • 人事・労務スタッフ養成
  • 日本語教師養成
  • ビルクリーニング
  • ビルメンテナンス

上記以外にもたくさんの公共職業訓練のコースが存在します。地域により異なりますのでこちらも管轄のハローワークで確認してみてください。

公共職業訓練を受講するメリット

制度の説明、試験対策、コース内容の説明をしてきましたが、ここで公共職業訓練のメリットについてお伝えします。公共職業訓練はみなさんが思っている以上にメリットだらけなのです。

手当てを受けながら無料で勉強できる

通常スクールなどに通って受講すれば何十万のお金がかかります。しかし公を共職業訓練なら無料で学ぶことが出来ます。

公共職業訓練を無料で受講しながら、訓練期間中は失業保険が受給されるだけでなく、交通費(上限42,500円/月)、受講手当(500円/月(上限40日))も支給されます。

資格取得もできる

公共職業訓練は就職に必要なスキルや知識だけでなく、資格まで取得できます。基本的に資格取得にかかる費用は自己負担になりますが、講座受講修了と同時に資格が取得できるコースもあります。

認定日にハローワークにいかなくてよい

失業保険(雇用保険)を受給している場合、通常は1ヶ月に1回ハローワークで求職状況を伝えるて認定を受ける必要があります。

公共職業訓練受講中はハローワークで認定を受けなくてもよくなります。職業訓練校が支給の手続きを一括で代行してくれます。

※地域によって異なりますが、職業訓練校が一括して手続きをしているため、受給日が通常より遅くなる場合もあります。

訓練と併行して担当者が親身に就職活動の相談にのってくれる

就職に必要なスキルや知識。そして資格取得は求職活動を行う上で大きな武器になります。公共職業訓練を受講すると定期的に担当者が求職活動のアドバイスをくれます。

相談していく中で希望する条件、仕事内容ならこんなお仕事もありますよ!といったアドバイスももらえるので志望職種の幅が広がります。

また、講師陣はもちろん業界の方なのでコネクションを得ることもできます。実際に講師の紹介で就職が決まったという方もいます。

資格勉強以外に面接対策や、メンタル系の講義もある

公共職業訓練は専門的な知識だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、ビジネスマナーを学ぶ時間もあります。さらに、人間関係で悩むことのないようにメンタルヘルスに関わることまで専門の講師が教えてくれます。

タイミングによっては待機期間がない失業保険(雇用保険)がすぐにもらえる

通常だと自己都合で退職した場合、3か月の待期期間を終えてから失業保険が受給されます。しかし、公共職業訓練を受講する場合は、3か月の待期期間を待たずに失業保険が受給できます。

また、公共職業訓練を受講するタイミングですでに失業保険を受給していた場合、訓練が修了するまで受給期間が延長されるという大変ありがたい支援もあります。

公共職業訓練はこんな人にオススメ

公共職業訓練はどのような人にオススメなのでしょうか。

転職を機に新しいことにチャレンジしたい人

今までとは違った職業につきたいと思って退職を決める人も多いかと思います。しかし、求職活動を行うにあたって出てくるのは無資格未経験の壁です。

公共職業訓練であれば新しいことにチャレンジするための第一歩を踏み出すことができます。

スキルアップしたい人

今の職種でずっと頑張っていきたいけれどスキルがまだまだ足りない、更なるステップを目指すならスキルアップは必須ですよね。

公共職業訓練であなたの足りない部分を学びながらステップアップを目指せます。

転職に有利な資格を取得したい人

求職活動を始めたときに自分には武器になる資格がない・・・と愕然とした経験はありませんか?資格をとるにも独学は自信がないしスクールに通うのもお金がかかりますよね。

公共職業訓練を受講すれば無料で専門講師の講座を受講できます。

公共職業訓練は地域により講座内容や支援内容も変わってきますのでまずはお近くのハローワークで詳細を確認してください。

公共職業訓練で求職期間を有効に過ごそう

どんなに前向きな気持ちで求職活動をしていたとしても行き詰ったりすると誰だって不安な気持ちやネガティブな気持ちになると思います。

公共職業訓練を利用していれば、失業保険が受給されるので金銭面で不安も軽減されます。また資格を取得しながら、手厚い就職相談も受けることができるのもメリットです。

同じ資格取得を目指す仲間との出会いや、講師がその業界で活躍している方なのでコネクションもできます。

退職を考えている人、または現在失業保険を受給している人は一度ハローワークで相談してみてくださいね!

メリットが沢山の公共職業訓練でスキルや資格を取得してあなたの求職活動がより充実したものになりますように。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 12:34 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop