ビジネス

【教育業界】現状・課題・ニュース・動向・市場規模・年収・就職(転職するときの注意点)

0 コメント
twitter
はてな
facebook

教育業界、学習塾への転職・就職は経験者や資格保持者が有利!?教育業界の現状、課題、ニュース、動向、市場規模と年収ランキング、教育業界に転職、就職するときの注意点や志望動機のポイントをご紹介します。

教育業界の現状、課題、ニュース

学習塾の競争率激化

佐鳴予備校の株式会社さなるが九大進学ゼミと三島進学ゼミナールを買収、成学社と業務提携しました。市進HDも学研HD、学究社と業務提携、明光ネットワークジャパンは東京医学進学会買収など、大手学習塾の中小学習塾買収が増加しています。

このまま更に大手学習塾の買収が加速すれば、大手学習塾同士の競争率も激化していくと予想できるでしょう。

 

学習塾の差別化

顧客が悩みがちなのが「どの学習塾へ行けばいいか」ということです。学習塾の差別化を図らなければ、中小学習塾が教育業界で生き延びることは難しいといえます。

 

学研HDが自社株購入

学研HDは11億5,850万円を上限として自社株買いを実施することを発表しました。提携先学習塾大手の市進HDが学研HDの株33万8,000株を売却する意向であり、これによる需給悪化を避けるためです。

 

教育業界の動向

学研HDのオンライン学習サービス学研ゼミスタート

学研HDは桐杏学園、全教材を始めとして多くの学習塾を傘下に収めました。自宅でも学べるオンライン学習サービス「学研ゼミ」により、小中学生の利用者数が1万5,000人を超えるなど、順調に学習塾利用者を増やしつつあります。

 

eラーニング市場の拡大

スマホやタブレットの普及に伴い、2011年は1,400億だったeラーニング市場が、2014年には1,700億強まで成長しました。

どこでもいつでも好きなタイミングで学べることで今後もeラーニング市場の普及と拡大が予想されるでしょう。

 

少子化にめげず教育業界が多様化しつつある

少子高齢化の日本、子供の数が少ない分、教育業界は何とか顧客を増やそうとサービスの多様化に力を入れています。

例えばリクルートは受験サプリ(スタディサプリ)にてオンライン予備校に価格破壊をもたらしました。JR東日本や東急電鉄は幼児保育サービスに力を入れ、沿線地域に展開しています。

DeNAはスマホやタブレットでどこででも授業が受けられるシステム構築を学習塾に展開するなど、今後も異業種企業が教育業界へ参入し、それぞれ得意分野を活かして教育業界を盛り上げていくでしょう。

[ad#a]

 

教育産業の国内市場規模(平成27~28年)

教育産業の国内市場規模は9,070億円です。平均年収は521万円ですが、大手学習塾と中小学習塾、または管理職と一般職ではかなりの差があると考えられます。

 

教育業界の年収ランキング(平成27~28年)

1位 ベネッセHD 平均年収942万円

こどもちゃれんじや進研ゼミなどの国内教育から介護、語学事業を取り扱う企業です。ベネッセHDの平均勤続年数は12.6年、平均年収は942万円です。年収が高いように思えますが、これは管理職年収も考慮したことからです。

 

2位 学研HD 平均年収931万円

学研HDは教育関連の出版大手で、学習参考書や図鑑に関しては国内トップクラスです。学研のおばちゃんまだかな、と子供が歌うCMでお馴染みの企業でもあります。

学研HDの勤続年数は教育業界内1位の19.3年、平均年収も931万円と安定している企業だといえます。

 

3位 ヒューマンHD 平均年収572万円

総合学園ヒューマンアカデミーやビジネス系資格取得スクール運営など、事業内容は多岐に渡りますが、平均勤続年数は8.6年、平均年収は572万円とベネッセHDや学研HDと比べると少し落ちるところがあります。

[ad#b]

 

教育業界に転職、就職するときの注意点

経験者が優遇される

教育業界は異業種からも比較的転職しやすい、そして未経験でも就職しやすい業界です。しかし大手学習塾では即戦力を求めており、教育業界未経験者よりも経験者を優遇しているところがあります。

異業種間での未経験転職や就職の場合、教育業界に関わるスキルや学歴、資格などがないと難しいでしょう。

 

生徒と、その親のご機嫌を取らなければならない

学習塾は生徒をより多く集めなければ営業利益が出ません。生徒の成績が振るわず塾を辞めてしまうと、講師が上の者から叱責されることになるのです。

教育業界に学習塾講師として転職または就職する場合、生徒とその親のご機嫌まで取らなければならないことがあることを覚悟しておきましょう。

 

 

拘束時間が長く手当を払わないブラック学習塾もある

学習塾の講師はとくに拘束時間が長く、そして学習塾によっては時間外労働への手当てを払わないブラック企業もあります。加えて休日も確保しにくいことから、自分の時間が作りにくいことを考慮しておくべきです。

 

教育業界の志望動機

学習塾の場合は経験や資格、またはスキルをアピール

学習塾の講師として転職、就職する場合は今までの仕事の経験や持っている資格、またはスキルをアピールしながら「子供達に自分の知識を伝えたい」と志望動機をまとめましょう。同業他社転職の場合はとくに「前職経験者であること」を強調してください。

例えば海外留学経験で培った英語スキルでグローバルな授業をしたい、教育学部で学んだことを活かしたいなどがおすすめです。学習塾の求めている即戦力の人材、そして募集している部門に合ったアピールをするのです。

 

教材編集に転職就職するなら出版社への想いを語る

学習塾の講師ではなく教育業界の教材編集分野に携わりたいなら、教材を出版している出版社への想いを語りましょう。

必須資格はとくにはないものの、語学に関連する資格を持っていると有利です。例えば東京書籍は日本語検定準2級以上、ベネッセHDは語彙・読解力検定2級以上を保持していると選考加点されることがあります。志望動機にも資格を活かしたいと書きましょう。

 

教育業界事務なら資格をアピールする

学習塾の事務などに転職、就職したい場合は事務系資格を持っているならそれをアピールして、「この資格を活かしたいこと」を志望動機としましょう。事務職経験者ならば、前職の事務で学んだことや得たことを活かしたいと伝えるのです。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月16日 04:16 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop