ニューヨーク

【三菱商事インターン】選考の倍率、面接内容、服装、内容、感想、内定に有利?

今回の記事では、「三菱商事」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気、インターンの内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

三菱商事のインターンシップの実施時期、日程

三菱商事のインターンシップは、2017年度は「ONEDAY BUSINESS WORKSHOP」の名称で開催されます。次世代をつくる人材を育成する目的で、高い目標と志をもつ学生へ向けて商社ビジネスのイロハを学ぶワークショップ型のプログラムです。

以下に、実施概要をまとめていきます。

実施日程

2017年11月21日、27日、29日、30日のいずれか1日

実施場所

東京・千代田区の三菱商事本店

募集対象

大学および大学院生(学年は不問)

実施内容

①商社ビジネスについての理解

商社のビジネスについて実際のケース課題をもとに理解を深めていく。

②体験型ワークショップ

理解した商社のビジネスモデルをワークショップの形で体感する。

③社員との懇親会

現場の一線で働く現役社員との交流を通して、「次世代をつくる」企業風土がどのようなものかを知る。

エントリー方法

▽採用HPよりプレエントリー

▽エントリーシート提出

 ※2017年8月31日正午締切

▽グループディスカッション実施

 ※9月下旬~10月中旬

[ad#a]

 

三菱商事のインターンシップの選考の倍率

大手総合商社のトップに君臨し、就職人気ランキングで毎年最上位クラスに位置する超優良企業ということで、インターンシップには膨大な数の応募者が殺到することでも知られています。

2017年度は、応募者多数のため追加募集も行われたほどの人気インターンですので、選考の倍率も極めて高いと予想されます。志望する学生はしっかりと事前に対策・準備を行い、場合によってはOBや経験者などにアドバイスをもらうなど積極的に行動するようにしましょう。

三菱商事のインターンシップの面接選考内容

選考フローは、①エントリーシート⇒②グループディスカッションという流れです。

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

三菱商事のインターンシップのESは、多数の応募者を選別するための「足切り」に使う判断材料と考えてください。設問は100~200字程度を記述させるものが多く、短い文章でいかに充実した内容を書けるかがカギとなってきます。ちなみに、2016年度には動画の提出が求められたケースもあるので、その辺の手間も考慮した上で時間に余裕をもって取り組むことをおすすめします。

面接について

ES提出者が多数の場合はグループディスカッションによる選考を行われます。グループディスカッションは、東京の三菱商事本店のほかに国内支社(札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡)でも実施される予定です。

内容としては、学生5~7人ほどで30分程度の集団議論を行う形式で、商社が取り組む課題や経済、社会、生活全般をテーマとしてケース課題に取り組むといった内容が多いようです。協調性やチームワークなど、集団を一つの方向にまとめていく力を発揮できると高評価が得られるでしょう。

[ad#b]

 

三菱商事のインターンシップの参加時の服装

大手商社のインターンシップということで、スーツ着用が無難です。社会人としてのマナーという点からも、身だしなみを整えてフォーマルな雰囲気を出すとより良いです。

三菱商事のインターンシップの内容、感想

総合商社のトップ企業が実施するインターンシップは、非常に高い評価を得ています。ワークショップの内容もレベルが高く、現役社員による講義は大変充実した中身だと過去の参加者からは評判です。

参加者は国内の一流大学の学生を中心に、かなり優秀な学生が集まるので、参加によってモチベーション向上や強い刺激を受けることは間違いありません。また、三菱商事社員との接点も得られるので、あらゆる人々とのパイプ作りに大変役立つことでしょう。

三菱商事のインターンシップは内定に有利になる?

一言でいうと、有利になる可能性が大きいです。大手商社はもともとOB訪問が重要で、そのことで内定へ有利に働くことが多々あるので、インターンの経験は本選考においても大きな武器となることは間違いありません。よって、三菱商事への入社を希望する学生にとってこのインターンは大変重要な意味合いを持つので、時間的に余裕をもって対策に取り組むことをおすすめします。