トレーニング

無職期間が長い人が転職を成功させるポイント、言い訳とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、無職期間の長い人が転職を成功させるポイントや、言い訳について記載しています。無職期間のパターン別(1か月、1年から2年)にも記載してありますので、是非参考にしていただければと思います。

無職期間が長い人が転職を成功させるポイント

無職期間が1か月程度の場合

無職の期間が一ヶ月程度というのは転職する人のなかではよくあることです。決して仕事をしたくないという意思は無いと思いますし、次の仕事のことも考えていたでしょう。ですからやっておくべきことは、次に転職する会社や業態のことを調べておくことになります。

業種を変えるならなおさらです。前の会社とはかなり勝手が変わると思うので、あらかじめどのような仕事内容なのか、特徴があるのかなどは知っておく必要があります。

すでにその業態で働いている知人がいれば生の話が聞けるので頼んでみても良いですね。同業種の転職だとしても会社により癖やルールが変わりますので、これもある程度の下調べはしておいた方が良いです。

企業理念や休みの取り方など、知っておくだけでも就職してから有利に運べます。面接の時でも、より良い会社を探していた期間であり、その結果この会社にたどり着いたと言うと好印象です。

[ad#a]

 

無職期間が1年から2年の場合

一年以上のブランクがあると仕事の勘がかなり薄くなってきていると思います。生活のリズムも変わってしまっているでしょう。ですからまずは生活スタイルから直していく必要があります。仕事をしていると思って、決まった時間に起きて食生活も戻しておきましょう。

体内時計や気持ち的なものだけでも意識して直しておかないと、いざ再就職したときに体がついていかなくて失敗してしまうかもしれません。まずは1年2年のブランクを無くすためにも、仕事モードの意識をつけていきましょう。

定期的に外に出て体を動かしたり、誰かと話をすることも今後の役に立ちます。あとは再就職の面接の時に、無職の間は何をしていたのかを聞かれると思いますので、その理由を考えておく必要があります。

 

無職期間が長い人の言い訳の例

療養と羽を伸ばす時間

無職の期間が長いと、いざ就職をするときに突っ込まれますので良い理由が必要です。例として以前働いていた会社でのことを話に出しましょう。

「前の会社では自分は必死に働いていました。仕事のやりがいを感じていて、休みなんか要らないくらいに打ち込んでいました。

周りの人も心配して休憩や有休の取得をするように、勧めてくれましたが、私自身が仕事を楽しくて仕方なく感じ、夢中になって働いていたため、休憩や有休を取らずに働き続けていました。

しかしその仕事好きが祟ってしまい、やや体を壊してしまい、逆に仕事に打ち込めなくなって前の会社を退職しました。

そのときに気づいたのは、休むことや外を見ることはとても大切だということです。

また、これまで自分自身が仕事以外のことを見ていなすぎて、とても世間知らずだと解りました。それもあり長期間を使って、まずは体を休めること、そして視野を広げるために旅行に行ったり、仕事以外の時間をつくっていました。」

無職の期間を有効的に使ったということがポイントです。ただ、前の会社で無理やり働かされたというような言い方はやめましょう。あくまで自分が頑張りすぎたということにしないと、「本当に精神的にやられたのではないか」と不安を与えてしまいます。

[ad#b]

 

勉強やボランティアに取り組んでいた

単に無職でいましたと言っても印象が悪いだけです。やはりその間には前向きになにかに取り組んでいたことを話すことが良いでしょう。

そこでいろんな勉強をしていたということが良いです。「とても興味があることがあって、図書館や専門機関に足を運んで調べていました」という感じであれば悪い印象はありません。

逆にその時間を生かしたという感覚になりますね。その他にもボランティア活動に参加して、いろんな立場や状況の人に触れたことも素敵な話になります。

ボランティア活動となれば遠くまで行って何日も滞在するなんてことも普通です。そうなれば理由付けには通ります。さらに地域貢献のためにいろんな活動に参加していたことなども言い訳としては成立するでしょう。

様々な地域の活動に参加していたと話せば、逆に感動されたりもします。その無職の時間を悪い時間ととらえずに、なにかに夢中になって打ち込んでいたと伝えることが大事です。

前の会社を辞めたことをチャンスと捉え、自分にとって前向きな時間を過ごしていたと堂々と話すことができれば、誰も変なイメージを持つことはないでしょう。

 

まとめ

今回の記事では、無職期間が長い人が、転職を成功させるためのポイントや、言い訳の例などについて記載してきました。

無職期間が長い人は、面接で空白期間について聞かれるなど、不利になるケースも少なくありません。そうした不利な状況を覆して、内定を獲得するためには、「無職期間に何をしていたのか?」、「なぜ空白期間が長くなったのか」を、きちんと面接官に説明し、納得してもらう必要があります。

転職のプロである転職エージェントを利用することで、一緒に言い訳を考えてもらえたり、自分の現在おかれた状況の相談をしてもらえたりします。

うまく活用して、転職対策を進めていくことをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月18日 19:23 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop