県庁を目指す人の志望動機。採用区分や職種でみる書き方のポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

就職活動や転職活動においては、現段階においては応募者側が若干有利になっています。しかし、その分企業も厳選採用の動きが広まっていることもあり容易に内定を得ることはできません。

また、どれだけ大企業であっても常に倒産するリスクを抱えているという部分もあります。個人の努力だけではどうしようもない部分があることも確かなのです。

ここで、より安定性を求める人たちが県庁に就職しようとしています。つまり、公務員としての県庁に憧れを抱き、就職をしようと考える人たちがいるのです。

公務員である以上、基本的には試験を突破しなければなりませんが、その後に控えている面接で、志望動機をはじめとする基本的な事項を淀みなく答える必要があります。

ここでは、県庁の面接に対応するための志望動機と、それに関連するさまざまなポイントをまとめました。

県庁の仕事とは

志望動機を作成する上では、県庁の仕事がどのような物かを理解しておく必要があります。もちろん、実際に働いたことはないために詳細がわかるわけではありませんが、少なくとも調べておく必要はあるのです。

県庁の職員とは、言うまでもなく公務員です。業務委託の場合があるので全員が公務員である場合は少ないですが、大多数を構成しているのは公務員です。

そのため、基本的には地方公務員としての仕事に取り組むことになります。

地方公務員と一言で言っても、その種類には採用区分から職種まで多種多様にわたります。それぞれごとに、志望動機を作成するために必要とされるポイントも異なるために一様に同じような志望動機では通用しないことがほとんどです。

では、そのポイントを把握するために地方公務員の種類とそれに対応した志望動機のポイントを見ていきましょう。

地方公務員の採用区分とは

まず初めに県庁職員である地方公務員の採用区分について見ていきましょう。

採用区分によって、採用側である地方自治体は将来このような人材になってほしいというイメージがあります。そのため、自分がどの採用区分の面接試験を受験するのか、ということがとても大切になってくるのです。

地方公務員の採用区分は原則として次のように分類されます。

  • 地方上級
  • 地方中級 
  • 地方初級

では、それぞれの内容について確認していきましょう。

地方上級とは

初めに紹介する採用区分は、地方上級です。この区分はどの地方で受験した場合でも最も難易度の高い試験を突破する必要があります。

試験の難易度は、概ね大学卒業程度とされ国家公務員一般職と同程度の難易度と言われています。そのため、合格するためにはかなりの勉強量が求められる採用区分です。

合格すれば、採用先の地方自治体の幹部候補生として訓練と勤務をこなしていくことになります。地方公務員の中では一番難しい採用区分であるために、給料や待遇は最も良くその地方自治体で出世をしていくことになります。

志望動機作成のポイントとしては、幹部候補生としての採用区分であるということです。その地方自治体で最終的に最も出世することになるために、とりまとめ役としての能力があることを証明する志望動機が必要になります。

そのためにリーダーシップが最も大切な要素となります。現場であれその上であれ、高い確率で多くの人を取りまとめる職種で勤務することを求められるためです。志望動機には、この要素を記載する必要があります。

地方中級

次に紹介する採用区分は、地方中級です。この区分は、上級と初級の中間に位置する難易度です。

そのため、試験の難易度は短大卒、または専門学校を卒業した程度と言われています。こちらも地方上級と同様にかなりの勉強量が求められると言われます。

合格すれば、採用先の現場職員をまとめる現場監督レベルの経験と勤務をこなしていくことになります。最終的な責任を負うレベルまでは仕事を担当する必要がないので、その分仕事も楽になります。

ただし、その分出世や給料は抑えられているために、職務に就きたいと考えた場合にはそのバランスを自分が妥協できるかどうかをよく考える必要があります。

志望動機作成のポイントとしては、現場の取りまとめ役から中間管理職のトップあたりまで最終的に出世する採用区分であることを意識することです。

つまり、現場からも慕われ上層部からも使いやすいという人物像が求められることになります。このため、多くの人に好かれる八方美人なタイプが向いています。

優秀な人であれば、この採用区分でもそれなりに上位の職種にたどり着くことができるために、全体を俯瞰的に見る物事の見方の経験があることなどを志望動機に含めておくとさらによい評価を得ることができるようになります。

地方初級

次に紹介する採用区分は、地方初級です。この区分は、一番下位の採用区分として扱われる区分です。

試験の難易度は高卒程度と呼ばれ、3つの採用区分の中では最も簡単な部類に入ります。今までまったく勉強をしていなくても、人によっては1年ほどの勉強で合格することができる人もいるほどです。

合格すれば、採用先の現場職員としての勤務になります。市役所の受付担当の人などをイメージするとわかりやすいと思われます。

ただし、一番試験難易度が低く設定されている採用区分なので給料や出世は最低のレベルに抑えられています。しかし安定性は極めて高く、責任は現場の担当者としてのレベルまでなのでその意味では楽かもしれません。

志望動機作成のポイントとしては、この採用区分は現場で働く人を募集している採用区分であるということです。つまり、上司からの指示を正確に聞いて的確に実行できるか、ということが尋ねられます。

そのため、リーダーシップよりは真面目にコツコツと与えられた仕事をこなしていくタイプの人材が好まれます。良くも悪くも目立たないタイプの人物が採用されやすくなっている採用区分であるとも言えます。

職種ごとにおける志望動機のポイントとは

では、次に採用区分に続いて職種ごとに志望動機のポイントを抑えていきましょう。

志望職種によって志望動機に含めて欲しいポイントというものがいくつか存在します。共通するものも多いですが、この職種では特に求められるという物も存在します。

まず初めに、地方公務員の職種を大まかにわけると以下のようになります。

  • 行政職
  • 技術職
  • 公安職
  • カウンセラーや福祉系の職種
  • 専門職

では、それぞれの職種と志望動機のポイントについて見ていきましょう。

行政職

初めに紹介する職種は、行政職です。行政職は一般的な市役所のイメージで連想される窓口担当をはじめとする事務仕事を担当する職種です。

女性の職場であるかのようなイメージを持っている人も多いですが、実際には男性も多く働いています。しかし、前述の採用区分について同じ窓口業務でも担当する内容が異なることが多くあります。

初級区分であれば実際に窓口に来た市民に対応する役割を果たし、中級区分であれば現場で働いている人たちからのまとめ役を担当し、上級区分であればその上の課長職やそれ以上の責任者の立場として勤務することになります。

もちろん、採用されてからの経験年数や適材適所の考え方もあるために常に上記のようになるわけではありませんが、基本的な流れとしてこのような内容になることを押さえておきましょう。

志望動機のポイントとしては、その市町村の市民に対して直接対応することが多い職種であることです。

通常の書類を申請といった点から、クレームの対応まで幅広い仕事を担当することになります。どの採用区分であっても、最終的には市民からの理解と共感を求められる職種になります。

このため、志望動機には人と接することが得意で来庁した市民のお話などを聞きだして適切なサービスを提供することが得意であることを記載すると良くなります。

技術職

次に紹介する職種は、技術職です。技術職はその名前の通り、自分が備えている技術を持って各種仕事に対応する職種です。

技術職は非常に幅が広くそれぞれ専門の資格が必要になることもあります。大まかに分けて、土木、建築、電気、機械、農業分野などがあります。

では、それぞれの職種の特徴を簡単に述べましょう。

土木は自治体における街づくりの実際を担当する部門です。河川や道路、公園や場所によっては空港などの公共性の高い部分の整備や管理を担当します。

信号や橋を建設する際の計画などを練って実行に移す部門も、この土木部門が担当します。そのため関わるプロジェクトは、その成果が街に実際に形として残るものも多くやる気やモチベーションの育成に繋がっています。

建築は自治体内の全ての建造物について、耐震性や環境対策などの法律で定められた事項を確認し、きちんと施工されているかどうかも併せてチェックします。

こちらも街づくりに関わり、それに関連する条例などにも携わることになります。そのやりがいは大きく、応募する人が多い部門でもあります。

電気は自治体における大きなインフラの1つである電気の部分を担当します。これに伴って、自動車や電車、飛行機といった各種電気を用いている機械の安全基準などを作成することもあります。

より効率的に電気を普及させるためにどのような施策が必要か、そしてどのような対策が実際に必要か、などといった部分も担当することがあります。

またITに関連する部分もこの部門です。スマートインフラをはじめとする各種インフラの整備や普及も、この部門のお仕事であると言えます。

機械は自動車の安全基準の作成や、工場の運用部門などに関連して自治体内に存在する各種施設について、管理や実際の技術的部分について仕事を任されている部門です。

設計や見積もり、施工といった各種仕事の段階を担当する過程で公益に繋がるためにはどのように取り組んでいけばよいのかを考えてながら、仕事に取り組む部分でもあります。

農業は、自治体内における農業に関連している部分全般を担当します。学校における食育や各種農家への指導や助言などをはじめとする職務を担当します。

各種地方自治体には、その場所独特の特産品があることが多いです。これらをアピールし、地方自治体の活性化に繋げる仕事も大切な仕事の1つです。

農業試験場などでの研究なども仕事に入ります。各種技術の進展を促しながら、環境を考える持続可能な発展を目指すことが求められます。

志望動機のポイントとしては、技術職に求められる技量を学ぶ過程で何を体験したのか、そしてその学んだ点が地方自治体にとってどのような点でメリットになるかを交えて記載することです。

職種によっては、作業している段階で市民と接する機会がある場合もあります。この際にも適切な対応ができることを、志望動機の上でアピールしておくことが大切です。

公安職

次に紹介する職種は、公安職です。公安職とは地方自治体における、社会秩序の維持が主な仕事になります。具体的には警察官と消防士になります。

この中で、警察官は階級により地方公務員か国家公務員かが分かれます。警視正より上になると、扱いが地方公務員から国家公務員になります。

地方自治体に所属する警察官は、その地方の見周りや市民の案内などをはじめとする基本的な警察業務に従事します。一般的には交番勤務を経て、経験を積んでいき出世をしていく形になります。

消防士の場合は、採用区分によってこちらも上級、中級、初級に分かれています。それぞれの採用区分に応じて、管理職から火災現場に急行して実際に消火活動を行う現場職まで分かれています。

志望動機のポイントとしては、高い倫理性と職務遂行に関する熱意が求められます。一般的な職種に比べて危険度合いも高く、時には殉職する場合も出てくるからです。

市民の生活を維持し守る熱意と、それに対するやりがいをどれだけ詳細に記載し面接官に納得してもらえるか、という点が一番の勝負どころになります。

カウンセラーや福祉系の職種

次に紹介する職種は、カウンセラーや福祉系の職種です。臨床心理士などの資格を持って、学校のカウンセラー職などに従事する場合が多くあります。

これ以外にも、市民のためのお悩み相談室といった形でメンタルヘルスケアなどを担当することがあります。県立の病院や児童相談所などでのケースワーカーなど、その仕事の範囲は比較的広い傾向にあります。

ただし、採用者数自体がそれほど多くない自治体がほとんどなので採用されるには極めて厳しい状況であると言えます。

志望動機のポイントとしては、これらの職種は一種の専門職でもあります。そのためまず初めに、これらの職種に対する技量が求められます。

そして、これらの職種に対して市民にどのように接しサービスをしていくのか、という視点からの志望動機が求められます。

特にこれらの職種は、基本的には人と接するスキルのレベルが高いことが要求されます。人の心理や体調管理に関わってくる部分を仕事として担当するため、高い倫理観も併せて求められる傾向にあります。

専門職

次に紹介する職種は専門職です。これは一般的に「応募する際に資格を持っていること」が絶対的に要求される職種のことです。

主に挙げられる職種は教員、看護師、薬剤師、獣医師、保健師、栄養士、司書などが挙げられます。どの職種も応募する段階で免許を習得していることが条件になるためです。

志望動機のポイントとしては、多くの職業で専門職としての知識と経験が要求されますが、これに加えてこれらのスキルが、地方公務員として働く場合にどのように要求されるかを志望動機の中で表現することです。

教員であれば子供を教えることが好き、だけでは通過することはできません。子供を教えることによって将来どうしていきたいのか、地方自治体にとってどのような影響があるのか、ということまで絡めて志望動機を作成する必要があります。

実際の例を見てみましょう

それでは、ここでいくつか実際に作成された文章から見ていきましょう。

まず初めに紹介する例は、市職員を志望する想定で作成された例文です。内容は架空の内容になります。

私がA市を志望した理由は、大規模な都市計画を構想していることを知りその一端に携わりたいと考えたからです。私は大学生になるまでA市に居住していましたが、大学生になってから大学の関係で、C市に住んでいました。C市での生活によって。街のあり方がまるで違うことを身をもって知り、町づくりが秘めている深い可能性を感じました。これらの経験から町づくりに関連した仕事に取り組みたいと考えていたところ、A市が都市開発の計画を打ち立てていることを知りました。この計画に携わりながら、私の生まれ故郷であるA市の役に立ちたいと考え、このたび志望致しました。

この内容は、採用区分で考えれば地方中級以上である程度リーダーシップを要求されるであろう職種に応募することを考えて作成されています。

俯瞰的に物事を見る視点を取り入れることによって、まとまりのある文章を作成することができるようになります。

次は、県庁職員の志望の場合を考えてみましょう。

私は県庁職員を志望するに当たって、今まで大学において法律や政治に関連した知識を学んできました。そこで体感したことは、法律や政治を実際の生活に反映させて県民の生活を豊かにすることが、地方公務員たる県庁職員の仕事であるということでした。私の父が県庁の職員という立場で仕事をしていたこともあり、よく父から県民の役にたってこそはじめて県庁職員としての意味がある、という内容の話を常々聞き日々考えながら過ごして参りました。このたび、県庁職員としての募集を目にして自分のこのような経験を活用することができる最高の場所であると感じ、このたび志望いたしました。

この例文は、県庁を志望するに当たって行政職の場合を想定した内容となっています。県レベルになると条例などを制定する際に、憲法や法律と食い違わないようにするなどの配慮が必要になってきます。

これらの点に注意を払いながら、県庁職員としての父の立場も踏まえて自分の大学で学んだ知識を十分に活用できる、県庁職員に就職をしたいという内容の志望動機になっています。

県庁職員は公務員です

県庁職員になるための志望動機作成に関するポイントをまとめましたが、県庁職員は公務員です。つまり、国家全体の公僕でもあります。

そのため、最も基礎的な志望動機の方向性として国民全体の奉仕者である、という観点を忘れてはなりません。

その上で国民の生活や命、安全を守るために自分には何ができるのだろうか、そしてそれらを実行するために自分が備えているどのような能力を、どのような形で発揮することができるだろうか、という点からの志望動機を作成します。

このような観点で作成すると、筆記試験通過後の面接試験を突破しやすくなります。企業の面接と違って、自社の利益や都合だけでなく国民から見た地方自治体という俯瞰的な観点からの志望動機が要求されるのです。

企業に応募する時と同じ観点で作成すると苦戦するので、この点をきちんと踏まえて公務員に相応しい志望動機を作成するようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月19日 12:24 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop