スーツ

地方公務員の種類と仕事内容【行政系・技術系・心理系・福祉系・公安系】

今回は地方公務員の種類と具体的な仕事内容について紹介していきます。高卒や大卒で受験資格のある市役所職員や警察官など、行政系、技術系、心理系、福祉系、公安系の仕事内容についてそれぞれ記載していきます。

地方公務員の種類と仕事内容

公務員は国家公務員と地方公務員の二種類に分けられますが、今回は地方公務員について記載します。

一口に地方公務員と言っても、市役所職員、警察官、教員など職種は様々。試験は各自治体によって行われ、基本的には大卒でも高卒でも受験資格があります

(※自治体・職種によっては学歴要件がある場合もあります)。

しかし、大卒・高卒で仕事内容が変わることが無いというのも公務員の特徴です。それぞれどのような仕事をしているのかを理解して、業務理解を深めてください。

 

行政系の職種

市役所職員や県庁職員など、各自治体の役所で事務業務に従事する職種が行政系公務員です。「公務員」と聞いていちばん最初に思い浮かべる職種と言えるでしょう。

そのため倍率が非常に高く、公務員の中でも難易度が高い職種です。転居・転出の管理、納税管理、震災対策、生活保護認定、子育て推進など、業務は非常に多岐に渡ります。

「住民の生活に関わること全て」が仕事内容になります。

国家公務員の場合は特定の省府庁で勤務しますが、地方公務員の場合にはジョブ・ローテーションが組まれている自治体が一般的です。そのため3~5年程度で異動して様々な部署の業務に従事することになります。

[ad#a]

 

技術系の職種

技術系の地方公務員は、理系の専門的な知識を生かしながら行政のために仕事をします。建築職では、地域施設の安全のために耐震性能をチェックしたり、新しい施設が建つ際には基本計画から見積り、設計、工事監理等までトータルで携わります。

まちづくりのための条例策定などに携わる機会もあります。

土木職では、道路や公園などの設計・施工において見積書の算出から業者への委託までの一連の調整業務を行います。また、道路・公園などの維持・管理、街の再開発指導など、まちづくりに関わる業務も行います。

機械職、電気・電子職、化学職など技術系の職種には他にも様々な種類があります。

また、東京オリンピックなどの大きなイベントでは、

・どこにスタジアムを建設するのか

・どのような構造で設計するのか

・水道をどのように引くのか

・ゴミの処理はどのように行うのか

など様々なことを考える必要があり、専門的な知識を持つ技術系職種が活躍します。

 

心理系の職種

心理系の地方公務員は、児童心理士、心理判断員として、心理面接、心理診断、心理学的援助、児童相談所のケースワーカーなどの業務に当たります。県立病院やこども家庭支援センターなどに所属することもあり、配属先は様々です。

具体例としては、児童相談所における子供の知能検査や心理検査、児童自立のための支援、アルコール依存症者などへの心理検査や相談・面接などが挙げられます。

人気が非常に高く、公務員の中でも難易度が高い職種です。試験も難しく、大学院程度の内容が出題されることも多いです。

 

福祉系の職種

福祉系の地方公務員は、児童相談所などで指導員や相談員として業務を行います。

健康福祉局、子供局、市役所など配属先は多岐に渡りますが、障害者、高齢者、児童などの社会福祉に関する専門業務に従事します。

具体的には、生活保護者の定期訪問や、高齢者の施設利用の相談、児童自立支援などを行います。

東京都や特別区では「社会福祉士」や「児童指導員(教員免許で代用可)」もしくは「保育士免許」等とされているのに対し、その他の大半の自治体は「社会福祉主事任用資格」で足りるなど資格要件は自治体によってばらつきがあります。

[ad#b]

公安系の職種

広い意味での公安系公務員は様々な職種を指しますが、一般的には「警察官」と「消防官」がこれに当たります。

東京都では警視庁警察官と東京消防庁の採用試験が毎年複数回実施されています。その他の自治体では、警察官は道府県、消防官は市町村が採用を実施しています。

住民の命と安全を守るという重要な役割を担っている職種です。

近年は犯罪も多様化し、テロ対策としての警備や、ストーカー、性犯罪など様々な危険と対峙しなければなりません。また、震災時などの有事の際には救命活動に従事するなど、全線で活躍することになる職種です。 

体力が非常に重要な職種のため、筆記試験・面接だけではなく、体力測定や健康診断も試験科目として課されています。勉強だけでは合格することができない職種と言えます。

採用後も業務に入る前に警察学校・消防学校に入学し、専門的な訓練を行うことになります。