上司

異動が辛く、仕事を辞めたいパターン別の理由と対処法とは?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、異動が辛く、仕事を辞めたいと思うパターン別の理由と対処法について記載していきます。異動が多すぎる場合、上司の異動があった場合、営業職、パート、アルバイト、工場勤務、看護師などの場合について記載していきますので、是非参考にしていただければと思います。

異動が辛く、仕事を辞めたいと思うパターン別の理由

異動が多すぎる場合

新たに異動した先の部署の人間と折が合わなかったり、配置先の仕事が覚えられなかったり合わない、または、覚えることが辛い、といった感じで、異動を迎えた人は悩んでいる人も多数いることでしょう。このような場合に会社を辞めようとする人も少なくはありません。

その異動が頻繁にあるのであれば、辞めたいと思うのも無理からぬものがあります。まさに常に新入社員になっているような感覚にすらなってきます。

 

上司の異動があった場合

仕事というものは毎日しなければならず、毎日顔合わせをする上司が異動してきた場合、この上司との相性が合わなければ、相当ストレスがたまります。

とても仕事をこなせる状況とはなりません。それに上司との反りが合わなければ、今後の査定にも大きく響いてくるために、モチベーションが下がってしまう可能性もあります。

 

営業職の異動の場合

事務職など、内勤の職種から、営業職に異動になった場合、これまでにはないノルマなどのプレッシャーから、辛く辞めたいと感じてしまう人も一定数いるようです。

内勤の職種は、個人の仕事の成果よりも、チーム全体としての仕事の成果が重視される傾向がありますが、営業職の場合、個々の成績が数字として明確に出るため、これまでとは違った働き方に戸惑ってしまう人もいるようです。

また、逆に営業職から、内勤の職種に異動をして、辞めたいと感じてしまう人もいるようです。

外回り営業では、嫌な上司や、内勤の雰囲気から開放されていたのですが、これが内勤専用となってしまえば、この開放感を失うこととなってしまい、仕事が苦痛に感じてしまう人もいるようです。

 

パートやアルバイトで異動になった場合

パートやアルバイトであろうとも、転勤や異動はないとはいい切れません。人手が不足している店舗などに一時的な異動をすることも考えられますが、やはり新たな異動先での人間関係や通勤に関して、悩まされることが多いようです。

自宅から少し離れた店舗に異動になることで、これまでより通勤に時間がかかるようになり、負担になって辞めたいと感じる人もいるようです。

 

工場勤務で異動があった場合

人間関係が難しいとされる工場勤務での異動は、やはり人間関係に悩まされ、あるいは、新たな職場の仕事が覚えられないといったこともあるでしょう。

工場勤務はルーティンワークの仕事が多く、慣れてしまえば楽ですが、新しい仕事に慣れるまでは、苦労することも多いようです。

 

看護師で異動があった場合

看護師の異動は、突如として告知されたり、前もって打診するところもあり、実にさまざまといえます。

看護師の場合は、異動を一定期間内に行うことが通常であって、異動自体をもって、何らかの問題が起こり得ることが比較的少ないといえるのですが、実情としては、激しいものだと上司に異動の理由を激しい剣幕で問いただしたり、直談判を決め込む人もいるようです。

[ad#a]

 

異動が辛く、仕事を辞めたいときの対処法

異動してから仕事が辛い旨を、上司などに正直に伝える

「仕事が辛い、もう出来ません」という旨のアピールが出来るようになりましょう。

このアピールは意外と難しいので、平生から訓練しておきましょう。

そして、異動後間もない早い時期からこのアピールをしておけば、異動先から、再度異動されることもあるようです。その際には、アピールが有用であれば、比較的、事態が好転したところに異動されることでしょう。

このようなアピールを頻繁にしていれば、上司が上役や人事にかけあってくれる場合もあります。

現在の企業はコンプライアンス重視ですから、このような方途は、案外有効なのです。甘えといわずに、本当に仕事を辞めたいと悩む前に実行してみましょう。黙りこくって潰れてしまうよりもよっぽど有効です。

 

雇用契約の内容を確認する

アルバイトやパートの場合には、職業や勤務地、それに就業場所などを、契約書にて限局している場合が多いです。このために、あまりに不利益の多い異動をさせることが、違法と判断される場合もあります。

アルバイトやパートの場合、正社員のような高待遇ではないために、異動や転勤などは、限定されて然るべきと考えられているからです。

まずは、雇用契約書や就業規則などを詳細に確認しましょう。異動命令が違法であれば、従う必要性はないです。異動することによって、相当不利益を被るのであれば、異動できない旨をはっきりと伝えることも大切です。

[ad#b]

 

異動による環境の変化を前向きに捉える

看護師の場合は、異動先から、新たな知識を得たり、新たな仲間、それに交流も広がるなどというように、前向きに異動を捉えてみてはいかがでしょう。

異動前と異動後とで、分野が異なれば、そうそう適応は難しいかもしれません。しかし、異動までに何らかの準備をしたり、対策もできます。

その対策とは、新たな異動先に対して、リサーチしておくこと、また、異動先の業務内容を勉強をしておくことなどです。

さらに、異動先の組織がどのように構成されているかもリサーチしておきましょう。異動先のメンバーの顔を覚えるというのも大変なのですが、人間関係を円滑にするためには、有用であって、もしできるのであれば、やっておいても損はないでしょう。

なによりも、異動先の方針に合わせる姿勢が大切です。前の部署のやり方などを引きずらないようにしたいものです。

 

思い切って転職する

異動に不満があり、どうしても新しい異動先に馴染むことができない、また、再度異動があるまでに明らかに時間がかかると想定される場合は、思い切って転職することも1つの手であると言えます。

ただし、どのような環境が自分にとって不満であったのかをきちんと整理し、次の職場では不満を持つことがないようにしておかないと、無駄に転職を繰り返してしまう可能性もあります。

まずは、転職のプロである転職エージェントに、現職を辞めるべきかどうかのアドバイスや、自分の思考ポイントの整理の手伝いなどをしてもらうことから、始めてみることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月18日 07:32 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop