転勤は嫌!拒否するとどうなる?伝え方一つで変わるその後の立ち位置

0 コメント
twitter
はてな
facebook

国内には、転勤する制度がある企業は多数あります。

その中でも転勤を拒否する人も多く、転勤を拒否する理由として最も多く挙げられるのが家庭環境を壊したくないという人です。

また、「新しい環境でやっていく自信がない」「もしかして左遷では?」とマイナスに捉える人もいます。

転勤を拒否すると、今のままの職場では居づらくなり、退職せざるを得ない状況となってきます。

会社での昇格も期待できないので、転職を考えることも視野に入れておきましょう。

今回は、転勤を拒否するとどういったことが起こるのかということや、転勤拒否の理由をうまく伝えられる方法についてご説明していきます。

あなたはどれ?転勤を拒否する理由

転勤を拒否する理由には様々な理由がありますが、やはり家庭や仕事の環境が変わることが嫌だという理由が最も多いのが現状です。

今の家庭環境を壊したくない

介護や子供の学校のことなど自分一人のことではない問題があります。

転勤となると、家族を巻き込むことになり家族全体の生活が変化することで、家族の同意も必要になってきます。

新しい環境でやっていけるか不安

今の生活環境や職場環境に慣れ、満足していると新しい環境でうまくやっていけるか不安になってきます。

自分から望んだことではないので、気持ちは沈む人も多いでしょう。

もともと希望していなかった

入社当初から転勤を希望していないと、転勤を拒否したくなります。

募集要項で、転勤の有無を確認しておくことや転勤できないことを事前にそれとなく伝えておくと転勤を言い渡される可能性も低くなることがあります。

見切られた感じがする

転勤の内示が出ると、今の仕事に対して戦力と感じてもらえていないと感じる人もいます。

転勤=左遷と解釈し、会社から見切られたように感じてしまうのです。

特に、何かプロジェクトを任されていたり、メンバーの中心にいたりすると感じることが多いようです。

今の仕事を続けたい

今の仕事にやりがいを感じていたり、職場の仲間など環境に恵まれていたりすると転勤を拒否する理由となります。

ただ、これは転勤を拒否する正当な理由ではないため会社からは受け入れられません。

会社は、一人一人の能力を客観的に見て判断しています。

今の仕事を続けたいなら、何か大きな成果を上げて戦力になっていることをアピールすることが大事です。

転勤拒否するとどうなる?

転勤拒否をすると、会社からは人事異動の命令を断ったとして、不要な人材として扱われます。

規定として正当な理由がない限り、人事異動を断ることはできないからです。

正当な理由とは、

  • 介護をしている
  • 家族の病気
  • 自分の体調不良や病気を抱えている

などです。

何か現実的な問題に直面していないといけません。

職場で居づらくなる

転勤を拒否すると、職場では噂され、転勤を拒否したことをあまりよく思われないこともあります。

他の人は、人事異動に対して概ね受け入れているにもかかわらず、それを断ったとなると「なぜあの人は・・・」と思われてしまいます。

退職する方向へ持っていかれる

会社はその人の現在の能力を判断して転勤を言い渡しているので、転勤を拒否することで仕事をこのまま任せるわけにはいきません。

会社は、人事異動を断ることで退職させることは有効とされています。

転職を考える

転勤を拒否すると、職場にも居づらくなり、今後の昇格や昇給も期待できないため転職を考える人もいます。

転勤できないから転職するとう理由は受け入れられるはずなので、前向きに転職を探すのも一つの手です。

転職先では同じようなことにならないように、事前に転職の有無を確認しておきましょう。

転職を拒否するときの角が立たない伝え方

転勤を拒否する際に、会社のことを立てることや上司のことを敬っていることを間に入れると角が立ちません。

また、家族によって自分は支えられて今があること等謙虚な部分も垣間見せることが大事です。

それでは、例文を挙げてみましょう。

「転勤の辞令についてですが、受け入れることも考えましたが私には、介護を要している親がおり、妻も共働きなため一緒に協力して介護をしています。」
「転勤の辞令についてですが、会社のことを考えますと受け入れなければいけないのですが、子供が学校や受験問題を抱えており、子供生活を中心に考えたいです。」
「転勤の辞令についてですが、受け入れることも考えましたが、今の仕事で実績を出した経験もあるのでもう一度自分の力で会社に貢献できる実績を作りたいと思います。」

などといった例文が、角が立ちません。

ポイントは、一旦受け入れることも考えたということを辞令に対して前向きな気持ちを伝えることです。

また、家庭環境のことに関しては、家族の問題について直面していることや家族に支えられて今の自分があるということも伝えられると良いです。

そして、少しでも実績を残した経験があれば会社のために貢献できる人材だと伝え、会社のことを考えているということをアピールすることです。

転勤拒否することは悪くないこと

転勤を拒否することは、悪くないことだと思います。

何か不満を抱えたまま転勤を受け入れたとしても、ストレスに感じるだけです。

それよりも大事な何かがあるのであれば、素直に転勤を拒否することは大事だと思います。

一つの決断ができる人して、大事な要素だと感じます。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月16日 17:07 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop