プレゼント

結婚して仕事を辞めたいときの注意点と男女別のメリットとデメリットとは?

結婚して仕事を辞めたいと思ったときの注意点と、男女別の結婚して退職した時、転職する場合のメリットとデメリットをご紹介します。結婚を考えているけれど退職するか転職しようか悩めるあなたは是非参考にしてください。

結婚して仕事を辞めたいと思ったときの注意点

逃げの退職ではないのか考える

仕事に飽きた、仕事をしたくないなど、仕事に対して不満を感じている時は「結婚して退職」という言葉がとても魅力的に思えるでしょう。

しかし結婚を逃げ道にしていないか、本当に結婚したくてするのかをよく考えなければいけません。ちょっとでも結婚を逃げにしての退職の可能性があるならば、結婚生活自体がうまく立ち行かなくなる可能性が高いのです。

 

本当に後悔しないか考える

結婚をして退職するということは配偶者に養ってもらうことになります。主婦または主夫になれば、今度は家事や育児が自分のやるべきことです。

それを続けていく自信があるか、途中で嫌になって家事や育児を投げ出さないかをよく考えましょう。退職してから後悔しても、仕事を辞めたという現実は変えられません。

 

仕事を辞めても生活できるか考える

あなたが結婚退職後に専業主婦(主夫)になるのであれば、配偶者の収入に頼ることになります。それでも生活ができるかどうかを考えることも大切です。

結婚して仕事を辞められるということばかり考えるのではなく、その後の生活費についてもきちんと考えましょう。夫婦2人では生活できたとしても、子供が産まれたら生活が困窮した、というケースも多々あります。

 

結婚相手は退職に同意しているか確認

あなたの結婚相手は、あなたが結婚退職することについてどう考えているのでしょう。もしもあなただけの判断で仕事を辞めてしまうと、結婚相手と意見が食い違い、信頼関係が崩れてしまう恐れがあるのです。

結婚後の生活は夫婦2人の生活です。1人きりの判断だけで暴走するのはよくないことですから、結婚退職については十分に配偶者と相談しましょう。

 

結婚後の転職のアテはあるか考える

結婚退職をしたあと、生活などの関係から「やっぱり働きたい」と思い転職活動をしたとしましょう。しかしそこですぐに自分の生活にあった転職先は見つかるのでしょうか。

結婚して家庭をもつと、働ける時間にも限りができてしまいます。すぐに転職先を見つけられる自信がない場合は、結婚後の退職についてもう少し慎重に考えた方がいいでしょう。

[ad#a]

 

男性が結婚して仕事を辞める場合のメリット

妻の信頼を得られる

妻が自分が働いて生活費を稼ぐことを望んでおり、夫に主夫になってほしいと思っているなら、その望み通り仕事を辞めることで妻の信頼を得られます。夫婦間に強い信頼が得られたならば、今まで以上により良い関係が築けるでしょう。

 

妻任せではない子育てができる

仕事をしているとどうしても子育てに協力できないことがあります。その「協力したくてもできないもどかしさ」を仕事を辞めることで解決できるのです。子供のそばにずっといたいと思っているなら尚更です。

 

辛い通勤電車から解放される

毎日の辛い満員の通勤電車、結婚して仕事を辞めることでこの辛さから解放されます。仕事をしなくてもいいというのもメリットですが、朝の満員電車で痴漢に間違われないようにと神経をすり減らすこともなくなります。

 

男性が結婚して仕事を辞める場合のデメリット

家事や育児を押し付けられる

妻が仕事に夢中になるあまり、主夫である夫ばかりが家事や育児を全て任されることもあります。ちょっとだけでも協力してほしいと思っても、仕事を辞めた引け目から妻に口出しできない、という主夫もいるのです。

 

周囲から奇異の目で見られる

日本はまだまだ主夫という概念が根付いておらず、年齢が上の方は特に、主夫に対して「ただの無職、怠け者」という感情をもっていることが多いのです。妻側の家族が主夫に偏見をもっていれば、変な目で見られるというデメリットもあります。

 

再就職の難易度が上がる

主夫となったものの妻だけの収入では生活できない場合、結婚退職後にまた就職先を探さなければいけません。しかし退職から日が空いた分、普通に転職するより難易度が上がるでしょう。

[ad#b]

 

女性が結婚して仕事を辞める場合のメリット

家事や育児に専念できる

仕事よりも家で料理を作ったり掃除をしている方が好き、育児に専念したいという女性は、仕事を辞めて専業主婦となることで大きな満足感が得られます。

 

寿退社で気持ちよく退職できる

どんなに人間関係の良い職場だったとしても、普通の退職で円満退職となることはかなり難しいことです。しかし寿退社はおめでたいことでもありますから、表立って退職に文句を言う人もいません。一番気持ちよく退職できるでしょう。

 

夫と生活リズムを合わせやすい

妻も夫も仕事をしていると、どうしても一緒にいる時間が減ってしまいます。しかし女性が仕事を辞めて家庭に入れば、夫と生活リズムを合わせやすいのです。それが夫婦円満の秘訣でもあります。

 

女性が結婚して仕事を辞める場合のデメリット

自分の自由な時間が無くなる

主夫同様、結婚すれば自然と家事や育児が、家にいることの多い女性に任されることが多くなります。そうすると自分の好きなことをする時間も自由も減ってしまうのです。

 

得られるはずの収入を失う

専業主婦となり生活費を夫の収入のみに頼っている場合、妻である女性も働いていれば得られたはずの収入を失うというデメリットがあります。

だからといってパートを始めても、夫の扶養に入っていると稼げる額の上限が決められているので、そこでも金銭的なデメリットを感じてしまうでしょう。

 

経済的に不安になる

ずっと夫の収入に頼る生活が続けられたらいいのですが、老後の蓄えも考えると「このままでいいのか」という経済的な不安を感じやすくなります。