手紙

退職届は何日前までに出せば良い?【正社員・公務員・契約社員・パート・アルバイト】

今回の記事では、退職届を何日前に出せば良いのかということについて、正社員・公務員・契約社員・パート(アルバイト)といった状況別に記載していきたいと思います。

 

退職届は辞める何日前までに出せば良いのか?

退職の届け出は通常14日前までに提出すればよいことになっていますが、就業規則上は30日前となっている企業もあります。

但し、14日(2週間前)に退職するといわれても実際は引き継ぎ業務や、新たな人を雇用する時間もないと思いますので、もし退職の気持ちが固まったら早めに会社に相談するようにしましょう。

それが、会社と円満に退職ができるポイントだと思います。特に何かのプロジェクトなどを任されている社員などは急な退職の意思は会社側に混乱を招く恐れがあるので、できるだけ早く意思を伝える必要性があります。

また、業種でいうと、パートなどであっても店舗スタッフなどは非常に重要な役割を担っている人もおり、例えば販売員スタッフなどという場合は規定よりもできるだけ早く意思を伝えたほうがいいかと思います。

しかし、あまりに意思を早く伝えすぎると、残りの期間会社での仕事がしづらくなるおそれもあるので、会社側の事情を考慮しながらよく話し合い、じっくりと意思を伝える必要があります。

 

退職の意志表示が直前になるケースもある

一方でその意思表示が直前になる場合もあります。それは体調不良などで、急に出勤できなくなった場合など、「体調上の理由を考慮しての退職」のときです。

もしも、会社側が過度な労働を労働者に求めており、それが原因で体調不良になった場合などは予め会社側に事情などを伝えていなくても、例えば病院にかかったり、入院しなければいけない状況に陥ったりしたときなどは、14日前といういう規定よりも更に直前になる可能性もあります。

体調不良の場合は、会社側が過度な労働を従業員に求めていないか、未払いの残業代などがあるかなども、良い機会となりますので、しっかりとチェックしておく必要があると思います。

[ad#a]

 

退職届を何日前に出せば良いのかをパターン別に紹介

社員の場合

社員の場合、仕事の都合からやはり重要な業務を担っていることが多く、14日どころか、もし退職の意向がある場合にはもっと早く会社に伝える必要があると思います。

但し、健康上の理由やその他やむを得ない事情がある場合については、自分の業務に支障がないように会社側とよく話し合っておく必要があると思います。

必ず業務の引き継ぎもやらなければいけないと思いますので、それについては注意が必要です。

業種でいえば、やはり事務職(特に経理などの専門職については)引き継ぎをすべくところも多くありますので、14日前ではとても足りません。新しい方を雇用されるまでの間など事情を加味しておく必要があります。

 

公務員の場合

公務員の場合も、基本的には社員の場合と同様でると思います。但し、公務員の場合は退職した後もいろんな義務が生じますし、退職に際しても通常の社員よりは大変かもしれません。伝えにくいと思っても、早めに意思を伝えることが大切だと思います。

 

契約社員の場合

契約社員については、3ヶ月や6ヶ月と期間が決まっているので、退職の意思がある場合には比較的話しやすい環境だと思います。

丁度更新の話し合いの時期について、事情を話せる機会があるからです。但し、雇用については、その分正社員よりはかなり不安定になる場合が多いかと思います。

昨今のコールセンターや事務職については、ほとんどがこの契約社員契約になっていますが、やはり研修や勤務状況の勤怠や能力などを細かくみられ、場合により契約打ち切りになる場合もありますので、注意が必要です。

但し、期間限定にて勤務したい場合やいろいろなところで経験を積みたい場合、また他にやりたい職種がある場合などは選択してもむしろメリットも多くある雇用形態だと思います。

 

パート、アルバイトの場合

パート・アルバイトの場合は、雇用の力関係ではあまり強くありませんので、その分任される仕事も社員よりは比較的、単純作業などが多くなります。

但し、勤務場所によっては、社員よりもばりばり仕事をこなすパートさんである場合、その戦力も非常に重要になるため、簡単に退職できない場合があります。

契約社員よりも雇用は縛られないため、法律上どおり14日前か、もしくは新しく人を雇う必要などがある場合もありますので、できるだけ早く会社側に意思を伝える必要があると思います。できれば30日前の退職がベストだと思います。

また、アルバイトについては、元々雇用期間が決められている場合もありますので、自分が望む形の形態を選択することも可能ですので、事前に調べておくことをお勧め致します。