ルート営業とは。仕事内容、楽なところ&きついところ、向いている人

0 コメント
twitter
はてな
facebook

営業の仕事いうとやはり大変だとイメージがありますが、その中でもルート営業というと、なんとなく楽なのではないかと考えられていることが多いです。

それはどうしてかというと、ルート営業をする場合には基本的に法人を相手にすることになるので、個人のお客さんを相手にする時のわずらわしさなどないと考えられるからでしょう。

そしてルート営業ということであらかじめ決められたルートを回ることになるので、新規に顧客の開拓をしなくていいということになります。

それゆえにルート営業の仕事は楽だと思われがちなんですね。しかし実はそうではなく、ルート営業ならではの大変もあるのです。

ルート営業の仕事に転職したいと考えている場合は、このあたりもちゃんと理解しておかないといざ入った時に困ってしまう…という事態になりかねません。

ルート営業と一般的な営業とではどのような違いがあるのか、そしてルート営業ならではの努力ポイントなどもご紹介していきます。

ルート営業と一般的な営業の違い

ルート営業は得意先営業とも呼ばれますが、その仕事内容はもともと取引を行っている顧客の元へ行って、セールス営業をかけることなんですね。

これに対して一般的な営業の場合は、新規の顧客を獲得するために知らない所に出向いて営業をしていく必要があります。

そのため、アポ訪問や電話での営業はもちろんこと飛び込みで営業をかけることだって普通にありますよね。営業ということで、やはりノルマは避けて通ることは出来ないでしょう。

新規に開拓をすることになる一般的な営業の大変さとして挙げられることはこちらです。

  • 初めて新規開拓で行く場合には、かなり高度なコミュニケーション能力が求められる
  • どうしても断られてしまうことが多い
  • 電話でのセールスの場合、怒鳴られたりガチャ切りされることがよくある
  • ノルマがかなり厳しく設定されている

このようにして見てみると、やはり営業の仕事はとても大変だということが分かりますよね。

それに比べてルート営業は簡単だと思われやすいのですが、ルート営業にはルート営業の仕事というのが存在します。

ですから、一般的な営業とはまた違った意味での大変さがあると言えるでしょう。

ルート営業の仕事内容

それでは、ここからルート営業について考えていきましょう。ルート営業といっても色々な業種がありますが、どんな業界でルート営業が活躍しているのでしょうか。

  • 飲料水や食品のメーカー
  • 日用品メーカー
  • 家電メーカー
  • 自動販売機のジュースのメーカー
  • 作業着や衣料品などのアパレルメーカー
  • 自動車の整備機器メーカー
  • 商品パッケージなどの企画をするメーカー
  • 保険事故の調査依頼を受けるメーカー

ルート営業をしている業界はかなり多いことがわかりますね。それでは、実際にルート営業ではどのような仕事をするのかについてご紹介していきます。

  • 今よりも売り上げを伸ばすための企画書や資料を作成する
  • 顧客への新規事業の提案する
  • 実際のルートを回っての営業活動
  • 技術面で一定の品質を保つための相談など
  • 顧客からの注文の処理をする
  • 見積書の作成をする
  • もろもろの雑務
  • 会社への報告書を作成する

このように、ルート営業だからといってただ回ればいいだけでないということがわかりますね。

ルート営業で回る場合、ノルマは存在しないのか?

ルート営業で回る場合はノルマはないのかと思われがちですが、実はルート営業でもノルマはあるんです。

それは会社にもよりますが、一般的な営業と比べるとだいぶ設定が低くされている場合が多いと言えるでしょう。

しかし、だからといってなんとなく日々を過ごしてしまうと会社で設定されていたノルマを果たすことができない…なんてことになってしまうかもしれません。

1日のおおまかな流れを前もってある程度決めておくことで、自分で予定して動くことができるでしょう。

  • 8時…会社につく、雑務や準備をする
  • 9時…会社を出て顧客がいる住所に向かう
  • 9時半…到着して、営業を開始する
  • 10時半…一段落。この間にメールチェックなども行う
  • 11時…2件目の営業先に到着する
  • 12時半…お昼休憩
  • 13時半…3件目の営業先に到着する
  • 17時…営業が終わったら会社に帰って雑務処理などをする
  • 20時…その日の業務が終了する頃

人によって違いはありますが、大まかにいうとこのような感じではないでしょうか。お客さんと話し込めばもっと長く時間がかかることになりますし、まさに臨機応変で動くことが必要になるでしょう。

ルート営業で回るべき顧客の数というのはあらかじめ定められているので、それを自分の中でしっかりと管理して行うことが大事になるでしょう。

さらに講演会などのイベントを運営しなければならないこともあり、そうなると過密なスケジュールを立てて動かなければならないことになります。

ルート営業に必要なスキル

さらに、ルート営業をするために必要とされるスキルというものがあるんですよ。

きちんとしたビジネスマナーや清潔感

清潔感やビジネスマナーを守ることは営業をする上で必ず必要になることですが、ルート営業となると何度も同じ顧客と会うことになるので注意するべきだと言えるでしょう。

それは、「いつも会っているから大丈夫だろう」という気持ちがどうしても働きやすくなるからです。何度も会ううちに慣れてしまって油断しないように気をつけておくべきですね。

パソコンのスキル

ルート営業を終えて会社に帰ったら、顧客からのメールをチェックしたり、パソコンに営業に関するデータを入力して報告書などを作成していかなければいけません。

さらに、顧客から質問されたりした時にも答えられると印象がいいですよね。特別な資格などは必要ありませんが、最低限のパソコンスキルは必要になるでしょう。

エクセルやワード、さらにパワーポイントなどのスキルを持っていると事務処理などでかなり役立つことになります。

コミュニケーション能力

ルート営業だからといって、ただ顧客のもとに訪れていればいいというわけではありません。

いかに顧客から新しい引き出しや次の新しいネタを引き出せるか、といういうことが大事なのです。

毎回その顧客と話をしている中でうまくコミュニケーションを取って仲良くなり、話をもっと広げていく必要があるわけです。

だから、やはりコミュニケーション能力は必要不可欠であると言えるでしょう。

さらに顧客に対して細かな気配りができたり、状況に応じて柔軟に対応できる能力があればさらに良いですね。

これは最初はちょっと難しいと感じるかもしれませんが、ルート営業で顧客に会って接客をしていくうちに身に付いていくスキルだとも言えるでしょう。

現役ルート営業マンに聞いた!ルート営業が楽だと感じる点

一般的な営業と比べて、または比較はせずとも仕事としてどんなところが楽だと感じているのでしょうか。

営業先が決まっているので新規開拓しなくて良い

ルート営業とは、「予め訪問する営業先(顧客)が決まっており、決められたルートに沿って営業を行う」というものです。

既にアポイントメント、つまり顧客と面談する約束が取れていますから、飛込みで知らない企業または店舗や個人に営業をかけなくても良いのです。

新規開拓営業よりも稼ぎやすい

顧客を新規開拓する営業の場合、電話やメールでアポを取ったり、飛込みで知らない企業または店舗や個人宅へ訪問し、そこでいきなり営業に持ち込みます。

大体の人は、いきなりやってくる営業マンにあまり良い印象を抱きませんし、「結構です」と断られる事が多いのです。

肝心の「商品の営業」をする前に顧客に話しを断られるのでは、それでは契約もなかなか取れないでしょう。

しかしルート営業の場合は、顧客は営業マンと会う気持ちがあります。

という事は半分は商品に興味を持っているという事なので、その分新規開拓営業よりも契約を取りやすく、稼ぎやすくなっています。

顧客との信頼関係を築きやすい

新規開拓営業の場合は、顧客と営業マンはあまり頻繁に接触する事が無く、大抵が「一度きりの契約」となりやすいのです。

しかしルート営業の場合は決められたルートを巡回しますから、それだけ顧客と接触する頻度も高くなります。

顧客とよく対面するという事は、相手と信頼関係を築きやすいという事です。顧客が営業マンを信頼している度合いが大きい程、それに比例して大きな契約を取りやすくなります。

新規開拓営業の場合にはかなり難しい金額の契約も、ルート営業ならば顧客とすんなり取引が出来ることもあります。

精神的な安定が得られる

新規開拓営業の場合、人見知りで知らない人と話す事がとても苦手である人だけではなく、「人見知りをしないポジティブ思考な人」でも心が折れやすい職種なのです。

それは新規開拓営業が、「アポを取りにくい」、「断られやすい」という事から、「ノルマを達成しにくい」、「歩合制の場合は給与が著しく低くなる」からでしょう。

しかしルート営業はAルート、Bルートとそれぞれの営業マンに定められたルートの顧客を巡回して商品等をお勧めします。

これなら人見知りな営業マンであっても「いつも合う顧客」と話すだけですし、「ノルマを達成しやすい」、「歩合制なら高収入が見込める」のです。

こういった理由から精神的な安定感を得やすく、仕事も続けやすいと感じられるでしょう。

自分のペースで仕事が出来る

勤めている企業の方針にもよりますが、ルート営業は基本的には営業マン1人または2人といった少人数でルート巡回を行います。

大体の場合は社用車または自家用車で周る事になりますが、その分自分のペースで仕事をしやすいのです。

今まで会社勤めをしていて同僚と協力して仕事をする事が苦痛だった、もっと自分のペースで仕事をしたいという人にとって、ルート営業はとても楽だと感じられます。

現役ルート営業マンがルート営業がきついと感じる点

逆にきつい、嫌だなぁと感じるところはここでした。

同業他社に勝たなければいけない

例えば美容室で使用されているシャンプーやリンス、カラー剤のルート営業をしているとしましょう。

しかしこういった商品を取り扱っている会社は1社だけではなく、自社以外にも同業他社、ライバルが沢山存在します。

そのライバル達に勝って自社商品を選んでもらえるように、ルート営業マンは何としても顧客に商品の良さを売り込まなければいけません。

どのように商品を売り込むか、それは営業マンのトークスキルにかかっていますから、アポが取れても契約が全然取れない営業マンもいます。

合わない顧客との付き合い

ルート営業先の顧客とどうしても反りが合わなくとも、自社と契約状態にある場合には、我慢して長い付き合いをしなければいけません。

例えば女性が営業しているならばセクハラをしてくる男性顧客もいますし、男性営業マンだとこちらを見下した態度を取る顧客もいるでしょう。

そういった顧客からの無茶振りに追い詰められ、ルート営業は辛いと感じる営業マンも多いのです。

新規開拓営業より給与が低い場合がある

ルート営業は予めルートが決まっているという事から、新規開拓営業よりも基本給が低い場合が多いのです。

完全歩合制の場合はどれだけ契約が取れても、1人暮らしをするのもやっと、という程低い賃金である場合もあります。

家族がいる場合には尚更暮らしていけない金額だとして、ルート営業にデメリットを感じる営業マンもいます。

取引先がなくなれば契約先もなくなる

ルート営業で決められている顧客の企業が倒産したり、店舗が閉店、または個人宅の場合は契約を取り消しするといった事が起きたとしましょう。

そうするとルート営業先、契約先を失う訳ですから、仕事も給与面を考えるとなかなか大変な事態になります。

ブラック企業の場合、完全ルート営業と称して「取引先から契約解除されたんだから新規開拓営業してこい」と飛込み営業を強要する所もあるようです。

雑務が意外と多い

ルート営業はただ単に営業だけしていればいいという所もあれば、売上アップの為の資料作りや見積書作成、注文や報告書等を営業マンが行う場合もあります。

こういった雑務に追われてなかなか思うように営業先を周れない、だからサービス残業や休日出勤、持ち帰って仕事をするという人もいます。

これでは幾ら時間があっても足りませんし、体も精神も壊しやすい為に、ルート営業はきついと思ってしまう営業マンもいるのです。

ルート営業をするのに向いている人材とは

ルート営業に向いている人材というのはあるのでしょうか。やはり、ルート営業には欠かせないスキルもあることから向き不向きはどうしてもあるでしょう。

ルート営業に求められているスキルを思い起こせば、おのずとどんな人が向いているのかが浮き彫りになります。

  • 人とのふれあいやコミュニケーションを取るのが苦ではない
  • 自分で企画をしたりするのが好きな人
  • 丁寧な仕事ができる人
  • 顧客にいつも誠実に向き合える人
  • 顧客が求めていることを察知できる人
  • 外で仕事がしたい人
  • 人の話をちゃんと聞くことができる人

やはり、上の項目でも触れたようにコミュニケーション能力がないとルート営業をする上ではかなり困ってしまうでしょう。

さらに、イベントや企画を考えることが好きならさらに良いです。

ルート営業では、長期間顧客と向き合って仕事をしていくことになりますから、顧客からの信頼を失わないようにすることがとても大切だと言えるでしょう。

ルート営業の担当者は、顧客からするとまさに「会社の顔」になるからです。

そして、顧客が今何を求めているのかを察することができる人になれれば、顧客からの信頼までも受けることができるかもしれませんよね。

ルート営業は基本的に社内よりも社外にいる時間のほうが圧倒的に長くなるので、外にいることが気にならない、外が好きというタイプが向いていると言えます。

そしてやはりルート営業をする場合顧客と話す時間が長くなるわけですが、この時に自分の話ばかりするのではなく顧客の話をちゃんと聞いてあげられるかということも大事ですよね。

ルート営業だから楽というわけでは決してないことを覚えておこう

ルート営業というと決められた顧客のもとを決められたように回るのだから楽だと思われがちですが、実はルート営業ならではの大変さもあることが分かりましたね。

ルート営業で求められるスキルや、どんな人が向いているのかをしっかり理解した上で転職に挑戦してみてはいかがでしょうか。”

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:40 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop