ビジネス

36歳の転職は難しい?成功させるポイント【男性・女性・未経験】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、36歳の転職を成功させるためのポイントについて、男性、女性、未経験というそれぞれの立場から紹介します。また36歳の転職では、資格よりもスキルが重視されることや、36歳の転職に失敗する人の特徴についても説明していきます。

36歳の転職は難しい?

36歳での転職は、20代や30代前半と比べると難しいと言えるでしょう。一般的に応募できる求人数は、年を取るごとに少なくなってきます。

30代後半にさしかかった36歳に対しては、企業側も十分なスキルや場合によっては、マネジメント経験や教育経験を求めていることも多いため、36歳の転職を成功させるのは、決して簡単ではなく、難しいと言えます。

また36歳の場合、家庭を持っている人も多く、「転勤はできない」や「夫や子供の都合でフルタイムは厳しい」など、家庭の事情を考慮して、転職先を選ばなくてはいけないケースも少なくありません。

そのため、転職先の候補が狭まるケースもあり、36歳での転職は難しいと言えます。

 

36歳男性が転職に成功するためのポイント

36歳というと、新卒から頑張っている人なら既に管理職になっている年齢ですよね。

「アイツはもう部長か…」なんて思うと、ますます転職をすることに引け目を感じたりすると思います。しかしこれだけは言えます。正しく計画的に活動をすれば、「転職=人生の明るい転機」であるということ。

今回は様々な属性の36歳を例に、成功するため秘訣と注意点をご紹介します。

勤務歴10年以上の場合、これまでのキャリアを活かすことを考える

新卒から今の会社で頑張っている方。就職した時はさぞかし嬉しかったと思います。数々のライバルから内定という明るい未来への切符を掴んだ時は、自分の未来を想像してわくわくしたのではないでしょうか。

頑張って頑張って就職したからこそ、今転職を考えている方は「本当にこの生活を捨ててしまって良いのか?」と悩むと思います。しかし、良く考えてみて下さい。

今あなたが転職を考えているということは、新人時代思い描いていた自分とは程遠いからではないでしょうか?

ずっと今の会社で頑張っていても、なりたい自分にこの先もなれそうにないなら思い切って新しい道に進むべきです。

転職でネックになるのはそういった気持ちの部分が大半ですから、考え方を変えましょう。長年今の会社で培ったあなたのスキルは何ですか?

・営業成績〇位を取った

・チームリーダーとして新人を育て、素晴らしい人材に育て上げた

・一つの営業所を会社でナンバーワンにした

・自分が発案したプロジェクトにより、会社の売上が〇%増えた

などなど、36歳くらいの方なら様々なエピソードがあると思います。

それらはあなたの大きな武器です。転職先選びでも、武器を活かして働ける仕事を選びましょう。

例えば「営業成績アップ」関連のお話ですと、業種問わずどこでも使える武器です。売れる営業マンは何を売っても売れますから、自信を持って好きな業界に飛び込んでみると良いです。

また、キャリアのあるあなたは転職で年収アップも見込めますので、転職先選びには「活かせるスキル×好きな(興味のある)業界×人をそだてる立場」の募集に目をつけることをオススメします。

 

転々とした職歴の方の場合、広告代理店やWEB制作会社などでこれまでの経験を活かせる可能性あり

有効求人倍率が年々増加しているため、転職が安易に行えてしまう時代になりました。「合わなくてすぐ辞める」という方、気づけば36歳…と何かと焦りを感じていると思います。

しかし、色々な職歴がある方は逆にそれを武器にできるお仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?

辿ってきた業種がバラバラな方は、「広告代理店」「Webサイト制作会社」などがおすすめです。

これらの業界の顧客は小さな小売店から大企業まで、大小様々。しかも業界も、飲食だったり物流だったりと様々です。

ですので、あなたが転々辿ってきた、一見マイナスにも見える経歴が役に立つのです。

転々として色々な職の経験がある方は、「何やっても続かない」のではなく「たくさんの業界に興味がある」とも言えます。ポジティブに考えて転職活動をしてみてください。

[ad#a]

 

36歳女性が転職に成功するためのポイント

独身女性の場合、結婚や子育てに備えて、女性が働きやすい会社を選ぶことがおすすめ

10年以上も働いているキャリアウーマンの方は転職の理由は様々だと思います。

「女性だから出世に限界がある」「結婚して子育てもしたいけど、今の仕事だと難しい」などなど、女性であることがマイナスな理由になりがちな世の中ですよね。

これから結婚するのか、それとも独身でいるのか?どんな道を歩むのかは今の段階では分からないと思うので、「どっちに転んでもいられる」会社を選ぶべきです。

何を見るかは、求人サイトよりも「会社ホームページ」そして「新卒サイト」を見てみて下さい。

まず、求人サイトで産休育休完備かどうかを見てください。次に見るべきが会社ホームページです。内容充実している会社は大体管理職の方のインタビューや写真が載ってますので、ここに女性管理職が大々的に載っているとしたら、この会社は働きやすいと言えます。

女性が作る会社は、女性が働きやすい環境であることは間違いありません。結婚しても元の立ち位置に戻れるシステムとか、女性が出世できる仕組みとか、調べてみて下さい。

ちなみに面接の時に聞いてみるのも一つの手です。

 

ブランクあり、既婚者女性編の場合、フレックスタイム制や在宅可能な仕事がおすすめ

子育てがひと段落した方は、最低でも3~5年のブランクがあると思います。

しかし、ひと段落したと言っても、また独身時代のようにバリバリ働くというのは難しいことですよね。

子供が学校に行っていたりすると、急に予定が入ることもあるし…そんなママさんの転職先選びは、「フレックスタイム制」や「在宅可能」な転職先を選ぶことがベストです。

フレックスタイムとは、簡単に言うと「好きな時間に出社していいよ、でも月の労働時間はマイナスにならないように守ってね」という働き方になります。

最近だと、営業系のお仕事に多い働き方です。そして、在宅可能なお仕事は、業種の幅は狭まりますが「Webデザイン」「文章の校正」などクリエイティブ系に多いお仕事です。

経験者オンリーでの募集が多いですが、中でも案外「ブランクOK」の案件も多いので自分にピッタリのお仕事を探してみてください。

 

36歳で未経験職種へ転職を成功するためのポイント

首都圏の中堅大手企業は難関であるため、転職エージェントの力を借りる

首都圏、特に中堅〜大手企業だと求職者のほうが多い場合もあるので、「難関」と思って頂いたほうが良いです。

未経験だと特に、自分ひとりの力で活動するのは至難の技でしょう。ここを狙うならキャリアコンサルタントに相談しつつ転職先を決めるのがベストです。

その会社がどんな人材を求めているのか?学歴は?キャラクター属性は?など、細かな情報を分析した上で紹介してくれるのが、キャリアコンサルタントなので、最短距離であなたの希望する会社を見つけてくれるはずです。

 

地方の中小企業は狙い目

36歳の転職で最も狙い目と言っていいのがこの「地方」での転職です。地方都市の若者は首都圏に出ていくばかりで、年々人口が急降下しています。

企業も人材不足で大変ですが、その分1人あたりの出世のスピードは早いです。そして地方の求人は未経験OKの案件が、業種問わず多いです。

ですので、年齢に臆せず好きな業界に飛び込んでみるのも良いでしょう。

[ad#b]

 

36歳で転職に失敗する人の特徴

手当り次第面接する人

最近の求職者で多いのが「手当り次第」色々な案件に応募する人です。会社の強みや仕事の魅力を想像せずに面接を受けると、大体の面接官は気づきます。

そういった方は面接時での質問も少ない傾向にあるため、「うちの会社に興味ないな」と思われて不採用になったりもします。

仮に受かったとしても、想像と現実にギャップがうまれてしまい、またすぐ転職なんてことになりかねません。

36歳のキャリアのある方が「ちょっと興味ある」レベルでの応募は、企業さんにも失礼なので絶対にやめましょう。

 

コネ・紹介で対して転職先を調べずに入社する

昔の仕事の伝で転職先を紹介してもらうなんてことは、キャリアのある方は多いと思います。

一見楽だし入社後のポジションが約束されているかと思われますが、これこそ、想像と現実のギャップが生まれやすいです。

仕事の繋がりや親戚・友人の繋がりだと、元々聞いてる話ってプラスがほとんどですから、入社後に「思ってたのと違う」なんてことになりかねません。

しかも、また転職するときに変なしがらみですぐ辞められなかったりするので、結局また「違和感感じながら10年も働く」なんてことになるかもしれません。

転職先は自分の目で見て確かめてから選びましょう。

 

36歳で転職を成功するためには資格よりもスキルが必要

営業スキル

今のご時世、転職には公的資格よりもスキルが重視されています。例え、公認会計士などの難関資格を取得していても、36歳で未経験の場合、監査法人などに採用される可能性は低いと言えます。

大事なのはスキルです。冒頭でもお話したように「売れる」人は何を扱っても売れます。営業スキルの基礎はどの業界でも同じですから、高いスキルを持った方はどの会社にも重宝されます。

履歴書に書く時や面接時には、是非営業時代の自慢できるエピソードを語ってアピールして下さい。

 

育成スキル

36歳という年齢を考えると武器として期待されるのが「新人教育」のスキルです。チームをまとめることの出来る人材は、会社にとって大きな戦力です。

地方は特にそういった中間管理職の力に不足を感じているので、首都圏から地方で就職する方は特に強みになります。

 

まとめ

最後になりましたが、転職で1番重要なポイントは「考え方」です。「輝かしい学歴」「難しい資格」などももちろんアピールポイントにはなりますが、それよりもあなたが長年何をしてきたかの方がもっと強い武器です。

長く培ってきたスキルに誇りを持って転職に臨んでください。

しかし、36歳の転職の場合、20代に比べて応募できる求人数が少なくなっていたり、面接での受け答えのレベルやキャリアの見せ方も、20代よりもレベルの高いものを求められます。

こうした面接力や応募できる求人の紹介は、転職エージェントの力を借りることで、無料でスムーズに行ってもらうことができます。

転職エージェントおすすめランキング【評判の良い7社を比較】30代におすすめの転職エージェント、転職サイトを比較・検証を参考にしながら、自分に合った転職エージェントをうまく活用して、内定を勝ち取り、36歳の転職を成功させることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 14:28 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop