スーツ

34歳での転職活動は難しい?決まらない?成功のポイント【男女別・未経験・公務員】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、34歳での正社員への転職活動が難しい、決まらないと感じる人の特徴や、男女別、未経験職種、公務員などの面から、34歳での転職成功のポイントを記載していきたいと思います。

34歳での正社員への転職活動が難しい、決まらないと感じる人の特徴

理由なき退職により面接で答え辛い

なぜ34歳という年齢で退職したのか、その理由が明確ではない場合、面接で「どうして前職を辞めたか」という質問に答えられないのです。そのことが34歳での正社員での転職活動が決まらない結果に繋がります。

退職理由が明確ではないことで、会社側が「この人を採用してもいいのかどうか」と不安に感じてしまうからです。

参考記事:退職理由を面接で話すときの例文とポイント

 

次の仕事へのビジョンが見えていない

ただ単に転職活動をしているだけでは、なかなかうまくいきません。それは次の仕事で何をしたいか、どうなりたいかのビジョンが見えず、志望動機がブレたり面接を受ける会社を決めかねてしまうからです。

まだはっきりとどんな仕事がしたいのか、34歳の転職で自分はどうなりたいのか決めずに転職を行うことこそ失敗の要因でしょう。

 

転職の妥協点を見誤っている

年収アップ、キャリアアップ、福利厚生の充実した会社と転職先への条件をつける中、どの部分を妥協するかという点を見誤ってしまうがために、転職に失敗していると考えられます。

34歳の転職で妥協してはいけないのが自分のスキルや経験に合った仕事であるか、年収やキャリアは自分の条件に合致しているかです。ここを妥協してしまうせいで、転職活動がなかなかうまくいかないと感じてしまいます。

 

退職してから転職活動するので無職期間が長い

34歳の転職では無職期間は短ければ短い程いいのです。長いと「どうしてこんなに無職期間があるのか、何か問題のある人物なのか」と面接官から疑問視されてしまいます。

34歳で転職が難しいと感じるのは退職後に転職活動を始めているからでしょう。成功する転職者は、在職中に面接を行うなど転職活動に励んで、無職期間をなるべく少なくしています。

参考記事:無職期間が長い人が転職を成功させるポイント、言い訳とは?

 

転職活動を1人きりで行おうとする

34歳となると何度か転職を経験している人もいます。20代までは1人きりでも十分転職に成功していても、34歳となるとなかなか転職活動が難しく感じてしまうのです。それでも意地になって1人きりで転職しようとするからこそ、失敗するのでしょう。

34歳で自分の目指す仕事をしたい、条件に合った会社を見つけたいと思ったら転職エージェントを利用するなど、キャリアコンサルタントのサポートを必要とするべきです。第三者の冷静な判断も交えることで、転職もうまくいくようになります。

[ad#a]

 

男性が34歳での転職活動を成功させるポイント

転職エージェントを活用する

34歳の男性が転職成功させたいのであれば、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントでは担当のキャリアコンサルタントがあなたの今までの経験や勤めてきた仕事から、あなたの条件にあった会社や求人情報をピックアップしてくれます。

 

経験のある仕事、同業の会社への転職がおすすめ

34歳男性の転職で応募先会社が求めているのは「即戦力」です。今までに経験のある仕事や同業種の会社に絞って面接を受けることで、より転職活動も楽になることでしょう。職務経歴書や自己PRでは今までの経験についてアピールしてください。

30代半ばの転職では、マネジメント経験が求められることもあるため、マネジメント経験を面接で話し、アピールしていくことも、大切になってきます。

 

女性が34歳での転職活動を成功させるポイント

未婚女性の場合、なるべく短期間の無職期間で転職する

34歳の未婚女性が転職成功させるのであれば、なるべく短い無職期間で転職しましょう。あまり無職期間が長いと、面接官に「仕事にやる気がなさそうだ、採用しても結婚してすぐ退職するかもしれない」とマイナスイメージを持たれる可能性があるからです。

 

既婚女性の場合、女性の多い会社に応募する

34歳の既婚女性が転職成功させるには、女性の多い会社に応募することがポイントです。女性の多い会社であれば既婚で働く女性もおりますから、採用されるチャンスも大きくなるでしょう。転職エージェントを利用し、女性の多い会社を紹介してもらうのです。

参考記事:女性におすすめの転職エージェントランキング【30代・40代】

 

34歳で未経験歓迎の職種に応募するときに成功させるポイント

求人の「未経験可」と書かれている部分に注目

求人の「未経験可」には、業種や職種または社会人としての経験がない人でも応募が可能という意味が込められています。そして「職種未経験可」は営業職や事務職などの業務経験が未経験の人歓迎、「業種未経験可」は製造業などの業種未経験歓迎という意味です。

求人の未経験可という言葉の意味から、応募先の会社が求めている人材を読み解くと、より転職成功率を上げられるでしょう。

 

応募する仕事に関係のある資格を勉強、取得する

仕事の経験自体がなくとも、その仕事に関係のある資格を勉強中である、または取得したと面接でアピールすることで、未経験でもやる気があるとアピールできます。

全くの未経験だからと、どんな仕事をするのかもわからないまま面接へ行くのではなく、34歳の今までの経験や、関連資格を未経験職にどう活かすかを面接で訴え、仕事への熱意を応募先の会社に伝えましょう。

 

中途採用を積極的に行っている会社に絞る

中途採用を積極的に行っている会社に応募を絞ることで、34歳の未経験でも面接までスムーズに進むことができます。とくにおすすめなのが営業職、この職種は34歳未経験でも採用率が高いでしょう。

営業職といっても飛込みなどがある新規営業だけではなく、営業先の決まっているルート営業があります。事務ならば営業事務もありますから、営業職だからと嫌煙せずに一度だけでも面接を受けてみるのも一つの経験です。

[ad#b]

 

34歳で公務員に転職を成功させるポイント

受験の年齢制限が34歳以上可能な地方自治体の試験を受ける

34歳で公務員へ転職するなら、受験の年齢制限が34歳以上応募可能な地方自治体の試験を受けましょう。公務員になるためにはまず受験資格の年齢制限確認が必須です。ここを忘れていると公務員試験の勉強も無駄になってしまいます。

 

大卒一般枠よりも民間経験者枠に応募する

公務員試験は大卒一般枠や民間経験者枠がありますが、34歳から公務員を目指すなら比較的ライバルが少なく筆記試験の優しい民間経験者枠での応募がおすすめです。

民間経験者枠は5年以上の職務経歴が必要ですが、大卒一般枠のような専門試験はありません。論文や教養試験と、そして面接では今までの仕事の経験を公務員としてどう活かすかアピールすれば、公務員への転職も夢ではないのです。

 

公務員試験は併願で受ける

民間経験者枠の併願により、更に公務員への採用成功チャンスを上げることができます。1箇所だけではなく出来る限り併願で受験することで、34歳からでも公務員への道が開けるでしょう。

 

まとめ

今回の記事では、34歳での転職を成功させるポイントについて様々な角度から記載してきました。30代半ばでの転職は、マネジメント経験やこれまでのスキルについて深く聞かれることが多く、即戦力を求める企業が多いため、同業種への転職も、未経験の異業種への転職も簡単ではないと言えます。

転職の進め方などを失敗してしまうと、良い結果にならないことも多いため、転職計画、面接や書類の対策などを緻密に行っていく必要があります。

転職のプロである転職エージェントを利用することで、どういった求人がおすすめであるのかを教えてもらったり、転職の進め方のアドバイスや、面接対策などを全て無料でしてもらうことができます。

転職エージェントおすすめランキング【評判の良い7社を比較】を参考にしながら、自分に合った転職エージェントをうまく活用して、34歳での転職を成功させることをおすすめします。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月16日 04:11 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop