ANAの面接選考内容【エントリーシート、1次面接~最終面接】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、航空会社の「ANA」について面接含む採用選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気や質問内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

書類選考、筆記試験

書類選考やエントリーシートの内容と回答例について

ANAの総合職事務職は、毎年かなり人気でエントリーシート(ES)の段階での通過も非常に狭き門となっています。だからこそ入念に企業研究と志望に対する確固たる動機をきちんと固めて臨んでいきましょう。

日本を代表する航空会社ということで、乗客の安全と高いホスピタリティが求められる会社ですので、志望する学生にはかなりのレベルの目的意識と状況判断力が必要です。ANAの場合、ESの段階から「どのようにしたら自分という人間の能力を最大に売り込めるか」を考えて記入すると良いでしょう。

ESでは写真提出が求められるところも、外見が重要な要素とされるトップクラスのサービス企業としてのあらわれでしょう。

「一番あなたらしいと思う写真とその理由を述べてください」(100文字)

「ANAの総合職事務職にエントリーしていただく理由は何ですか?」(250文字)

「大学入学以降、一番自信を持って『これをやった』と言えるものは何ですか?具体的に教えてください。」(250文字)

「現時点でのあなたを評価するとしたら、あなたは何の『No.1』だと思いますか?その理由も含めて教えてください。」(250文字)

 

筆記試験の種類と難易度について

ANA総合職は、ESPと呼ばれる他社ではあまり見られない珍しい形式のテストを採用していることが特徴です。ESPとは超感覚的知覚というもので、その人のひらめきや直感力などをはかる性格診断テストです。ビジネスへのセンスやポテンシャルと、ストレス耐性などを分析するものとなります。

性格診断のため、特に対策はありません。日ごろから仕事に対する考え方や、こんな時に自分ならどうするかといった意識を持ち続けることが肝要です。

[ad#a]

 

一次面接

面接官の数と役職

2名、30代から40代の中堅クラスのそれぞれ男女社員

面接会場

東京本社など

雰囲気

学生3名の集団面接の形式で、親しみやすい和やかな雰囲気で行われます。待合室にて選考の流れなど説明を受け、待機します。その後順番に呼ばれて面接室に入ります。サービス企業とあってか面接官の印象も非常に物腰柔らかく、親切に学生の言葉に耳を傾けてくれます。

時間が短いため、できる限り良い印象を残すことが重要です。見た目の清潔感はもちろんですが、明朗快活でコミュニケーション能力があり、頭の回転が速い人物と認識してもらうことが通過できるカギとなってきます。

質問内容について記載してください

「なぜ航空業界を選んだのですか?」

「どうしてANAですか?」

「この職種を選ぶ理由は?」

「学生時代に頑張ったことは?そこから得た強みは?」

「その強みをANAでどう活かしますか?」

「総合職としてどんな仕事がしたいですか?」

「最後に伝えそびれたことや自己PRがあればどうぞ。」

 

 

二次面接

面接官の数と役職

2名、40代から50代のベテランクラスでそれぞれ違う所属の社員

面接会場

東京本社

雰囲気

面接というよりも雑談やコミュニケーションの場に近い印象の選考です。面接官は非常にフランクで話しやすく、優しそうな口調です。時間は30分程度と、一次とくらべてじっくりと会話する形の面接となります。面接官との相性がよければ、闊達で盛り上がる内容のものとなるでしょう。

大事なのはコミュニケーション能力で、その人の人物をより深く細かく知ろうとする意図が感じられます。内定者の中にはこの二次でかなり深掘りされて聞かれたという意見もあり、ここが選考の中で合否が大きく分かれる所かもしれません。

質問内容について記載してください

「自己PRをお願いします。」

「志望動機は?」

「今日はどこから来たの?」

「(ESの内容に対して)こんな経験、大変じゃなかった?」

「他社の選考状況は?」

「どういう基準で企業を選んでいますか?」

[ad#b]

 

 

三次面接

面接官の数と役職

2名、二次と同様に40から50代のベテランクラスの社員

面接会場

東京本社

雰囲気

貸会議室にて行われる三次は、一次と二次に比べて厳しそうな印象の面接官でやや緊張した雰囲気です。30分程度の面接時間で、その人の人物像をしっかりと見るのが目的の面接となります。

志望動機も重要なのですが、学生の適性や人柄を見極める目的がメインです。実際の仕事の領域やパフォーマンスにあてはめて、そこに一致しそうかどうかを判断しているように思われます。ANAで活躍できそうな誠実さと正確さ、困難にあっても弛まぬ努力が可能かをしっかり見られています。

礼儀や相手に対する敬意などコミュニケーションの取り方には十分注意して、自身の真面目さと、今後グローバルで活躍していく中で果たしたい役割を具体的に示すのが良いでしょう。

質問内容について記載してください

「志望動機は?」

「大学での専攻分野に関して、なぜそれを選びましたか?」

「どんな人になりたいですか?」

「ANAでどんな仕事をしたいですか?」

「もしANAで新しいサービスを自由に企画できるとしたら何を提案しますか?」

「総合職はジョブローテーションが多いけど、それに対応できるか。」

「志望する職種以外の部署でも大丈夫か。」

 

最終面接

面接官の数と役職

5~6名、役員と人事部長

面接会場

東京本社

雰囲気

役員による最終面接とあって、いやでも緊張してしまう重圧感のある雰囲気です。ごまかしや言いつくろいは通用せず、何を聞かれてもしっかりと真摯に返答しましょう。人事との談笑の後、面接が開始されます。

ここまでくると能力や適性は十分に判断されており、最後はいかに印象に残るかどうかが大きいでしょう。ANAに入社したい強い熱意に加えて、自分がANAでどのように貢献できて活躍できる人間かどうかアピールすることが重要です。

質問内容について記載してください

「大学で学んできたことについて教えてください。」

「専攻をANAで活かすとしたら何ができるか。」

「企業選びの軸を他業界にあてはめるとどんな企業が候補に挙がるか。」

「あなたにとって仕事とは何か。」

「他社の選考状況は?」

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月18日 07:15 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop